高木とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > > 高木の意味・解説 

こう‐ぼく〔カウ‐〕【高木】

読み方:こうぼく

丈の高い木。樹木便宜的な分類では、ふつう、高さが約2メートル以上になる木で、幹が太く直立し張って他の植物を覆うものをいう喬木(きょうぼく)。⇔低木


たか‐き【高木】

読み方:たかき

丈の高い木。喬木こうぼく


たかぎ【高木】


高木

読み方:タカキ(takaki)

所在 岩手県花巻市


高木


高木


高木


高木


高木


高木


高木


高木


高木


高木


高木

読み方:タカキ(takaki)

所在 宮城県石巻市


高木

読み方:タカキ(takaki)

所在 新潟県燕市


高木

読み方:タカキ(takaki)

所在 富山県小矢部市


高木

読み方:タカキ(takaki)

所在 富山県射水市


高木

読み方:タカキ(takaki)

所在 長野県諏訪郡下諏訪町


高木

読み方:タカキ(takaki)

所在 岐阜県山県市


高木

読み方:タカキ(takaki)

所在 福岡県福岡市南区


高木

読み方:タカキ(takaki)

所在 熊本県上益城郡御船町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

高木

読み方:タカギtakagi

所在 兵庫県(三木鉄道線)


高木

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

高木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 05:51 UTC 版)

高木こうぼく: tree, arbor)とは、樹木の便宜的な区分の1つである。一般的には、高さ2–3メートル (m) 以上の木本とされ、ふつう主幹(主となる幹)が明瞭である。喬木きょうぼくともよばれる[1][2][3][4]森林においては、高木層を形成する。例として、アカマツスギブナケヤキヤマザクラなどがある。


  1. ^ a b c d e f g 清水建美 (2001). “高さと形状による分類”. 図説 植物用語事典. 八坂書房. pp. 21–22. ISBN 978-4896944792 
  2. ^ a b c 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也 & 塚谷裕一 (編) (2013). “高木”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. pp. 465–466. ISBN 978-4000803144 
  3. ^ デジタル大辞泉. “高木”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年4月10日閲覧。
  4. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “高木”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年4月10日閲覧。
  5. ^ a b IAWA(国際木材解剖学者連合)委員会 『広葉樹材の識別 IAWAによる光学顕微鏡的特徴リスト』海青社、1998年、90頁。 
  6. ^ 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也 & 塚谷裕一 (編) (2013). “高木林”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 466. ISBN 978-4000803144 
  7. ^ a b 馬場多久男 (1999). 葉でわかる樹木 625種の検索. 信濃毎日新聞社. pp. 96–385. ISBN 978-4784098507 
  8. ^ 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也 & 塚谷裕一 (編) (2013). “熱帯林”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 1057. ISBN 978-4000803144 
  9. ^ 巌佐庸, 倉谷滋, 斎藤成也 & 塚谷裕一 (編) (2013). “高木層”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 466. ISBN 978-4000803144 
  10. ^ a b 清水建美 (2001). “休眠型による区分”. 図説 植物用語事典. 八坂書房. pp. 7–8. ISBN 978-4896944792 
  11. ^ 都市公園の樹木の点検・診断に関する指針(案)”. 国土交通省. 2022年4月9日閲覧。
  12. ^ 公園緑地工事数量算出要領”. 国土交通省. 2022年4月9日閲覧。
  13. ^ かおりの樹木データ一覧表”. 環境省. 2020年1月19日閲覧。
  14. ^ 1-7 敷地内の緑化”. 大津市. 2022年4月9日閲覧。
  15. ^ 5.用語について”. 大田区. 2022年4月10日閲覧。
  16. ^ 2)高木・中木・低木”. 世田谷区. 2022年4月9日閲覧。
  17. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “高木”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年4月10日閲覧。
  18. ^ 百科事典マイペディア. “高木”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年4月10日閲覧。


「高木」の続きの解説一覧

高木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/07 08:10 UTC 版)

江豆町ブリトビラロマンSF」の記事における「高木」の解説

江豆町役場役人昭和中期から徐々に縮小化した江豆電鉄廃線跡撤去し都市部との交通利便化する計画任されている。

※この「高木」の解説は、「江豆町ブリトビラロマンSF」の解説の一部です。
「高木」を含む「江豆町ブリトビラロマンSF」の記事については、「江豆町ブリトビラロマンSF」の概要を参照ください。


高木(たかき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/09 08:24 UTC 版)

サイボーグ対策室」の記事における「高木(たかき)」の解説

CCR技術担当捜査員優秀な人物だが、主人公をからかうなど、茶目っ気のある一面も。Pレポート入手して大神実態把握したが、口封じ灰原殺害される

※この「高木(たかき)」の解説は、「サイボーグ対策室」の解説の一部です。
「高木(たかき)」を含む「サイボーグ対策室」の記事については、「サイボーグ対策室」の概要を参照ください。


高木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 02:57 UTC 版)

防衛庁情報局」の記事における「高木」の解説

『C-blossom case729』登場

※この「高木」の解説は、「防衛庁情報局」の解説の一部です。
「高木」を含む「防衛庁情報局」の記事については、「防衛庁情報局」の概要を参照ください。


高木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/03 03:13 UTC 版)

球場ラヴァーズ」の記事における「高木」の解説

実央の所属している野球部同僚。実央とは同学年がっしりとした体形

※この「高木」の解説は、「球場ラヴァーズ」の解説の一部です。
「高木」を含む「球場ラヴァーズ」の記事については、「球場ラヴァーズ」の概要を参照ください。


高木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/07 01:45 UTC 版)

一平」の記事における「高木」の解説

階級不明鈴鳴防犯課→県警察学校教官派出所勤務時代相勤員が拳銃弄っていたことにより暴発事故死亡した現場居合わせ以後拳銃には毛嫌いとも取れるような特別な感情を持っている。

※この「高木」の解説は、「一平」の解説の一部です。
「高木」を含む「一平」の記事については、「一平」の概要を参照ください。


高木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/20 06:40 UTC 版)

千秋しまってこー!!」の記事における「高木」の解説

2年葵学園セカンド右投右打小柄で丸眼鏡葵学園切り込み隊長

※この「高木」の解説は、「千秋しまってこー!!」の解説の一部です。
「高木」を含む「千秋しまってこー!!」の記事については、「千秋しまってこー!!」の概要を参照ください。


高木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/01 17:16 UTC 版)

三本の矢 (小説)」の記事における「高木」の解説

日本不動産金融銀行頭取秘書

※この「高木」の解説は、「三本の矢 (小説)」の解説の一部です。
「高木」を含む「三本の矢 (小説)」の記事については、「三本の矢 (小説)」の概要を参照ください。


高木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 06:29 UTC 版)

太陽の子 (漫画)」の記事における「高木」の解説

三好ヶ丘の野球部員

※この「高木」の解説は、「太陽の子 (漫画)」の解説の一部です。
「高木」を含む「太陽の子 (漫画)」の記事については、「太陽の子 (漫画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「高木」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

高木

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 01:50 UTC 版)

名詞

(こうぼく)

  1. 丈の高い木。
  2. (植物学) 植物学における木本便宜上区分成長して概ね2mを超えるもの。

類義語

語義

対義語

下位語

固有名詞

高木 (たかぎ)

  1. 日本の
  2. 日本の地名

「高木」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



高木と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの江豆町ブリトビラロマンSF (改訂履歴)、サイボーグ対策室 (改訂履歴)、防衛庁情報局 (改訂履歴)、球場ラヴァーズ (改訂履歴)、一平 (改訂履歴)、千秋しまってこー!! (改訂履歴)、三本の矢 (小説) (改訂履歴)、太陽の子 (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの高木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS