ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 作曲家 > オペラ作曲家 > ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの意味・解説 

モーツァルト(ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト)

ザルツブルク出身のヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)は、ハイドンベートーヴェンとともに古典派時代を代表する作曲家である。5才で作曲始め交響曲オペラピアノ協奏曲室内楽曲ピアノソナタなど、様々な分野わたって数多く作品 を残した。鎮魂曲レクイエム)を未完成のまま、35才でこの世を去った。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 15:00 UTC 版)

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト[1]ドイツ語Wolfgang Amadeus Mozart、洗礼名:ヨハンネス・クリュソストムス・ウォルフガングス・テオフィルス・モザルト [Johannes Chrysostomus Wolfgangus Theophilus Mozart]、1756年1月27日 - 1791年12月5日)はオーストリアの音楽家[2]ハイドンベートーヴェンと並んで古典派音楽ウィーン古典派を代表する一人である。


  1. ^ モーツァルト」は舞台ドイツ語による発音であり、現在ドイツ語では「モーツァート」がより近く発音される。
  2. ^ 別記のように、国籍については議論が絶えないが、生地の現在版図と主要活躍地を併せ、現時点で「オーストリアの」と記す。広辞苑、大辞林、大辞泉のいずれもこの記載となっている。
  3. ^ ピーター・ゲイ『モーツァルト』4頁
  4. ^ 新発見のモーツァルトのピアノ曲演奏、オーストリア生家で
  5. ^ 『エッカーマンとの対話』岩波書店。またピーター・ゲイ『モーツァルト』3頁
  6. ^ このことを詳細に語る父の手紙が残されている。
  7. ^ ピーター・ゲイ『モーツァルト』23頁
  8. ^ ピーター・ゲイ『モーツァルト』25頁
  9. ^ メイナード・ソロモン前掲書第10章。ピーター・ゲイ『モーツァルト』37 - 38頁
  10. ^ ピーター・ゲイ『モーツァルト』42頁
  11. ^ ピーター・ゲイ『モーツァルト』40頁
  12. ^ 父・レオポルトは唖然としてモーツァルトに「家族がお前に期待しているのは有名になり、お金を稼ぐことだ。」といった。同書。
  13. ^ ピーター・ゲイ『モーツァルト』42頁
  14. ^ 父への手紙で「通りは言葉にできないほどの糞だらけで」通行不能だったと記している。ピーター・ゲイ『モーツァルト』43頁。ただし当時の西欧では、このような状態はよくある光景であった。コルバン『においの歴史』藤原書店参照。
  15. ^ ピーター・ゲイ『モーツァルト』3頁
  16. ^ 元来は頭部と首および肩の部分を描いた完成作だったが、後に新たなカンバスを貼って加筆した部分が未完となった。New Mozart Portrait - Stiftung Mozarteum Salzburg
  17. ^ MOSTLY CLASSIC 2012年2月号 P.132
  18. ^ レオポルト・ホフマンの項目に記事がある。
  19. ^ 当時は医学が発達した時代ではなかった。
  20. ^ フランツは弟子のジュースマイヤーの名であり、このためフランツ・クサーヴァーはモーツァルトの実子ではなく、妻・コンスタンツェとジュースマイヤーとの婚外子という説がある。
  21. ^ ピーター・J・デイヴィーズは、モーツァルトは以前にかかった伝染病の影響で慢性的な腎臓病を患っており11月に再び伝染病にかかったため、症状が急激に悪化して死に至ったとしている。ランドンの前掲書、268頁を参照。
  22. ^ 旅行先で病に伏すことが少なくなかったことが手紙や記録に残されている。これは当時の医療技術が未熟であったがために幼児の死亡率が高かったことと、道路舗装が不完全であったがために馬車の振動が健康を脅かしていったことが背景にある。罹患したリューマチに終生悩まされ、この持病のため体格が小柄になり、さらに直接の死因にまでなってしまったとも考えられた。
  23. ^ これは現在証明は困難であるが、実際、当時の売れなかった二流の音楽家達は彼を非常に敵対視していたため、可能性が再浮上している。
  24. ^ この噂をアイデアとして、『モーツァルトとサリエリ』(プーシキン)や『アマデウス』などの作品が作られた。
  25. ^ 寺院に残された台帳によれば葬儀は6日に行われた。ヨーゼフ2世の勅令で、死人は死後48時間経たないと埋葬できない規定があったため、6日の深夜から7日の朝に埋葬されたと思われる。葬儀の日はだったとする報告があり6日は穏やかな天候であったため、葬儀は7日に行われたとする説がある。しかし実際には7日にも降水はなく、強風が吹き始めたのは7日の深夜になってからであった。ソロモンの前掲書、749頁参照。
  26. ^ 葬儀の簡素化はヨーゼフ2世の合理主義的政策の1つであり、家族や知人が葬列に同行しないことは当時の慣習となっていた。ソロモンの前掲書、751頁参照。
  27. ^ もちろん、「墓とされるもの」の下に骨があるわけではない。
  28. ^ 鑑定結果はモーツァルト生誕250年目の2006年1月8日に、オーストリア国営放送のドキュメンタリー番組として公表された。これによると、調査の試料となったのは頭蓋骨の2本の歯とモーツァルト一族の墓地から発掘した伯母と姪のものとされる遺骨から採取されたDNAであった。
  29. ^ ケッヘル番号は何度か改訂されており、最新のものは第8版である。
  30. ^ 斎藤信哉著『ピアノはなぜ黒いのか』
  31. ^ このことは、当時の手紙や各種の資料で確認できる。作曲家が「自己表現の方法として作曲し、聴衆にもそれが理解される。」という形態には至っていなかったようである[要出典]
  32. ^ ピーター・ゲイ『モーツァルト』50頁
  33. ^ モーツァルトの作品はベートーヴェンの作品と比較され差異を論じられることもあるが、決定的に異なっているのは2人が置かれていた社会的状況とヨーロッパを旅行してその歴史を知り尽くしていたかどうかの差であると言える[要出典]
  34. ^ なかにし礼『三拍子の魔力』(毎日新聞社ISBN 4620318426)を参照のこと。
  35. ^ "Award of the Papal Equestrian Order of the Golden Spur to Wolfgang Amadeus Mozart" Archived 2010年9月18日, at the Wayback Machine., Vatican Archives
  36. ^ 4世紀の教会博士聖人ヨハネス・クリュソストモスにちなんでいる。
  37. ^ 「テオフィルス」はギリシア語で「神を愛する」または「神に愛された」の意のテオフィロス(Θεόφιλος, Theophilos)をラテン語形にしたもの。
  38. ^ 石井宏『反音楽史』127頁
  39. ^ MOSTLY CLASSIC 2012年2月号 P.132
  40. ^ 前掲『モーツァルトの手紙』上巻79頁。1777年の「ベーズレ書簡」。「あなたの鼻に糞をします」などの記述がある。このことから「才能は今の半分でいいから社会性が2倍ほしい」と言われたことがある。
  41. ^ ピーター・ゲイ『モーツァルト』39頁
  42. ^ メイナード・ソロモン前掲書第10章。ピーター・ゲイ『モーツァルト』37 - 38頁
  43. ^ アインシュタイン、前掲書、47頁
  44. ^ ピーター・ゲイ『モーツァルト』33頁
  45. ^ Aidin Ashoori, Joseph Jankovic: "Mozart’s movements and behaviour: a case of Tourette’s syndrome?" Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry 2007;78:1171-1175; PMID 17940168
  46. ^ 関連項目:P. D. Q. バッハ
  47. ^ CUE'S(2006年5月号114頁)
  48. ^ 礒山雅『モーツァルト=二つの顔』講談社選書メチエ、37 - 40頁
  49. ^ 海老沢敏・高橋英郎 編訳『モーツァルト書簡全集』白泉社
  50. ^ ベルナール・ルシュヴァリエ著『モーツァルトの脳』78頁
  51. ^ ベルナール・ルシュヴァリエ著『モーツァルトの脳』219頁
  52. ^ ベルナール・ルシュヴァリエ著『モーツァルトの脳』79頁
  53. ^ ベルナール・ルシュヴァリエ著『モーツァルトの脳』79頁


「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」の関連用語

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2019 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS