日本の警察とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の警察の意味・解説 

日本の警察

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/02 15:36 UTC 版)

(新警察法施行の昭和29年(1954年)以降)日本警察(にほんのけいさつ)とは、警察法2条1項の定めるところにより、個人生命身体および財産の保護に任じ、犯罪の予防、鎮圧および捜査被疑者逮捕交通の取締りその他公共安全秩序の維持を責務とする行政の作用をいう。日本で一般人が「警察」と言うと、この作用を行う組織、あるいは警察署を指していることが多い[1]




注釈

  1. ^ かつて、東京都小笠原村では、所轄の小笠原警察署につながっていた。

出典

  1. ^ 大辞泉「警察」2および3の解説を確認のこと。 3において、「警察署」を略して「警察」と言う、と解説されている。実際、人々は居住地域などの警察署に行ったことを「警察に行ってきたよ」などと表現している。
  2. ^ フランク・B・ギブニー編『ブリタニカ国際百科事典 1-20』(ティービーエス・ブリタニカ、1972年)第6巻383項、警察の項の機能についての記述を参考。
  3. ^ a b 警察法 第15条
  4. ^ [1]
  5. ^ 福地重孝 『士族と士族意識―近代日本を興せるもの・亡ぼすもの』 春秋社 p.333
  6. ^ 警察政策学会 『警察政策』 第20巻(2018) 立花書房 p.274
  7. ^ a b (1) 戦前の警察制度」『平成16年 警察白書警察庁(原著2004年9月)。2010年2月22日閲覧。
  8. ^ (2) 旧警察法の制定」『平成16年 警察白書』警察庁(原著2004年9月)。2010年2月22日閲覧。
  9. ^ 2 新警察法の制定…市町村警察から都道府県警察へ」『平成16年 警察白書』警察庁(原著2004年9月)。2010年2月22日閲覧。
  10. ^ 警察法 第49条
  11. ^ 青木理『日本の公安警察』、講談社講談社現代新書〉、2000年、P17-18
  12. ^ 神一行 『警察官僚―日本警察を支配するエリート軍団』 勁文社 p.47
  13. ^ 驚愕の深層レポート 新たなる公安組織< Ⅰ・S >の全貌 前編
  14. ^ a b 警察庁警察史編さん委員会 1977, pp. 307-309.
  15. ^ 警察庁警察史編さん委員会 1977, pp. 507-513.
  16. ^ a b 東京湾岸警察署 2008.
  17. ^ 警察庁警察史編さん委員会 1977, pp. 307-308.
  18. ^ a b c 警察庁警察史編さん委員会 1977, pp. 513-516.
  19. ^ a b c 小林 2008.
  20. ^ a b 警察庁生活安全局地域課 2015.
  21. ^ a b c 警察庁警察史編さん委員会 1977, pp. 516-518.
  22. ^ 東山尚一: “日本のヘリコプター半世紀(1960年代)” (2002年12月6日). 2018年11月11日閲覧。
  23. ^ 大分県警察本部>110番について>海外では?
  24. ^ 警察庁. “警察総合相談電話番号”. 2012年7月12日閲覧。
  25. ^ 警視庁史編さん委員会 1978, pp. 330-332
  26. ^ 島根県警察本部:110番制度の歴史
  27. ^ 110番通報の適切な利用の促進について:政府広報オンライン


「日本の警察」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の警察」の関連用語

日本の警察のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の警察のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の警察 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS