血筋とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > 血筋 > 血筋の意味・解説 

ち‐すじ〔‐すぢ〕【血筋】

読み方:ちすじ

血のつながり血統また、血縁。「芸術家の―」「遠い―にあたる人」

人間体内にある血液の循環する道筋血管


血筋

作者小泉喜美子

収載図書日本ベストミステリー選集 14 復讐ライブラリー
出版社光文社
刊行年月1992.4
シリーズ名光文社文庫


血筋

作者テイッパン・マウン・ワ

収載図書変わりゆくのはこの世ことわり―マウン・ルーエイ物語
出版社てらいんく
刊行年月2001.3


家系

(血筋 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/08 07:44 UTC 版)

家系(かけい)または血統(けっとう、ちすじ)とは、親子・兄弟・婚姻・養子など様々な関係性で結ばれる特定の家族、血族集団を指す。一定の血族集団の中で同一の階級または地位家名家格家業、家財を世襲で継承する場合に使われることが多い。類似概念に家柄などがある。




「家系」の続きの解説一覧

血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 16:09 UTC 版)

徳川秀忠」の記事における「血筋」の解説

西三河土豪から伸し上がった徳川家松平家)は、三河での覇権確立して後も、かつて同格であった同輩豪族による反乱悩まされ続けていた。そのような中で、秀忠の母は土岐氏一門三河西郷氏出であり、土岐頼忠の子西郷頼音を祖とする。三河西郷氏三河の旧守護代家として、下克上戦国時代では家格高かったという。 なお、『寛政重修諸家譜』には以下の記載がある(西郷氏 巻第369)。 西郷正勝 母は吉良上総介義富が女 西郷正勝西郷局外祖父であり、秀忠曽祖父に当たる。よって、秀忠足利氏傍流である吉良氏血を引くことになる。

※この「血筋」の解説は、「徳川秀忠」の解説の一部です。
「血筋」を含む「徳川秀忠」の記事については、「徳川秀忠」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/05 14:58 UTC 版)

森川俊民」の記事における「血筋」の解説

婿養子ながら、女系では森川氏の血を引く森川氏俊土屋忠直室―土屋数直土屋政直土屋陳直松平忠刻室―松平忠恕松平忠馮森川俊民 表 話 編 歴 生実藩9代藩主1838年 - 1855年酒井家 酒井重澄1623-1633 改易 森川家 森川重俊1627-1632 森川重政1632-1663 森川重信1663-1692 森川俊胤1692-1732 森川俊常1732-1734 森川俊令1734-1764 森川俊孝1764-1788 森川俊知1788-1838 森川俊民1838-1855 森川俊位1855-1858 森川俊徳1858-1862 森川俊方1862-1871 廃藩置県

※この「血筋」の解説は、「森川俊民」の解説の一部です。
「血筋」を含む「森川俊民」の記事については、「森川俊民」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 22:12 UTC 版)

多久茂堯」の記事における「血筋」の解説

佐賀藩鍋島直大曽祖父である。 多久茂堯鍋島茂郷―濱(瀧村)―鍋島直大

※この「血筋」の解説は、「多久茂堯」の解説の一部です。
「血筋」を含む「多久茂堯」の記事については、「多久茂堯」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 00:13 UTC 版)

松平勝善」の記事における「血筋」の解説

島津家からの養子ではあるが、島津綱貴(斉宣から5世前の先祖)の生母の真修院が松平定頼久松松平家3代)の娘というつながりがある。

※この「血筋」の解説は、「松平勝善」の解説の一部です。
「血筋」を含む「松平勝善」の記事については、「松平勝善」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 06:52 UTC 版)

マリー=クリスティーヌ (マイケル王子夫人)」の記事における「血筋」の解説

母方祖先には、フランス王アンリ2世王妃カトリーヌ・ド・メディシスおよび愛妾ディアーヌ・ド・ポワチエ、また画家ピーテル・パウル・ルーベンスがいる。 アメリカファッション誌で、マリーの血筋は英国王室成員結婚するの中では、エディンバラ公フィリップ以来王族らしいものだと評されている。また身長は180cmあり、「王族血脈に入る背の高い初めての女性だろう」とも評されている。

※この「血筋」の解説は、「マリー=クリスティーヌ (マイケル王子夫人)」の解説の一部です。
「血筋」を含む「マリー=クリスティーヌ (マイケル王子夫人)」の記事については、「マリー=クリスティーヌ (マイケル王子夫人)」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/11 20:13 UTC 版)

多劫姫」の記事における「血筋」の解説

曾孫大岡忠相がいる。多劫姫北条氏重大岡忠高室―大岡忠相

※この「血筋」の解説は、「多劫姫」の解説の一部です。
「血筋」を含む「多劫姫」の記事については、「多劫姫」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 07:59 UTC 版)

水野忠成」の記事における「血筋」の解説

実家岡野家は執権北条氏の子とされる板部岡江雪斎を祖としている。また徳川家康異父弟松平康元女系子孫であり、彼らの生母於大の方まで遡る水野氏ともつながっている水野忠政於大の方松平康元忠良康尚定員岡野常室岡野知暁―水野忠成

※この「血筋」の解説は、「水野忠成」の解説の一部です。
「血筋」を含む「水野忠成」の記事については、「水野忠成」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/01 01:03 UTC 版)

織田輔宜」の記事における「血筋」の解説

織田信長徳川家康松平信康父子細川幽斎細川忠興父子明智光秀小笠原秀政血を引き戦国時代代表する大名織田氏松平氏徳川氏細川氏明智氏小笠原氏)の流れを汲んでいる。 織田信長男系子孫昆孫女系子孫でもあり雲孫にあたる織田信長-織田信雄-織田高長-織田長頼-織田長清-織田長亮-織田輔宜 織田信長-徳姫松平信康正室)-峯高院登久姫小笠原秀政正室)-保寿院千代姫細川忠利正室)-細川光尚-細川利重-細川利昌-女(細川有孝養女織田長亮正室)-織田輔宜 徳川家康雲孫松平信康仍孫となる(家康信康男系女子の子孫)。 徳川家康-松平信康-峯高院登久姫小笠原秀政正室)-保寿院千代姫細川忠利正室)-細川光尚-細川利重-細川利昌-女(細川有孝養女織田長亮正室)-織田輔宜 細川幽斎仍孫細川忠興昆孫である(幽斎と忠興男系女子の子孫)。 細川幽斎-細川忠興-細川忠利-細川光尚-細川利重-細川利昌-女(細川有孝養女織田長亮正室)-織田輔宜 明智光秀仍孫細川ガラシャ昆孫でもある光秀ガラシャ女系子孫)。 明智光秀-玉子細川ガラシャ細川忠興正室)-細川忠利-細川光尚-細川利重-細川利昌-女(細川有孝養女織田長亮正室)-織田輔宜 小笠原秀政昆孫となる(秀政の女系子孫)。 小笠原秀政-保寿院千代姫細川忠利正室)-細川光尚-細川利重-細川利昌-女(細川有孝養女織田長亮正室)-織田輔宜 表 話 編 歴 長益長政織田氏当主1733年 - 1778年織田氏 (平姓)親真 親基 親行 行広 末広 基実 広村 真昌 常昌 常勝 尾張国守護代家 伊勢守家(常松教信 教長(朝長) 郷広 久広 敏広 寛広 広高 敏信 信安 信大和守家常竹) 教広 常任久 久長 敏定 寛定 寛定 勝秀 達勝 信清洲三奉行因幡守家長 広貞 広延 達広 広藤左衛門家寛 寛故 寛維 寛故 信張 信直 信氏 忠辰 信番 弾正忠家良信 信定 信秀 信長 信忠 秀信 絶家 弾正忠家分家支流 信長信長 信忠信忠 - 秀信 - 絶家 信雄流 信雄 秀雄 絶家 信良流信良 信昌 信久 信就 信右 信富 信邦 信浮 信美 信学 信敏 寿重丸 信敏 信恒 信正 信弘 高長流長 長頼 信武 信休 信朝 信旧 信憑 信守 信古 信貞 信敬 信民 信親 信大 信和 信孝 … 長政 高家明 信栄 信之 信味 信存 信愛 信徳 明 … 高家分家信清 信安 信信虎之助 … 勝長流長 津田勝良 長政長 信要 信節 伝八郎 主税 信勝 則長 … 信高信高重 一之 信門 信倉 信直 長孺 長裕 信真 … 信貞流 信貞 - 貞置 高家長迢 長能 長説 信錦 信由 信順 信信任 信吉 … 貞則流貞則 信種 信豊 信尚 信義 信往 … 貞輝流貞輝 長喬 信尹 信之 信昌 権十郎 泉之 … 信勝流 信勝 - 信澄 昌澄流 昌澄 - 信高 信成 信茂 宣居 信尹 信方 信節 信由 信一 … 信英 信栄 信長義 信活 … 信包流 信包 信重 直政 絶家 信則 信勝 絶家 信当流信当 信相 信政 信義 信彭 信与 信周 信裕 … 信治流 信治 柘植氏正俊 正時 正直 兄正 影正 晃正 正正陽長益長益 長孝長孝 長則 絶家 頼長 長好 絶家 長政長政定 長長清 長弘亮 輔宜 長教 長宇 長恭 長易 長猷 長純 長繁 宗裕 … 尚長流長 長秀一 秀親 成純 秀行 信方 秀賢 長恒 秀綿 信陽 信成 信及 秀実 信一 長利 長功 … 表 話 編 歴 戒重藩/芝村藩7代藩主 (1733年 - 1778年)※長益 長政1615-1659 長定1659-1672 長明1672-1683 長清1683-1714 長弘1714 長亮1714-1733 輔宜1733-1778 長教1778-1795 長宇1795-1826 長恭1826-1852 長易1852-1871 廃藩置県 1745年戒重から芝村陣屋移転

※この「血筋」の解説は、「織田輔宜」の解説の一部です。
「血筋」を含む「織田輔宜」の記事については、「織田輔宜」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 01:09 UTC 版)

島津綱貴」の記事における「血筋」の解説

徳川家康来孫。綱貴以降の薩摩藩主は家康血を引いているこの他池田家久松松平家血を引いていることから島津家から池田、松平両家養子送られる理由となった時代劇では徳川家との血縁から幕府忠誠心を持つ名君という役で度々登場する徳川家康督姫池田輝政室)―茶々姫(京極高広室)―養仙院(松平定頼室)―真修院(島津綱久室)―島津綱貴

※この「血筋」の解説は、「島津綱貴」の解説の一部です。
「血筋」を含む「島津綱貴」の記事については、「島津綱貴」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 15:45 UTC 版)

シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ」の記事における「血筋」の解説

詳細は「:en:Charlotte of Mecklenburg-Strelitz#African ancestry mythを参照 ワシントン・ポストの報道によると、アメリカ合衆国の歴史家であるマリオ・バルデスが「シャーロット黒人血を引いていた」と主張している。

※この「血筋」の解説は、「シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ」の解説の一部です。
「血筋」を含む「シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ」の記事については、「シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 06:49 UTC 版)

ワリード2世」の記事における「血筋」の解説

初代カリフムアーウィヤ1世第2代カリフヤズィード1世女系子孫にあたるムアーウィヤ1世ーヤズィード1世ーアティカ(ムアーウィヤ2世姉妹)ーヤズィード2世ーワリード2世 ムアーウィヤ1世の外玄孫ヤズィード1世の外曾孫となる。

※この「血筋」の解説は、「ワリード2世」の解説の一部です。
「血筋」を含む「ワリード2世」の記事については、「ワリード2世」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 04:34 UTC 版)

徳川治紀」の記事における「血筋」の解説

女系ながら徳川秀忠松平信康血を引いている信長 徳姫 熊姫 松平信康 忠刻 織田信秀 徳川家康 本多忠勝 忠政 勝姫 池田綱政 政純 静子 一条溢子 徳川治紀 秀忠 お市 千姫浅井長政

※この「血筋」の解説は、「徳川治紀」の解説の一部です。
「血筋」を含む「徳川治紀」の記事については、「徳川治紀」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/24 11:39 UTC 版)

ヤズィード2世」の記事における「血筋」の解説

初代カリフムアーウィヤ1世第2代カリフヤズィード1世女系子孫にあたるムアーウィヤ1世ーヤズィード1世ーアーティカ(ムアーウィヤ2世姉妹)ーヤズィード2世 ムアーウィヤ1世の外曾孫ヤズィード1世外孫となる。

※この「血筋」の解説は、「ヤズィード2世」の解説の一部です。
「血筋」を含む「ヤズィード2世」の記事については、「ヤズィード2世」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 05:09 UTC 版)

前田利為」の記事における「血筋」の解説

加賀藩第4藩主前田綱紀昆孫に当たる綱紀は利為の義父である利嗣(昆孫)と共通の先祖でもある前田綱紀前田利章前田利道前田利幹前田利豁前田利昭前田利為

※この「血筋」の解説は、「前田利為」の解説の一部です。
「血筋」を含む「前田利為」の記事については、「前田利為」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 06:13 UTC 版)

千姫」の記事における「血筋」の解説

徳川慶喜千姫血を引いている本多忠勝 本多忠政 本多忠刻 織田信長 徳姫 熊姫 松平信康 勝姫 池田綱政 池田政純 静子 一条溢子 徳川治紀 徳川斉昭 徳川慶喜 織田信秀 徳川家康 徳川秀忠 お市 千姫浅井長政

※この「血筋」の解説は、「千姫」の解説の一部です。
「血筋」を含む「千姫」の記事については、「千姫」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 23:08 UTC 版)

ウィリアム1世 (イングランド王)」の記事における「血筋」の解説

ノルマンディー公 ( 1035 - 1087 )イングランド王 ( 1066 - 1087 ) ウィリアム1世ギヨーム2世)(1027 - 1087)の家柄 (父)ノルマンディー公 ( 1027 - 1035 ) ロベール1世(1000 - 1035)(ノルマンディー家) (祖父ノルマンディー公 ( 996 - 1026 ) リシャール2世(963 - 1026) ノルマンディー公 ( 942 - 996 ) リシャール1世(933 - 996) グンノーラ(英語版)(936頃? - 1031) (祖母ブルターニュジョフロワ1世の姉 ユーディトフランス語版)(982 - 1017) ブルターニュ公 ( 990 - 992 ) コナン1世フランス語版)(? - 992) アンジュー伯の娘 エルマンガルドErmengarde)(956 - 1024) (母) アルレット(1003? - 1050?) (祖父) フルベル(フランス語版( - ) 不詳( - ) 不詳( - )祖母不詳( - ) ( - ) ( - )兄弟姉妹異父弟オドンOdonケント伯(1067-1088)・バイユー司教(Évêque de Bayeux(1049-1097))異父弟ロベールRobertコーンウォール伯(英語版)(1072-1095))異母妹(?):アデルAdelaide) (その他の主な血縁者伯父リシャール3世 ( ノルマンディー公 ( 1026 - 1027 ) ) ^ リシャール2世ユーディト結婚した1000年時点ではユーディトの父でブルターニュ公だったコナン1世は既に没しており、ユーディト実弟ジョフロワ1世fr:Geoffroi Ier de Bretagne)がブルターニュ公を継いでいた。 ^ 母の名について複数表記がある。Arletteアルレット、アーレッテ)やHerleve(エルエーヴ)など。 ^ アルレット出自について信頼できる確かな記録はない。一般的な伝承では、父はノルマンディー公領内のファレーズ皮なめし職人だったという。フルベルの身分については様々な異伝がある。 ^ アデルの母がウィリアム1世同じくアルレットだったかどうかについては不確かである

※この「血筋」の解説は、「ウィリアム1世 (イングランド王)」の解説の一部です。
「血筋」を含む「ウィリアム1世 (イングランド王)」の記事については、「ウィリアム1世 (イングランド王)」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 01:49 UTC 版)

松平定永」の記事における「血筋」の解説

松平定綱直系ではないが、生母の隼姫が定綱の兄松平定行伯父松平康元血を引く松平定行松平定頼……松平定儀酒井忠用室―加藤泰武室―隼姫松平定頼―酒井忠直室―酒井忠稠……酒井忠用加藤泰武室―隼姫 松平康元―岡部長盛継室加藤泰興室―加藤泰義……加藤泰武―隼姫

※この「血筋」の解説は、「松平定永」の解説の一部です。
「血筋」を含む「松平定永」の記事については、「松平定永」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/26 01:58 UTC 版)

保寿院」の記事における「血筋」の解説

保寿院母方家系から織田氏徳川氏血を引いている具体的には、母・登久姫徳川家康孫娘家康長男松平信康織田信長の娘・徳姫の娘で、信長孫娘でもあるからである保寿院信長家康双方曾孫信康孫娘となる。 要約すると下の系譜となる。 織田信長-徳姫松平信康室)-登久姫小笠原秀政室)-保寿院 徳川家康-松平信康-登久姫小笠原秀政室)-保寿院

※この「血筋」の解説は、「保寿院」の解説の一部です。
「血筋」を含む「保寿院」の記事については、「保寿院」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/07 02:34 UTC 版)

毛利安子」の記事における「血筋」の解説

長州藩7代藩主毛利重就玄孫に当たる。重就は安子養父母である敬親(曾孫)、都美子(玄孫)と共通の先祖でもあるそのため夫の元徳よりは養父母近い関係にある父方の祖父である長府藩11藩主毛利元義(重就の孫)の母方を通じて長州藩初代藩主毛利秀就女系子孫でもあるちなみに秀就系の藩主4代吉広ののちは元徳まで途絶えていた)。毛利秀就竹姫大江竹子)―西園寺実輔……西園寺賞季宝珠院毛利元義

※この「血筋」の解説は、「毛利安子」の解説の一部です。
「血筋」を含む「毛利安子」の記事については、「毛利安子」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 03:03 UTC 版)

ロザリー・ラ・モリエール」の記事における「血筋」の解説

出生年1763年頃。父はバロア家最後の当主であるサン・レミー男爵。母は貴族の娘マルティーヌ・ガブリエル(後のポリニャック伯爵夫人)。しかし、諸事情から両親結婚至らず妊娠うろたえるマルティーヌ同情したサン・レミー男爵愛人であり、異母姉ジャンヌの母でもあるニコール・ラ・モリエール生後間もなく引き取られ父の死後パリ下町移住出生の秘密知らされずに、ジャンヌとは同胞姉妹として愛情深く育てられた

※この「血筋」の解説は、「ロザリー・ラ・モリエール」の解説の一部です。
「血筋」を含む「ロザリー・ラ・モリエール」の記事については、「ロザリー・ラ・モリエール」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 09:51 UTC 版)

信受院」の記事における「血筋」の解説

江戸幕府3代将軍徳川家光玄孫に当たる徳川家光霊仙院徳川綱誠-吉通-三千君

※この「血筋」の解説は、「信受院」の解説の一部です。
「血筋」を含む「信受院」の記事については、「信受院」の概要を参照ください。


血筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 06:48 UTC 版)

中山信昌」の記事における「血筋」の解説

附家老中山家家祖中山信吉の兄中山照守血を引く中山照守大野三八某妻―堀田一純室―堀田一幸中山信昌

※この「血筋」の解説は、「中山信昌」の解説の一部です。
「血筋」を含む「中山信昌」の記事については、「中山信昌」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「血筋」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「血筋」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



血筋と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「血筋」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



血筋のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの家系 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの徳川秀忠 (改訂履歴)、森川俊民 (改訂履歴)、多久茂堯 (改訂履歴)、松平勝善 (改訂履歴)、マリー=クリスティーヌ (マイケル王子夫人) (改訂履歴)、多劫姫 (改訂履歴)、水野忠成 (改訂履歴)、織田輔宜 (改訂履歴)、島津綱貴 (改訂履歴)、シャーロット・オブ・メクレンバーグ=ストレリッツ (改訂履歴)、ワリード2世 (改訂履歴)、徳川治紀 (改訂履歴)、ヤズィード2世 (改訂履歴)、前田利為 (改訂履歴)、千姫 (改訂履歴)、ウィリアム1世 (イングランド王) (改訂履歴)、松平定永 (改訂履歴)、保寿院 (改訂履歴)、毛利安子 (改訂履歴)、ロザリー・ラ・モリエール (改訂履歴)、信受院 (改訂履歴)、中山信昌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS