大陸斜面とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 斜面 > 大陸斜面の意味・解説 

たい りくしゃめん [5]大陸斜面

大陸棚大洋底の間にある、やや傾斜の急な斜面水深2003000メートルに及ぶ地域。その傾斜は2~5度程度

大陸斜面

読み方たいりくしゃめん
【英】: continental slope

大陸縁辺部において、大陸棚外縁より始まりコンチネンタル・ライズ上限に終わるやや傾斜の急な斜面をいう。大陸棚外縁世界的平均水深はほぼ 130m であるが、コンチネンタル・ライズ移り変わる大陸斜面の基部base of the continental slope)の水深大西洋両岸において平均 2,400m である。大陸斜面基部コンチネンタル・ライズへの遷移点は B.Heezen ら( 1959 年によれば 1:40 以下の傾斜になる所として識別されるが、国連海洋法条約では斜面基部における最大傾斜変化点として規定し、この点を斜面脚部foot of the slope)と名付け領海基線から 200 海里以遠延び法的大陸棚の外限を定めるのに必要な重要な地形上の特徴とした。大西洋における大陸斜面の傾斜は大体において 3 度6 度で、平均幅員は 87km とされるEmery and Uchupi, 1984)。以上は典型的大西洋大陸縁辺部においての地形であるが、太平洋縁辺部では原則としてコンチネンタル・ライズを欠くから、大陸斜面は大陸棚外縁から海溝底に至る斜面となる。この場合途中深海平坦面を持つことがあり、また海溝に臨む急傾斜斜面を特に海溝内側斜面inner trench slopeということが多い。また大洋火山島場合では、大陸棚(島外縁より直接深海底達す斜面となる。大陸斜面は一般に確実な大陸地殻前縁部であり、陸域および大陸棚同様の堆積盆地たいせきぼんち}が発達する。現在既に地中海アフリカ西岸北米西岸メキシコ湾で大陸斜面上部油・ガス層が発見されている。海域究極石油資源量の約 30 %が大陸斜面にあるといわれるが、説により評価はかなり異なる。(→大陸縁辺部コンチネンタル・ライズ大陸棚

大陸斜面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/21 23:52 UTC 版)

大陸斜面(たいりくしゃめん、continental slope)は、海底地形(海洋地形)の一つで、大陸棚大洋底(または深海底)の間の急な斜面。ここには海底谷海底扇状地などが存在する。 水深200m〜2440m。






「大陸斜面」の続きの解説一覧



大陸斜面と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大陸斜面」の関連用語

大陸斜面のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大陸斜面のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2020 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大陸斜面 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS