菊池大麓とは?

菊池大麓 きくち だいろく

菊池大麓の肖像 その1
安政2年1月29日大正6年8月19日 (1855~1917)

東京生まれ数学者教育行政官。洋学者箕作秋坪(旧姓菊池)の二男幕末明治初期に、2度イギリス留学し、ケンブリッジ大学数学物理学を学ぶ。明治10年(1877)帰朝後、東京大学教授となる。21年(1888)理学博士23年(1890)貴族院議員勅選文部省専門学務局長文部次官経て31年(1898)東京帝国大学総長34年(1901)第1次桂内閣文相となる。35年(1902)男爵41年(1908)京都帝国大学総長その後帝国学士院長、枢密顧問官大正6年(1917)初代理化学研究所長。

キーワード 学者, 官僚
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 論理略説. [1], [2], [3] / 菊池大麓著 同盟舎, 明15.12 <YDM8183>
  2. 職業教育論 / 菊池大麓訳 ; ジェ-・スコット・ラッセル文部省, 明17.5 <YDM48413>
  3. 平面幾何学教授条目 / 英国幾何学教授法改良協会編 ; 菊池大麓訳 博聞社, 明20.2 <YDM47817>
  4. 数理釈義 / ウィリアム・クリッフォ-ド著 ; 菊池大麓訳. 訂2版 博聞社, 明21.12 <YDM53191>
  5. 初等幾何学教科書 / 菊池大麓著 文部省編輯局, 明22.1 <YDM54575>
  6. 平面幾何学 / オラウス・ヘンリシ著 ; 菊池大麓, 三郎金港堂, 明25.7 <YDM54691>
  7. 初等平面三角法教科書 / 菊池大麓, 沢田吾一大日本図書, 明26.8 <YDM54601>
  8. 初等幾何学教科書. [1], [2] / 菊池大麓著 大日本図書, 明27,31 <YDM54574>
  9. 幾何学講義. [1], [2] / 菊池大麓著 大日本図書, 明30,39 <YDM54407>
  10. 幾何学小教科書 / 菊池大麓編 大日本図書, 明32.12 <YDM54414>
  11. 教科書国定ニ就テ / 菊池大麓述 文部省, 明36.7 <YDM50325>
  12. 菊池前文相演述九十九集 / 菊池大麓述 ; 田所美治大日本図書, 明36.11 <YDM50062>
  13. 幾何学初歩教科書 / 菊池大麓編 大日本図書, 明37.4 <YDM54421>
  14. 平面三角法小教科書 / 菊池大麓, 沢田吾一大日本図書, 明38.3 <YDM54776>
  15. 新日本 / 菊池大麓述 富山房, 明43.7 <YDM50575>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

菊池大麓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/18 05:12 UTC 版)

菊池 大麓(きくち だいろく、1855年3月17日安政2年1月29日) - 1917年大正6年)8月19日)は明治時代から大正時代にかけての日本数学者教育行政男爵理学博士




  1. ^ Catalogue of the officers and alumni of Rutgers College (originally Queen's College) in New Brundswick, N. J. 1766 to 1916. State Gazette Publishing Co., Printers, 1916. p. 377.
  2. ^ Kikuchi Dairoku: the first Japanese graduate.
  3. ^ 丸山健夫著 『ナイチンゲールは統計学者だった! : 統計の人物と歴史の物語』 日科技連出版社、2008年6月、ISBN 9784817192738、101-104頁。
  4. ^ 『官報』第8670号、明治45年5月16日。衆議院参議院編 『議会制度百年史 貴族院・参議院議員名鑑』 1990年11月、117頁。
  5. ^ 『官報』第269号、大正2年6月23日。
  6. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)101頁
  7. ^ 本田靖春著 『現代家系論』 文藝春秋、1973年9月、40頁。
  8. ^ a b c 「枢密院文書・枢密院高等官転免履歴書 大正ノ一」。
  9. ^ 『官報』第2237号「叙任及辞令」1890年12月11日
  10. ^ 『官報』第3764号「叙任及辞令」1896年1月18日
  11. ^ 『官報』第5312号「叙任及辞令」1901年3月22日
  12. ^ 『官報』第8243号「叙任及辞令」1910年12月12日
  13. ^ a b 『官報』第1517号「叙任及辞令」1917年8月21日
  14. ^ 『官報』第2205号「彙報 - 官庁事項 - 褒章 - 藍綬褒章下賜」1890年11月4日
  15. ^ 『官報』第2701号「叙任及辞令」1892年6月30日
  16. ^ 『官報』第3823号「叙任及辞令」1896年3月31日
  17. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日
  18. ^ 『官報』第5593号「叙任及辞令」1902年2月28日
  19. ^ 『官報』第427号「叙任及辞令」1913年12月29日
  20. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日


「菊池大麓」の続きの解説一覧



菊池大麓と同じ種類の言葉


固有名詞の分類

20世紀の数学者 サイモン・プラウフ  ドナルド・ギリース  菊池大麓  フェルディナント・ゲオルク・フロベニウス  メアリー・エレン・ルーディン
日本の数学者 西治辰雄  小山信也  菊池大麓  三村征雄  池田薫
19世紀の数学者 ジュゼッペ・ペアノ  フェルディナント・ゴットホルト・マックス・アイゼンシュタイン  菊池大麓  ガブリエル・ラメ  エティエンヌ・ルイ・マリュス
東京大学の教員 笠松宏至  本間長世  菊池大麓  木村彰一  櫛田民蔵
教育関係人物 橋田邦彦  アンリ・ワロン  菊池大麓  井口阿くり  葉養正明
貴族院勅選議員 米山梅吉  三宅正太郎  菊池大麓  押川則吉  松本良順
日本の男爵 出羽重遠  伊賀氏広  菊池大麓  大迫尚敏  井上光
第二次世界大戦前の日本の政治家 幣原喜重郎  赤松克麿  菊池大麓  宮脇長吉  杉田定一
日本の文部官僚 萩原久和  瀧澤菊太郎  菊池大麓  片山淳吉  内藤誉三郎

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「菊池大麓」の関連用語

菊池大麓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



菊池大麓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2019 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの菊池大麓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS