丸川珠代とは?

丸川珠代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/10 14:13 UTC 版)

丸川 珠代(まるかわ たまよ、1971年昭和46年〉1月19日 - )は、日本政治家、元テレビ朝日アナウンサー自由民主党所属の参議院議員(2期)。丸川は旧姓であり、戸籍名は 珠代(おおつか たまよ)。愛称は「丸珠」(まるたま)[1]




  1. ^ “丸川珠代参議院議員が40歳で第1子妊娠”. News Lounge. (2011年12月24日). http://newslounge.net/archives/665 2015年11月27日閲覧。 
  2. ^ “東京選挙区、元アナウンサーの自民・丸川氏が初当選”. 読売新聞. (2007年7月29日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/news/20070729i418.htm 2017年1月2日閲覧。 
  3. ^ a b c “丸川珠代氏当選も笑顔なし万歳も自粛”. 朝日新聞. (2007年7月30日). http://www.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707300014.html 2017年1月2日閲覧。 
  4. ^ “丸川氏が最下位当選お願い「5番目でも」”. 朝日新聞. (2007年7月13日). http://www.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707130006.html 2017年1月2日閲覧。 
  5. ^ 政界めざす「幸福の科学」が森田健作らを支援”. FACTA online. ファクタ出版. 2015年11月27日閲覧。
  6. ^ “丸川珠代「KY婚」に小泉“下ネタ”ジョークも 会期中、宮城内陸地震直後なのに…”. 夕刊フジ. (2008年6月17日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_06/g2008061701_all.html 2008年6月17日閲覧。 
  7. ^ “丸川珠代議員が第1子の男児出産”. 日刊スポーツ. (2012年6月27日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120629034706/http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20120627-973830.html 2012年6月27日閲覧。 
  8. ^ “自民・丸川氏が再選、公明・山口氏は3選”. 読売新聞. (2012年6月27日). http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/news/20130721-OYT1T00586.htm 2012年6月27日閲覧。 
  9. ^ “安倍首相「未来へ挑戦する内閣」 1億総活躍で行程表も策定 「少子高齢化…課題にチャレンジする」”. 産経新聞. (2015年10月7日). http://www.sankei.com/politics/news/151007/plt1510070072-n2.html 2017年1月2日閲覧。 
  10. ^ “第3次安倍改造内閣の閣僚名簿発表 初入閣・留任が9人ずつ”. 日本経済新聞. (2015年10月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H2E_X01C15A0000000/ 2017年1月2日閲覧。 
  11. ^ “内閣改造:五輪担当相に丸川環境相 顔ぶれ固まる ”. 毎日新聞. (2016年8月3日). http://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20160803/k00/00e/010/174000c 2017年1月2日閲覧。 
  12. ^ a b c d e f g “2013 参院選 選挙区 東京 丸川 珠代”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html?mid=B13000009001 2017年1月2日閲覧。 
  13. ^ “丸川出馬でテレ朝社長困惑「個人的感想いっぱいある」”. 夕刊フジ. (2007年5月23日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_05/g2007052301.html 2015年11月27日閲覧。 
  14. ^ 菅首相が閉口する“ヤジ将軍”ウラに控えるのはあの元首相”. 週刊文春WEB. 文藝春秋 (2010年12月16日). 2015年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月27日閲覧。
  15. ^ 内閣改造 丸川珠代大臣「愚か者め」女王様キャラに注目”. 週刊朝日. 朝日新聞社 (2015年10月14日). 2017年1月2日閲覧。
  16. ^ “丸川氏の「この愚か者めが」Tシャツ試作品完成”. スポーツ報知. オリジナルの2010年5月22日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-0522-1720-56/hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100521-OHT1T00057.htm 2010年5月21日閲覧。 
  17. ^ “首相に「ルーピー」のヤジは自民・丸川珠代氏 与党から「失礼だ」「出て行け」の声も”. 産経新聞. (2010年5月21日). オリジナルの2010年5月24日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100524144856/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100521/plc1005211302009-n1.htm 2015年11月27日閲覧。 
  18. ^ 丸川珠代氏わずか2人! 昨年の党員獲得数、産経ニュース、2017年7月8日
  19. ^ “丸川氏仰天!選挙権がなかった”. 朝日新聞. (2007年7月17日). http://www.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707170027.html 2015年11月27日閲覧。 
  20. ^ “派遣会社の広告に登場した丸川政務官 国会でもデタラメ答弁”. しんぶん赤旗. (2013年3月17日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-17/2013031702_02_1.html 2017年1月2日閲覧。 
  21. ^ “日雇い派遣禁止見直し発言 丸川氏が陳謝 政務官の資格問われる問題”. しんぶん赤旗. (2013年3月29日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-29/2013032902_02_1.html 2017年1月2日閲覧。 
  22. ^ “「日雇い派遣原則禁止の見直し」公言 丸川珠代政務官を「謹慎扱い」 自民含め全会一致”. しんぶん赤旗. (2013年5月25日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-25/2013052503_01_1.html 2017年1月2日閲覧。 
  23. ^ “丸川政務官の問責可決=参院厚労委”. 時事通信. (2013年6月25日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201306/2013062500785&g=pol 2013年7月8日閲覧。 [リンク切れ]
  24. ^ a b c d “丸川環境相「根拠ない」撤回/年間1ミリシーベルト基準めぐる発言”. しんぶん赤旗. (2016年2月13日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-13/2016021301_04_1.html 2017年1月3日閲覧。 
  25. ^ a b “丸川氏「除染の目標、何の根拠もなく決めた」 これが環境相の発言か”. 毎日新聞. (2016年2月24日). http://mainichi.jp/articles/20160224/dde/012/010/052000c 2017年1月2日閲覧。 
  26. ^ “自民・丸川参院議員が民主・辻元衆院議員に謝罪”. エコノミックニュース. (2013年7月15日). http://economic.jp/?p=51183 2013年7月15日閲覧。 


「丸川珠代」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「丸川珠代」の関連用語

丸川珠代のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



丸川珠代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの丸川珠代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS