山崎拓とは?

山崎拓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 15:49 UTC 版)

山﨑 拓(やまさき たく、1936年昭和11年)12月11日 - )は、日本の政治家。通常は山崎 拓と表記。加藤紘一小泉純一郎と並ぶYKKの一角。加藤の乱に連座したが、小泉内閣自由民主党幹事長副総裁を務め、小泉改革を支えた。福岡県議会議員(1期)、衆議院議員(12期)、防衛庁長官第47代)、農林水産大臣建設大臣第57代)、通商産業大臣自民党国会対策委員長自民党政務調査会長などを歴任。近未来政治研究会自由民主党石原派、旧山崎派)最高顧問。旭日大綬章受勲。




注釈

  1. ^ 一時期、シュウマイ屋を開き、シュウマイを「駅弁」として売り歩いたこともあるが、上手く行かずにたたんでいる[要出典]
  2. ^ 古賀潤一郎が学歴詐称の責を問われ辞職。
  3. ^ 『憲法改正―道義国家をめざして』の第二部【自らの手で守る日本】の(五、新憲法の安全保障規定)に記載あり。山崎拓の公式サイト内にも公開されている。

出典

  1. ^ 朝日新聞社「一冊の本」 ―落日燃ゆの気概を秘めて―(雑誌『一冊の本』1999年4月号 朝日新聞社)」 Fight TAKU!、2010年4月24日閲覧。
  2. ^ 花井寛脚本、みやぞえ郁雄絵「ひらく――山崎拓青春ストーリー」『taku.net』。
  3. ^ 東京修猷会 第493回二木会(2002年4月11日(木))
  4. ^ 東京修猷会 第526回二木会(2006年1月12日(木)).2016年10月22日閲覧。
  5. ^ 引退の山崎拓氏 女性醜聞なければ総理の可能性あったとの評”. (2012年10月19日) 2016年10月22日閲覧。
  6. ^ 讀賣新聞 『〈連載「混沌政局」麻生政権迷走(中)〉「麻生降ろし」かなわず自民に漂泊感、新党・再編…』 2008年12月6日。
  7. ^ 上野央絵 (2010年4月13日). “亀井・国民新党代表:内閣に拓さん? 普天間問題など電話で懇願”. 毎日jp(毎日新聞 東京朝刊) (毎日新聞社). オリジナル2010年4月13日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2010-0413-1352-53/mainichi.jp/select/seiji/news/20100413ddm005010064000c.html 
  8. ^ 星野典久 (2015年3月11日).“村山元首相「日本が孤立しないか」 安倍首相の談話懸念”. 朝日新聞デジタル, 2015年3月11日閲覧。
  9. ^ 70年談話「反省」継承を/村山元首相ら勉強会発足”. Shikoku-NEWS. 四国新聞社. (2015年3月11日) 2015年3月11日閲覧。
  10. ^ 中澤雄大 (2016年9月25日).“山崎拓氏「YKK秘録」 畏友への弔辞と著書に込めた胸中”. 毎日新聞. 2016年10月22日閲覧。
  11. ^ “石破派、山崎拓氏招き勉強会=総裁選にらむ”. 時事通信. (2018年3月14日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018031401202&g=pol 
  12. ^ [ニュース分析]許宗萬議長・家宅捜索は朝鮮総連没落の劇的な象徴”. ハンギョレ新聞. (2015年5月23日) 2016年10月22日閲覧。
  13. ^ a b “山崎、平沢両氏が訪中 拉致問題で北朝鮮と接触”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月1日). オリジナル2015年7月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150721174436/http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040101003819.html 2016年7月29日閲覧。 
  14. ^ “「拉致問題を政治利用」 山崎、平沢両氏に批判集中”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年4月4日). オリジナル2013年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130619184108/http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040401002206.html 2016年7月29日閲覧。 
  15. ^ “安倍外交は「犬の遠ぼえ」山崎氏、対北朝鮮で”. 産経新聞. (2008年6月28日)
  16. ^ 歴代のメガネベストドレッサー賞受賞者”. 東京眼鏡販売店協同組合. 2016年10月23日閲覧。
  17. ^ “引退の山崎拓氏 女性醜聞なければ総理の可能性あったとの評”. NEWSポストセブン. (2012年10月19日). https://www.news-postseven.com/archives/20121019_149685.html 2012年10月19日閲覧。 
  18. ^ “「変態山拓、見出しに書けない異常プレー」”. 夕刊フジ. (2002年4月24日) 
  19. ^ “山崎拓氏、文春に敗訴 交際報道「違法性なし」”. 人民日報日文版. (2003年9月8日). http://j.people.com.cn/2003/09/08/jp20030908_32206.html 2018年3月18日閲覧。 
  20. ^ 山崎拓語る”. Fight! TAKU (YAMASAKI TAKU OFFICIAL SITE). 2016年10月22日閲覧。
  21. ^ 山崎拓”. 書画を提供してくださった先生. NPO法人日中国会議員書画展実行委員会
  22. ^ “秋の叙勲、皇居で親授式 山崎元建設相ら6人”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2012年11月8日). オリジナル2014年4月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140412221513/http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012110801001420.html 
  23. ^ 辻元清美 政治活動20年へ、感謝と飛躍の集い in 東京


「山崎拓」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「山崎拓」の関連用語

山崎拓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山崎拓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山崎拓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS