交番とは?

こう ばん かう- [0] 【交番】

かわりあって、ある任務につくこと。
〘物〙 時間経過とともに電気磁気大きさ方向規則正しく変わること。

交 番

交番
交番の記号は、交番と派出所駐在所をあらわします。この記号は、制服を着た警察の人がもっている警棒けいぼう)(むかしは六尺棒ろくしゃくぼう))交差させた形を記号したものです。
1:25,000地形図浦和
浦和警察署中央連絡派出所付近の地形図

浦和警察署中央連絡派出所の画像

浦和警察署中央連絡派出所



交番

作者平山夢明

収載図書怖い本 3
出版社角川春樹事務所
刊行年月2002.7
シリーズ名ハルキ・ホラー文庫


交番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/02 19:05 UTC 版)

交番(こうばん)は、日本の警察が設置している施設で、市街地の各所に設けられた警察官の詰め所のこと。


  1. ^ 屋根飾りを考えるに当たって、担当デザイナーが“とりあえず”とマーキングのつもりで刺して置いたところ、それがいつの間にか決定稿になってしまったのだという。
  2. ^ We need your cooperation with our door-to-door visit! 、警視庁
  3. ^ けいしちょう写真ニュース 平成28年10月号、警視庁
  4. ^ あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑 No.49 警察官2005年6月27日放送、NHK
  5. ^ a b 小川泰平 (2013年8月2日). 警察の裏側. 文庫ぎんが堂. 
  6. ^ 「相談Welcome」祇園に外国語交番 「おもてなし通訳人」も242人 京都府警など観光客対応に本腰
  7. ^ 警視庁、新宿と渋谷の交番に英語や中国を話せる警察官を配置
  8. ^ 1985年5月、横浜市南区で、介抱泥棒を取り押さえた大学生コンビが無人の交番で返り討ちに遭い、刺されて1人が死亡した「平野さん事件」、別名「勇気ある大学生殺傷事件」は有名 亡くなった学生は警察協力章内閣総理大臣顕彰を受賞した。
  9. ^ “移動交番:言葉の壁越えおもてなし 外国人向け、伏見署が府内初/京都”. 毎日新聞. (2016年9月28日). https://mainichi.jp/articles/20160928/ddl/k26/040/374000c 2018年8月4日閲覧。 
  10. ^ 平成24年度当初予算案について:別冊 安全・安心のまちづくり (pdf)”. 千葉県総務部財政課. p. 1 (2012年2月7日). 2018年8月4日閲覧。
  11. ^ 東日本大震災に伴う警察措置 (pdf)”. 警察庁. p. 17 (2016年3月). 2018年8月4日閲覧。
  12. ^ LAPD Opens Japan-Inspired Police Box at The Grove NBCロサンゼルス、2016年6月13日
  13. ^ 日本直輸入、「交番」で犯罪減少 ブラジル全土に普及へ
  14. ^ 韓国では交番に相当するものとして、派出所とともに「地区隊」がある。地区隊は派出所よりやや規模が大きい。





交番と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「交番」の関連用語

交番のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



交番のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの交番 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS