森林とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 森林の意味・解説 

しん‐りん【森林】

読み方:しんりん

樹木、特に高木群生して大きな面積を占めている所。また、その植物群落


森林

森林法第2条にいう「森林」のことであり、山林未立木地加えたものに該当する
具体的には、木竹集団的に生育している土地及びその土地の上にある立木並びに木竹集団的な生育供される土地をいい、保安林保安施設地区等の森林の施業制限が加えられているものも森林に含めるが、国有林野土地のうち岩石地、崩壊地、湿地、沢敷、林道等は森林に含めない。

森林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/10 17:26 UTC 版)

森林(しんりん)は、広範囲にわたって樹木が密集している場所である。集団としての樹木だけでなく、そこに存在するそれ以外の生物および土壌を含めた総体を指す。


注釈

  1. ^ 密林はジャングル(熱帯雨林)を指していう場合もある。
  2. ^ ジャングルは狭義には東南アジアの熱帯雨林を指していう。また、広義には熱帯雨林に限らず、密林を意味する語としても用いられる。
  3. ^ 日本の森林法では地方自治体などが所有する公有林は民有林に含まれる。

出典

  1. ^ 森林法(昭和二十六年法律第二百四十九号)”. e-Govポータル. 総務省. 2021年5月4日閲覧。
  2. ^ 講談社『暮らしのことば新語源辞典』初版
  3. ^ 三省堂『新明解語源辞典』初版
  4. ^ 「モリ(盛り)と同源の語といわれている」講談社『暮らしのことば新語源辞典』初版
  5. ^ 「遠くから見ると濃い緑が盛り上がって見え、近づいてみると日のさすことがほとんど無い所の意」三省堂『新明解国語辞典』第七版
  6. ^ 「林政学講義」p4-p6 永田信 東京大学出版会 2015年11月20日初版
  7. ^ 「林政学講義」p5 永田信 東京大学出版会 2015年11月20日初版
  8. ^ 「生態系のふしぎ」p26-28 児玉浩憲 ソフトバンククリエイティブ サイエンス・アイ新書 2009年11月24日初版第1刷発行
  9. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p52 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  10. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p37 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  11. ^ 「森と人間の文化史」p109 只木良也 日本放送出版協会 1988年10月20日第1刷
  12. ^ 「自然環境学の創る世界」p157 東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学研究系編 朝倉書店 2011年3月20日書版第1刷
  13. ^ 「森林利用学」p19-27 吉岡拓如・酒井秀夫・岩岡正博・松本武・山田容三・鈴木保志著 丸善出版 令和2年3月30日発行
  14. ^ 「26年間で国中ハゲ山 世界的不足で輸入木材も高値」『日本経済新聞』昭和25年10月10日2面
  15. ^ 「火の科学 エネルギー・神・鉄から錬金術まで」p84 西野順也 築地書館 2017年3月3日初版発行
  16. ^ http://www.pref.kagoshima.jp/ad06/sangyo-rodo/rinsui/tokuyo/gaiyo/menu-1.html 「特用林産物とは」鹿児島県 2022年4月6日閲覧
  17. ^ a b 「現代森林政策学」p28 遠藤日雄編著 日本林業調査会 2008年3月16日初版第1刷発行
  18. ^ 太田猛彦 『森林飽和』NHKブックス、2012年、p161-163頁。 
  19. ^ FIT制度における木質バイオマス発電所”. 日本木質バイオマスエネルギー協会 (2020年). 2020年12月8日閲覧。
  20. ^ 舩田クラーセンさやか (2010年). “アフリカと環境問題 p45”. JICA. 2020年12月8日閲覧。
  21. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p61-62 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  22. ^ 「森と人間の物語」p105 小澤普照 KKベストセラーズ 1991年8月5日初版発行
  23. ^ 「森と人間の物語」p90-92 小澤普照 KKベストセラーズ 1991年8月5日初版発行
  24. ^ 「現代森林政策学」p139-140 遠藤日雄編著 日本林業調査会 2008年3月16日初版第1刷発行
  25. ^ 「現代森林政策学」p107-108 遠藤日雄編著 日本林業調査会 2008年3月16日初版第1刷発行
  26. ^ 「現代森林政策学」p21 遠藤日雄編著 日本林業調査会 2008年3月16日初版第1刷発行
  27. ^ a b 「現代森林政策学」p22 遠藤日雄編著 日本林業調査会 2008年3月16日初版第1刷発行
  28. ^ 「植生管理学」p156 福嶋司編 朝倉書店 2005年4月15日初版第1刷
  29. ^ 「現代森林政策学」p22-23 遠藤日雄編著 日本林業調査会 2008年3月16日初版第1刷発行
  30. ^ a b 「植生管理学」p157 福嶋司編 朝倉書店 2005年4月15日初版第1刷
  31. ^ a b 「造林学 第四版」p116 丹下健・小池孝良編 朝倉書店 2016年8月25日初版第1刷
  32. ^ 「造林学 第四版」p121-124 丹下健・小池孝良編 朝倉書店 2016年8月25日初版第1刷
  33. ^ 「図解 知識ゼロからの林業入門」p17 関岡東生監修 家の光協会 2016年11月1日第1版発行
  34. ^ 「環境の経済史 森林・市場・国家」p53 斎藤修 岩波書店 2014年6月18日第1刷
  35. ^ a b c https://www.env.go.jp/nature/shinrin/index_1_3.html 「世界の森林を守るために 3」環境省 2016年11月23日閲覧
  36. ^ 丸山浩明 (2012-03). “ブラジルのバイオ燃料生産とその課題”. 立教大学観光学部紀要 (立教大学観光学部) 14: 61 - 73. doi:10.14992/00006318. 
  37. ^ a b c http://www.rinya.maff.go.jp/j/kikaku/hakusyo/22hakusyo_h/all/h32.html  平成22年度 森林・林業白書第1部 第III章 第3節 国際的な取組の推進(1) 林野庁 2016年11月18日閲覧
  38. ^ a b http://watashinomori.jp/study/basic_01.html 「森学ベーシック:1.日本の森・世界の森:世界の森林分布・面積」私の森.jp 2016年11月23日閲覧
  39. ^ https://www.env.go.jp/nature/shinrin/index_1_2.html 「世界の森林を守るために 2」環境省 2016年11月23日閲覧
  40. ^ 見山謙一郎 (2009年2月18日). ““森林大国ニッポン”にチャンスあり! 地方銀行が、新たな「森」と「ビジネス」を育てる : この「環境ビジネス」をブックマークせよ!”. ダイヤモンド・オンライン: p. 1. http://diamond.jp/articles/-/6092 2016年1月1日閲覧。 ※ 面積の算出根拠などが違うため統計により数値は異なる。
  41. ^ 森林の土地の所有者届出制度”. 林野庁ホームページ (2012年). 2020年9月17日閲覧。
  42. ^ 林地開発許可制度の概要”. 林野庁ホームページ. 2020年9月17日閲覧。
  43. ^ 林地台帳制度の概要”. 林野庁ホームページ (2018年). 2020年9月17日閲覧。
  44. ^ a b 都道府県別森林率・人工林率(平成29年3月31日現在)”. 林野庁. 2021年6月11日閲覧。



森林(もりばやし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/17 13:58 UTC 版)

吼えろペン」の記事における「森林(もりばやし)」の解説

『燃えよペン』時代のチーフアシスタントで炎尾デビュー当時よりつき合いがあった。後に独立して連載を持つ。

※この「森林(もりばやし)」の解説は、「吼えろペン」の解説の一部です。
「森林(もりばやし)」を含む「吼えろペン」の記事については、「吼えろペン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「森林」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

森林

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:11 UTC 版)

名詞

しんりん

  1. 背の高い木が広範囲にわたって生い茂っている場所

発音(?)

し↗んりん

派生語


「森林」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



森林と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「森林」の関連用語

森林のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



森林のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産省農林水産省
Copyright:2022 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの森林 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの吼えろペン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの森林 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS