恐喝罪とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > > 恐喝罪の意味・解説 

きょうかつ‐ざい【恐喝罪】

人を脅迫して財物交付させ、または財産不法利益得たり他人に得をさせたりする罪。刑法249条が禁じ、10年以下の懲役に処せられる


恐喝罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/09 17:44 UTC 版)

恐喝罪(きょうかつざい)とは、暴力や相手の公表できない弱みを握るなどして脅迫すること等で相手を畏怖させ、金銭その他の財物を脅し取ることを内容とする犯罪。刑法249条に規定されている。




  1. ^ 平成19年警察白書 暴力団の資金獲得活動の変遷 警察庁ホームページ 2018年1月28日閲覧


「恐喝罪」の続きの解説一覧



恐喝罪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「恐喝罪」の関連用語

恐喝罪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



恐喝罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの恐喝罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS