竹入義勝とは?

竹入義勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/20 22:27 UTC 版)

竹入 義勝(たけいり よしかつ、1926年大正15年〉1月10日 - )は、日本政治家




  1. ^ 『長野県人名鑑』信濃毎日新聞社、1974年
  2. ^ 『新新人国記2 長野県』朝日新聞社、2013年
  3. ^ 「96秋の叙勲受章者 勳一等・勳二等」『読売新聞』1996年11月3日朝刊
  4. ^ 「政暦」中日新聞 2007年9月21日朝刊
  5. ^ 1998年8月26日付~9月29日付まで全12回。
  6. ^ 座談会 栄光の学会創立75周年 20 - cobatch's Favorite 2010年6月10日閲覧、聖教新聞2005年1月29日付4面掲載の再録。当時の学会理事長青木亨の発言より。
  7. ^ 竹入義勝(秘話 55年体制のはざまで)- 朝日新聞 1998年8月26日付朝刊
  8. ^ 日中国交正常化25周年特集 国交正常化交渉の舞台裏 当事者インタビュー(東京新聞 1997年9月28日付)
  9. ^ 「所沢飛行学校に学び、陸軍航空士官学校で終戦を迎えた」(『週刊読売』1967年2月17日号)
  10. ^ 「陸軍航空士官学校で敗戦を迎え」 - 世界1967年4月号。
  11. ^ 「所沢陸軍飛行学校→航空士官学校のコース」(『文藝春秋』1973年11月号)
  12. ^ 「草柳『しかも航空士官学校ですね(笑い)』 竹入『まあ、私は好きで志願していった訳ですけれど』」(公明新聞 1975年1月4日付、評論家草柳大蔵との対談)
  13. ^ 太平洋戦争のとき、所沢の飛行学校、陸軍航空士官学校で学んだ」(『宝石』1977年2月号)
  14. ^ 「所沢の飛行学校、陸軍航空士学校に籍を置いた」(『現代』1978年8月号)
  15. ^ 「伊藤『陸軍航空士官学校在学中に敗戦を迎える。驚きましたな(笑)』」「竹入『アハハハ。昔の話ですよ』」 - 中央公論1984年4月号、評論家伊藤昌哉との対談。
  16. ^ 「陸軍航空士官学校在学中に敗戦」 - 『新訂現代日本人名録』1998年1月発行
  17. ^ 「終戦を迎えたのは、埼玉・豊岡にあった陸軍航空士官学校で、今の自衛隊入間基地だと思う」 - 文藝春秋1981年12月号「アンケート特集・私と太平洋戦争」
  18. ^ 手記・竹入を糾弾する 学歴詐称を陸士に謝罪せよ - 公明新聞2006年10月11日付、陸士59期に在学した伊藤文男の手記。
  19. ^ 第三文明2006年12月号P86「竹入義勝を陸士OBが叱責--陸軍航空士官学校59期生が竹入に謝罪要求書」
  20. ^ 梶山は2000年に死去。
  21. ^ 検証・竹入疑惑〈第2回〉「朝日回顧録」で急浮上した前代未聞の学歴詐称事件 - 公明新聞1998年10月15日付。
  22. ^ 公明新聞2007年1月24日付。
  23. ^ 創立80周年へ 前進と勝利の座談会<29> 小人ほど我が身を偽る - cobatch's Favorite 2010年6月9日閲覧、聖教新聞2006年8月31日付4面掲載記事の再録。学会総合青年部長竹内一彦の発言より。
  24. ^ 俵孝太郎氏講演録1 正邪曲直、自ずから分明 - 白川勝彦Web 2010年6月9日閲覧。
  25. ^ 公明党が竹入氏と和解 「互いに誹謗中傷せず」 - 47NEWS、2008年12月4日掲載。


「竹入義勝」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「竹入義勝」の関連用語

竹入義勝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



竹入義勝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの竹入義勝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS