北朝鮮による日本人拉致問題とは?

北朝鮮による日本人拉致問題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/29 09:53 UTC 版)

北朝鮮による日本人拉致問題(きたちょうせんによるにほんじんらちもんだい)とは、1970年代から1980年代にかけて、北朝鮮工作員土台人よど号グループなどにより、17人(北朝鮮側によれば13人)の日本人が、日本、欧州から北朝鮮に拉致された問題である。




注釈

  1. ^ 有本は同年6月頃に日本へ帰国する予定の電報を実家に送っている。その後コペンハーゲンで仕事が見つかったので帰国が8月になるという電報が入った。ところが帰国予定日になっても有本は帰国せず、心配した家族が航空会社に搭乗者リストについて問い合わせたところ、有本の名前はなく、キャンセルしたのも有本本人ではないという返答だった。
  2. ^ 辛は事前に中華料理店店主と貿易会社の社長を協力者として犯行グループに入れている。まず店主から原に「いつまでもこの仕事ではきついだろう。知り合いに事務職を募集している会社があるから、そちらに行ってみてはどうか」と原に持ちかけた。元々長崎県の商業高校出身だった原はその話に乗り、採用面接が行われることになった。場所は梅田にある朝鮮総連系の焼肉店で、辛・店主・貿易会社社長の3人によって面接(辛と店主は貿易会社の常務、専務という役であった。面接も口実で簡単な会話のやり取りにすぎなかった)で採用が決まる。その夜したたかに酔わされた原は辛らと夜行列車宮崎市に向かった。途中拉致が気付かれぬように万全を期して大分県別府市で一泊している。
  3. ^ 社会党5名、公明党2名、無所属1名
  4. ^ 新拉致議連呼びかけ人は以下の通り。石破茂(会長)、近藤基彦高市早苗(副幹事長)、中川昭一中川義雄、平沢勝栄(事務局長)、米田建三(副会長)(以上自由民主党)、上田清司(副会長)、佐藤道夫原口一博(副幹事長)、松沢成文(副幹事長)、松原仁(事務局次長)、吉田公一(会長代行)(以上民主党)、塩田晋(副会長)、田村秀昭、西村眞悟(幹事長)、森ゆうこ(以上自由党)、小池百合子(副会長)(以上保守党
  5. ^ 2002年9月17日の小泉純一郎首相の北朝鮮訪問後、漆原良夫が参加。
  6. ^ 小泉訪朝、日朝首脳会談の結果を受け、社会民主党阿部知子が拉致議連への参加を申請したが、事務局長の平沢勝栄より拉致被害者家族会には社会民主党に対して疑念と不信があることを言い渡され、参加を拒否されている。
  7. ^ 2009年8月現在の拉致議連役員は会長平沼赳夫・顧問兼会長代行中川昭一・会長代行中井洽・幹事長西村眞悟・事務局長古屋圭司・事務局長代理松原仁・事務局次長大前繁雄。議連参加各党ごとに副会長・幹事を置く。
  8. ^ 2002年のソロ名義のツアーでの「どん底のブルース」、2005年にサザン名義で発売された「Mr.ブラック・ジャック 〜裸の王様〜」、2007年のソロ名義のツアーでの「漫画ドリーム07」など。

出典

  1. ^ 政府認定17名に関わる事案PDF版 (PDF)首相官邸公式ウェブサイト
  2. ^ 平成19年度 拉致問題の解決その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する政府の取組についての報告 (PDF)
  3. ^ 平成15年(2003年)6月5日衆議院本会議[1]
    ○内閣総理大臣(小泉純一郎君) 金子議員にお答えいたします。激励を込めた御質問に感謝申し上げます。拉致問題についてでございます。北朝鮮による拉致は、国民の生命と安全に大きな脅威をもたらすことから、普通には、テロと言えると思います。
  4. ^ a b 拉致問題における今後の対応方針(PDF)(首相官邸公式ウェブサイト)
  5. ^ 青瓦台襲撃未遂事件文世光事件ラングーン事件大韓航空機爆破事件など
  6. ^ a b “北朝鮮による拉致問題とは” (プレスリリース), 外務省, http://www.rachi.go.jp/jp/ratimondai/index.html 2010年3月15日閲覧。 
  7. ^ a b 北朝鮮による拉致容疑事案警察庁
  8. ^ <北朝鮮>「日本は人権を論じる資格がない」と通信社論評(2011年12月5日、アジアプレス・ネットワーク
  9. ^ 前のめりの北「誠意示せば何人か帰す」(2014年6月1日、MSN産経ニュース)
  10. ^ 第163回国会 衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号 平成17年(2005年)11月17日(議事録
  11. ^ 『毎日新聞』2007年4月13日付
  12. ^ 第168回国会 衆議院 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号 平成19年(2007年)10月30日(議事録
  13. ^ a b c d 埋もれた拉致 - NHK クローズアップ現代+
  14. ^ a b c d e f g h i 拉致被害者は“工作員村”にいた - NHK クローズアップ現代+
  15. ^ 「めぐみさん生きている」非公式に伝達(2002年11月17日、日刊スポーツ
  16. ^ 月刊朝鮮」2006年8月号
  17. ^ 横田めぐみさん:「94年6月後も生存」地村さん新証言(2008年5月26日、毎日新聞
  18. ^ 「めぐみさん生存」=脱北者証言 韓国議員が公開(2011年10月9日、聯合ニュース
  19. ^ 04年末、めぐみさん生存情報=「知りすぎて帰せない」-韓国議員(2011年10月9日、時事通信社
  20. ^ 生存情報に「一筋の光」 神奈川・黒岩祐治知事 産経新聞 2011.11.13
  21. ^ 文春新書『中国が予測する"北朝鮮崩壊の日"』
  22. ^ 【疑惑の濁流】「めぐみさんが日本語教えた」女スパイ 金賢姫元死刑囚の同僚工作員はどこで何を… 産経ニュース2009.2.14
  23. ^ 中丸薫『いよいよ2012年 さあ、こんな世の中にしよう』 徳間書店 2009年
  24. ^ 町田貢 『日韓インテリジェンス戦争』 文藝春秋 2011年
  25. ^ a b 拉致実行犯に迫る - NHK クローズアップ現代+
  26. ^ 原さん拉致工作員に勲章…金総書記、口止めもYOMIURI ONLINE、2011年12月21日)
  27. ^ 毎日新聞2002年10月20日記事「安倍官房副長官:「土井、菅はマヌケ」過去の拉致事件対応批判 」、産経新聞2002年10月20日記事「土井、菅両氏は間抜け 官房副長官が批判」
  28. ^ 「青島幸男も村山富市も「拉致犯釈放」署名のマヌケ仲間 (ワイド特集 悪い奴ほどよく眠る)」週刊新潮2002年11月7日号。
  29. ^ 「東京基督教大学教授・西岡力 拉致対応にみる菅首相の二面性」産経ニュース 2010年6月18日
  30. ^ 『反射鏡』 拉致問題解決を妨害したのはどの党か 辛光洙問題 当時の人道的要求を悪口のネタにする共産 http://www.komei.or.jp/news/2003/02/16_04.htm 公明新聞 2003年2月16日付
  31. ^ 千葉法相、署名を陳謝 拉致容疑者釈放求める嘆願書” (2009年9月29日). 2009年9月30日閲覧。
  32. ^ 第101回国会 外務委員会 第10号
  33. ^ 第112回国会 予算委員会 第15号 参議院議事録(橋本敦委員)” (1988年3月26日). 2010年7月15日閲覧。
  34. ^ 拉致実行容疑者の辛光洙釈放要望 “知らなかった”ではすまない 署名の1年前に橋本議員追及 しんぶん赤旗” (2003年2月20日). 2010年6月12日閲覧。
  35. ^ 第173回国会 予算委員会 第4号 衆議院議事録(稲田朋美委員)” (2009年11月5日). 2010年7月15日閲覧。
  36. ^ 郵政・年金・外交―何が問題か NHK政党討論 市田書記局長が発言 しんぶん赤旗 2005年9月6日付
  37. ^ 拉致被害者、一転入国認める 神戸の田中実さん、北朝鮮2018年3月16日 中日新聞
  38. ^ 拉致疑い、別の1人も「入国」か 神戸の金田龍光さん、日本に伝達2018年3月26日 東京新聞
  39. ^ 拉致被害者の松本京子さんには「子供いない」情報入手と韓国団体2013年6月1日 MSN産経ニュース
  40. ^ 松本京子さんは「平壌に在住」韓国情報機関2013年7月1日 MSN産経ニュース
  41. ^ INC., SANKEI DIGITAL. “【挿絵で振り返る『アキとカズ』】(38)「拉致」を吹っ飛ばした、成田空港「管制塔占拠事件」” (日本語). 産経ニュース. http://www.sankei.com/smp/premium/news/141222/prm1412220003-s.html 2018年4月23日閲覧。 
  42. ^ 第112回国会 衆議院 本会議 第4号 昭和63年(1988年)1月28日(議事録
  43. ^ 第112回国会 参議院 予算委員会 第15号 昭和63年(1988年)3月26日(議事録
  44. ^ 第140回国会 参議院 決算委員会 第2号 平成9年(1997年)5月1日(議事録
  45. ^ 第149回国会 参議院 外交・防衛委員会 第1号平成12年(2000年)8月9日(議事録
  46. ^ 倉山満 主張・人物 3行目 と出典19の『拉致救出運動の2000日』 草思社刊 荒木和博 編著  [1]を参照
  47. ^ 産経新聞』2002年3月25日付朝刊
  48. ^ 石原知事全発言
  49. ^ 朝日新聞東京31面 2001-10-3
  50. ^ 月刊社会民主1997年7月号
  51. ^ http://www1.tcnet.ne.jp/kazu-sw/material/sdp199707.html
  52. ^ a b 『奪還』蓮池透
  53. ^ a b c d e f g h i j k l m n “北朝鮮がミサイル発射 沖縄上空通過、破壊措置はせず”. 朝日新聞. (2016年2月8日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2664CSJ26UHBI01S.html 2016年2月22日閲覧。 
  54. ^ “「小泉首相は北に100億ドル払うと約束した」亡命北朝鮮高官が拉致交渉の核心を証言”. 東洋経済. (2017年1月14日). http://toyokeizai.net/articles/-/153742?page=5 2017年1月14日閲覧。 
  55. ^ 「ミスターX」浮かぶ実像 産経ニュース 2012年9月17日
  56. ^ [2]
  57. ^ 部落解放2003年1月
  58. ^ 金時鐘「わが生と詩」(岩波書店2004)pp144
  59. ^ 社会民主党全国連合常任幹事会 「北朝鮮・拉致事件について社会民主党 2002年10月17日
  60. ^ 「拉致解決したら幸せになれるのか」 アントニオ猪木氏が特派員協会で独自見解”. ジェイ・キャスト (2013年8月5日). 2013年11月22日閲覧。
  61. ^ ネイチャー2005年2月号に記載有
  62. ^ DNA is burning issue as Japan and Korea clash over kidnapsnatuer)、 、邦訳ダイジェスト
  63. ^ http://www.bio.uio.no/bot/ascomycetes/PCR.troubleshooting.html#anchor654323
  64. ^ "Politics versus reality"、邦訳ダイジェスト
  65. ^ "Job switch stymies Japans abduction probe"
  66. ^ 北朝鮮の日本人拉致問題について、安倍首相は「小泉訪朝は失敗」と分析していることを青山繁晴氏が明かす ライブドアニュース
  67. ^ 【テロ指定解除】拉致被害者家族会「米の裏切り」
  68. ^ 〈インタビュー〉 デヴィ・スカルノ夫人 活気に満ちた4月の平壌を訪問 朝鮮新報2007年4月20日
  69. ^ オバマと今後の米国(田中宇の国際ニュース解説)
  70. ^ “拉致問題での協力表明=ベトナム公安相”. 時事通信. (2013年7月29日). http://www.jiji.com/jc/p?id=20130729180738-0014941121 2013年7月29日閲覧。 
  71. ^ トランプ氏の拉致言及に「感動した」 横田早紀江さん朝日新聞 2017年9月21日
  72. ^ 拉致問題「自衛隊動かしてでも」 田母神前空幕長、講演で共同通信2009年2月28日
  73. ^ 【民主党解剖】第1部「政権のかたち」(1)「小沢首相」は大丈夫か MSN産経ニュース2009年3月2日
  74. ^ 記事は「事実無根の報道」と民主党が反論 - 救う会 全国協議会ニュース、2009年3月3日
  75. ^ 記事は「正当な取材の結果」と産経新聞が回答 - 救う会 全国協議会ニュース、2009年3月5日
  76. ^ “中井氏、北と中国で極秘会談”. 産経新聞 (MSN産経ニュース). (2012年1月9日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120109/plc12010922020003-n1.htm 2012年1月9日閲覧。 
  77. ^ 有田芳生 ‏@aritayoshifu 2013年1月16日22:31 のツイート
  78. ^ 質問主意書:参議院
  79. ^ 飯島参与訪朝「私が判断、首相が了解」 官房長官朝日新聞デジタル2013年5月22日
  80. ^ 北朝鮮の狙いは 日米韓の離間 日本による制裁解除朝日新聞デジタル2013年5月19日
  81. ^ 訪朝の飯島氏、ナンバーツーの金永南氏と会談MSN産経ニュース2013年5月16日
  82. ^ 拉致問題“特使”飯島勲参与が訪朝 北朝鮮幹部と接触の可能性
  83. ^ 安倍首相「拉致問題の解決なくして北朝鮮の未来はない」 参詣ニュース
  84. ^ 宮下日出男 (2014年2月17日). “拉致は「人道に対する罪」 国連委最終報告書 金体制の関与明言”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/news/140217/kor14021723120003-n1.htm 2014年4月18日閲覧。 
  85. ^ 加藤賢治 (2014年4月17日). “「日本人100人拉致の可能性」…国連が報告書”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/national/20140417-OYT1T50045.html 2014年4月18日閲覧。 
  86. ^ 拉致被害者の再調査、北朝鮮が約束 日本側は制裁を一部解除へ ハフィントンポスト
  87. ^ 北朝鮮、拉致再調査「ゼロ回答」日本側は承服せず 朝日新聞デジタル
  88. ^ SPECIAL MAGAZINE サザンオールスターズ『葡萄』8ページより。
  89. ^ “日本、北朝鮮への独自制裁決定 10万円超す送金禁止”. 朝日新聞. (2016年2月11日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12204349.html 2016年2月13日閲覧。 
  90. ^ “北朝鮮、拉致調査を全面中止へ 特別委の解体宣言”. 朝日新聞. (2016年2月12日). http://www.asahi.com/articles/ASJ2D7GMWJ2DUHBI02W.html 2016年2月13日閲覧。 
  91. ^ a b 横田めぐみさん両親の孫、ひ孫の写真が明らかに 2年前のモンゴルで面会時 有田芳生参院議員が公開 2016年6月9日産経ニュース
  92. ^ 有田芳生 ‏@aritayoshifu 2016年6月9日20:46 のツイート
  93. ^ a b ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.06.09)「写真は横田家から1枚も何処にも出していません」横田夫妻から連絡(2016/06/09
  94. ^ a b c ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.06.10)「有田先生と私達の考えは違っている」孫との面会写真公開に対する横田ご夫妻コメント(2016/06/10
  95. ^ 東京連続集会91 今ここまで言える日本人拉致の全体像(1/4)」 Youtube
  96. ^ 有田芳生 @aritayoshifu 2016年6月10日12:42のツイート
  97. ^ ★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2016.06.23)今ここまで言える日本人拉致の全体像-東京連続集会91報告1(2016/06/23)
  98. ^ 【北朝鮮拉致】孫との写真、早紀江さんが経緯 横田家「出していない」2016年6月23日 産経ニュース
  99. ^ 「拉致被害者の早期帰国求める 金杉局長、北朝鮮外務省幹部に」産経ニュース2016.6.23
  100. ^ トランプ大統領、国連総会演説で北朝鮮の日本人拉致を非難 「13歳の少女を拉致した」産経ニュース2017.9.19
  101. ^ 「米朝合意、首相は支持したけれど 自民から疑問噴出」朝日新聞デジタル2018年6月16日08時05分
  102. ^ 「自民部会日朝会談に慎重論「前のめりはよくない」」毎日新聞2018年6月16日
  103. ^ “全国の警察が捜査・調査「特定失踪者は868人」 警察庁が開示”. 産経新聞 (MSN産経ニュース). (2012年12月28日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121228/crm12122820330015-n1.htm 2013年1月14日閲覧。 
  104. ^ a b c d e f g h i j k l 日本政府 拉致問題対策本部 - 政府認定17名に係る事案日本政府 拉致問題対策本部 - よくわかる拉致問題(3) 拉致された人は何人いるの?
  105. ^ 日本政府 拉致問題対策本部 - 民間の取組
  106. ^ 外務省作成「日朝首脳会談」 p.3
  107. ^ a b 拉致問題対策本部 ? 拉致問題の動き(年表):平成14年(2002)
  108. ^ a b 拉致問題対策本部 ? 拉致問題の動き(年表):平成16年(2004)
  109. ^ 拉致問題対策本部 ? 拉致問題の動き(年表):平成18年(2006)
  110. ^ 日本政府拉致問題対策本部事務局総合調整室
  111. ^ 『毎日新聞』2009年3月11日
  112. ^ 'Artificial Earthquake' Suggests North Korea Just Tested a Nuclear Bomb”. Atlantic Wire. 2013年2月12日閲覧。
  113. ^ a b c d e f g “拉致解決へ日本手詰まり 正恩氏、交渉に関心示さず 北朝鮮、再調査中止を宣言”. 朝日新聞. (2016年2月14日). http://www.asahi.com/articles/DA3S12209079.html 2016年2月22日閲覧。 
  114. ^ “北朝鮮、5回目の核実験実施を発表 過去最大規模”. 日本経済新聞. (2016年9月9日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM09H2E_Z00C16A9MM0000/ 2016年9月9日閲覧。 
  115. ^ 公式サイト内作品ページ(聴取・ダウンロード可能)
  116. ^ 「必ず、迎えに行くよ」拉致問題解決へ新たな風 大阪の23歳女性が異色楽曲「空と海の向こう」人気
  117. ^ サザン“誌上最大”の作戦!「葡萄」PR、5週刊誌とコラボマガジン2015年4月25日閲覧。
  118. ^ SPECIAL MAGAZINE サザンオールスターズ『葡萄』6~8ページより。
  119. ^ SPECIAL MAGAZINE サザンオールスターズ『葡萄』34ページより
  120. ^ 初回生産限定盤A・B特典「葡萄白書」p.23より。
  121. ^ a b SWITCH Vol.33 No.4 Southern All Stars [我が名はサザン] p25より。
  122. ^ サザンが歌った「拉致問題」 有田議員が絶賛した理由 ライブドアニュース 2015年4月6日
  123. ^ 拉致解決まで歌で寄り添う シンガー山口さん新曲「被害者家族へできることを」


「北朝鮮による日本人拉致問題」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「北朝鮮による日本人拉致問題」の関連用語

北朝鮮による日本人拉致問題のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



北朝鮮による日本人拉致問題のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北朝鮮による日本人拉致問題 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS