煮込みとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 料理 > 料理 > 煮込みの意味・解説 

に‐こみ【煮込み】

読み方:にこみ

煮汁十分に入れて長時間弱火で煮ること。また、そのもの。「—うどん」

「煮込み」に似た言葉

煮込み

読み方:にこみ

マ行五段活用動詞煮込む」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

煮込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 02:13 UTC 版)

煮込み(にこみ)または煮込み料理(にこみりょうり)とは、煮汁を十分に入れて長時間弱火で煮る料理法とその料理[1]英語ではシチュー(stew)とひとくくりに表現されるが、フランスイタリアでは煮込みの手法、鍋の種類、材料により異なる表現をされる[2][3]


  1. ^ 煮込み”. コトバンク. 朝日新聞 (n.d.). 2013年8月17日閲覧。
  2. ^ 宇田川 et al. 2007, p. 272
  3. ^ a b c 宇田川 et al. 2007, p. 446
  4. ^ 辰口 & 渋川 2000, pp. 164–165


「煮込み」の続きの解説一覧

煮込み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/19 15:56 UTC 版)

クロアチア料理」の記事における「煮込み」の解説

野菜少量の肉またはソーセージの煮込み(varivo or čušpajz)は、健康的な伝統的食事として認識されている。サワークリームクロアチア北部)またはオリーブ・オイル沿岸部)を、料理供する直前に加える。煮込みの肉料理は、狩猟牧羊伝統後に野外で調理されることも多い。ダルマチア都市部料理では、シナモンおよびクローブ乾燥プラム乾燥イチジクリンゴおよび他の果物を肉の煮込みに加えることが多い。 グヤーシュクロアチア語gulaš。 Grah:豆の煮込み。ザワークラウト加えてgrah sa zeljem またはカブ酢漬け細切り加えてgrah s kiselom repomとすることが多い。 Varivo od mahuna:サヤインゲンの煮込み。 Riblji paprikaš:fiš-paprikašともいう。スラヴォニアの辛い魚の煮込み、ハンガリーハラースレー英語版)も参照。 riblja čorba:スラヴォニア魚のスープ (en) 。 ブルデット(クロアチア語版):クロアチア語:BrudetまたはBrodet。魚の煮込み。 鶏肉の煮込み ウサギグヤーシュ Ričetjačmik、orzoともいう。 ヨタクロアチア語Jotaイストラの煮込み。 Pašta fažol小さなパスタ入りの豆の煮込み。 Game Čobanac:Tocană Venison goulashとプルーン Perpetual stew ワイングヤーシュ ザワークラウトの煮込み Zelena menestra:伝統的なキャベツ肉の料理ドゥブロヴニク周辺地域。 パシュティツァダ(英語版);クロアチア語Pašticada、ダルマチアプルーン乾燥イチジク牛肉の煮込み。 Tripiceまたはfileki:トライプの煮込み。

※この「煮込み」の解説は、「クロアチア料理」の解説の一部です。
「煮込み」を含む「クロアチア料理」の記事については、「クロアチア料理」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「煮込み」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「煮込み」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



煮込みと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

煮込みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



煮込みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの煮込み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクロアチア料理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS