マンハッタンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 地区 > マンハッタンの意味・解説 

マンハッタン【Manhattan】


マンハッタン

マンハッタン マンハッタン
 レシピ
マンハッタン
■  カナディアンクラブ
(CANADIAN CLUB)
3/4
マンハッタン
マンハッタン
マンハッタン
■  チンザノ ロッソ
(CINZANO ROSSO)
1/4
マンハッタン
マンハッタン
マンハッタン
■  AROMATIC BITTERSHERMES AROMATIC BITTERS
アロマチックビターズ(ヘルメスアロマチックビターズ)
1ダッシュ
マンハッタン
マンハッタン
マンハッタン

 作り方
マンハッタン
1) ステアして、カクテル・グラスに注ぐ。
2) レッドチェリーを飾る。

※レシピの分量表記について
マンハッタン
カクテルタイプ:ショート
グラスカクテル・グラス
テイスト:中甘辛
色:茶色琥珀色
アルコール度数:強い(25度以上)
製法ステア

ワンポイント
マンハッタン
世界で最も有名なカクテルのひとつ「マンハッタン」の誕生には諸説あるが、第19アメリカ大統領選のときに、かのチャーチル首相母親ニューヨークのマンハッタン・クラブでパーティー催したときに、ウイスキースイートベルモット組み合わせ提案したという話。この新しカクテル参会者から好評博しクラブの名前にちなんで「マンハッタン」と名づけられたという。以来、“カクテルの女王”として「マティーニ」と並び称されているベースウイスキーには、ライウイスキーを使うことが多い。
 
「カナディアンクラブ」は、カナダ代表する酒類メーカー・ハイラムウォーカー社がつくるカナディアンウイスキーカナディアンウイスキー特徴ライトスムーズな口当たりハイラム・ウォーカー氏が1858年カナダ作ったウイスキーは、当時社交場集ま紳士たちに好まれ当時は“クラブ・ウイスキー”と呼ばれていた。「カナディアンクラブ」という名前になったのは1884年のこと。「C.C.」の相性親しまれている

チンザノ ベルモット」は、200年以上の歴史を持つイタリア代表するブランド白ワインベースハーブ香草スピリッツ加えて醸造させたベルモットは、世界の約120ヶ国愛飲されているチンザノの代表製品の「エクストラ ドライ」はワイン本来の風味生かされているやや辛口で、「ロッソ」は香草風味甘口ベルモットスイートベルモットかわりにドライベルモットを使うと、「ドライマンハッタン」になる。そのときにはデコレーションオリーブを使う。

マンハッタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/27 15:00 UTC 版)

マンハッタン(Manhattan、英語発音: [mænˈhætn])は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市の地区。


注釈

  1. ^ ニューヨークのシンボルである自由の女神像が建つリバティ島はニューヨーク市ではなく連邦政府の直轄区域である。他方、エリス島の一部はニュージャージー州の領域である
  2. ^ アルファベット・シティには追加のアベニューAからDがある。
  3. ^ 現存するニューヨーク市最古の建築物は、1652年築のブルックリンワイコフ・ハウス
  4. ^ 現存するニューヨーク市最古の教会堂はFlushing Friends Meeting House(1694年)、次いでスタテンアイランドのSt. Andrew's Church(1709年)。建物は現存していないが、ニューヨーク市で最初期に設立された教会は協同改革派プロテスタント・オランダ教会(1633年)

出典

  1. ^ Quinn, Helen (2013年6月6日). “How ancient collision shaped New York skyline”. BBC Science. BBC.co.uk. 2013年6月13日閲覧。
  2. ^ [1]
  3. ^ John H. Betts The Minerals of New York City originally published in Rocks & Minerals magazine, Volume 84, No. 3 pages 204–252 (2009).
  4. ^ Samuels, Andrea. “An Examination of Mica Schist by Andrea Samuels, Micscape magazine. Photographs of Manhattan schist”. Microscopy-uk.org.uk. 2013年4月20日閲覧。
  5. ^ New York County (Manhattan Borough), New York State & County QuickFacts”. United States Census Bureau. 2018年3月25日閲覧。
  6. ^ Campbell Gibson. “Population of the 100 largest cities and other urban places in the United States: 1790 to 1990”. United States Bureau of the Census.[リンク切れ]
  7. ^ Annual Estimates of the Resident Population: April 1, 2010 to July 1, 2016 Population Estimates – New York County, New York”. United States Census Bureau. 2017年6月11日閲覧。
  8. ^ Census of Population and Housing”. Census.gov. 2016年6月4日閲覧。
  9. ^ U.S. Census Bureau QuickFacts: Richmond County (Staten Island Borough), New York; Bronx County (Bronx Borough), New York; New York County (Manhattan Borough), New York; Queens County (Queens Borough), New York; Kings County (Brooklyn Borough), New York” (英語). www.census.gov. 2019年10月16日閲覧。
  10. ^ Bureau, U. S. Census. “American FactFinder - Results” (英語). factfinder.census.gov. 2019年10月16日閲覧。
  11. ^ a b c New York – Race and Hispanic Origin for Selected Cities and Other Places: Earliest Census to 1990”. U.S. Census Bureau. 2012年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月10日閲覧。
  12. ^ New York County, New York, Association of Religion Data Archives. Accessed September 10, 2006.
  13. ^ MLA Language Map Data Center”. Modern Language Association. 2013年12月20日閲覧。 Enter New York County, New York, 2010 in data entry.
  14. ^ a b 常盤新平 『キミと歩くマンハッタン』 講談社、1988年、P116-7
  15. ^ Are Manhattan's Right Angles Wrong, by Christopher Gray
  16. ^ Remarks of the Commissioners for laying out streets and roads in the City of New York, under the Act of April 3, 1807 Archived 2007年6月10日, at the Wayback Machine., Cornell University. Accessed May 2, 2007. "これらの通りは基本的に60フィート幅だが、14、23、34、42、57、72、79、86、96、106、116、125、135、145、155丁目は100フィート幅になっており、これらの通りのブロックの幅は約200フィートである。"
  17. ^ [2]
  18. ^ New York: Education and Research, City Data. Retrieved September 10, 2006.



マンハッタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/25 03:52 UTC 版)

ニューヨーク市旗」の記事における「マンハッタン」の解説

マンハッタンの公式の旗はニューヨーク市旗類似している市旗との違い市章代わりに区章用いられている点である。区章基本的に市章同じデザインだが、二つの星が下部描かれており、月桂冠代わりに"BOROUGH OF MANHATTAN" NOVEMBER 1, 1683 の銘文紋章取り囲んでいる。この年月日(円の下側配置されている)はen:Thomas Dongan総督 (en) によりニューヨーク植民地12の郡が設置された時であり、この時に現在と同じ領域ニューヨーク郡マンハッタン区)が設立された。以前はマンハッタン区ニューヨーク市の旗同じものであったが、公務行事際には"The President of the Borough of Manhattan" "NYC"という銘文取り囲んだデザイン用いていた。

※この「マンハッタン」の解説は、「ニューヨーク市旗」の解説の一部です。
「マンハッタン」を含む「ニューヨーク市旗」の記事については、「ニューヨーク市旗」の概要を参照ください。


マンハッタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 03:48 UTC 版)

まんがでわかる7つの習慣」の記事における「マンハッタン」の解説

Chapter 7Cocktail 7)。七尾勝江が初来店した際に注文した

※この「マンハッタン」の解説は、「まんがでわかる7つの習慣」の解説の一部です。
「マンハッタン」を含む「まんがでわかる7つの習慣」の記事については、「まんがでわかる7つの習慣」の概要を参照ください。


マンハッタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 05:02 UTC 版)

住居番号」の記事における「マンハッタン」の解説

ニューヨークのマンハッタンの道路概ね碁盤の目状である。南北に走る5番街Fifth Avenue)が目抜き通りである。東西に走る道路南にあるものから順に番号命名されており、5番街の東では「東○丁目」(Eastth Street)、5番街の西では「西○丁目」(Westth Street)という。すなわち、「○丁目」(○th Streetといえば東西の通りであり、「○番街」(○th Avenueといえば南北の通りである。 そして、住居番号規則次のとおりである。東西の通りでは、北側奇数南側偶数住居番号振られる。「東○丁目」では、5番街との交差点1番2番があり、東に進むほど番号大きくなる5番街1本東にあるパーク街Park Avenueを超えると、住居番号100番101番から始まる。以後1ブロック進むごとに百位数字大きくなる。「西○丁目」では、西に進むほど番号大きくなる。1ブロック進むごとに百位数字大きくなるのは同様である南北の通りでは、東側奇数西側偶数住居番号振られる。ただし、ブロードウェイに限ってはこの逆である。北に進むほど番号大きくなる南北の通りでは、「1ブロック進むごとに百位数字大きくなる」という規則採用されていない

※この「マンハッタン」の解説は、「住居番号」の解説の一部です。
「マンハッタン」を含む「住居番号」の記事については、「住居番号」の概要を参照ください。


マンハッタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 18:23 UTC 版)

サガ フロンティア」の記事における「マンハッタン」の解説

この世界統治する組織トリニティ」の一大商業地域にして、トリニティ表玄関のような存在アクセサリー店では有用なアクセサリー売られている。

※この「マンハッタン」の解説は、「サガ フロンティア」の解説の一部です。
「マンハッタン」を含む「サガ フロンティア」の記事については、「サガ フロンティア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マンハッタン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「マンハッタン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



マンハッタンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

マンハッタンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マンハッタンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2022 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社カクテルレシピ
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマンハッタン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのニューヨーク市旗 (改訂履歴)、まんがでわかる7つの習慣 (改訂履歴)、住居番号 (改訂履歴)、サガ フロンティア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS