C-41現像とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > C-41現像の意味・解説 

C-41現像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/14 17:22 UTC 版)

C-41現像(シーよんじゅういちげんぞう)は、カラー写真 (Color photographyにおけるネガフィルム現像する方法である[1]コダックが採用した方法で、その後、現像における世界標準となった[1]C-41プロセス(英語: C-41 process)、C-41処方(シーよんじゅういちしょほう)とも呼ぶ[1]。C-41現像は、富士フイルムの「CN-16現像」、小西六写真工業(現在のコニカミノルタ)の「CNK-4現像」、アグファ(現在のアグフア・ゲバルト)の「AP-70現像」同様に知られており、たいていの写真仕上げ業務を行う店(日本でいうDPE店等)では、この現像を扱っている。




  1. ^ a b c デジタル大辞泉『C-41現像』 - コトバンク、2011年11月30日閲覧。
  2. ^ a b c Manual Z-131, コダック、p."3-1".
  3. ^ a b c d 『ナニワカラーキットN 使用説明書』、エヌ・エヌ・シー、p.2-3.


「C-41現像」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「C-41現像」の関連用語

C-41現像のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



C-41現像のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのC-41現像 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS