文書偽造の罪とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 文書偽造の罪の意味・解説 

文書偽造の罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 01:44 UTC 版)

文書偽造の罪(ぶんしょぎぞうのつみ)は、公文書私文書の偽造に関する犯罪類型。講学上社会的法益に対する罪に分類される。文書偽造の罪の立法態様には形式主義と実質主義がある[1]




  1. ^ a b 『注釈刑法 第2巻 各論(1)』有斐閣、2016年、370頁。
  2. ^ a b c d e f g 『注釈刑法 第2巻 各論(1)』有斐閣、2016年、396頁。
  3. ^ a b c d 『注釈刑法 第2巻 各論(1)』有斐閣、2016年、397頁。
  4. ^ a b 『注釈刑法 第2巻 各論(1)』有斐閣、2016年、398頁。
  5. ^ a b c 『注釈刑法 第2巻 各論(1)』有斐閣、2016年、371頁。
  6. ^ a b c d e 『注釈刑法 第2巻 各論(1)』有斐閣、2016年、399頁。
  7. ^ 『注釈刑法 第2巻 各論(1)』有斐閣、2016年、400頁。


「文書偽造の罪」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「文書偽造の罪」の関連用語

文書偽造の罪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



文書偽造の罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの文書偽造の罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS