町丁とは?

ちょう ちょう ちやうちやう [1] 【町丁】

市区町村内の住居表示に用いられる市街区分。「三崎町二丁目」のように表示される。

町丁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/26 08:34 UTC 版)

町丁(ちょうちょう)とは日本市区町村下における区画であり、国勢調査などの人口統計等の分野で用いられる学術用語。法令上の正式な名称としてはであり、地方自治法では字と合わせた「町又は字」の区域・名称についての新設・変更・廃止の手続が規定されている[† 1]住居表示実施地区においては街区符号、未実施地区においては地番よりも上に位置づけられる単位である。成立の経緯から市街地を中心に設けられており、農村部における字(あざ:大字小字)に対応するが、「町」と「字」は排他的なものではなく混在する場合もある。


付記

  1. ^ 同法第260条第1項。なお同項条文中は「町若しくは字」と表現されている
  2. ^ 字(あざ)を畔の転であるとする説があり、図らずも一致する
  3. ^ 刀剣において、刀身の部分と茎(なかご)との境目を「区(まち)」と訓むのも同様
  4. ^ 坊は平安京では16の町から構成され各坊に坊長が置かれて支配を掌ったが、早くにその実体を失い、町が専ら「まち」となってくる
  5. ^ しかし一般には町の表示は「二条三坊八町」の如く数字にて表示(京外の五条八里三坪(町)などという表示と対応)されたと考えられる
  6. ^ 官人の集住地で、行政上の理由で強制的に住まわされた
  7. ^ そのため京都の旧市街で町を「まち」と呼ぶのは一部の例外を除き、室町通や新町通など通りの名称に限られる

出典

  1. ^ a b 松本四郎 (2 1994). “ まち”. 日本史大事典. 6. pp. 291-293. 
  2. ^ a b c 『角川日本地名大辞典 別巻1 日本地名資料集成』市川健夫北原進竹内誠西垣晴次宇野俊一杉山博所理喜夫、角川書店、1990年、279-282頁。ISBN 978-4040014807
  3. ^ “まち【町・街・坊】”. 日本国語大辞典 第二版. 12. (11 2001). pp. 419. 
  4. ^ a b 松本四郎 (1958). “まち 町”. 世界大百科事典. 27. pp. 70-71. 
  5. ^ a b 田中喜男 (1992). “まちわり 町割”. 国史大辞典. 13. pp. 88. 


「町丁」の続きの解説一覧



町丁と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「町丁」の関連用語

町丁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



町丁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの町丁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS