伝統的とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 伝統的の意味・解説 

でんとう‐てき【伝統的】

読み方:でんとうてき

形動ある事柄が昔から受け継がれてきているさま。「地域の—な行事」


伝統的

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

伝統

(伝統的 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/17 14:14 UTC 版)

伝統(でんとう)は、信仰風習制度思想学問芸術などの様々な分野において、古くからの仕来り・様式傾向血筋、などの有形無形の系統を受け伝えることをいう。


  1. ^ 日本国語大辞典、小学館、2005年。
  2. ^ 広辞苑、第六版、岩波書店、2008年。
  3. ^ a b c d 特集ワイド:それホンモノ? 「良き伝統」の正体 - 毎日新聞 at the Wayback Machine (archived 2016-01-25)
  4. ^ a b エリック・ボブズボウム、テレンス・レンジャー(編)、『創られた伝統』紀伊國屋書店、1983年[要ページ番号]
  5. ^ a b c 創られちゃう伝統――「夫婦別姓」最高裁判決を受けて生じる無邪気な言説(松谷創一郎) - エキスパート”. Yahoo!ニュース. 2024年3月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e 特集ワイド:「家庭教育支援法」成立目指す自民 「伝統的家族」なる幻想 家族の絆弱まり、家庭の教育力低下--!?”. 毎日新聞. 2021年8月17日閲覧。
  7. ^ a b c 白川千尋 国立民族学博物館(編)「創られた伝統」『世界民族百科事典』 丸善出版 2014 ISBN 9784621088234 pp.56-57.
  8. ^ 法令全書明治九年1453頁
  9. ^ 井戸田博史『夫婦の氏を考える』世界思想社、2004年[要ページ番号]
  10. ^ Michele M. Mason “Empowering the Would-be Warrior: Bushido and the Gendered Bodies of the Japanese Nation”
  11. ^ 輪島裕介『創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』光文社新書、2010年[要ページ番号]
  12. ^ 熊倉功夫『文化としてのマナー』岩波書店、1999年、47-49頁。 
  13. ^ 平山昇『鉄道が変えた社寺参詣 · 初詣は鉄道とともに生まれ育った』交通新聞社新書
  14. ^ 『鉄道が変えた社寺参詣 - 初詣は鉄道とともに生まれ育った』交通新聞社、10月15日 2012、34-35頁。 
  15. ^ 成澤宗男週刊金曜日編 『日本会議と神社本庁』 金曜日、2016年、40ページ。
  16. ^ 相撲の”女人禁制”は明治以降に作られた虚構? 救命中の女性に「土俵から降りて下さい」が波紋」『キャリコネニュース』、2018年4月5日。2018年4月6日閲覧。
  17. ^ 清水克行『喧嘩両成敗の成立』講談社メチエ、14頁。
  18. ^ 近藤好和『弓矢と刀剣』吉川弘文館、121頁。
  19. ^ 在日ロシア人排斥、ウィル・スミス擁護…日本にはびこる「正しい暴力」の幻想”. ダイヤモンド・オンライン (2022年4月21日). 2022年4月21日閲覧。
  20. ^ 広田照幸、日本人のしつけは衰退したか、講談社、1999年。
  21. ^ 品田悦一、「萬葉集の発明」、新曜社、2001年。
  22. ^ マーク・シングルトン『ヨガ・ボディ - ポーズ練習の起源』喜多千草訳、大隅書店、2014年。ISBN 978-4-905328-06-3 [要ページ番号]
  23. ^ 伊藤雅之「現代ヨーガの系譜 : スピリチュアリティ文化との融合に着目して」『宗教研究』84(4)、日本宗教学会、2011年3月30日、417-418頁、NAID 110008514008 


「伝統」の続きの解説一覧

伝統的

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 13:53 UTC 版)

オンドル」の記事における「伝統的」の解説

本来の形式台所の竈で煮炊きしたときに発生する煙を居住空間床下通し、床を暖めることによって部屋全体をも暖める設備火災の危険を避けるためオンドル備えた家の土台はすべてクドゥルジャン(구들장)という板石用いて築き部屋の床は石板の上漆喰塗り固めその上に油をしみこませた厚紙貼る朝鮮半島においてはすでに三国時代から使用痕跡見られ飛鳥時代日本渡来した高句麗百済出身者オンドル備えた家に住んでたらしい。しかしこの暖房方法燃料消費量多く湿気が多い地域には向かないことから日本では普及しないまま廃れてしまう。 台所調理する際の排気利用した暖房システムだが、炊事行わない時も暖房用として竈に火を常時入れておく。台所が無い別棟には、暖房目的での焚口作るまた、暖房の必要が無い夏季オンドル繋がらない専用の竈を炊事使用する。しかし床下殺菌殺虫目的半月一度ほどオンドル火を入れることもあった。 かつては、わらなどを燃料としたが、大量燃料を使うオンドル朝鮮半島森林破壊はげ山)の元凶となった韓国では人口増加とともにオンドル燃料賄うのが不可能になり、1960年代までには練炭燃料としたオンドル主流となった。しかし不完全燃焼により一酸化炭素が床のひび割れ隙間から室内流入し一酸化炭素中毒引き起こす事故頻発したため、次述「現代オンドルに取ってわられることとなる。

※この「伝統的」の解説は、「オンドル」の解説の一部です。
「伝統的」を含む「オンドル」の記事については、「オンドル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「伝統的」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

伝統的

出典:『Wiktionary』 (2021/11/22 13:21 UTC 版)

発音

形容動詞

伝統 でんとうてき

  1. から受け継がれているさま。

対義語


「伝統的」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



伝統的と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伝統的」の関連用語

伝統的のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



伝統的のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伝統 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオンドル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの伝統的 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS