ダゲレオタイプとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > ダゲレオタイプの意味・解説 

ダゲレオタイプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/03 23:02 UTC 版)

ダゲレオタイプ: daguerréotype)とは、ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールにより発明され、1839年8月19日フランス学士院で発表された世界初の実用的写真撮影法であり、湿板写真技法が確立するまでの間、最も普及した写真技法。メッキをした板などを感光材料として使うため、日本語では銀板写真とも呼ばれる。転じて、その技法を採用した世界最初の写真用カメラ「ジルー・ダゲレオタイプ」もダゲレオタイプと呼ばれる。




  1. ^ 「素の表情 後世と対話」『日本経済新聞』朝刊2018年2月18日(NIKKEI The STYLE)


「ダゲレオタイプ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダゲレオタイプ」の関連用語

ダゲレオタイプのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ダゲレオタイプのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダゲレオタイプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS