映像とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 映像 > 映像の意味・解説 

えい‐ぞう〔‐ザウ〕【映像】

読み方:えいぞう

光線屈折または反射によって作られた像。

映画やテレビ画面映し出され画像

心の中一つまとまった姿として描き出された像。心象イメージ

[補説] 曲名別項。→映像

「映像」に似た言葉

えいぞう〔エイザウ〕【映像】


ドビュッシー:映像

英語表記/番号出版情報
ドビュッシー:映像Images作曲年1894年  出版年1977年  初版出版地/出版社Theodore Presser Company 

作品概要

楽章・曲名 演奏時間 譜例
1 レント憂うつに、そしてやさしく)  "Lent(melanolique et doux)"4分00 No Image
2 ルーヴル思い出  "Souvenir du Louvre"6分00 No Image
3 「いやな天気だから、もうには行かない」の諸相 "Quelques aspects de 'Nous n'irons plus au bois'"4分00 No Image

タイユフェール:映像

英語表記/番号出版情報
タイユフェール:映像Image作曲年1918年  出版年1921年  初版出版地/出版社Chester 

映像

作者内田百閒

収載図書旅順入城式
出版社福武書店
刊行年月1994.3
シリーズ名福武文庫


映像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/04 04:33 UTC 版)

映像(えいぞう)(: footage)という用語は、テレビの普及以後、広く使われるようになった用語・概念であり[1]、たとえば写真、テレビ、映画を中心に、ビデオコンピュータ・グラフィクスホログラフィーなど、化学電子光学技術による再現または創作されたを広くさしている[1]


  1. ^ a b c d e f g h ニッポニカ【映像】ニッポニカコトバンク
  2. ^ 精選版 日本国語大辞典デジタル大辞泉、普及版 字通. “影像”. コトバンク. 2023年11月28日閲覧。


「映像」の続きの解説一覧

映像(テレビ・WEB放送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/28 05:58 UTC 版)

成田沙耶加」の記事における「映像(テレビWEB放送)」の解説

2012年8月20日 FOODIES TVカフェ日和」。 ニコニコ生放送甲子園2014.2015~みんなで一緒に野球を観よう~」アシスタントMC出演 ニコニコ生放送野良犬の穴」 ニコニコ生放送女子アナ一緒❤︎」 ニコニコ生放送怒涛10時iPhoneヲタのしみ会」 高校野球全力応援TV ガチファン千葉テレビ放送2016年7月) - チバテレ本社MC スター☆ゴルフマッチ(テレビ埼玉

※この「映像(テレビ・WEB放送)」の解説は、「成田沙耶加」の解説の一部です。
「映像(テレビ・WEB放送)」を含む「成田沙耶加」の記事については、「成田沙耶加」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「映像」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

映像

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 23:37 UTC 版)

名詞

えいぞう

  1. 実際の像を光学的、電気的に再現した物。
  2. 脳裏に浮かぶ物の様子
  3. 物理学において、光の屈折反射により現れ物の

関連語


「映像」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



映像と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「映像」の関連用語

映像のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



映像のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2024 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの映像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの成田沙耶加 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの映像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS