高木貞治とは?

たかぎていじ -ていぢ 【高木貞治】 ○

1875~1960数学者岐阜県生まれ東大教授整数論におけるヒルベルトらの類体の概念拡張一般化して、類体論において業績をあげる。著「解析概論」など。

高木貞治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/30 17:39 UTC 版)

高木 貞治(たかぎ ていじ、1875年(明治8年)4月21日 - 1960年(昭和35年)2月28日)は、日本数学者理学博士東京帝国大学教授。第1回フィールズ賞選考委員。1940年文化勲章受章。1951年文化功労者[1]


  1. ^ 高木 貞治(タカギ テイジ)とは - コトバンク
  2. ^ 高木貞治という数学者のこと(1)その業績について
  3. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。
  4. ^ 『官報』第4157号「叙任及辞令」1940年11月13日。


「高木貞治」の続きの解説一覧



高木貞治と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高木貞治」の関連用語

高木貞治のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高木貞治のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高木貞治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS