喧嘩とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 喧嘩 > 喧嘩の意味・解説 

けん‐か〔‐クワ〕【××嘩/××譁】

読み方:けんか

【二】原義

【一】[名](スル) 言い合った殴り合ったりしてあそうこといさかい。「—をふっかける」「—するなら外でしろ」「口—」

【二】[名・形動騒がしいこと。また、そのさま。

旅客人民共に群がり其—なること製鉄場にあるが如く」〈井上勤訳・月世界旅行


喧嘩

作者中島敦

収載図書中島敦全集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1993.1
シリーズ名ちくま文庫


喧嘩

作者竹本恭子

収載図書ラブストーリーズ
出版社日本図刊行
刊行年月1993.8


喧嘩

作者アーサー・スコット・ベイリー

収載図書かわうそ太郎
出版社審美
刊行年月2001.7


喧嘩

読み方:ケンカkenka

作者 川端康成

初出 昭和7年

ジャンル 小説


喧嘩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 14:18 UTC 版)

喧嘩(けんか、英語 quarrel, dispute)とは、個人と個人による争いの中でも、裁判に持ち込まれないもののこと[1]


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 平凡社『世界大百科事典』vol.9 p.37「喧嘩」竹内常一 執筆
  2. ^ 三省堂「EXCEED 和英辞典」
  3. ^ サッカーの祖先、イタリア伝統の喧嘩フットボール”. ナショナルジオグラフィック. 2020年1月4日閲覧。
  4. ^ a b 無名のけんか大会から一大ブランドへ、UFCの15年”. AFP. 2020年1月4日閲覧。
  5. ^ a b 氏家幹人『江戸の怪奇譚』 講談社 2005年、ISBN 4062692600 pp.56-60.
  6. ^ a b c d e f 株式会社結婚情報センター(Nozze)「夫婦喧嘩と仲直りに関するアンケート調査報告」


「喧嘩」の続きの解説一覧

喧嘩(鉢合わせ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 20:41 UTC 版)

新居浜太鼓祭り」の記事における「喧嘩(鉢合わせ)」の解説

金糸銀糸絢爛豪華な太鼓台華やかさ隣り合わせで太鼓台同士ぶつけ合う危険な喧嘩(鉢合わせ)が絶えない現状がある。鉢合わせ要因は、突発的に発生するものもあれば、盛り上げ目的とした馴れ合い談合のようなもの、従前よりの因縁対決など様々であるあわせて一部のかき夫が暴徒化警察官との衝突や、太鼓台および自治会施設破壊行為に至るケース少なくない。しかし、これはいずれ非合法の行為であり、愛媛県警察毎年機動隊投入し厳戒態勢のもと警戒にあたる。最も厳し処罰課せられた場合は、その場で太鼓台解体させられ翌年以降の出場停止処分になるため、毎年安全に対して主催者サイドは一番神経を遣う鉢合わせは、古く漁師漁場奪い合いなどに端を発し鉢合わせへと至った事例多く見られた。昭和40年代入り毎年多くの死傷者が出ることに懸念募らせ新居浜市及び警察等により「平和運行」をスローガンにかかげ、このような喧嘩行為排除運動を始めた。しかし、平成に入ると問題はさらに深刻化し1993年には川西地区東町太鼓台西町太鼓台鉢合わせ行為行い東町自治会館破壊される事態至った1997年には、新居浜市施行60周年イベント会場で、久保田太鼓台江口太鼓台鉢合わせ行為行い江口太鼓台破壊され多数重軽傷者出した。また同年川東地区では、松神子太鼓台警察車両制止振り切る形で運行ルート逸脱し宇高太鼓台激しくぶつかり合い観光客将棋倒しとなり死亡者発生するなど大荒れとなったこの年事件は、TBSニュースの森がこの模様トップニュースとして報じるなど、主要報機関でも大きく取り上げられたが、この問題の解決の方向はいまだはっきりとておらずその後鉢合わせ行為毎年のように行われ多くのけが人逮捕者出し続けている。 しかし、こういった喧嘩(鉢合わせ)には賛否両論が存在する鉢合わせ楽しみに見物に来る観光客多く存在し鉢合わせ煽る見物態度などが市民アンケートなどで指摘されている。よって、鉢合わせ行為危険ではあるが、祭りを楽しむという切り口においては無益と言い切れない面があるまた、他の都市では神輿などの鉢合わせ伝統行事として行っている所があり、太鼓台鉢合わせを喧嘩と呼ぶことに難色を示す声もある。ただ多くの映像には双方お互い煽り結果集団で殴り合い発展している様相見られる

※この「喧嘩(鉢合わせ)」の解説は、「新居浜太鼓祭り」の解説の一部です。
「喧嘩(鉢合わせ)」を含む「新居浜太鼓祭り」の記事については、「新居浜太鼓祭り」の概要を参照ください。


喧嘩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/13 19:07 UTC 版)

ニホンちゃん」の記事における「喧嘩」の解説

主に戦争の事。昔、町内起きた大喧嘩といえば第二次世界大戦ということらしい。

※この「喧嘩」の解説は、「ニホンちゃん」の解説の一部です。
「喧嘩」を含む「ニホンちゃん」の記事については、「ニホンちゃん」の概要を参照ください。


喧嘩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 15:59 UTC 版)

喧嘩番長」の記事における「喧嘩」の解説

タイトルが示すとおり、本作では「喧嘩」が重要でありゲームの進行不可欠なものとなっている。プレイヤーゲームの舞台となる「極東沿線全域電車使って最初から自由に移動できるが、各地域街中高校には不良生徒ツッパリ)が数多くたむろしており、「制圧」が完了していない(番長倒していない)地域に行くと、主人公敵視する不良から次々に喧嘩を売られることになる。 街中不良と喧嘩をする際は、まず「メンチを切る」(相手目をにらみつけ喧嘩を売るという意思表示をすること)という動作を行う。目から「メンチビーム」と呼ばれる光線放ち、これが相手の「メンチビーム」とぶつかり合うと、「タンカを切る」という行動に移る。ここでは正し台詞間違った台詞とともに画面内に表示され制限時間内ボタン操作して正し台詞を選ぶと相手威圧して先制攻撃成功する間違った台詞選んだり制限時間内入力できなかったりすると相手悪口言われ先制攻撃を受けることになる。喧嘩の前にこの行動をせず攻撃したり、相手放つ「メンチビーム」を無視したりすると後述する「男気」が下がるが、同じ地域複数回喧嘩をすると、以降に出会う不良は「メンチを切ることなく問答無用襲い掛かってくる。こうした相手には「メンチビーム」を放つことなく攻撃してペナルティはない。「タンカ」には表示される正解以外に正解設定されており、こちらを入力する先制攻撃威力上がる上に同時にアイテム落とす。裏正解は「いい国造ろう鎌倉幕府」「家に帰るまでが遠足です」「嘘ついたらハリセンボンのますぞ」など、意味は通っているが喧嘩の前にそぐわないような内容がほとんどである。また、不正解の場でも、内容によっては敵が台詞内容即した物言いしながら先制攻撃してくる。 喧嘩は自宅メニューの「技装備」で装備した技をボタンひとつ、または複数組み合わせ繰り出すことができる。素手以外にも街中落ちていたり売られていたりする武器を使うことができるが、これも「男気」を下げ行動となる。また、「メンチビーム」や、それと同じボタン軽く押すことによって発することができる「怒声」により、向かってくる相手ひるませるともできる。 喧嘩を続けると「喧嘩慣れ度」(他のゲームでいう「経験値」に相当する)が上昇してゆく。この数値一定段階達すると「番長度」が上がり能力値上昇し新しい技を身につけることができる。 一度倒した不良は、その後基本的に喧嘩を売ってこなくなる。こうした相手に「メンチビーム」を当てたり「怒声」を浴びせる腰を抜かして逃げてゆく場合があり、この方法でも「喧嘩慣れ度」を上げることができる。ストーリー進め高校番長を倒すとその地域は「制圧完了」となり、倒していない不良喧嘩を売ってこなくなる。「制圧後の地域では「メンチビーム」で倒しても「喧嘩慣れ度」は上昇しない。PSP版ではマップ切り替える倒した不良も再び喧嘩を売ってくる。そのため、番長度は上げやすくなっているが、事前に一掃しておくということ不可となったボスキャラクター番長副番など)は特定の場所に行くと、デモムービー流れた直後に喧嘩となるため、「メンチ」「タンカ」等は必要としない。喧嘩は基本的に主人公1対1不良用語でいう「タイマン」)で行われるが、相手によっては複数での乱戦になることもある。特定の相手は倒すか、条件を満たす主人公の「舎弟」となり、自宅電話呼び出して連れ歩くことができ、喧嘩にも参加する

※この「喧嘩」の解説は、「喧嘩番長」の解説の一部です。
「喧嘩」を含む「喧嘩番長」の記事については、「喧嘩番長」の概要を参照ください。


喧嘩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 01:29 UTC 版)

火消」の記事における「喧嘩」の解説

火消人足による喧嘩は、火事場での喧嘩と、火事とは無関係な喧嘩とに大別できる。前者火消人足同士による消火活動時の功名争い主な原因であり、消口争いけしくちあらそい)と呼ばれた後者火消人足気性荒さ地元で縄張り意識などが原因であり、喧嘩相手も同じ火消人足とは限らない町火消同士での喧嘩では、死者出たり仲直りのため多大な費用をかけた手打が行われたりと、大きな騒ぎになることも度々であった文政元年1818年)の「ち組」と「を組」の手打式では、両国座敷借り上げ江戸中の組合から1000人を越え人々集まり決められた作法口上によって朝から夕方まで盛大に行なわれている。

※この「喧嘩」の解説は、「火消」の解説の一部です。
「喧嘩」を含む「火消」の記事については、「火消」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「喧嘩」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

喧嘩

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 11:20 UTC 版)

名詞

喧嘩(けんか)

  1. 原義古語大声で騒ぐ。
  2. 個人間又は少人数の間で相手屈服させようと、言い争う乃至殴りあうなどして争うこと。
  3. 比喩的険悪な状態にあること
  4. 比喩多く複合語で)秩序だたず勢いだけ攻め立てる

連語

成句

翻訳

あらそい


「喧嘩」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



喧嘩と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

喧嘩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



喧嘩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの喧嘩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの新居浜太鼓祭り (改訂履歴)、ニホンちゃん (改訂履歴)、喧嘩番長 (改訂履歴)、火消 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの喧嘩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS