仲裁とは? わかりやすく解説

ちゅう‐さい【仲裁】


仲裁(ちゅうさい)


仲裁

「仲裁」とは、特許権侵害における裁判外の紛争解決手段1つ紛争当事者以外の第3者仲裁人としてたて、紛争解決判断下してもらう方法のことを指す。
「仲裁」は、調停異なり仲裁人判断には強制力が伴う。通常紛争解決プロセスとして「調停」をまず行い不調に終わった場合、仲裁に移行するケースが多い。仲裁は紛争当事者仲裁者間だけの非公開で行える点がメリットである。なお、仲裁人に対して不服申し立てることはできない

仲裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/20 18:30 UTC 版)

仲裁(ちゅうさい)とは、当事者の合意に基づき、第三者(仲裁人)の判断(仲裁判断)による紛争解決を行う手続をいう。裁判外紛争解決手続ADR)の一種である。


注釈

  1. ^ 仲裁に関する労働委員会の運営に関しては、労働組合法第28条、第29条、同法施行令第41条等の規定の適用ある外労働委員会の一般運営規程による。申請が当事者の一方よりなされた時は、他の一方に対してもその旨通知される(昭和21年10月14日厚生省発労44号)。
  2. ^ 労働委員会の権限は、その労働争議が一の都道府県の区域内のみに係るものであるときは当該都道府県労働委員会が、その労働争議が2以上の都道府県にわたるものであるとき、中央労働委員会が全国的に重要な問題に係るものであると認めたものであるとき、または緊急調整の決定に係るものであるときは、中央労働委員会が行う(労働関係調整法施行令第2条の2)。
  3. ^ 労働関係調整法に基づく調停の申請または請求がなされた場合ならびに仲裁の申請がなされた場合は、原則として申請した者の意向を尊重すべきものであるが、労働委員会が事件の内容その他の情勢を考えて特に必要だと思うときは、申請内容にかかわりなく別の方法によって事件の解決に努めても差し支えない(昭和22年5月15日労発263号)。
  4. ^ アドホック仲裁であっても物理的な会場を専門仲裁機関から借りて行われることもありうるが、この場合は手続ルールとの関係では仲裁機関を利用していないため、機関仲裁とは扱われない。

出典

  1. ^ a b 喜多村勝徳 2019, p. 123.
  2. ^ 仲裁合意 (pdf)”. 国土交通省. 2021年10月19日閲覧。
  3. ^ 建設工事紛争審査会での紛争処理手続 ~あっせん・調停・仲裁~”. 国土交通省. 2021年10月19日閲覧。
  4. ^ 東京都建設工事紛争審査会事務局(東京都都市整備局市街地建築部調整課) (2021年4月). “東京都建設工事紛争審査会 - 工事紛争処理手続の手引 - (pdf)”. p. 9. 2021年10月19日閲覧。
  5. ^ 浜辺陽一郎 2018, p. 73.
  6. ^ a b 栗田哲郎「アジアにおける外国仲裁判断の承認・執行に関する調査研究」
  7. ^ 第1回 国際仲裁とは | JIIART”. www.jiiart.com. 2020年11月19日閲覧。


「仲裁」の続きの解説一覧

仲裁(ジルガ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 05:01 UTC 版)

パシュトゥーンワーリー」の記事における「仲裁(ジルガ)」の解説

宗教指導者名士調停人らが参加する調停会。部族間の紛争の仲裁や、中央政府意向地元民要望折衷など。 アフガニスタンにおいてはロヤ・ジルガ有名でパキスタンでは非公式な裁判所として機能している。

※この「仲裁(ジルガ)」の解説は、「パシュトゥーンワーリー」の解説の一部です。
「仲裁(ジルガ)」を含む「パシュトゥーンワーリー」の記事については、「パシュトゥーンワーリー」の概要を参照ください。


仲裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:04 UTC 版)

環太平洋パートナーシップ協定」の記事における「仲裁」の解説

企業TPP加盟国が、協定国での投資に関して論争起きた場合は、まず両者協議などで解決を図る。9.18条 協議開始から6か月経過して論争決着見ない場合には、企業側国家側が9条1項から9条17項の義務果たしていないことや、投資に関する協定則っていないなどの主張を行うことができる。企業側国家側のTPP義務不履行によって損失被ったとする主張も行うことができ、申し立て行って仲裁に持ち込むことができる。仲裁の方法はthe ICSID Convention and the ICSID Rules of Procedure for Arbitration Proceedings、the ICSID Additional Facility Rules、the UNCITRAL Arbitration Rulesなどから選ぶことができる。9.19条から抜粋

※この「仲裁」の解説は、「環太平洋パートナーシップ協定」の解説の一部です。
「仲裁」を含む「環太平洋パートナーシップ協定」の記事については、「環太平洋パートナーシップ協定」の概要を参照ください。


仲裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 06:19 UTC 版)

オプトアウト」の記事における「仲裁」の解説

仲裁条項を持つ契約契約受け入れるまでの決まった日数経過するまではどちらでも仲裁事項拒否することができるという契約がある。

※この「仲裁」の解説は、「オプトアウト」の解説の一部です。
「仲裁」を含む「オプトアウト」の記事については、「オプトアウト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「仲裁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

仲裁

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 13:34 UTC 版)

名詞

ちゅうさい

  1. 争い仲立ちをすること。

動詞

活用

サ行変格活用
仲裁-する

「仲裁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



仲裁と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仲裁」の関連用語

仲裁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



仲裁のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2023 Houterasu All rights reserved.
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仲裁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパシュトゥーンワーリー (改訂履歴)、環太平洋パートナーシップ協定 (改訂履歴)、オプトアウト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの仲裁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS