家族の絆特命委員会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 家族の絆特命委員会の意味・解説 

家族の絆特命委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/28 03:40 UTC 版)

家族の絆特命委員会(かぞくのきずなとくめいいいんかい)は古川俊治を委員長、赤池誠章を委員長代行として、2013年9月に婚外子相続分差別が違憲との最高裁判決[1]を受けて、同年12月に同差別を解消する民法改正が行われたのを受け、「伝統的な家族の形を守る」ことを目指して同年12月19日に発足した自民党保守国会議員グループ[2][3][4][5][6][7]


[ヘルプ]
  1. ^ 産経新聞2013年9月4日
  2. ^ a b c ZakZak 2014年6月2日
  3. ^ a b 産経新聞2014年5月23日
  4. ^ http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-5211.html
  5. ^ しんぶん赤旗13年11月16日
  6. ^ 時事通信2013年11月5日
  7. ^ 毎日新聞 1月8日
  8. ^ 産経新聞 2014年4月17日


「家族の絆特命委員会」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「家族の絆特命委員会」の関連用語

家族の絆特命委員会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



家族の絆特命委員会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家族の絆特命委員会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS