司法書士とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 司法書士の意味・解説 

司法書士

資格区分

国家資格

資格概要取得方法

【資格概要法務局裁判所提出する各種書類作成や、申請代行携わるための資格が司法書士です。 司法書士の有資格者取り扱える業務は、(1)土地建物所有権担保権などの権利登記簿記載する「不動産登記」、(2)会社商号資本金役員などの法定事項登記簿記載する「商業登記」、(3)金銭有価証券等を国家機関である供託所提出して管理をまかせる「供託手続」、(4)裁判所提出する書類作成事務通じ当事者裁判手続支援する「裁判事務」の4つに大別されます。 このうちメインとなる業務は(1)の不動産登記で、司法書士の仕事の9割以上を占めていると言われています。また2003年4月からは、司法書士法改正により、簡易裁判所限って訴訟代理業務(弁護士のように当事者代理人として法廷出廷する)が認められ、法律スペシャリストとして幅広い活躍期待されています。

取得方法】 受験資格に学歴などの制限はなく、だれでも受験できます。ただし合格率例年3%を下回る超難関資格であり、独学での学習は相当な覚悟が必要です。資格スクール利用した場合でも、合格までに少なくとも1年半2年程度学習期間が必要だと考えておいた方がいいでしょう。試験は7月行われる筆記試験と、10月実施口述試験があり、両方に合格することで、司法書士の資格を取得できます

受験資格

制限なし。

受験料

6600円

合格率

2.9%(2004年度)

試験日程

筆記試験7月上旬口述試験10月中旬

試験会場

全国主要都市実施

問い合わせ先

法務局地方法務局 http://www.moj.go.jp/法務省ホームページ東京場合は、東京法務局 〒102-8225東京都千代田区九段南1-1-15九段第2合同庁舎 03-5213-1234

取得後の職業/活かせる仕事

合格後は、司法書士事務所設立し、不動産登記商業登記の仕事をするケースが目立ちます。企業内では、法務部門など法律契約関連するセクションで、資格を活用することができるでしょう

司法書士

読み方シホウショシ

概要解説 司法書士は、裁判所検察庁・法局・地方法務局に提出する書類作成や、不動産登記商業登記などの代行仕事とする、一般実務レベルでの法律スペシャリストです。開業して安定した収入を得るには、宅地建物取引主任者土地家屋調査士資格取得するといっそう有利になります必要な能力資格など 司法書士になるには、まず国家試験である司法書士試験合格なければなりません。この試験は、受験資格制限がなく誰でも受験できますが、合格率は3%という難関です。一般に大学法学部卒業程度基礎学力実務についての知識が必要と言われています。独学でも勉強できますが、効果的学習するには、司法書士受験コースのある専修学校利用するのもひとつ方法です。 関連する職業

司法書士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/25 22:28 UTC 版)

司法書士(しほうしょし)とは、司法書士法に基づく国家資格であり、専門的な法律の知識に基づき登記及び供託代理裁判所検察庁法務局等に提出する書類の作成提出などを行う。また、法務大臣から認定を受けた認定司法書士は、簡易裁判所における民事訴訟民事執行民事保全和解調停などにおいて当事者を代理することができる[4]弁護士弁理士税理士行政書士社会保険労務士土地家屋調査士海事代理士と共に職務上請求権が認められている8士業の一つである。




  1. ^ 戸籍法、戸籍法施行規則、不動産登記法の記述より”. 日本法令外国語訳データベースシステム. 法務省. 2016年8月13日閲覧。
  2. ^ Shiho-shoshi (Solicitor)”. 日本司法書士会連合会. 2016年8月2日閲覧。
  3. ^ 司法書士パンフレット 英語版 Shiho-shoshi(Solicitor)Profile (PDF)”. 日本司法書士会連合会. 2016年8月4日閲覧。
  4. ^ 司法書士の業務”. 法務省 (2011年6月). 2016年8月20日閲覧。
  5. ^ 不動産登記、会社・法人等商業登記、動産・債権譲渡登記、船舶登記など
  6. ^ 成年後見人・相続財産管理人・不在者財産管理人遺言執行者など
  7. ^ 司法書士 B175-01 (PDF)”. 厚生労働省職業安定局 (2011年6月). 2015年5月19日閲覧。
  8. ^ 司法書士の簡裁訴訟代理等関係業務の認定”. 法務省. 2015年5月19日閲覧。
  9. ^ 加藤真美、小田敬美「専門職型ADRの発展可能性―司法書士会ADRの現状調査とその分析を中心に― (PDF) 」 『地域創成研究年報』第11号、愛媛大学地域創成研究センター、2016年、 12-40頁。“全国438か所の簡易裁判所のうち、434箇所の簡易裁判所管轄区域内において司法書士事務所が設置されており約99.0%の簡裁区域をカバーしている。認定司法書士がいる簡易裁判所数は432となっており約98.6%のカバー率となっている(中略)司法書士は、登記事務を中核的業務の一つとしている。そのため、大都市や県庁所在都市中心部だけでなく登記所(法務局)のある中小都市にも広範に分布している”
  10. ^ 日本司法書士会連合会 (2012年3月19日). “「法曹の養成に関する制度のあり方」等について (PDF)”. 法曹の養成に関するフォーラム・ヒアリングレジュメ. 法務省. 2018年6月26日閲覧。
  11. ^ B 専門的・技術的職業”. 厚生労働省職業安定局 (2011年6月). 2015年5月18日閲覧。
  12. ^ 日本標準職業分類(平成21年12月統計基準設定)-分類項目名”. 総務省 (2009年12月21日). 2015年5月18日閲覧。
  13. ^ 日本標準産業分類(平成25年10月改定)(平成26年4月1日施行)-分類項目名”. 総務省 (2013年10月). 2015年5月18日閲覧。
  14. ^ 司法書士の歴史”. LEC東京リーガルマインド. 2018年6月26日閲覧。 “大日本帝国憲法の制定(明治22年)、民法典の制定(明治23年)より先んじて、明治19年8月13日、司法書士に関係の深い法律が制定されました。それは、法律第1号「登記法」(明治20年2月1日施行)です。明治政府にとって収税目的からも重要な法律であり、いち早く公布されました。これにより、不動産登記制度が創設され、現在の司法書士のメイン業務である登記業務に至ります。”
  15. ^ 司法職務定制にいう代書人から司法書士、行政書士が分離したのではなく、それぞれ別々に成立発展してきたものと考える方が説得的であるとされている。(月報司法書士533号76頁、司法書士の社会的役割と未来5頁)。
  16. ^ 司法書士法第4条第1号
  17. ^ 司法書士法第4条第2号
  18. ^ 司法書士法第5条
  19. ^ 司法書士法第8条第1項
  20. ^ 司法書士法第3条2項第1号
  21. ^ 司法書士法第三条第二項第一号の法人を定める省令
  22. ^ 法務大臣が簡裁訴訟代理等関係業務を行うのに必要な能力を有すると認定するために能力認定考査が実施され、そこで一程度の習得があると判断されれば認定される。(司法書士法施行規則第11条)
  23. ^ 司法書士法第3条2項第2号
  24. ^ 司法書士法第47条
  25. ^ 司法書士法第3条、第29条及び司法書士法施行規則第31条
  26. ^ 司法書士法第3条第1項第1号。なおこの業務には登記代理の他に登記原因の調査、本人確認も含まれる(平成13年5月10日東京地方裁判所判決、平成19年7月18日さいたま地方裁判所判決、注釈司法書士法p.37など)。
  27. ^ 司法書士法第3条第1項第2号
  28. ^ 司法書士法第3条第1項第3号
  29. ^ 司法書士法第3条第1項第4号
  30. ^ 司法書士法第3条第1項第5号
  31. ^ 法律上の明文規定はないが行政先例において「作成」業務に付随して当然に含まれるものとされている。昭和29年1月13日民事甲第2553号法務事務次官回答、昭和28年3月28日民事甲第491号民事局長電報回答
  32. ^ 司法書士法第73条
  33. ^ 昭和39年9月15日民事甲第3131号民事局長回答
  34. ^ 司法書士法第3条業務のみに使用が認められている職務上請求が平成29年7月5日法務省民事一課事務連絡により使用が可能となったことから同法業務として確認された。
  35. ^ 昭和39年9月15日民事甲第3131号民事局長回答。なお「権利義務に関する諸般の契約書類」が含まれるとする古い先例等(明治36年11月5日代書人組合規約、大正11年3月2日民事局長回答)があり、広く法律関係文書作成ができる根拠となっている。
  36. ^ 昭和36年10月14日民事甲第2600号民事局長回答
  37. ^ この附帯業務は法令等に基づきすべての司法書士が行うことができるものとして定められている。この「法令等」は形式的な意味の法律、行政機関によって制定される命令、最高裁判所規則、条例・規則その他地方公共団体の制定する法規、行政庁の訓令、慣習法、事実たる慣習、司法書士会の会則・会規・規則を広く含む趣旨で用いられている。また特段法令によって司法書士が行うことが禁止されていないものも含むものとされていることから、特定の業務を定めいない司法書士法施行規則第31条第1項第5号業務は自然人である司法書士が通常行っている業務全般を含むものとされている。(注釈司法書士法)
  38. ^ 司法書士法施行規則第31条第1項第1号
  39. ^ 司法書士法施行規則第31条第1項第2号
  40. ^ 司法書士法施行規則第31条第1項第3号
  41. ^ 司法書士法施行規則第31条第1項第4号
  42. ^ 司法書士法施行規則第31条第1項第5号
  43. ^ 司法書士法施行規則第31条第1項第1号、第2号
  44. ^ 司法書士法第3条第1項第6号から第8号
  45. ^ 裁判所法第33条第1項第1号
  46. ^ 司法書士法第3条第1項第6号から第8号及び司法書士法第29条第1項第2号
  47. ^ 不動産登記法第23条
  48. ^ 裁判例では「公知の事実」とされ、業務性を認め委任事務に関し損害賠償義務を認めている。昭和63年5月25日大阪地裁判決 判時1316号107頁。その他平成25年12月25横浜地裁判決など。
  49. ^ 注釈司法書士法(第三版)p37。裁判例では登記申請の前提となる実体関係の存否を調査確認する義務がある(昭和61年1月27日大阪地裁判決 判例タイムズ612号59頁、判例時報1208号96頁)とされ、また司法書士が登記申請手続を受任した場合、委任者でなければできない行為を除くその余の代替的事務の処理は特段の事情のない限り受任者である司法書士においてこれをなすことを要する(昭和62年1月30日京都地判判決 判例時報1246号122 頁)とされているため、例えば農地非農地の有無の調査や財産処分における宗教法人法に定めた手続きの履践の確認等は登記申請代理人として司法書士法上義務を負わされることになる。このためこれらの義務を履行するために必要な事実の確認、書類の作成、相談等は司法書士の業務となる。
  50. ^ 登記研究730号「実務の視点」、司法書士法施行規則28条。当事者の依頼により業務(委任状に登記原因証明情報の作成について授権を受けた旨の記載が必要である。)として登記原因証明情報を作成する場合には、登記原因証明情報の作成名義人である登記権利者及び登記義務者の押印を要する(ただし、登記権利者の押印は必ずしも必要ではない。)とともに、資格者代理人が登記原因を確認した事実として、(1)確認の日時・場所・同席者等、(2)確認した事実(登記権利者及び登記義務者双方の本人確認・売買契約書・代金の授受・領収書の交付等)、(3)その他後日のために有益な情報の記載(領収書の写し等)をし、最後に確認したことを奥書した上、司法書士法施行規則28条等の規定に基づく記名及び職印の押印をすることとしている。なお同書では「登記申請に関する一切の件」とする委任事項は、法務局に提出する書類の作成に関する委任も含むため、この委任事項でも可能としている。
  51. ^ 民事執行法第82条第2項
  52. ^ 裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律第6条第5号、司法書士法第3条第1項第7号、同第3条第2項
  53. ^ 平成29年9月13日法務省民制第70号法務省民事局長依頼文には相続人探索業務を司法書士に外部委託する場合に司法書士による職務上請求によって戸籍謄本等の調査ができる旨が記載されている国交省ガイドラインが援用されている。また平成29年7月20日日司連発第473号日司連会長回答において相続人調査業務ができることを前提に法務省民事局が職務上請求による戸籍取得の整理を行ったとある。
  54. ^ 仲裁法第17条、司法書士法第22条
  55. ^ 昭和36年10月14日民事甲第2600号民事局長回答
  56. ^ 昭和14年2月17日警察部長回答
  57. ^ 昭和39年9月15日民事甲第3131号民事局長回答、昭和39年7月7日自治省事務次官通知、昭和62年6月19日行政課長回答、平成16年6月18日内閣衆質159第158号内閣総理大臣答弁、平成20年12月8日規制改革会議への要望に対する法務省回答、平成21年1月20日規制改革会議への要望に対する法務省再回答、詳解行政書士法p.218、行政書士関係法令先例総覧文書番号34及び209
  58. ^ 司法書士法施行規則第31条第1項第5号、最高裁平成15年12月18日決定、最高裁判所判例解説(刑事編)平成15年、平成6年5月31日札幌高等裁判所判決、平成7年5月10日札幌高等裁判所判決。なお平成15年1月1日に廃止された「司法書士報酬額基準」には公正証書嘱託代理の項目があり、この報酬基準は法務大臣の認可を受けるものであったため法務省はその業務性を従前から認めていた。
  59. ^ 平成15年1月1日に廃止された「司法書士報酬額基準」には確定日付付与手続代理の項目があり、この報酬基準は法務大臣の認可を受けるものであったため法務省はその業務性を従前から認めていた。
  60. ^ 司法書士法施行規則第31条第1項第5号。近時の裁判例において証人を行った司法書士の業務性を前提とした判断がされている(大阪高裁平成19年3月16日判決や東京高裁平成22年7月15日判決など)ほか、平成16年4月12日付日本司法書士会連合会会長回答においても認められている。
  61. ^ 登録免許税法施行規則第4条
  62. ^ 昭和35年11月10日自治省行発第44号岩手県総務部長宛行政課長回答
  63. ^ 法務省と日本司法書士会連合会の協議により「裁判所に提出する書類の作成業務」に準じるものとして扱うことができる取扱いとなった。また同協議の結果により平成24年10月1日付日本司法支援センター本部から各地方事務所長、支部長宛文書により司法書士の原発ADR書類作成について震災書類作成援助の適用対象となる旨が決定されている。
  64. ^ 登記研究560号質疑応答、昭和63年7月1日民三第3456号民事局長通達第3の4
  65. ^ 名古屋地方裁判所民事第6部判決 平成17年12月21日 、平成17(ワ)255、『保険金請求事件』。
  66. ^ 税理士から依頼された相続税算定のための相続人調査・確定業務につき平成17年12月21日名古屋地方裁判所判決[65]
  67. ^ 総合法律支援法第30条第1項第2項ホ、日本司法支援センター業務方法書第17条に援助対象の業務として規定されている。
  68. ^ 平成26年6月12日大阪高等裁判所判決、平成28年7月30日東京地方裁判所判決。なおこれらは弁護士法に関する裁判例であるが、弁護士法72条の特別法である認定司法書士制度についても、その範囲内において業務を行うことが可能である
  69. ^ 昭和44年5月12日民事甲第1093号民事局長通達
  70. ^ 平成5年9月29日民三第6361号民事局長通達
  71. ^ 昭和44年5月12日民事甲第1093号民事局長通達、昭和39年9月15日民事甲第3131号民事局長回答、登研419号。 なお農地法関係事務処理要領(昭和45年12月1日農調第2785号)において現況証明の願出人は権利の登記等に際し必要な者と定義づけられており、司法書士が可能な地目変更登記だけではなく権利の登記に必要な場面で行うことができるとされている。
  72. ^ 司法書士法第73条、第78条
  73. ^ 第3条第1項第1号から第5号までに規定する「業務」の定義は反復継続する意思で第3条第1項第1号から第5号の事務を行なうことであり、反復継続する意志があれば、報酬を得る目的は必要ではないとされている。(注釈司法書士法、最高裁昭和39年12月11日第2小法廷判決、大審院昭和9年3月16日判決(司法代書人法時代))
  74. ^ 裁判例では従来よりこの見解をとっていた(平成7年11月29日東京高裁判決)が令和元年6月6日司法書士法及び土地家屋調査士法の一部を改正する法律(令和元年法律第29号)の成立(同月12日公布)により、司法書士法に明文で規定されるに至っている。
  75. ^ 昭和33年9月12日最高裁判決
  76. ^ 平成19年10月2日福岡高等裁判所宮崎支部判決、平成20年1月16日最高裁判所第二小法廷決定、注釈司法書士法p.473、登記研究214号73頁質疑応答(司法書士の業務について)
  77. ^ 昭和26年6月26日民事甲第1321号民事局長通達「司法書士法の一部を改正する法律等の施行に伴う取扱について」
  78. ^ 平成9年5月23日仙台高等裁判所判決では「登記業務が原則として司法書士に集中された理由に鑑みると、右のような通達(昭和25年7月6日民事甲第1867号民事局長通達。昭和35年7月29日民事甲第1899号民事局長通達)による取扱いは、あくまでも例外的かつ限定的なものと解される」としている。
  79. ^ 昭和25年7月6日民事甲第1867号民事局長通達。昭和35年7月29日民事甲第1899号民事局長通達においても昭和25年通達で示した登記申請行為を行い得る場合があるとしている。
  80. ^ 平成12年2月8日最高裁判所第三小法廷判決、平成19年10月2日福岡高等裁判所宮崎支部判決、平成20年1月16日最高裁判所第二小法廷決定
  81. ^ 旧運輸省回答、登記研究210号質疑応答、昭和25年9月9日民事甲第2449号民事局長通達、第10回国会運輸委員会運輸事務次官立法趣旨説明
  82. ^ 注釈司法書士法p.473では海事代理士法を司法書士法第73条「他の法律」に該当する法律ではないとしている。第10回国会運輸委員会運輸事務次官立法趣旨説明、論説 最近の法律の動き(その八)第十回国会通過の法務関係の法律から(鮫島眞男:衆議院法制局第三部長 収録登記研究41号)において「海事代理士法第17条第1項但し書きの「他の法令に別段の定がある場合」に司法書士法が該当するのは明らかであり、司法書士が海事代理士法施行により船舶登記ができなくなるのではないかとの懸念は全くなく、立案当局の運輸省も同様に考えている」との法改正の趣旨について説明がされている。
  83. ^ 弁護士法第72条
  84. ^ 司法書士法第73条、登記研究145号46頁質疑応答(非司法書士の書類の作成について)
  85. ^ 司法書士法第3条、注釈司法書士法。なお類似の制度である行政書士に関しても同様に説明されている(詳解行政書士法p.30)
  86. ^ 平成19年3月9日佐賀地裁判決(判例タイムズ1270号48頁。なお一審の平成18年3月6日佐賀簡易裁判所判決において平成12年2月8日最高裁判所第三小法廷判決を援用し同旨の判断を出している。)
  87. ^ 司法書士法第3条8項
  88. ^ “衆議院法務委員会” (PDF). 6. 第154回国会. (2002-04-05). http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/154/0004/15404050004006.pdf 
  89. ^ 注釈司法書士法p.136
  90. ^ 簡裁訴訟代理等能力認定考査”. 資格・採用情報. 法務省. 2015年7月6日閲覧。
  91. ^ 貸金業法第21条第1項第9号
  92. ^ 平成30年度における公証人法第13条ノ2に規定する公証人の公募について”. 資格・採用情報. 法務省. 2015年7月6日閲覧。
  93. ^ 執行官採用選考試験案内”. 採用案内. 裁判所. 2015年7月6日閲覧。
  94. ^ 平成25年度 予備自衛官補募集要項 (技能公募) (PDF)”. 防衛省. 2013年1月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月6日閲覧。
  95. ^ 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律第15条
  96. ^ 検察審査会法第6条
  97. ^ 弁理士法第11条第6号
  98. ^ 弁理士法施行規則第6条第10号
  99. ^ 社会保険労務士試験の受験資格”. 社会保険労務士試験オフィシャルサイト. 全国社会保険労務士会連合会. 2016年1月6日閲覧。
  100. ^ 厚生労働大臣が認めた国家試験 (受験資格コード06関係) (PDF)”. 社会保険労務士試験オフィシャルサイト. 全国社会保険労務士会連合会. 2017年1月16日閲覧。
  101. ^ 国会議員の政策担当秘書資格試験等実施規程第19条



司法書士

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 10:09 UTC 版)

名詞

司法 書士 (しほうしょし)

  1. 他人嘱託登記供託訴訟などの手続きのために裁判所検察庁法務局提出する書類作成を行う職業の人。



司法書士と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「司法書士」の関連用語

司法書士のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



司法書士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
総務省総務省
Copyright(c)2020 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2020 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの司法書士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの司法書士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS