辛口とは? わかりやすく解説

から‐くち【辛口】

読み方:からくち

酒などの口当たりが辛いもの。また、辛みのある食べ物で、特に辛さの強いもの。「―の酒」「―のカレー」⇔甘口

甘みよりも辛みを好むこと。また、その人辛党。⇔甘口

辛辣(しんらつ)なこと。手厳しいこと。「―のコメント

「辛口」に似た言葉

辛口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/08/24 10:24 UTC 版)

辛口とは、以下の意味を表す言葉である。




「辛口」の続きの解説一覧

辛口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 15:45 UTC 版)

日本酒」の記事における「辛口」の解説

日本酒味覚評価も、基本的に五味酸苦甘辛鹹)であるが、料理のそれと同じ言葉使っていても概念大きく異なる。「辛い」といっても、料理における辛(トウガラシコショウのような味)や鹹(塩辛さ)ではない。また、舌の表面にある味蕾(みらい)でキャッチされ脳へ送られる味覚甘味酸味塩味苦味うま味のみであり、味細胞には辛味受容体はないため、「酒が辛い」と感じるのは、舌表の痛覚アルコール刺激されているだけだと考えられる

※この「辛口」の解説は、「日本酒」の解説の一部です。
「辛口」を含む「日本酒」の記事については、「日本酒」の概要を参照ください。


辛口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 04:09 UTC 版)

シェリー (ワイン)」の記事における「辛口」の解説

フィノ 規定アルコール度数15-18%。熟成期間一般的には3-4年だが、5-6年熟成させたものもある。1823年にガルベイ社の「サン・パトリシオ」が輸出されたのがフィノ先駆けであり、1850年代以降にイギリス起こった辛口ワインブーム、他国での害虫フィロキセラ蔓延1861年イギリス掲げたライト・ワイン政策などによって、ヴィクトリア朝代表するワインとなったゴンサレス・ビアス社の「ティオ・ペペ」は辛口シェリー代名詞的存在である。一般的に黄みがかった麦わら色と表現されるマンサニージャ(マンサニーリャ) 製造方法フィノ同じだが、サンルーカル熟成されたものだけはマンサニージャ呼ばれる規定アルコール度数15-19%。3-10年程度熟成期間標準である。1781年にはすでにマンサニーリャという名称が登場していた。サンルーカル内陸部ヘレスよりもグアダルキビール川河口近くワイナリー温度湿度安定しているほか、イースト香や潮の香りがあるとされる色合いフィノよりも淡く全体的に軽やかでデリケートであるとされるアモンティリャード(アモンティジャード) 琥珀色柔らかな辛口。フィノオロロソ中間であるとされ、フィノ熟成タイプとも呼ばれる規定アルコール度数は16-22%であり、熟成期間長いほどアルコール度数も高い。大部分スペイン以外の国で消費されている。1987年デンマーク映画バベットの晩餐会」では、主人公女性料理人食前酒としてアモンティリャード供しフランス駐在経験のあった将軍がその上品な味わいに唸るシーンがある。 オロロソ 規定アルコール度数は17-22%。フロールなしで酸化熟成しているために色合い濃くブランデーアメリカンコーヒーに近い。香り豊かで味わいまろやかであり、コク力強さ感じられる内陸部にあるヘレス酸化熟成向いているとされるパロ・コルタド 規定アルコール度数は17-22%。「酸化熟成させたシェリーの中でもとくに微妙な個性を持つもの」はパロ・コルタド呼ばれるオロロソコクアモンティリャード香りを持つとされるが、人工的に作ることできない

※この「辛口」の解説は、「シェリー (ワイン)」の解説の一部です。
「辛口」を含む「シェリー (ワイン)」の記事については、「シェリー (ワイン)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「辛口」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「辛口」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「辛口」の関連用語

辛口のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



辛口のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの辛口 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本酒 (改訂履歴)、シェリー (ワイン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS