土屋正忠とは?

土屋正忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/29 00:37 UTC 版)

土屋 正忠(つちや まさただ、1942年1月13日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(3期)。武蔵野市職員から同市議会議員を経て、武蔵野市長に就任(41歳)。64歳で国政に転出し、総務大臣政務官総務副大臣などを歴任。衆議院では法務委員会理事、憲法審査会委員などを歴任。日本野鳥の会顧問を務める[2]




  1. ^ 平成24年(2012年)12月19日東京都選挙管理委員会告示第168号(衆議院(小選挙区選出)議員選挙における東京都各選挙区の当選人)
  2. ^ https://www.jimin.jp/member/member_list/legislator/102099.html
  3. ^ えとす 平成19年9月号
  4. ^ 総務大臣政務官に就任 - 安倍新政権を支える 土屋正忠ブログ 2006/09/27
  5. ^ 総務省 総務副大臣就任記者会見の概要 平成27年10月13日
  6. ^ “自民党で派閥勧誘合戦 総裁選にらみ加速”. 日本経済新聞. (2017年11月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2305830002112017PP8000/ 2017年11月3日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i j “2012 衆院選”. 毎日新聞. (2012年). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A13018001001 2017年10月14日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l “朝日・東大谷口研究室共同調査:第46回総選挙”. 朝日新聞. (2012年). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo46/asahitodai/ 2017年10月16日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m “2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞. (2014年). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/asahitodai/ 2017年10月14日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o “2017年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞. (2017年). http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2017/asahitodai/koho.html?k=000001DO 2017年10月14日閲覧。 
  11. ^ a b c d “戦後60年の原点:全国会議員アンケ(その7) 衆院比例代表”. 毎日新聞. (2006年6月25日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月14日閲覧。 
  12. ^ “[空白の四半世紀]北朝鮮拉致事件/5 議会も世間も見ぬふり”. 毎日新聞. (2002年11月19日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月14日閲覧。 
  13. ^ “[空白の四半世紀]北朝鮮・拉致事件/5 目を背け続けた社会”. 毎日新聞. (2002年11月19日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月14日閲覧。 
  14. ^ 土屋正忠 (2010年3月12日). “夫婦別姓ならヒラリー・クリントンはいなかった―ファミリー・ネ-ム鳩山はいらないのか?”. 土屋正忠のブログにようこそ!. 2017年10月17日閲覧。
  15. ^ 「婚外子相続差別は違憲 最高裁大法廷」日本経済新聞 2013年9月4日
  16. ^ 衆議院法務委員会2013年11月15日
  17. ^ 児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案 第186回国会 法務委員会 第21号 2014年6月4日
  18. ^ 大炎上「TVタックル」アニメ規制特集、規制賛成派から見た「オタク」の姿 Exciteニュース 2014年9月4日
  19. ^ 第185回国会 災害対策特別委員会 第6号 平成25年11月12日
  20. ^ 第183回国会 衆議院文部科学委員会 第7号 平成25年6月19日
  21. ^ 朝日新聞2008年8月3日発行朝刊
  22. ^ 朝日新聞2005年9月29日発行朝刊、東京都心1地方
  23. ^ 朝日新聞2000年11月16日発行朝刊、多摩1
  24. ^ 朝日新聞2002年12月4日発行朝刊、多摩1
  25. ^ 朝日新聞1997年9月14日発行朝刊
  26. ^ a b “武蔵野市長時代交際費返還訴訟:弁論なし判決通知、土屋氏敗訴確定へ /東京”. 毎日新聞. (2006年10月28日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月14日閲覧。 
  27. ^ “東京・武蔵野市長時代交際費返還訴訟:「焼酎党」は○、新住職へは× 最高裁が線引き”. 毎日新聞. (2006年12月1日). https://mainichi.jp/contents/edu/maisaku/ 2017年10月14日閲覧。 
  28. ^ 土屋正忠 (2006年12月1日). “武蔵野市長交際費訴訟の最高裁判決について”. 土屋正忠のブログにようこそ!. 2017年10月17日閲覧。
  29. ^ 「テロ行為だ」自民がヤジ 局長に詰め寄った民進議員に
  30. ^ a b “長崎市長平和宣言を自民議員批判 「集団的自衛権言及なら国政で」”. 東京新聞夕刊. (2014年8月11日). オリジナル2014年8月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140811105633/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014081102000048.html 2017年10月18日閲覧。 
  31. ^ a b c d 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「土屋正忠」の関連用語

土屋正忠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



土屋正忠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土屋正忠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS