下村博文とは?

下村博文

以下の映画下村博文関連しています。


下村博文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/07 10:25 UTC 版)

下村 博文(しもむら はくぶん、1954年5月23日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(8期)、自由民主党選挙対策委員長(第7代)、自由民主党憲法改正推進本部長。




注釈

  1. ^ 大臣規範は、公職者としての清廉さを保持するなどの目的で、政治資金パーティーについて「国民の疑惑を招きかねないような大規模なもの」を自粛するよう求めている[75][76][77]

出典

  1. ^ 下村今日子”. facebook. 2016年12月21日閲覧。
  2. ^ [1] 本人プロフィール
  3. ^ 9歳の時 父親が亡くなって 教育再生。日本再生。(下村博文公式WEB)
  4. ^ 細川珠生『未来を託す男たち』(ぶんか社[要ページ番号]
  5. ^ 大学時代から学習塾を経営 本人プロフィール
  6. ^ 下村博文 第2次安倍内閣閣僚名簿”. 首相官邸. 2014年8月18日閲覧。
  7. ^ 教育改革シンポジウム 激変する教育── 中教審答申と教育特区検証 ──”. NaNaviネット.com. 2015年3月4日閲覧。
  8. ^ 小泉首相動揺、皇室典範改正論議に影響”. 日刊スポーツ (2006年2月8日). 2015年3月4日閲覧。
  9. ^ 下村博文文部科学大臣記者会見録(平成26年1月28日)”. 文部科学省 (2014年1月28日). 2015年3月4日閲覧。
  10. ^ 下村博文公式WEB より。
  11. ^ 「人事異動」『官報』6138号、国立印刷局2013年9月26日、8面。
  12. ^ 20年夏季五輪:東京決定 五輪担当相新設、下村文科相任命 毎日新聞 2013年9月13日閲覧。
  13. ^ 遠藤五輪相が就任=大会成功へ「チーム一丸」 時事通信
  14. ^ 五輪相に遠藤氏就任、問われる調整力 日本経済新聞 2015年6月26日
  15. ^ [2]
  16. ^ 特命副幹事長に下村氏 自民党
  17. ^ 自民、幹事長代行に下村氏
  18. ^ [3]
  19. ^ 下村氏が都連会長辞任”. ロイター (2017年7月3日). 2017年7月5日閲覧。
  20. ^ 「職場放棄」発言、下村氏「不快な思いさせた」 読売新聞 2018年11月15日閲覧。
  21. ^ 「オバマのアメリカ・どうする日本」三和書房[要ページ番号]
  22. ^ トビタテ!フォーチュンクッキー 留学JAPANバージョン / AKB48〔公式〕 (YouTube 動画) - 文部科学省が投稿・公開
  23. ^ 「国立大学改革プラン」『国立大学改革について:文部科学省文部科学省
  24. ^ 国立大学法人の第2期中期目標期間終了時における組織及び業務全般の見直しについて』3頁。
  25. ^ 下村博文『国立大学法人等の組織及び業務全般の見直しについて(通知)』2015年6月8日
  26. ^ 財界さっぽろ 2012年10月号
  27. ^ 『下村博文の教育立国論』(河出書房新社ISBN 978-4309908915 (発売日:2010/10/27)
  28. ^ 「学校を変える教育特区」大村書店[要ページ番号]
  29. ^ “パラリンピックのメダル報奨金を増額 ソチから適用”. 日本経済新聞. (2014年5月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKC0725_Q4A520C1000000/ 
  30. ^ a b “スポーツ庁発足、鈴木大地初代長官が職員に訓示”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2015年10月1日). http://www.yomiuri.co.jp/matome/archive/20151013-OYT8T50173.html 2016年11月4日閲覧。 
  31. ^ “スポーツ庁設置法が成立、10月発足 五輪選手強化”. 日本経済新聞. (2015年5月15日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS13H08_T10C15A5MM0000/ 
  32. ^ スポーツ庁発足、鈴木大地長官が初登庁 東京五輪へ選手強化や普及が目的”. 産経新聞 (2015年10月1日). 2016年11月4日閲覧。
  33. ^ 日本会議の影響で「道徳」に危機? 教科書には衝撃的な内容も…AERA 2018年10月18日閲覧。
  34. ^ “DVDリッピング違法化+私的違法ダウンロード刑罰化法案、衆議院で可決”. INTERNET Watch (Impress Watch). (2012年6月15日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120615_540420.html 2013年4月22日閲覧。 
  35. ^ 違法ダウンロードと杉良太郎さん
  36. ^ 自民・下村氏、憲法改正は「選挙のメーンイシューには適切でない」 産経新聞 2016年3月6日
  37. ^ a b c “近隣諸国条項は自虐史教育 下村文科政務官が批判”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年3月6日). オリジナルの2014年4月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140405212816/http://www.47news.jp/CN/200503/CN2005030601003534.html 2016年8月21日閲覧。 
  38. ^ “河野談話は再調査必要 従軍慰安婦めぐり下村氏”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年10月25日). オリジナルの2013年6月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130626061407/http://www.47news.jp/CN/200610/CN2006102501000694.html 2016年8月21日閲覧。 
  39. ^ “「日本軍関与せず」と表明 下村氏、慰安婦問題で”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年3月26日). オリジナルの2013年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130618201052/http://www.47news.jp/CN/200703/CN2007032601000464.html 2016年8月21日閲覧。 
  40. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  41. ^ 自身のブログ
  42. ^ 清和政策研究会フォーラム 2010年5月13日
  43. ^ 宮城県議会自由民主党活動報告、2010年3月20日
  44. ^ 2017年衆院選、候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査)
  45. ^ a b 東京新聞 「『親学』考 非科学と時代錯誤の家族観 推進議連に閣僚ずらり」2014年9月6日
  46. ^ 本人のブログ
  47. ^ STAP論文検証「意義がある」 下村文科相、凍結論に反論 産経新聞 2014年7月8日
  48. ^ 「はだしのゲン:閉架措置に下村文科相『問題ない』」 毎日新聞 2013年08月21日
  49. ^ 下村博文文部科学大臣記者会見録、2013年8月30日
  50. ^ 下村文科相 「立派な田中正造に申し訳ない」「匹敵」発言を釈明 産経新聞 2013年11月5日
  51. ^ 下村氏「女性が総理になった時…」大相撲の女人禁制問題 朝日新聞デジタル 2018年4月8日11時52分(朝日新聞社、2018年4月10日閲覧)
  52. ^ セクハラ録音して週刊誌に渡したことは「犯罪」 下村博文元文科相、撤回し謝罪 産経新聞 2018年4月23日
  53. ^ a b c 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  54. ^ a b c d 2009年衆院選時毎日新聞アンケート回答
  55. ^ “2012衆院選 東京11区 下村博文”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A13011001001 2013年5月30日閲覧。 
  56. ^ 政治資金問題での下村氏への告発状を受理 東京地検 産経ニュース 2015年4月23日
  57. ^ 下村氏に対する告発受理 政治資金問題 朝日新聞デジタル 2015年4月24日
  58. ^ 下村文科相への告発受理 政治資金問題で東京地検 日本経済新聞 2015年4月24日
  59. ^ 下村博文元文科相を不起訴処分 東京地検特捜部 産経新聞
  60. ^ http://jp.reuters.com/article/idJP2016112201001927  2016年 12月 12日 ロイター通信日本版
  61. ^ 「政治とカネで質問攻勢 野党、農相問題を機に 」、日本経済新聞、2015年2月26日
  62. ^ a b 違法献金疑惑を否定=週刊誌報道「事実ない」―下村文科相、時事通信、2015年2月26日
  63. ^ 「支援団体の『会費』、一部が『献金』に」、産経新聞、2015年2月27日
  64. ^ 下村文科相「会費集め知らず」…任意団体の寄付、読売新聞、2015年2月28日
  65. ^ 警察が認定した10年にも計18万円」、しんぶん赤旗、2015年1月10日
  66. ^ 「博友会は任意団体で収支報告義務ない」 、毎日新聞、2015年2月26日]
  67. ^ 文科相、一転「10万円献金受けた」 法相は72万円返金 日本経済新聞 2015年3月3日
  68. ^ 献金否定の答弁訂正へ=元塾経営男性から10万円-下村文科相 時事通信 2015年3月2日
  69. ^ 「『下村氏がメールで口止め指示の可能性』 民主議員、予算委で 」、日本経済新聞、2015年3月3日
  70. ^ 「下村文科相側、任意団体関係者に取材に応じないよう依頼メール」、Yahooニュース、2015年3月3日
  71. ^ 「下村大臣が取材に応じないようメール、民主が質す」、TBSニュース、2015年3月3日
  72. ^ 衆院予算委員会、2015年3月3日
  73. ^ 「文科相、口止めメール『私の指示でない』 献金問題 」、2015年3月15日 日本経済新聞
  74. ^ 「599万円を『不適切処理』=下村氏事務所」 時事通信、2015年3月6日
  75. ^ a b c 「14年収支報告書:下村氏、文科相時に特定パーティー」、毎日新聞、2015年11月19日
  76. ^ a b c 「文科相在任中にパーティー、収入1千万円超2回」、読売新聞、2015年11月19日
  77. ^ a b 「下村前文科相、在任時パーティー=2回で収入約2200万円」、時事通信、2015年11月19日
  78. ^ a b 政治寄付、名義訂正相次ぐ 補助金受けた法人→代表個人 2014年11月20日
  79. ^ a b 下村文科相 進学塾から多額献金 教育再生実行会議のメンバー企業も - しんぶん赤旗 2013年1月21日
  80. ^ a b c 教育再生実行会議メンバーからの献金も――塾業界と癒着する下村大臣 - 週刊金曜日ニュース 2013年2月20日配信
  81. ^ a b c 下村氏団体にNPO献金 都政治資金報告書 三省堂からも - 東京新聞、2015年11月19日 夕刊
  82. ^ 下村文科相代表支部に暴力団親密企業が献金警察が認定した10年にも計18万円 - しんぶん赤旗 2015年1月10日
  83. ^ 週刊文春 2015年1月15日号 - 週刊文春web バックナンバー
  84. ^ 下村文科相が反社会勢力の献金は返金、「博友会」から献金受けず - ロイタ 2015年2月26日
  85. ^ a b 朝日新聞 縮刷版 2015年3月3日。参考: 「一切ない」寄付、一転認める 下村文科相代表の党支部 - 朝日新聞デジタル版 アーカイブ
  86. ^ a b 「三省堂・NPO法人が下村前文科相団体に献金」、日本経済新聞、2015年11月19日
  87. ^ 「下村氏側に教育NPOと三省堂が献金 計20万円」、産経新聞、2015年11月19日
  88. ^ 政治資金収支報告書 下村氏団体、婦人服会社に「書籍代」25万円 毎日新聞 2016年12月3日付
  89. ^ 下村文科相“外国人”献金問題 野党が追及”. 2019年2月12日閲覧。
  90. ^ 「記事は全く事実に反する」 下村博文氏、会見で文春報道の「加計献金」疑惑を全面否定 産経ニュース 2017年6月29日
  91. ^ “[https://mainichi.jp/articles/20181122/ddm/041/010/108000c 下村元文科相 「霊能力者」から献金 自民東京11区支部]”. 2019年2月12日閲覧。
  92. ^ 「未来を託す男たち」(細川珠生著 ぶんか社)1999年
  93. ^ 下村博文公式ホームページ
  94. ^ 下村博文公式ホームページ
  95. ^ 本人ブログ
  96. ^ 「超党派による『人格教養教育推進議連』発足 道徳の教科化を後押し」産経新聞、2014年6月10日
  97. ^ 「安倍政権中枢に カジノ議連メンバーずらり」、しんぶん赤旗 2014年9月9日
  98. ^ 産経新聞「チベット亡命政府首相が中国当局の抑圧を訴え 「具体的な行動を」と支援要請」2018年2月21日


「下村博文」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「下村博文」の関連用語

下村博文のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



下村博文のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下村博文 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS