カラー写真とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > カラー写真の意味・解説 

写真

(カラー写真 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/26 04:54 UTC 版)

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、




注釈

  1. ^ ピンホールのように絞ってしまうと、像の絶対的な暗さのために、回折現象による像のボケ(いわゆる小絞りボケ)によって結局ピンボケ的な像になってしまうため、この目的のための適切な絞りは各種の諸元に基づいた、ある程度の値となる。目安の一つは、多くの製品ではそれに組み込まれている絞りの最小設定値である(顕微鏡など、絞らない状態で最適になるよう設計される機器もある)。一般的には、フォーカスを適切に設定した上で、ピントを合わせたい範囲の最近接距離と無限遠における錯乱円が、意図する許容範囲に入る所まで絞り込む。
  2. ^ ジョージ・ガーシュウィンの従兄弟で、レオポルド・ゴドフスキーの息子である。
  3. ^ 感光樹脂は貯蔵中に劣化が避けられない。
  4. ^ 元々35mmフィルムは映画用フィルムであり、このフォーマットは映画フィルムの1フレームサイズであるため「シネマ版=シネ版」であったが35mmフィルムを写真用として定着させたライカ版を「35mmフルサイズ」とする考え方から写真用途においては「ハーフサイズ」として定着している。

出典

  1. ^ 引用:増井金典『日本語源広辞典』ミネルヴァ書房
  2. ^ 「星男ルポ 冷却カメラひとすじ古田俊正さん」、『天文ガイド別冊 天体写真NOW』第1号、誠文堂新光社、1977年、 54頁。
  3. ^ Benjamin S. Beck (2011年12月14日). “First colour photo” (英語). 2012年1月8日閲覧。
  4. ^ 日本写真学会, 編纂.「写真工学の基礎〈非銀塩写真編〉」、コロナ社、1982年12月、 ASIN B000J7IV3CISBN 9784339065640
  5. ^ 電気化学と写真化学の間
  6. ^ 「有機系非銀塩感光材料」、学会出版センター、1992年1月、 ISBN 9784762257117
  7. ^ 高分子学会, 編纂.「光機能材料」、共立出版、1991年6月、 ISBN 9784320042810
  8. ^ 笹井明、「非銀塩写真の動向」 『テレビジョン』 1965年 19巻 11号 p.795-799, doi:10.3169/itej1954.19.795
  9. ^ a b アサヒカメラ』、朝日新聞社、2006年6月。
  10. ^ 300年データを保つゴールドディスク-ITmedia News
  11. ^ 金の反射膜で寿命2倍 長期保存用DVD-R、三菱化学メディアが発売-ITmedia News
  12. ^ 『ファインプリントテクニック:高品質モノクロプリントのすべて』 写真工業出版社〈Photo expert〉、1992年。全国書誌番号:93030321ISBN 4-87956-029-4OCLC 675466171




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カラー写真」の関連用語

カラー写真のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カラー写真のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの写真 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS