ホログラフィーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 方法 > ホログラフィーの意味・解説 

ホログラフィー【holography】

物体に光を当てたその反射光に、同じ光源の光を別の角度から干渉させてできる干渉縞感光材料記録し、これにさらに別の光を当て物体立体像再生する光学技術干渉縞記録したものホログラム呼ばれる。主にレーザー光が用いられるが、光のほかにも干渉に向くコヒーレント波動であれば電子線音波なども利用できる。→デジタルホログラフィー


ホログラフィー

英語 holography

立体写真のこと。レーザー光線干渉現象利用して3次元虚像を結ばせるレーザーホログラフィーをいう。デザイン評価モデルとしての活用謝験段階にある。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ホログラフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/30 23:31 UTC 版)

ホログラフィー: holography, ギリシア語ὅλος (全体の) + γραφή (記録) から)は、3次元を記録した写真であるホログラム (hologram) の製造技術のことである。ホログラフィーは情報の記録にも利用することができる。




  1. ^ Gabor, Dennis. "A new microscopic principle." Nature 161.4098 (1948): 777-778.
  2. ^ 齋藤彰、「モルフォ蝶「構造色」の謎に学んだ原理・制御・応用」 『精密工学会誌』 2015年 81巻 5号 p.410-414, doi:10.2493/jjspe.81.410
  3. ^ 石津浩二、「リビングラジカル重合法によるハイパーブランチポリマー群の設計とナノ機能材料への展開」 『日本ゴム協会誌』 2008年 81巻 3号 p.105-111, doi:10.2324/gomu.81.105
  4. ^ 平井司寸、「ホログラムの自作」 『物理教育』 1982年 30巻 1号 p.4-6, doi:10.20653/pesj.30.1_4
  5. ^ 宮沢まゆみ, 舛谷敬一, 吉川晃、「パソコンによるホログラムの製作」 『物理教育』 1989年 37巻 4号 p.278-280, doi:10.20653/pesj.37.4_278
  6. ^ 宮沢まゆみ, 舛谷敬一, 吉川晃、「OHP シートを使ったホログラムの製作」 『物理教育』 1990年 38巻 2号 p.101-, doi:10.20653/pesj.38.2_101
  7. ^ 簡易的にOHP用のフィルムを使用する例もある。
  8. ^ 加藤誠, 鈴木達朗、「インコヒーレント・ホログラフィー」 『応用物理』 1967年 36巻 11号 p.903-907, doi:10.11470/oubutsu1932.36.903
  9. ^ 村田和美、「インコヒーレント・ホログラフィ」 『応用物理』 1969年 38巻 3号 p.269-271, doi:10.11470/oubutsu1932.38.269
  10. ^ 外村彰、「電子線ホログラフィーによる磁区観察」 『応用物理』 1983年 52巻 4号 p.290-297, doi:10.11470/oubutsu1932.52.290
  11. ^ 上羽貞行、「音響ホログラフィ」 『日本音響学会誌』 1982年 38巻 3号 p.166-169, doi:10.20697/jasj.38.3_166
  12. ^ 永井啓之亮. "超音波ホログラフィ." 日 刊工業新聞社 (1989).
  13. ^ 吉川茂、「振動と音の可視化技術としての近距離場音響ホログラフィ (<小特集>可視化技術 : 音を見る・音で見る)」 『日本音響学会誌』 1996年 52巻 12号 p.997-1004, doi:10.20697/jasj.52.12_997
  14. ^ 松尾優, 山根. "レーダホログラフィ." 電子通信学会 (1980).
  15. ^ 鈴木新一, 森田康之, 坂上賢一、「高速度ホログラフィー顕微鏡法とモアレ干渉法による分岐き裂の開口変位測定(<小特集>実験計測技術の新展開)」 『日本機械学会論文集 A編』 2001年 67巻 655号 p.432-43, doi:10.1299/kikaia.67.432
  16. ^ 原田研、電子線ホログラフィー顕微鏡法の開発 (1991).
  17. ^ 木村吉秀、新しい電子顕微鏡開発に関する工学的研究. (1995).
  18. ^ 中島俊典、「ホログラフィによる振動解析」 『応用物理』 1972年 41巻 6号 p.560-573
  19. ^ 斎藤弘義、「ホログラフィと応用力学」 『応用物理』 1970年 39巻 3号 p.241-248, doi:10.11470/oubutsu1932.39.241
  20. ^ 一岡芳樹、「光計算機の可能性」 『計測と制御』 1983年 22巻 10号 p.851-858, doi:10.11499/sicejl1962.22.851
  21. ^ 石川正俊、「光コンピュータと並列学習情報処理」 『計測と制御』 1988年 27巻 12号 p.1115-1122, doi:10.11499/sicejl1962.27.1115
  22. ^ 矢嶋弘義、「光電子コンピュータの可能性」 『レーザー研究』 1990年 18巻 Supplement号 p.214-217, doi:10.2184/lsj.18.Supplement_214
  23. ^ 世古淳也、「レーザによる情報処理: 光コンピュータをめざして」『情報処理』 1981年 22巻 11号, 情報処理学会
  24. ^ 清水直樹, 石井紀彦, 木下延博 ほか、「ホログラフィックメモリの現状と今後の展望」 『レーザー研究』 2010年 38巻 5号 p.343-348, doi:10.2184/lsj.38.343
  25. ^ 島田潤一, 加藤雅雄、「光ディスクメモリーの動向」 『計測と制御』 1985年 24巻 6号 p.533-538
  26. ^ プレスリリース(英語)
  27. ^ プレスリリース(日本語)
  28. ^ 立体表示デバイス特集号に寄せて|NHK技研R&D” (日本語). NHK放送技術研究所. 2020年8月21日閲覧。
  29. ^ NHK、電子ホログラフィー用立体表示デバイスを開発――メガネなしで自然な立体映像表示へ前進” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年8月22日閲覧。
  30. ^ 立体テレビ研究の概要|NHK技研R&D” (日本語). NHK放送技術研究所. 2020年8月22日閲覧。
  31. ^ アクティブマトリクス駆動スピン注入型空間光変調器|NHK技研R&D” (日本語). NHK放送技術研究所. 2020年8月22日閲覧。
  32. ^ [1]
  33. ^ [2]
  34. ^ 村田和美、「光学的開口合成法」『応用物理』 1971年 40巻 7号 p.763-770, doi:10.11470/oubutsu1932.40.763,
    UDC標数訂正 『応用物理』 1971年 40巻 1号 p.e4k, doi:10.11470/oubutsu1932.40.1_e4k
  35. ^ 藤澤克也 "プラスチック材料の微細加工技術と光デバイスへの応用に関する研究." (2008).
  36. ^ 誤解だらけの「ホログラム」 それっぽい映像表現との違いは? (1/2)” (日本語). ITmedia PC USER. 2020年8月21日閲覧。
  37. ^ NHKスペシャル AIでよみがえる美空ひばり "新曲 あれから" (2019.10).
  38. ^ 横浜の3DCGホログラフィック劇場「DMM VR THEATER」が閉館--2020年4月末をもって” (日本語). CNET Japan (2019年8月9日). 2020年8月21日閲覧。
  39. ^ 立体テレビ研究の概要|NHK技研R&D” (日本語). NHK放送技術研究所. 2020年8月21日閲覧。
  40. ^ ホログラム開発スタートアップ のHolotch株式会社が約2,500万円の資金調達を実施。”. PR TIMES. 2020年8月21日閲覧。


「ホログラフィー」の続きの解説一覧



ホログラフィーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホログラフィー」の関連用語

ホログラフィーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホログラフィーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2021 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホログラフィー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS