斉藤鉄夫とは?

斉藤鉄夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/03 01:55 UTC 版)

斉藤 鉄夫(さいとう てつお、1952年2月5日 - )は、日本政治家公明党所属の衆議院議員(9期)、公明党幹事長




  1. ^ 衆議院憲法調査会 2002年12月
  2. ^ 「日本会議」系が集会、改憲へ気勢 国会議員ら700人、朝日新聞、2017年3月29日
  3. ^ パーティ券リストの面々 しんぶん赤旗 2003年9月12日
  4. ^ 大会2日目には、斉藤鉄夫・環境相が環境相として年次大会に初参加され、「低炭素社会実現への挑戦――原子力への期待」と題して特別講演を行いました。その中で環境相は、原子力発電を抜きに実行あるCO2削減対策を打ち出すことは極めて困難であることを指摘。原子力発電への期待を前面に打ち出すなど、原子力関係者に直接、熱いメッセージを送りました。(第42回原産(日本原子力産業協会)年次大会、2009年4月)
  5. ^ 温室ガス「中期目標で15~25%削減」 環境相が意欲 2009年5月26日(朝日)「いまの世代が努力を怠れば、子や孫にツケを回すことになる」と高い目標を選ぶことに理解を求めた。ただ、国内削減分だけで25%以上減らすのは「非現実的だと言われる、正直それを認めざるを得ない」とし、政府の世論調査で「7%減」の回答が多かったことにも配慮を示した。その上で「15%減」達成に必要な太陽光発電やエコカーの導入量が、政府の経済対策で示された導入量とほぼ一致するとして、「実行可能」と述べた。
  6. ^ 2009年G8後の記者会見では風力・小水力などの自然エネルギーの買取制度について、将来的に検討してはどうかと発言
  7. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  8. ^ 2011年8月24日(朝日)斉藤氏は「高速増殖炉、再処理といった核燃料サイクルは見直す方向性だ。『もんじゅ』という個別の研究炉は廃止する」と明言した。核燃料サイクルの見直しが進めば、再処理の必要がなくなることから「使用済み核燃料は(再処理することなく)処分する。そのための技術開発に力を入れた方がいい」と述べた。
  9. ^ 選択夫婦別姓アンケート、mネット、2014年
  10. ^ 中国建国記念レセプション 日本の議員50人出席もあいさつなし - MSN産経ニュース Archived 2010年10月2日, at the Wayback Machine.


「斉藤鉄夫」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「斉藤鉄夫」の関連用語

斉藤鉄夫のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



斉藤鉄夫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの斉藤鉄夫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS