牛肉とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 牛肉 > 牛肉の意味・解説 

ぎゅう‐にく〔ギウ‐〕【牛肉】

読み方:ぎゅうにく

食用とする牛の肉。ぎゅう。

牛肉の画像
「牛肉」に似た言葉

牛肉

作者林芙美子

収載図書晩菊水仙白鷺
出版社講談社
刊行年月1992.8
シリーズ名講談社文芸文庫


牛肉

作者ブライアンW.オールディス

収載図書スーパートイズ
出版社竹書房
刊行年月2001.4

収載図書スーパートイズ
出版社竹書房
刊行年月2001.7
シリーズ名竹書房文庫


牛肉

読み方:ぎゅうにく

  1. 典獄。〔第二類 人物風俗
  2. 典獄を云ふ。刑務所にて牛肉の副食物最上等なる故刑務所の上官吏即ち典獄を指称す
  3. 典獄を云ふ。刑務所にて副食物中、牛肉が最も上等なる故。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

牛肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/06 16:14 UTC 版)

牛肉(ぎゅうにく)は、食用に処理されたウシである。 ビーフ: Beef[注釈 1])ともいう。


注釈

  1. ^ 欧米ではBeef仔牛肉(Veal)とは別の概念である。メインディッシュ・肉
  2. ^ 那須牛・大田原牛は、民間業者の大黒屋の登録商標であり、栃木県の那須地方大田原市で生産された牛肉を示すブランド名ではない。
  3. ^ 全国の銘柄牛肉の中で最も基準が厳しく、三大和牛いずれをも凌ぐ。
  4. ^ 5等級または4等級を満たした上で、BMS「No.7」以上を満たす場合に佐賀牛と認められる。
  5. ^ 神戸ビーフ(神戸牛)と但馬牛は、肉質等級を決める4要素の内、脂肪交雑すなわち霜降りの度合いを示すBMS値しか定義に用いていないため、正確には肉質等級で格付けできない。仮に、肉質等級の残りの3要素もその等級を満たしているとすると、神戸ビーフは前沢牛などと同様の肉質等級4以上のブランドと見なせるものの、3要素が等級の定義を満たしていない場合にはそれ以下の等級の可能性もある。そのため、背景を灰色にし、文字を小さくして表中に記載した。
  6. ^ 生後月齢30ヶ月以上なら「肉質等級4以上」、生後月齢32ヶ月以上なら「肉質等級3以上」を満たすと米沢牛と呼称できる。すなわち、生後月齢で肉質等級の基準が異なることになるが、ここではよりあまい基準の「肉質等級3以上」を米沢牛の肉質等級基準とみなす。
  7. ^ 熊野牛は、日本食肉格付協会による枝肉格付けがある場合はにいがた和牛などと同様の肉質等級3以上のブランドであるが、同協会の格付けがなくても呼称が許されるため、それ以下の等級の可能性もある。そのため、背景を灰色にし、文字を小さくして表中に記載した。

出典

  1. ^ "sirloin". Oxford English Dictionary (3rd ed.). Oxford University Press. September 2005. (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  2. ^ Snopes.com (2001年5月20日). “Mis-Steak”. 2018年7月27日閲覧。
  3. ^ a b c 牛肉の歴史”. 相州牛推進協議会. 2020年5月1日閲覧。
  4. ^ 基峰修「文献と埴輪・壁画資料から見た牛甘(飼): 牽牛織女説話の伝来年代を含めて」『人間社会環境研究』第34号、金沢大学大学院人間社会環境研究科、2017年9月、 77-98頁、 doi:10.24517/00049494ISSN 1881-5545NAID 120006370931
  5. ^ ジュラ・高橋洋 (2014年7月17日). “肉食のルーツ 彦根城はなぜ残ったのか”. 朝日新聞. オリジナルの2015年3月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150308032906/http://www.asahi.com/shopping/travel/SDI201407140704.html 2014年7月27日閲覧。 
  6. ^ 本田豊 『絵が語る知らなかった江戸のくらし 農山漁民の巻』791113号、遊子館〈遊子館歴史選書〉、2008年、54頁。ISBN 9784946525995NCID BA86191890 
  7. ^ http://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/search/
  8. ^ 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 原文 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007
  9. ^ American Wagyu Association
  10. ^ 信州肉牛生産販売協議会(JA全農長野)
  11. ^ 信州牛生産販売協議会
  12. ^ 牛枝肉取引規格の概要 (PDF) (日本食肉格付協会)
  13. ^ 取引基準である肉質等級が、市場の影響を受けて変動する(畜産システム研究所)
  14. ^ 銘柄牛肉検索システム財団法人日本食肉消費総合センター)
  15. ^ スリランカ、牛の食肉処理禁止へ”. AFP (2020年10月1日). 2020年10月2日閲覧。



牛肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 22:46 UTC 版)

飯豊町」の記事における「牛肉」の解説

米沢牛の約半数本町から出荷されている。体脂肪率計測し基準を超えた牛のみを米沢牛というブランド品にして出荷している。

※この「牛肉」の解説は、「飯豊町」の解説の一部です。
「牛肉」を含む「飯豊町」の記事については、「飯豊町」の概要を参照ください。


牛肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 15:31 UTC 版)

マレーシア料理」の記事における「牛肉」の解説

ヒンドゥー教仏教いくつかの教派など、一部宗教では牛肉(daging lembu)を食べること禁じられているが、それにもかかわらず牛肉はマレーシア食卓にとって一般的である。カレー煮込み焼き物、または麺料理などで食べられるマレー人ハラールの牛肉のみを食べる。辛く煮たルンダンrendang)はマレー起源文化であることから、しばしば国民食またはマレーシア国家遺産呼ばれる

※この「牛肉」の解説は、「マレーシア料理」の解説の一部です。
「牛肉」を含む「マレーシア料理」の記事については、「マレーシア料理」の概要を参照ください。


牛肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 14:53 UTC 版)

神戸外国人居留地」の記事における「牛肉」の解説

兵庫開港以前横浜居留地商人購入した丹波・丹後但馬産の牛肉は外国人の間で高い評価得ていた。そのため開港後外国人盛んにそれらの牛肉を求めたが、当時の日本では牛肉を食べ習慣がなく、計画的に牛肉を供給する仕組みはなかった。そこで外国人は自ら屠畜場肉屋開設した初めにこれを実行したのは後述実業家エドワード・チャールズ・キルビーで、詳し時期不明であるが旧生田川東に屠畜場借り海岸通肉屋開設して牛肉の販売行ったまた、1868年慶応4年/明治元年)にはテボールという名のイギリス人が旧生田川沿いに屠畜場開設したという記録がある。1871年明治3年/4年)に日本人が牛肉の供給携わるようになり、1875年明治8年以降はほとんど日本人によって独占された(外国人1894年明治27年)に食肉業から完全に撤退した)。 居留地周辺では開港後間もない頃から、日本人業として牛肉を取り扱い食するようになった1869年明治元年/2年)に神戸元町開業した肉なべ専門店関門月下亭」は神戸最古の日本人経営の牛肉料理屋とされる神戸最古の日本人経営の牛肉店は1871年明治4年/6年)開店した大井肉店本神戸肉森谷商店といわれる大井肉店創業者岸田伊之助は牛肉の味噌漬け佃煮など西洋にはない独自の調理法考案した1870年代終わりに鈴木清醤油砂糖味付けした牛肉の缶詰開発し全国的なヒット商品となった

※この「牛肉」の解説は、「神戸外国人居留地」の解説の一部です。
「牛肉」を含む「神戸外国人居留地」の記事については、「神戸外国人居留地」の概要を参照ください。


牛肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 22:05 UTC 版)

ヨーネ病」の記事における「牛肉」の解説

牛肉の全体的な有病率は低いと考えられているが、牛肉からの分離報告なされている調理による減少はまだ研究されていませんが、ある研究では、log 10細菌を2回以上減らすには、長い調理時間必要である推定されている。ヨーネ菌人獣共通感染症病原体であると確認された場合ヒトへの感染経路よりよく特徴づけるために、さらなる研究が必要である

※この「牛肉」の解説は、「ヨーネ病」の解説の一部です。
「牛肉」を含む「ヨーネ病」の記事については、「ヨーネ病」の概要を参照ください。


牛肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 23:40 UTC 版)

森林破壊」の記事における「牛肉」の解説

家畜放牧地確保したり、飼料生産したするために森林伐採による農地開発世界的に進んでいる1970年代後期から1980年代中期に、多国籍企業熱帯林切り開いて放牧行いハンバーガー用の安い牛肉を生産して輸出することに抗議する「ハンバーガーコネクション」という運動起こった2006年FAO国際連合食糧農業機関)はレポート家畜長い影の中で畜産部門は、土地最大の人為的利用者です。放牧地球陸面26%を占めます。」「特にラテンアメリカでは、家畜放牧地拡大森林破壊重要な要因です。アマゾン以前に森林覆われた土地の約70%が牧草地として使用され、」と報告している。2015年研究では、2000年から2011年の期間に森林破壊率が高い7か国アルゼンチンボリビアブラジルパラグアイインドネシアマレーシアパプアニューギニア)において、森林破壊原因の40%を、4つ商品(牛肉、大豆パーム油木製品)が占めており、このうち牛肉による森林破壊割合が最も高いことが分かった。牛肉は他の3つの商品合わせた2倍以上の森林破壊原因となっている。 牛肉が主な輸出品となっている中米ニカラグアでは、2011年から2016年5年間に540km2の森林草地変わり牛の放牧広くみられるまた、オーストラリアクイーンズランド州にある57肉牛施設で、2018年以降13,500ヘクタール森林破壊が行われたが、開墾され地域56%は、オーストラリア政府によって絶滅危惧種潜在的な生息地として分類された。

※この「牛肉」の解説は、「森林破壊」の解説の一部です。
「牛肉」を含む「森林破壊」の記事については、「森林破壊」の概要を参照ください。


牛肉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/14 07:05 UTC 版)

食肉小売品質基準」の記事における「牛肉」の解説

下の11部位定められている。これ以外の部位は、日本食肉格付協会定め牛部肉取規格に従う。 牛ネック 牛かた 牛かたロースリブロースサーロイン 牛ヒレ 牛ばら 牛もも 牛そともも 牛らんぷ 牛すね

※この「牛肉」の解説は、「食肉小売品質基準」の解説の一部です。
「牛肉」を含む「食肉小売品質基準」の記事については、「食肉小売品質基準」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「牛肉」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

牛肉

出典:『Wiktionary』 (2021/08/28 13:45 UTC 版)

名詞

 ぎゅうにく

  1. 食用の)牛の

発音(?)

ぎゅ↗ーにく

類義語

関連語

翻訳


「牛肉」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



牛肉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

牛肉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



牛肉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牛肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの飯豊町 (改訂履歴)、マレーシア料理 (改訂履歴)、神戸外国人居留地 (改訂履歴)、ヨーネ病 (改訂履歴)、森林破壊 (改訂履歴)、食肉小売品質基準 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの牛肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS