橋下徹とは?

橋下徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/15 01:59 UTC 版)

橋下 徹(はしもと[注釈 1] とおる、1969年(昭和44年)6月29日[1] - )は、日本タレント弁護士大阪弁護士会所属 登録番号25196)、元政治家大阪維新の会法律顧問。豊中市在住。身長171cm。




注釈

  1. ^ 本来の読み方は「はしした」だった。橋下の母によれば、「徹が生まれた時点で橋下(はしした)家との因縁を断ち切る意図のもとに「はしもと」と改めた」という[3]
  2. ^ 最も若い公選知事は北海道の田中敏文の35歳。2番目は山口県の田中龍夫の36歳。
  3. ^ 1997年2月定例府議会、第35号議案「大阪府基金条例一部改正の件」。
  4. ^ 2009年2月定例府議会、第82号議案「大阪府基金条例一部改正の件」。
  5. ^ 2010年2月定例府議会、第73号議案「大阪府基金条例一部改正の件」。
  6. ^ 元神奈川県逗子市長の富野暉一郎・龍谷大学教授「外国の賓客に妻同伴で対応するのはもてなしとしいう側面があるが、公務中に子供を著名人と会わせるのは、公私混同の家族サービスと見られても仕方ない。目くじらを立てるほどの問題ではないかもしれないが、公職にある者としての配慮に欠けた面があったと言わざるを得ない」[234]
  7. ^ 「この組織に属していたある人物の“名前”を言えば、地元の年配者なら誰もが思い当たる。この“ある人物”は、組織に属しながら、部落解放同盟○○支部書記長や同大阪府連執行委員を務め、何度も逮捕されている」(『平成日本タブー大全2008』104頁)
  8. ^ もっとも橋下自身は、実質的な弁護士活動は2010年現在行なっていない。
  9. ^ “東日本大震災からの日本国再興の為には新しい「日本女子力」が必須になる”とし、“「やまとなでしこ」(古き良き日本女性)の結集を図ると共に女性の政治意識高揚、女性議員の支援育成”を目的に東瀬が主導して設立した政策提言団体
  10. ^ これがきっかけで公式の場でもトップ会談が組まれ、意見交換が行なわれていた。

出典

  1. ^ a b c d 橋下徹”. 朝日新聞社 (2012年1月5日). 2016年3月19日閲覧。
  2. ^ a b 弁護士紹介 橋下徹”. 弁護士法人橋下綜合法律事務所. 2016年3月19日閲覧。
  3. ^ g2』2010年12月、森功「同和と橋下徹」p.32 - 33
  4. ^ 2015/10/02 時事通信
  5. ^ a b 【橋下徹研究・再録 第1部】口達者のハシゲ(1)転校生が選んだ道 「スネ夫」から「代弁者」に”. 産経WEST (2015年9月19日). 2016年3月19日閲覧。
  6. ^ a b c d 橋下徹twitter(2011年10月29日)
  7. ^ a b c d e 【橋下徹研究・再録 第1部】口達者のハシゲ(1)転校生が選んだ道 「スネ夫」から「代弁者」に(産経WEST、2015.9.19 05:00更新、p2)
  8. ^ 地方大会・事前番組・本放送に映ったことのある芸能人は橋下のほかにザ・プラン9浅越ゴエ欅坂46長濱ねるがいる。
  9. ^ 高寄昇三 『大阪都構想と橋下政治の検証: 府県集権主義への批判』 公人の友社 2010年 ISBN 4875555687
  10. ^ a b c d ストーリー:橋下氏、野心の源流 破れた革ジャン5万円−−司法修習同期の証言毎日jp
  11. ^ 『g2(ジーツー)』(講談社、2010.December、vol.6)森功「同和と橋下徹」p.28
  12. ^ 週刊文春』(2006年6月15日号)
  13. ^ 井上理津子『さいごの色街 飛田』 229頁
  14. ^ http://news.biglobe.ne.jp/list/002/671/%E6%A9%8B%E4%B8%8B%E5%BE%B9.html
  15. ^ 平成20年1月27日 大阪府知事選結果(大阪府選挙管理委員会)
  16. ^ 橋下知事・河村市長ら総務省顧問に 「地域主権」担当”. 朝日新聞 (2019年10月30日). 2019年4月30日閲覧。
  17. ^ 橋下氏「都構想反対派が市政を進めたらいい」 維新での擁立にこだわらず 次期大阪市長選で 産経2015年5月29日
  18. ^ “【橋下氏離党会見】(1)「僕と松井知事はダブル選に専念する」橋下氏が離党理由を説明(1/2ページ)”. 産経WEST. (2015年8月27日). http://www.sankei.com/west/news/150827/wst1508270063-n1.html 2015年8月27日閲覧。 
  19. ^ 産経新聞2015年10月2日
  20. ^ おおさか維新 新代表に松井氏 橋下氏は法律政策顧問へ
  21. ^ 維新の政策顧問退任の橋下氏、法律顧問は継続 「『政策に関与』の誤解あった」と松井代表 産経新聞 2017年5月30日
  22. ^ 橋下氏、維新法律顧問を辞任”. AFP (2017年10月26日). 2017年10月26日閲覧。
  23. ^ 橋下徹氏は「大阪維新」の法律顧問に 松井代表の現体制を維持産経WEST
  24. ^ 橋下節、微妙な変化 民主党には基本「さん」付け”. 朝日新聞 (2010年2月7日). 2018年8月14日閲覧。
  25. ^ 「首長連合」は民主支持…橋下府知事ら発表”. 読売新聞 (2009年8月11日). 2018年8月14日閲覧。
  26. ^ 大飯再稼働を一転容認 橋下氏の誤算(真相深層)”. 日本経済新聞 (2012年6月6日). 2018年8月14日閲覧。
  27. ^ 橋下市長「野田首相はすごい」 批判から一転”. 日本経済新聞 (2012年7月10日). 2018年8月14日閲覧。
  28. ^ 橋下氏 いまの状態で政権交代したら「国家の崩壊」”. 産経新聞 (2014年11月4日). 2018年8月14日閲覧。
  29. ^ 維新、民主との全面協力見送り 橋下氏が反対”. 産経新聞 (2014年11月13日). 2018年8月14日閲覧。
  30. ^ 橋下徹 大阪市長 記者会見 logmi2014年11月20日
  31. ^ 橋下氏「僕はうれしくてしょうがない」 安倍首相「都構想、意義ある」発言に感無量 産経2015年1月15日
  32. ^ 橋下氏、民主に三行半 ツイッターで「日本の国にとってよくない政党」 産経新聞
  33. ^ “消費増税凍結法案を提出=橋下氏”. 時事通信社. (2014年10月12日). オリジナルの2014年10月12日時点によるアーカイブ。. https://archive.today/t1Dps 2015年1月7日閲覧。 
  34. ^ 軽減税率導入に反対=維新・橋下氏 時事通信2014年11月20日[リンク切れ]
  35. ^ 大阪府議会 臨時会健康福祉常任委員会会議録 2008年7月18日。
  36. ^ 大阪府 知事記者会見内容 2009年12月25日。[リンク切れ]
  37. ^ 総務省 地域主権改革に係る総務大臣と総務省顧問とのテレビ会議 議事要旨 2009年10月30日。
  38. ^ 全国知事会 行政改革プロジェクトチーム会議『個別の行政改革テーマについて』2009年11月12日。[リンク切れ]
  39. ^ 大阪府東京事務所『2010年11月 ニュース&トピックス』。
  40. ^ “橋下・大阪市長が控訴の意向「市民から苦情」”. (2014年12月18日). オリジナルの2014年12月18日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2014-1219-1421-30/www.yomiuri.co.jp/national/20141218-OYT1T50075.html 2015年1月8日閲覧。 [リンク切れ]
  41. ^ “橋下氏主導の大阪市の入れ墨調査「適法」確定、拒否した職員敗訴”. 産経新聞. (2016年11月11日). http://www.sankei.com/west/news/161111/wst1611110066-n1.html 2017年5月30日閲覧。 
  42. ^ 橋下知事「政治活動の大阪市職員は一族郎党、覚悟しろ」 維新へ“圧力”情報めぐり MSN産経ニュース2010年12月13日[リンク切れ]
  43. ^ 神戸市の抗議に激怒 普天間移設で 橋下大阪知事 『時事通信』 2009年12月4日。
  44. ^ 橋下知事激怒「本当に神戸市はダメだ」市室長から抗議電話され 『産経新聞』 2009年12月4日。
  45. ^ 米軍基地問題で橋下氏が批判「神戸市は勘違い甚だしい」 『共同通信』 2009年12月4日。[リンク切れ]
  46. ^ a b 第173回国会衆議院安全保障委員会会議録 2009年11月17日。[リンク切れ]
  47. ^ 大手マスコミ黙殺した橋下発言「普天間関西へ」浮上の舞台裏 『J-CASTニュース』 2009年12月7日。
  48. ^ a b c 大阪府 知事記者会見内容 2009年12月2日 。
  49. ^ 橋下知事「沖縄軽減策、知事会でも議論を」 『読売新聞』 2009年12月17日。[リンク切れ]
  50. ^ 橋下氏、基地協議を提起 全国知事会 沖縄の負担減 継続審議に 『沖縄タイムス』 2009年12月17日。[リンク切れ]
  51. ^ 橋下氏、新党議員に文書通信費の使途公開要請へ 産経2014年9月7日
  52. ^ “震災がれき受け入れ、橋下氏「○」平松氏「×」”. 読売新聞. (2011年10月23日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20111123-OYT1T00101.htm 2011年11月27日閲覧。 
  53. ^ 橋下氏「社会ルール作りには参加も」 特別永住外国人参政権付与には反対] 産経 2012年9月19日 19:04[リンク切れ]
  54. ^ 大阪府議会 定例会本会議会議録 2010年2月26日。吉田利幸府議(自民党)の代表質問に対する答弁。
  55. ^ 大阪府議会2010年2月定例会本会議
  56. ^ a b [2017年12月11日 古市憲寿氏が結婚観を開陳「家帰った時に誰かいるって気持ち悪くないですか?」]、HUFFPOST、2017年12月11日。
  57. ^ 橋下徹 夫婦別姓の実現にはこれしかない、President Online、2018年2月21日。
  58. ^ 日本の戸籍は差別助長のツールだ、PRESIDENT、2018年2月28日。
  59. ^ 「戦争の総括必要」中韓に配慮[リンク切れ]
  60. ^ BLOGOS 橋下徹2014年02月25日 02:01河野談話のおかげで、日本だけが戦場の性の問題で特殊な国だと評価されてしまっている。 - 2014年2月25日のツイート
  61. ^ “【主張】中山国交相辞任 信頼失う言動くり返すな”. 産経新聞. オリジナルの2008年11月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081102023606/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/182404/ 2008年11月閲覧。 [リンク切れ]
  62. ^ 「民主政権なら日本は大阪化」=中山前国交相 9月29日10時19分時事通信配信[リンク切れ][リンク切れ]
  63. ^ “【実録ダブル選】(19日)平松市長「地下鉄延伸に前向き」”. 産経新聞. (2011年10月20日). オリジナルの2011年10月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111021184655/http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/111020/waf11102013080008-n1.htm 2011年11月27日閲覧。 
  64. ^ “維新八策「掛け捨て年金」の意味 - 2月19日(日)のツイート”. BLOGOS (LINE). (2012年2月19日). http://blogos.com/article/32241/ 2013年5月27日閲覧。 
  65. ^ “橋下氏推薦NO!核武装論で支持者反発”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2007年12月27日). オリジナルの2008年3月25日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20080325134354/http://www.daily.co.jp/gossip/2007/12/27/0000783406.shtml 2013年5月17日閲覧。 
  66. ^ 「竹島は日韓共同管理を」 橋下氏、政府の立場と異なる見解
  67. ^ 「波紋広がる橋下氏「竹島共同管理」発言 国会議員団との“内ゲバ”も」産経新聞 10月6日(土)19時4分配信
  68. ^ “橋下知事「日本は北朝鮮じゃない」 朝鮮学校母親ら抗議”. asahi.com. (2009年3月30日). オリジナルの2009年4月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090418044302/http://www.asahi.com/politics/update/0330/OSK200903300091.html 2009年3月閲覧。 [リンク切れ]
  69. ^ 「北朝鮮籍の人は国の体制批判を」ミサイルで橋下知事 産経ニュース 2009.4.6
  70. ^ ネットでは「日興の方が悪質」 ホリエモン実刑に批判”. J-CASTニュース (2007年3月16日). 2008年11月12日閲覧。
  71. ^ 『悪徳弁護士を一掃できない! 自浄能力なき「弁護士会」は解散すべし』(SAPIO 2007年6月27日号)
  72. ^ 大阪府 第1回大阪エンターテイメント都市構想推進検討会 議事録 2010年7月9日。
  73. ^ 大阪府 知事記者会見内容 2010年4月28日 。[リンク切れ]
  74. ^ 第3部 茶髪弁護士の誕生(4)「法がすべて」権威に対抗 産経新聞 2008年10月29日
  75. ^ “【橋下日記】(26日)「小泉元首相と比べれば僕なんて…」”. MSN産経ニュース. (2008年9月26日). オリジナルの2008年10月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081007201628/http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080926/lcl0809262305004-n1.htm 2008年10月閲覧。 
  76. ^ 2011年3月8日のツイート
  77. ^ 産経新聞電子版 2015年11月28日
  78. ^ abemaTIMES 2018/08/06
  79. ^ 朝日新聞』2007年12月5日付朝刊
  80. ^ 毎日新聞』2007年12月5日付朝刊
  81. ^ “大阪府知事選:弁護士の橋下氏が出馬表明「大阪を元気に」”. 毎日新聞. (2007年12月12日) 
  82. ^ 「二転三転は手続き上のこと」 橋下弁護士出馬会見詳報(4)”. 産経新聞 (2007年12月12日). 2012年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月12日閲覧。
  83. ^ “大阪府知事選:橋下弁護士出馬表明…出演場面カットへ”. 毎日新聞. (2007年12月12日) 
  84. ^ スポーツ報知』 2008年1月11日
  85. ^ a b . http://megalodon.jp/2012-0918-1802-00/pds2.exblog.jp/pds/1/201205/10/72/e0136072_349353.jpg 
  86. ^ 自公府議ら「裏切りだ」…首長連合・民主支持で 読売新聞 2009.8.12
  87. ^ “「信用できない」と中山太郎氏 橋下知事は「是々非々」と応酬”. 産経新聞. (2009年9月5日). オリジナルの2009年9月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090908111215/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090905/stt0909052315013-n1.htm 2009年9月閲覧。 
  88. ^ 2008年7月26日読売新聞大阪版36面
  89. ^ 大阪府『財政再建プログラム案 改革工程表(平成20年度から平成22年度までの取組み実績)』平成23年2月公表。
  90. ^ 大阪府『財政再建プログラム案における各項目の進捗状況表』。
  91. ^ a b c 大阪府が平成24年度から新公会計制度導入へ 『産経新聞』 2010年8月17日
  92. ^ 自治体会計「基準に問題」 会計士協会が総務省に提言 『日本経済新聞・関西版』2008年10月15日
  93. ^ 都市経営のカギ 新公会計制度 24年度導入へPT発足 大阪府 『産経新聞・関西版』2009年6月2日。
  94. ^ 大阪府『地方自治体との協働による新公会計制度の確立について』。
  95. ^ 東京都 石原知事記者会見 2009年4月17日。[リンク切れ]
  96. ^ 大阪府 知事記者会見内容 2009年4月28日。[リンク切れ]
  97. ^ 大阪府『大阪府の新公会計制度 中間報告』。
  98. ^ 大阪府『大阪府の新公会計制度(案)』。
  99. ^ 大阪府議会 定例会本会議会議録2008年(平成20年)9月26日。
  100. ^ a b 大阪府『府政3年間の取組み 平成23年2月』。[リンク切れ]
  101. ^ 大阪府『街頭犯罪の被害防止に向けた取組み』。
  102. ^ 警察庁『平成19年の犯罪 刑法犯 総括』。
  103. ^ 警察庁『平成22年の犯罪 刑法犯 総括』。
  104. ^ a b 大阪府『平成23年度当初予算案について(その2)』。
  105. ^ 大阪府『地域安全センターについて』。
  106. ^ 大阪府『少年補導センターの設置促進』。
  107. ^ 暴力団排除条例、全都道府県で「大きな推進力に」『産経新聞』2011年10月1日。[リンク切れ]
  108. ^ 大阪府『大阪府暴力団排除条例の概要』。[リンク切れ]
  109. ^ 大阪府 知事記者会見内容 2008年2月6日。[リンク切れ]
  110. ^ 大阪府『予算編成過程公表サイト』。
  111. ^ 大阪府『公金支出情報の公表』。
  112. ^ 大阪府『施策プロセスの見える化(府民チェックボード)』。
  113. ^ 大阪府『府民の声の見える化』。
  114. ^ 大阪府 知事記者会見内容 2008年4月23日。[リンク切れ]
  115. ^ 全国市民オンブズマン連絡会議『2010年度全国情報公開度調査 自治体情報公開度採点結果』。
  116. ^ 全国市民オンブズマン連絡会議『第12回情報公開度ランキング 都道府県 総合ランキング』。
  117. ^ 大阪府 カジノを含めた統合型リゾート(IR)の立地 2009年9月15日。
  118. ^ “橋下徹研究】(4)「同和問題 解決していない」 (3/3ページ)”. MSN産経ニュース. オリジナルの2008年9月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080923174026/http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080729/lcl0807292225001-n3.htm 2008年9月閲覧。 
  119. ^ Business Journal「週刊朝日」ハシシタ騒動はまだ終わっていない! 「橋下徹は部落の鬼っ子」 部落解放同盟委員長に聞く
  120. ^ 橋下府知事、分権委員会で大いに吠える 明細なき直轄負担金を痛烈に批判、委員と問題意識を共有」『日経BP』2009年3月31日。
  121. ^ 2008年2月11日 読売新聞
  122. ^ 2月13日11時35分 産経新聞
  123. ^ 橋下知事:「保育所公約」を撤回 「子育て支援は市町村で」 /大阪毎日新聞 2008年10月2日
  124. ^ 橋下知事、従わないなら全部解体 大阪の教員に共同通信 2008年10月2日
  125. ^ “橋下市長、辞職願を提出…市議会野党は不同意か”. 読売新聞. (2014年2月7日). http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20140207-OYT1T00562.htm 2014年2月13日閲覧。 [リンク切れ]
  126. ^ 塾代1万円クーポン、大阪市全域に 利用者広がるか 『朝日新聞』 2013年11月30日[リンク切れ]
  127. ^ “大阪市長の退職金廃止へ 政令市では初、次期任期から”. 共同通信. (2014年10月21日). http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102101001425.html 2015年1月8日閲覧。 [リンク切れ]
  128. ^ 堀川晶伸 (2013年12月22日). “【西論】橋下維新の停滞…「民」「公」の意義を問い直すとき 大阪ダブル選2年”. 産経新聞. https://www.sankei.com/west/news/131222/wst1312220066-n1.html 2014年2月23日閲覧。 
  129. ^ 橋下知事の「大阪都構想」高給取りの役人にとって面白くない NEWSポストセブン 2011年11月18日
  130. ^ 日本経済新聞 2013年3月15日 扶養義務者に公務員529人 大阪市の生活保護受給者[リンク切れ]
  131. ^ 朝日新聞 2013年12月12日 生活保護の親族に「仕送りを」 大阪市、職員に金額示す
  132. ^ 区議報酬3割減へ 大阪都構想法定協、特別区骨格固まる 朝日新聞2014年7月10日
  133. ^ 大阪市西部は「湾岸区」案 維新、都構想で方針 朝日新聞2014年7月6日
  134. ^ 大阪維新が特別区街づくりプラン中間案 産経2014年8月2日
  135. ^ 東京区長や研究者らも“参戦” 激しさ増す情報発信合戦 産経新聞2015年5月7日
  136. ^ “大阪都構想否決、橋下氏「都構想は間違っていた」 政界引退の意向”. 産経新聞. (2015年5月17日). https://www.sankei.com/photo/story/news/150517/sty1505170018-n1.html 
  137. ^ 政務活動費「領収書」もネット公開決定 大阪府議会、全国2例目産経新聞2015年3月4日
  138. ^ 領収書をネットで公開=政務活動費、政令市初-大阪市議会 時事通信2015年3月13日
  139. ^ 政活費の領収書をネット公開へ 大阪市議会、政令市で初静岡新聞2015年3月12日
  140. ^ 産経新聞2012年2月15日 「病院で授業を」 闘病高校生のメール、橋下市長の心動かした
  141. ^ “大阪市、医療費を助成 子どもの難病13疾患”. 大阪日日新聞. オリジナルの2012年10月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121022002306/http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/121020/20121020033.html 2015年5月閲覧。 
  142. ^ “保育行政考える 橋下市長と運営会社が意見交換”. 大阪日日新聞. オリジナルの2015年2月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150514123546/http://www.sankei.com/west/news/150205/wst1502050052-n1.html 2015年5月閲覧。 
  143. ^ “保育行政考える 橋下市長と運営会社が意見交換”. 産経新聞. オリジナルの2014年9月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140907155531/http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/140904/20140904028.html 2015年4月閲覧。 
  144. ^ “給与引き上げ仕組み導入めざす”. NHKニュース. オリジナルの2014年10月14日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/I2Ow2#selection-1351.0-1351.14 2015年9月閲覧。 
  145. ^ “任期付き保育士らの昇給を 橋下市長「正規と非正規で差をつけるのはおかしい」 来年2月議会に条例改正案提出へ”. 産経新聞. オリジナルの2014年10月14日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/I2Ow2#selection-1351.0-1351.14 2015年9月閲覧。 
  146. ^ 橋下知事:「保育所公約」を撤回 「子育て支援は市町村で」 /大阪毎日新聞 2008年10月2日
  147. ^ 橋下知事、従わないなら全部解体 大阪の教員に共同通信 2008年10月2日
  148. ^ logmi 2015年7月9日 保育所の空き状況をスマホで公開–橋下徹大阪市長が待機児童解消に向けた施策に
  149. ^ 大阪日日新聞2012年11月6日 校務支援システム試験導入 来年3月から大阪市
  150. ^ 朝日新聞 2014年6月14日 問題児童らを隔離、「特別教室」で指導へ 大阪市教委案
  151. ^ 読売新聞 2013年9月20日
  152. ^ a b 産経新聞 2008年9月30日 「日教組批判は取り消すわけにいかない」中山前国交相インタビュー(上)
  153. ^ 大阪市の公募校長を更迭へ 教頭が口論の末に土下座 「業務を停滞させた」と市教委 MSN産経west 2014年3月19日[リンク切れ]
  154. ^ a b 大阪市公募校長制度見直し急務 セクハラやパワハラ…「11分の6」の衝撃 MSN産経west2013年9月20日[リンク切れ]
  155. ^ a b c d 産経新聞 2014年4月12日 校長“責任放棄”30年 校内人事、教員互選を黙認 全校調査へ
  156. ^ 大阪市教委 校内人事を巡る選挙を禁止 NHKニュース2014年7月29日
  157. ^ 街頭犯罪2万6000件危ない→安全な大阪市へ 120人態勢民間パトがスタートはたして… 産経2014年8月1日
  158. ^ “【西論】橋下市長の信念、中学給食 迎合は食育にあらず、育むのは舌より心と体”. 産経新聞. (2014年11月7日). https://www.sankei.com/west/news/141107/wst1411070004-n1.html 
  159. ^ 公募校長経費など削除…大阪市予算案修正し可決 読売新聞 2014年3月15日[リンク切れ]
  160. ^ 橋下氏発言巡る訴訟、平松元市長が敗訴 名誉毀損認めず”. 朝日新聞デジタル (2016年3月15日). 2016年3月15日閲覧。
  161. ^ “【橋下府政ウオッチ】「つぶやきだからほっといて」知事ツイッター登録者8万人”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2011年2月20日). オリジナルの2011年2月23日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20110223105053/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110220/lcl11022012000001-n1.htm 2013年4月1日閲覧。 
  162. ^ “「橋下つぶやき」100万人フォロー…評価様々”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年4月1日). http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20130401-OYO1T00230.htm 2013年4月1日閲覧。 [リンク切れ]
  163. ^ “橋下氏、ツイッター名から「ishin」削除”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2017年6月8日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170608-OYT1T50008.html 2017年6月9日閲覧。 
  164. ^ a b c d [リンク切れ]
  165. ^ 「7基金から借入金、赤字6681億円補う 大阪」『朝日新聞・大阪版』 2009年10月22日。
  166. ^ a b c 大阪府基金条例。
  167. ^ 大阪府が「赤字隠し」3年間で2600億円 『朝日新聞・大阪版』2007年12月30日。
  168. ^ a b 「負債隠し」橋下知事激怒 一般会計、6基金から借入で 『朝日新聞・大阪版』 2009年10月22日。
  169. ^ 大阪府庁財政研究会 『特定目的基金からの繰入運用の現状について』2009年10月28日。
  170. ^ a b “橋下知事、「赤字回避宣言」を撤回”. 朝日新聞. (2009年10月29日). オリジナルの2009年11月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091103022620/http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000000910290002 2009年10月閲覧。 
  171. ^ 特定基金に新ルール 橋下知事が「負債隠し」批判 『朝日新聞・大阪版』2010年2月4日。
  172. ^ 大阪府ずさん財政運営、次々露見 対応追われる橋下氏 『共同通信』2010年2月8日。[リンク切れ]
  173. ^ a b c 大阪府庁財政研究会報告書。
  174. ^ 大阪府議会 定例会住宅水道常任委員会会議録 2006年10月20日。
  175. ^ 自治体 相次ぐ不適正会計 『日本経済新聞』2009年3月2日 朝刊25面。]
  176. ^ “大阪府、11年ぶり黒字転換 実質収支は119億円”. MSN産経ニュース. (2009年7月30日). オリジナルの2009年8月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090802145118/http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090730/lcl0907301945003-n1.htm 2009年11月16日閲覧。 
  177. ^ 貸付金一時返済で黒字に 大阪府、包括外部監査「不当な操作」 『産経新聞』2010年2月8日。]
  178. ^ 大阪府、11年ぶり黒字転換 08年度決算、百億プラス 京都新聞 2009.7.30[リンク切れ][リンク切れ]
  179. ^ 大阪府議会 定例会住宅水道常任委員会会議録 2009年3月19日。
  180. ^ 大阪府 平成22年度当初予算編成関係日程。
  181. ^ 平成22年度当初予算 住宅供給公社融資費 『大阪府予算編成過程公表サイト』。
  182. ^ 平成22年度当初予算 大阪府土地開発公社代替地取得等資金借入に対する利子補給金 『大阪府予算編成過程公表サイト』。
  183. ^ 平成22年度当初予算 大阪府育英会助成費 『大阪府予算編成過程公表サイト』。
  184. ^ 大阪府 平成21年度包括外部監査報告書。
  185. ^ 総務省 原口総務大臣閣議後記者会見の概要 2010年2月9日。
  186. ^ 包括外部監査結果に基づき講じた措置について 『大阪府監査委員告示』第16号。
  187. ^ 大阪府 平成22年(2010年) 2月16日 知事記者会見内容。[リンク切れ]
  188. ^ 第2回地域主権戦略会議 議事次第・配付資料 2010年3月3日。[リンク切れ]
  189. ^ 「地域主権時代の“新しい国のかたち”」 大阪府知事 橋下徹 2010年3月3日。[リンク切れ]
  190. ^ 大阪府 平成22年度当初予算「財政運営の一層の適正化に向けた取組み」。
  191. ^ 府債残高6兆円突破 大阪府22年度決算見込み 『産経新聞 関西版』2011年8月6日。[リンク切れ]
  192. ^ 大阪府 知事記者会見内容 2009年(平成21年)12月16日[リンク切れ]
  193. ^ 大阪府『平成22年度当初予算について』。
  194. ^ 30年ぶり出席の大阪府議会警察委で橋下知事が暴力団排除表明 『JanJan』2008年3月25日。[リンク切れ]
  195. ^ 大阪府議会 定例会警察常任委員会会議録 2008年3月24日。
  196. ^ 「公金不正受給の5割は暴力団絡み 大阪府警、資金源の可能性」『共同通信』2011年8月4日。[リンク切れ]
  197. ^ 大阪府 知事記者会見内容 2010年8月12日』。[リンク切れ]
  198. ^ 「貧困ビジネス」を規制 大阪、全国初の条例成立『共同通信』2010年10月28日。[リンク切れ]
  199. ^ 青少年を取り巻く有害環境の整備について 答申」大阪府青少年問題協議会、2010年11月26日。
  200. ^ “児童ポルノは性的虐待 規制強化を答申”. 大阪日日新聞. (2010年11月27日). オリジナルの2010年11月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20101128160425/http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/101127/20101127036.html 2014年2月23日閲覧。 
  201. ^ 大阪府「知事記者会見内容」2008年9月5日[リンク切れ]
  202. ^ “府立10校を進学指導特色校に 大阪・橋下徹知事のエリート校構想”. 産経ニュース. (2009年6月19日). オリジナルの2009年6月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090622074032/http://sankei.jp.msn.com/life/education/090619/edc0906191234002-n1.htm 2009年6月閲覧。 
  203. ^ “橋下氏公約「ドケチになる」…知事選マニフェスト発表”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2007年12月30日). オリジナルの2008年1月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080119033308/http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20071230-OHT1T00073.htm 
  204. ^ 第1回 夢洲・咲洲地区まちづくり推進協議会 議事録(概要) 2009年9月15日。[リンク切れ]
  205. ^ [「カジノも風俗街も大阪が引き受ける」 橋下知事 『読売新聞』 2009年10月29日。]
  206. ^ 大阪府 知事の動き 2010年1月。[リンク切れ]
  207. ^ [橋下大阪府知事、カジノ実現に強い意欲 『東京新聞』 2010年1月23日。]
  208. ^ 橋下知事「小さい頃からギャンブルを。国民を勝負師に」 朝日新聞 2010年10月28日。
  209. ^ 大阪における統合型リゾート(IR)立地に向けて 基本コンセプト素案 2011年8月18日。
  210. ^ a b c 大阪府議会会議録 定例会本会議 平成20年2月 定例会本会議 03月10日-05号
  211. ^ 一ノ宮美成+グループ・K21「橋下「大阪維新」の嘘」p.172
  212. ^ 一ノ宮美成+グループ・K21「橋下「大阪維新」の嘘」p.172
  213. ^ 一ノ宮美成+グループ・K21「橋下「大阪維新」の嘘」p.178-179
  214. ^ 民主と人権 第47号
  215. ^ “「同和問題解決したい」と橋下知事が政策懇談会で”. 解放新聞. (2008年9月15日). 2008.09.15-2387. オリジナルの2009年5月31日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090531083729/http://www.bll.gr.jp/news2008/news20080915-3.html 
  216. ^ 解放新聞大阪版 2009年11月16日 第1801号
  217. ^ 解放新聞大阪版(部落解放同盟大阪府連合会の機関紙)[リンク切れ]
  218. ^ a b c d 橋下徹氏大学時代に現妻と風呂トイレ無し6畳アパート同棲、女性セブン2011年12月15日号
  219. ^ 「橋下徹研究」 産経新聞大阪社会部編著 産経新聞出版 P17
  220. ^ 「徹底検証 橋下主義(ハシモトイズム)」 読売新聞大阪本社社会部編著 梧桐書院 P228-229
  221. ^ 「橋下徹研究」 産経新聞大阪社会部編著 産経新聞出版 P26
  222. ^ 「徹底検証 橋下主義(ハシモトイズム)」 読売新聞大阪本社社会部編著 梧桐書院 P231-232
  223. ^ 『週刊新潮』(2012年9月27日菊咲月増大号)45頁
  224. ^ 第5部 国政への野望(7) しんぶん赤旗連載『橋下「維新」逆流の正体』
  225. ^ PRESIDENT Online2016年7月18日 橋下徹さんに質問です! なぜ選挙には必要以上にお金がかかるんですか?
  226. ^ 橋下市長、たかじんさん悲報に涙 「優しい、強い人」
  227. ^ 【たかじんさん死去】橋下市長、政界進出の恩人との別れに涙
  228. ^ 橋下市長 涙で“恩人”たかじんさんしのぶ「大阪への気持ち強い人 残念」
  229. ^ “橋下氏の目には涙、辛坊さんは言葉詰まらす”. 読売新聞 (読売新聞社). (2009年6月26日). オリジナルの2014年1月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140108144548/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20140108-OYT1T00550.htm 2014年1月8日閲覧。 [リンク切れ]
  230. ^ たかじん「番組は任せと言っただけ」橋下応援否定
  231. ^ “出自報道の橋下徹氏 子供から「仕方ない」といわれ救われる”. NEWSポストセブン. (2011年12月2日). http://web.archive.org/web/20111203050630/http://www.news-postseven.com/archives/20111202_73356.html 
  232. ^ a b g2』2012 January vol9森功「橋下徹の選挙」309ページ
  233. ^ “橋下知事、我が子と遠藤選手を知事室で会わせる”. 読売新聞 (読売新聞社). (2010年8月25日). オリジナルの2010年8月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100828045118/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100825-OYT1T01077.htm [リンク切れ]
  234. ^ 読売新聞2010年8月26日「橋下知事 公私混同」
  235. ^ g2ジーツー)』2010年12月号 vol.6、森功「同和と橋下徹」35-36頁
  236. ^ g2ジーツー)』2010年12月号 vol.6、森功「同和と橋下徹」36頁
  237. ^ 週刊文春』(2011年11月3日号)27-28頁
  238. ^ a b g2ジーツー)』2010年12月号 vol.6、森功「同和と橋下徹」32頁
  239. ^ “【橋下徹研究】(2)ぽっかり空いた“父”の存在”. MSN産経ニュース. オリジナルの2008年8月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080805115918/http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080727/lcl0807272243001-n1.htm 2008年8月閲覧。 
  240. ^ g2ジーツー)』2010年12月号 vol.6、森功「同和と橋下徹」34頁
  241. ^ g2第6号、2010年12月「同和と橋下徹」35ページ)
  242. ^ a b c 別冊宝島Real076『平成日本タブー大全2008』104頁
  243. ^ “橋下知事「ほぼ事実」…父親が元暴力団報道”. スポーツ報知. (2011年10月29日). http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20111029-OHT1T00024.htm 2011年10月29日閲覧。 [リンク切れ]
  244. ^ 『NEWSポストセブン、2011,11,18
  245. ^ a b c d e f g 橋下徹バッシング報道から再び部落差別を考える(7)、小林健治[リンク切れ]
  246. ^ 橋下行政手腕「こんな上司に巡り合えて幸運だった」 PRESIDENT 2015年5月18日
  247. ^ 2015.9.14 産経新聞
  248. ^ “反「ハシズム」集会に香山リカ氏ら 平松市長も出席”. 朝日新聞. オリジナルの2011年9月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110917163524/http://www.asahi.com/politics/update/0917/OSK201109170144.html 2011年9月閲覧。 
  249. ^ 大阪・橋下“ハシズム”府政の「日の丸・君が代」強制条例にNO! 大阪で全国集会に800名 レイバーネット
  250. ^ “橋下知事の「独裁必要」発言に「絶句した」 大阪市長が批判” (日本語). 産経新聞 (東京都). (2011年6月30日). オリジナルの2011年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110702021145/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110630/lcl11063020020006-n1.htm 2011年7月4日閲覧。 
  251. ^ “平松大阪市長、橋下府知事発言を激しく批判” (日本語). 読売新聞. (2011年6月30日). オリジナルの2011年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110702041726/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110630-OYT1T00889.htm 2011年7月4日閲覧。 [リンク切れ]
  252. ^ 毎日新聞』2011年10月13日掲載
  253. ^ ▽英雄の条件共同通信 2011年12月20日
  254. ^ 平松さんの支援集会で話したこと(内田樹の研究室)
  255. ^ “維新の教育条例案「可決なら辞める」 百ます陰山委員”. 朝日新聞. オリジナルの2012年7月19日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/Mdk9 2011年9月閲覧。 
  256. ^ 橋下氏、新潮社に逆転敗訴 大阪高裁朝日新聞2016年4月22日
  257. ^ 橋下氏の敗訴が確定 「新潮45」めぐる損害賠償訴訟朝日新聞 2017年2月2日
  258. ^ 2ちゃんねらーの方、大変残念ですが”. 橋下徹のLawyer’s EYE. 2007年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月閲覧。
  259. ^ 橋下「維新」逆流の正体/第1部 市民攻撃に立ち向かう(6) しんぶん赤旗特集
  260. ^ a b 第184号 特集・文楽を守れ!―132氏からの熱いメッセージ 「上方芸能」
  261. ^ 桂南光が橋下市長に嫌み「芸術をどう理解しているのか」 スポーツニッポン2013年8月24日
  262. ^ 共同通信 2008年10月2日[リンク切れ]
  263. ^ 「まっとう勝負」 P208
  264. ^ 「まっとう勝負」P210
  265. ^ 「まっとう勝負」P211
  266. ^ 障害者雇用条例化…「未達成企業と取引しない」[リンク切れ] 読売新聞2009年11月17日
  267. ^ 【橋下府政ウオッチ】ここまでしてくれるとは…競争主義者の意外な一面産経新聞2010年3月13日
  268. ^ 橋下氏「堺市議選に出てもらえる人はいませんか」 候補者不足で街頭リクルート 演説聞いて男性が名乗り!? 産経新聞2015年2月7日
  269. ^ 橋下氏「鳥取県議は6人でいい」 議員定数で発言 共同通信[リンク切れ]
  270. ^ 橋下発言「大きなお世話だ」 鳥取知事反発 共同通信[リンク切れ]
  271. ^ 「僕の暴走」橋下知事が謝罪 鳥取県議数めぐる発言 : 全国のニュース : 政治 福井新聞2011年5月26日
  272. ^ 「橋下氏、価値観押し付けるな」 朝日新聞2012年4月12日付け東京版「声」欄
  273. ^ 橋下市長、文楽協会を後押し 大阪街おこし「ファンの意思反映する制度作る」 産経新聞2015年2月5日
  274. ^ 伊丹廃港か、それとも…橋下、井戸の両知事がバトル[リンク切れ] 産経新聞 2009.11.4[リンク切れ]
  275. ^ 桜宮高問題巡る橋下市長の発言が過熱読売新聞 2013年1月20日[リンク切れ]
  276. ^ 高2自殺 「募集中止」広がる困惑読売新聞 2013年1月18日[リンク切れ]
  277. ^ 大阪・桜宮高校、体育科の入試中止 橋下市長「素晴らしい決定」fnn 2013年1月21日[リンク切れ]
  278. ^ 橋下市長「仲間の自殺は一生背負うべき十字架」…“開かれた”桜宮高、地域も参加「運動会」産経新聞 2013年11月10日
  279. ^ 「朝日は人の悪口ばかり」橋下知事、本紙社説を批判 朝日新聞2008年10月19日
  280. ^ 「朝日新聞無くなった方が世のため」橋下大阪府知事が批判”. 日経ネット (2008年10月20日). 2008年11月12日閲覧。[リンク切れ][リンク切れ]
  281. ^ 篠原知存 (2008年10月24日). “【戯言戯画】橋下徹知事 人の悪口ばかり言っているのは”. MSN産経ニュース. オリジナルの2008年10月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081027235123/http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081024/acd0810240818002-n1.htm 2008年11月12日閲覧。 
  282. ^ “橋下市長“コスプレ不倫”認める「娘に制服を着ろと言えなくなった”. msn産経ニュース. (2012年7月19日). オリジナルの2013年1月3日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/ryxkq 2012年7月閲覧。 
  283. ^ a b 最高裁判所第二小法廷判決 2011年7月15日 、平成21(受)1905、『損害賠償請求事件』。
  284. ^ a b “橋下知事と読売テレビ提訴 名誉棄損で光市事件弁護団”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年11月27日). http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009112701000302.html 2014年2月6日閲覧。 [リンク切れ]
  285. ^ 東京弁護士会、光母子殺害の弁護士は懲戒せず[リンク切れ]産経ニュース 2007年11月27日 12*33)
  286. ^ 母子殺害めぐる懲戒請求発言 橋下弁護士「違法性ないと確信」争う2007年9月6日 11:49(イザ![リンク切れ]
  287. ^ 橋下弁護士と週刊朝日編集長が「懲戒請求」で激論 2007年9月10日(Jcastテレビウォッチ
  288. ^ 刑事弁護を考える〜光市母子殺害事件をめぐって 2007年9月9日(江川紹子ジャーナル
  289. ^ 光市母子殺害事件弁護団緊急報告集会出席報告(1)(橋下徹のLawyer’s EYE)
  290. ^ 馬鹿な横浜弁護士会に代わってお詫びします[リンク切れ] (橋下徹のLawyer’s EYE)
  291. ^ a b “橋下知事に再び損害賠償提訴へ テレビ発言で光事件弁護団”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年11月19日). http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009111901000281.html 2014年2月6日閲覧。 [リンク切れ]
  292. ^ 市民ら350人、橋下弁護士の懲戒請求へ 光市事件(asahi.com 2007年12月16日08時01分閲覧)
  293. ^ 「徹底検証 橋下主義」P256
  294. ^ 「大阪弁護士会:橋下知事は懲戒相当 母子殺害の発言で議決」毎日.jp 2009年4月14日
  295. ^ 「橋下氏が懲戒請求へ 大阪弁護士会会長を」共同通信2010年9月21日
  296. ^ 橋下知事「弁護士会の品位の基準、僕とは違う」 アサヒコム2010年9月17日
  297. ^ “橋下知事に800万賠償命令 光事件弁護団への懲戒請求”. 共同通信. (2008年10月2日). http://www.47news.jp/CN/200810/CN2008100201000111.html 2012年2月23日閲覧。 [リンク切れ]
  298. ^ “橋下知事に二審も賠償命令 光事件で懲戒呼び掛け”. 共同通信. (2009年7月2日). http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009070201000403.html 2012年2月23日閲覧。 [リンク切れ]
  299. ^ “懲戒呼び掛け、橋下氏が逆転勝訴 最高裁、賠償認めず”. 共同通信. (2011年7月15日). http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011071501000576.html 2012年2月23日閲覧。 [リンク切れ]
  300. ^ “光母子殺害弁護団の賠償請求棄却 橋下市長のテレビ発言”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年4月30日). http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013043001001788.html 2014年2月6日閲覧。 [リンク切れ]
  301. ^ 橋下氏懲戒呼びかけ、母子殺害弁護団の控訴棄却 読売新聞 2014年2月28日閲覧[リンク切れ]
  302. ^ “弁護団側の敗訴確定 橋下氏の「懲戒請求」発言訴訟”. 朝日新聞. (2015年3月30日). http://www.asahi.com/articles/ASH3Z5Q89H3ZUTIL03W.html 2015年4月2日閲覧。 
  303. ^ 2015年9月28日 産経新聞
  304. ^ 税法…詳しくなかった? 橋下弁護士申告漏れ(『産経新聞』2006年5月23日付朝刊)
  305. ^ “橋下知事、市の「権限、力、お金をむしり取る」” (日本語). YOMIURI ONLINE. 東京都: 読売新聞社. (2011年6月30日). オリジナルの2011年7月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110702213054/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110630-OYT1T00014.htm? 2011年7月4日閲覧。 [リンク切れ]
  306. ^ “「ダブル選、トリプルスコアで」 橋下・大阪府知事が気勢” (日本語). YOMIURI ONLINE. 東京都: 読売新聞社. (2011年6月30日). http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20110630-OYO1T00187.htm 2011年7月4日閲覧。 [リンク切れ]
  307. ^ ““橋下市長vs読売・渡辺会長”どっちが独裁者?” (日本語). 夕刊フジ. (2012年3月19日). オリジナルの2012年3月21日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120321182233/http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120319/plt1203191118000-n1.htm 2012年4月27日閲覧。 
  308. ^ ビートたけしのTVタックル|2012/03/05(月)放送 | TVでた蔵
  309. ^ 「取材で精神的苦痛」橋下知事の訴え退ける 大阪地裁 『朝日新聞』 2008年7月17日
  310. ^ 橋下知事、抗議の翌日一転「黙認」 似顔絵入り菓子で 『朝日新聞』 2008年7月25日
  311. ^ a b c “橋下市長、元慰安婦と面会の意向 「直接聞く」”. 共同通信社. 47NEWS. (2012年9月25日). オリジナルの2014年10月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141026072906/http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012092501000403.html 2016年8月1日閲覧。 
  312. ^ “橋下氏 慰安婦容認してない 首相答弁を批判”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年5月15日). オリジナルの2013年7月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130716041753/http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051501001369.html 2016年8月1日閲覧。 
  313. ^ 産経新聞2013年5月16日付
  314. ^ 毎日新聞』(2013年05月17日)「橋下氏、「大誤報やられた」とメディア批判
  315. ^ [ 慰安婦問題、風俗業をめぐる橋下氏の発言要旨] 朝日新聞 2013年5月13日
  316. ^ 東スポ2013年5月30日 橋下氏不満爆発の“誤報記事”
  317. ^ a b “橋下大阪市長ウォッチ 元慰安婦に面会の意向「心情、苦労は承知している」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2012年9月25日). http://www.j-cast.com/2012/09/25147624.html 2014年10月26日閲覧。 
  318. ^ 「ふざけんな。出て来い!」朝日女性記者に猛反撃 ジェイ・キャスト 2012年9月25日
  319. ^ 「命かけて戦う時に慰安婦制度は必要」橋下代表 テレビ朝日 2013年5月13日[リンク切れ]
  320. ^ 橋下氏従軍慰安婦めぐり論戦の必要性主張 日刊スポーツ 2013年5月13日[リンク切れ]
  321. ^ 橋下市長 記者会見 2013-5-13osaka jp 2013年5月13日
  322. ^ 元慰安婦、橋下氏と面談中止…「嫌になった」 読売新聞2013年5月24日[リンク切れ]
  323. ^ 「パフォーマンスに付き合えぬ」=元慰安婦、橋下氏を批判 時事通信 5月24日[リンク切れ]
  324. ^ 橋下市長:元慰安婦と「お会いしたい」
  325. ^ 橋下市長を擁護はできないが… 「バッシングは疑問」「彼を潰していいのか」の声も J-CASTニュース((2013年5月17日)
  326. ^ 「権力者の発想」「公職去るべきだ」=橋下氏慰安婦発言に批判時事通信 2013年5月14日[リンク切れ]
  327. ^ 橋下徹市長への公開質問状 中央大学 吉見義明 アジア女性資料センター
  328. ^ 吉見義明氏の公開質問状に対する橋下徹氏の無回答に関する声明
  329. ^ 水道橋博士 生放送中に番組降板デイリースポーツ 2013年6月15日
  330. ^ 水道橋博士、橋下氏にブチ切れ番組降板 デイリースポーツ 2013年6月15日
  331. ^ 石原氏「軍と売春付き物」 時事通信(2013年5月14日)[リンク切れ]
  332. ^ 維新・橋下氏が慰安婦是認発言=与野党から批判 時事通信[リンク切れ]
  333. ^ “【橋下氏の慰安婦容認】与党からも批判続出 野田聖子氏「論外!」”. 産経新聞. (2013年5月14日). https://www.sankei.com/politics/news/130514/plt1305140015-n1.html 2019年2月27日閲覧。 
  334. ^ 『産経新聞』(2013年5月14日)「「慰安婦制度は大変な女性人権侵害」稲田行革相が批判と不快感[リンク切れ]
  335. ^ 『日本経済新聞』(2013年5月24日)稲田行革相、慰安婦「戦時中は合法」
  336. ^ 橋下・慰安婦発言に「おねーさんは怒っています!」 片山さつき氏にネットユーザーは…… J-CASTニュース((2013年5月17日)
  337. ^ “「暴言だ」橋下氏発言に韓国で反発”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年5月14日). オリジナルの2013年5月14日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0514-2029-42/www3.nhk.or.jp/news/html/20130514/k10014566751000.html 2013年5月14日閲覧。 
  338. ^ 橋下氏発言「驚きと憤慨」=「人類の良識」に挑戦-中国時事通信 2013年5月14日[リンク切れ]
  339. ^ 橋下氏慰安婦発言:記者団との一問一答(要旨)毎日新聞 2013年5月14日[リンク切れ]
  340. ^ 米国国務省記者会見 2013年5月16日 [1]
  341. ^ “橋下氏発言は「言語道断で不快」 米報道官が初批判”. 共同通信社. 47NEWS. (2013年5月17日). オリジナルの2013年5月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130520164229/http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051701001106.html 2016年8月1日閲覧。 
  342. ^ 共同通信のダブルスタンダード【sex slaveと慰安婦】[リンク切れ]
  343. ^ ワシントン・ポスト』(2013年5月14日)「Osaka mayor says wartime sex slaves were needed to ‘maintain discipline’ in Japanese military[リンク切れ]
  344. ^ 産経新聞』(2013年5月14日)「【橋下氏の慰安婦容認】米有力紙も報道[リンク切れ]
  345. ^ 橋下市長の慰安婦発言「歴史認識の欠如」 韓国外交省朝日新聞 2013年5月13日[リンク切れ]
  346. ^ 1999年9月 ここが変だよ日本人“日本と韓国の歴史関係”スペシャル
  347. ^ 消えゆく維新に延髄切り 週刊東洋経済 2013年6月5日
  348. ^ 慰安婦とされる女性、既報の証言と自身の年齢のつじつまが合わず ガジェット通信((2013年5月27日)[リンク切れ]
  349. ^ 元日本軍慰安婦・金福童さんの実名記録が発見朝鮮日報 2005年1月11日[リンク切れ]
  350. ^ 「謝罪すべきだ」元慰安婦、橋下氏を批判沖縄タイムズ2013年5月19日
  351. ^ ロス近郊に従軍慰安婦像=「日本に圧力を」-韓国系市民ら時事通信 2013年7月31日[リンク切れ]
  352. ^ 女性の人権を尊重する政治を!―橋下発言に抗議する緊急院内集会 女たちの戦争と平和資料館
  353. ^ 橋下市長抗議 人間の鎖大成功! 日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワークブログ[リンク切れ]
  354. ^ 大阪府に本部を置く団体。東京に本部を置き「しゅふれん」「主婦連」の略称で知られる主婦連合会は全く無関係。
  355. ^ なでしこ維新の会 ハートのある政治家を応援する[リンク切れ]
  356. ^ PRESIDENT Online2016年6月13日 橋下徹「なぜ自称人権派は人権侵害をやりまくるのか?
  357. ^ “【慰安婦問題】橋下発言、維新に動揺 やりとりの状況判明”. 産経新聞. (2013年5月15日). https://www.sankei.com/politics/news/130515/plt1305150027-n1.html 2019年2月27日閲覧。 
  358. ^ 沖縄米軍にもっと風俗活用を、橋下氏が司令官に発言産経新聞 2013年5月13日[リンク切れ]
  359. ^ 橋下氏慰安婦発言:記者団との一問一答(要旨)毎日新聞 2013年5月14日[リンク切れ]
  360. ^ 橋下氏 風俗女性への差別だ ツイッターで反論朝日新聞 2013年5月14日[リンク切れ]
  361. ^ 橋下市長もう止まらない、慰安婦問題発言 「アメリカはずるい」「建前は止めた方が良い」
  362. ^ ホワイトハウス 公式記者会見[2]
  363. ^ 橋下氏発言「言語道断で不快」=米政府が公然批判―歴史問題解決も促す 時事通信(2013年5月17日)[リンク切れ]
  364. ^ 産経新聞2013年5月17日付け
  365. ^ ケンカ上手”橋下市長の「慰安婦制度は必要」発言はわざとなのか?
  366. ^ 橋下氏「米国民に謝罪する」慰安婦問題巡る発言も釈明 CNN
  367. ^ a b c d e 中野渉 (2016年5月22日). “橋下徹氏「アメリカ兵の風俗活用発言、撤回しない方がよかったかも」沖縄・女性遺棄事件で持論”. ハフィントン・ポスト. http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/22/hashimoto-complains-about-us_n_10091580.html 2016年10月15日閲覧。 
  368. ^ “【橋下日記】(26日)「テープがすり切れるまでスリラー聴いた」”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2009年6月26日). オリジナルの2009年7月1日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20090701171107/http://sankei.jp.msn.com/politics/local/090626/lcl0906262300008-n1.htm 2013年5月17日閲覧。 
  369. ^ a b 橋下氏、共同通信を「悪意に満ちた報道」と批判 サザンライブで「ふてくされてない」j-cast.ニュース
  370. ^ 橋下徹 サザンライブ「座ったまま」報道にマジ切れの理由 - ライブドアニュース 2013年8月
  371. ^ a b 橋下市長「座ってサザン」報道にキレた - デイリースポーツ 2013年8月
  372. ^ 情報ライブ ミヤネ屋 2013年8月21日放送TVでた蔵
  373. ^ 橋下徹の即リプ! AbemaTV
  374. ^ 『I LOVE YOU -now & forever- 完全本』ビクターエンタテインメント、2013年
  375. ^ 爆笑問題が大阪府に1000万円寄付 御堂筋イルミネーションで - MSN産経ニュース 2009.5.14
  376. ^ 橋下氏 爆問・太田のイジリに反応デイリースポーツ
  377. ^ 第173回国会衆議院予算委員会会議録 2009年11月2日。[リンク切れ]
  378. ^ 普天間基地移設に「関空」活用?仰天プランが急浮上 『J-CASTニュース』 2009年11月20日。
  379. ^ 動き出すか普天間移設の関空利用、国民新政調会長が根回し 『ロイター通信』 2009年12月10日。
  380. ^ “橋下知事、関空を軍民共用化?「普天間の受け入れも検討…」”. 産経新聞. (2009年11月30日). オリジナルの2009年12月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091203124607/http://sankei.jp.msn.com/life/trend/091130/trd0911301352011-n1.htm 2009年11月閲覧。 
  381. ^ 外務省 外務大臣会見記録(要旨) 2009年12月1日。
  382. ^ 外務省 外務副大臣会見記録(要旨) 2009年12月3日。
  383. ^ 国土交通省 第4回成長戦略会議 2009年12月7日
  384. ^ 関空移転を検討も ウィルズバック嘉手納基地司令官 『U.S.FrontLine』 2009年12月09日。[リンク切れ][リンク切れ]
  385. ^ 大阪府議会 定例会本会議会議録 2009年12月10日。
  386. ^ 大阪府議会 定例会本会議会議録 2010年3月4日。
  387. ^ 沖縄県議会 定例会本会議議事録 2009年12月3日。
  388. ^ 普天間移設 駐日米大使「大統領は現行案最善」 早期決着へ楽観視 『琉球新報』 2009年12月3日。
  389. ^ 関空検討指示「一切ない」 沖縄相 『沖縄タイムス』 2009年12月11日。[リンク切れ]
  390. ^ 普天間移設:首相に知事冷ややか 負担分散理解は大阪のみ 『毎日新聞』 2010年5月27日。
  391. ^ 普天間問題全国知事会 首相と出席知事の主なやりとり 『朝日新聞』 2010年5月27日。
  392. ^ 大阪府 知事記者会見内容 2010年7月14日。[リンク切れ]
  393. ^ 「3空港一元管理せず」国交相、大阪廃港に言及 『神戸新聞』 2010年4月25日。[リンク切れ]
  394. ^ 関西空港救済、大阪と運営統合提案 国交省が意見交換 『神戸新聞』 2010年11月22日。[リンク切れ]
  395. ^ 大阪府 知事記者会見内容 2010年11月24日 。[リンク切れ]
  396. ^ 沖縄知事「辺野古移設は無理」関空視察に意欲 『読売新聞』 2010年11月30日。[リンク切れ]
  397. ^ 橋下知事 普天間受け入れ撤回 「関空から神戸視察を」 『産経新聞』 2010年11月30日。
  398. ^ 橋下知事「神戸空港を見て」…普天間問題 『読売新聞』 2010年11月30日。[リンク切れ]
  399. ^ 大阪府 知事記者会見内容 2010年12月1日 。[リンク切れ]
  400. ^ 橋下氏、沖縄訪問を示唆 維新八策で「普天間問題」明記なら 『産経新聞』 2012年2月23日。[リンク切れ]
  401. ^ 橋下市長「沖縄へあいさつに…」県外移設公約に 『読売新聞』 2012年2月23日。[リンク切れ]
  402. ^ 沖縄県議会 定例会本会議議事録 2012年2月28日。
  403. ^ 大阪維新の会 維新政治塾・レジュメ VER1.01 2012年3月10日。
  404. ^ 「わが国の国家戦略に対する提案と 大阪・関西における地域経営戦略プロジェクト」 大阪府知事 橋下徹 2009年11月18日。[リンク切れ]
  405. ^ 神戸市が橋下知事に抗議、普天間移設問題巡る発言で 『読売新聞』 2009年12月4日。
  406. ^ 「具体案は難しい」橋下発言に兵庫知事ら否定的 『琉球新報』 2009年12月3日。
  407. ^ “互いに暴言、面談は10分足らず 橋下大阪市長と在特会”. 共同通信社. 47NEWS. (2014年10月20日). http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014102001001764.html 2014年10月26日閲覧。 [リンク切れ]
  408. ^ Osaka mayor engages in shouting match with head of anti-Korean group -Kyodo -- Oct 21(written in English)
  409. ^ 橋下大阪市長と在特会会長が「罵り合い」10分間の不毛なバトル(全文書き起こし) - 弁護士ドットコムNEWS 2014年10月20日23時00分更新(2014年12月18日閲覧)
  410. ^ “「今後は僕を攻撃すればいい」と橋下市長 ヘイトスピーチ問題で面談の在特会に”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2014年10月21日). オリジナルの2014年10月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20141021094911/http://www.sankei.com/west/news/141021/wst1410210025-n1.htm 2013年5月17日閲覧。 [リンク切れ][リンク切れ]





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「橋下徹」の関連用語

橋下徹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



橋下徹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの橋下徹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS