本名とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > 本名の意味・解説 

ほん‐みょう〔‐ミヤウ〕【本名】

読み方:ほんみょう

筆名芸名偽名などに対して本当の名前。実名ほんめい


ほん‐めい【本名】

読み方:ほんめい

ほんみょう(本名)


本名

読み方:ホンミョウ(honmyou)

平安後期中世荘園国衙領でみられた土地制度


本名

読み方:ホンナ(honna)

所在 福島県大沼郡金山町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

本名

読み方:ホンナ(honna)

所在 福島県(JR只見線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

本名

読み方
本名ほんな
本名ほんみょう
本名ほんめい
本名もとな

本名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:28 UTC 版)

本名(ほんみょう、ほんめい、ほんな、ほんめ)




「本名」の続きの解説一覧

本名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 09:09 UTC 版)

三人無筆」の記事における「本名」の解説

この辺に、『山田喜三郎』という方はおりませんかな?」 「『喜三郎』? 侍みてぇな名前だな。 おい、キサッペ、この辺に『山田喜三郎っていう人はいるかい?」「『喜三郎』?サーテ、そんな野郎はここに…。俺だ!」「ナヌ!?」「死んだ親父言ってたんだ。俺の本名は、『山田喜三郎って言うんだって…」 「おーい、キサッペのことなんだけどよ」「何だ? あいつ、何かやったのか?」「そうじゃねぇんだけどよ。あいつの本名は、『山田喜三郎ッて言うんだと!」「アヒャー、そんな"悪党"か…」

※この「本名」の解説は、「三人無筆」の解説の一部です。
「本名」を含む「三人無筆」の記事については、「三人無筆」の概要を参照ください。


本名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 08:06 UTC 版)

ドナルド・キーン」の記事における「本名」の解説

日本国籍取得した際、戸籍上の本名は片仮名表記の「キーン ドナルド」として登録したまた、日本国籍取得時の記者会見席上、「人を笑わせる時に使います」と述べつつ、漢字で「鬼怒鳴門」と表記した名刺披露した

※この「本名」の解説は、「ドナルド・キーン」の解説の一部です。
「本名」を含む「ドナルド・キーン」の記事については、「ドナルド・キーン」の概要を参照ください。


本名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 15:22 UTC 版)

紫式部」の記事における「本名」の解説

紫式部の本名は不明であるが、『御堂関白記』の寛弘4年1月29日1007年2月19日)の条において掌侍になったとされる記事のある「藤原香子」(かおりこ/たかこ/こうし)とする角田文衛の説もある。この説は発表当時日本史最大の謎」として新聞報道されるなど話題呼んだ。 ただし、この説は仮定重ねている部分多く推論過程誤り含まれているといった批判もある。その他にも、もし紫式部が「掌侍」という律令制基づ公的な地位有していたのなら勅撰集系譜類に何らかの言及があると思えるのにそのような痕跡が全く見えないのはおかしいとする批判根強くある。その後萩谷朴香子追認論文提出されたが、未だにこの説に関して根本的否定提出されておらずしかしながら広く認められたともなっていないのが現状である。また、香子読みを「よしこ」とする説もある。

※この「本名」の解説は、「紫式部」の解説の一部です。
「本名」を含む「紫式部」の記事については、「紫式部」の概要を参照ください。


本名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 10:19 UTC 版)

中川翔子」の記事における「本名」の解説

戸籍上の名は中川 しようこであり、小書きで「しょうこ」ではない。このことについては自著『しょこ☆まにゅ』で詳しく書かれている記述によれば出産時母子とも危険な状態で、二人とも暫く入院する必要があったため、伯母母の姉)が代理として出生届けの手続きをすることになった出生届け新生児の名前のに「薔子(しょうこ)」と記入して提出しようとしたが、「薔」の字常用漢字及び人名用漢字でなかったため受理され憤慨その場でひらがなで「しょうこと書き殴って提出したところ、「ょ」を大きめに書いてしまったために戸籍には「しようこ」と誤って登録された。この事実気付いたのは成人になって戸籍見直した時である。家族中川本人指摘され問い詰められるまで気付かなかったという。また、病院処方され本人の名前のところに中川はうこ」と書かれてしまったことがある

※この「本名」の解説は、「中川翔子」の解説の一部です。
「本名」を含む「中川翔子」の記事については、「中川翔子」の概要を参照ください。


本名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 08:18 UTC 版)

武田鉄矢」の記事における「本名」の解説

矢」は本名であるが、大学生の時まで「也」だと思い込んでいた。これは親が「也」と教えていたためであり試験際に記入した氏名に対して担当教官から「ペンネームを使うな」と指摘されたことで発覚した両親届け通りの本名を指摘されるまで忘れていたという。本名発覚当初は困惑していたが段々と受け入れ使用するようになった既婚者で娘が二人いるが一般人のため、個人情報の取り扱い厳格になった現在は公表していない。1974年11月27日カトリック大名町教会山田節子結婚。妻は熊本農家の娘で元銀行員

※この「本名」の解説は、「武田鉄矢」の解説の一部です。
「本名」を含む「武田鉄矢」の記事については、「武田鉄矢」の概要を参照ください。


本名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/20 19:56 UTC 版)

パンチート」の記事における「本名」の解説

本名は「パンチート・ロメロ・ミゲル・フニペロ・フランシスコ・クインテロ・ゴンザレス(スペイン語: Panchito Romero Miguel Junipero Francisco Quintero González)」という。 この長い名は『ハウス・オブ・マウス』にて明らかとなり、三人の騎士によって歌として披露されその後の作品でもこの名前を名乗っている。 由来は、パンチート両親結婚付添人であるいとこのロメロパンチート父親の名前ミゲルパンチート母親兄弟フニペロ、式を挙げてくれたフランシスコ・クインテロ神父父方のファミリー・ネームゴンザレスから、それぞれもらった名前である。 後の作品では、「パンチート・ロメロ・ミゲル・フランシスコ・クインテロ・ゴンザレス・三世であるこになっているちなみにパンチート」(Panchito) とは、スペイン語で「揚げピーナッツ」を意味する余談だが、彼の旧名は、「エル・ガヨ・ホセ・フランシスコ・アリサンドロ・デ・リマ・イ・デ・ラ・ロマ・パンチョ・アレグレ(スペイン語: El Gallo José Francisco Alisandro de Lima y de la Loma Pancho Alegre」とさらに長い名前だという。

※この「本名」の解説は、「パンチート」の解説の一部です。
「本名」を含む「パンチート」の記事については、「パンチート」の概要を参照ください。


本名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 14:36 UTC 版)

塩崎悠輝」の記事における「本名」の解説

本名は「塩﨑悠輝」であるが、姓の「﨑」にはJIS X 0208コード割り当てられておらず、「崎」で代用し表記されることも多い。塩﨑自身のウェブサイトでは「塩﨑」と表記しており国立国会図書館の「Web NDL Authorities」なども「塩﨑」で登録している。また、英字表記では「Ahmad Shiozaki Yuki」を名乗ることもある。

※この「本名」の解説は、「塩崎悠輝」の解説の一部です。
「本名」を含む「塩崎悠輝」の記事については、「塩崎悠輝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「本名」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

本名

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 07:11 UTC 版)

名詞

ほんみょうほんめい

  1. 本当名前

「本名」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



本名と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

本名のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本名のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの三人無筆 (改訂履歴)、ドナルド・キーン (改訂履歴)、紫式部 (改訂履歴)、中川翔子 (改訂履歴)、武田鉄矢 (改訂履歴)、パンチート (改訂履歴)、塩崎悠輝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの本名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS