続本朝往生伝とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 続本朝往生伝の意味・解説 

続本朝往生伝

主名称: 続本朝往生伝
指定番号 2128
枝番 01
指定年月日 1964.01.28(昭和39.01.28)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 建長五年十二月六日乗忍書写奥書
員数 1帖
時代区分 鎌倉
年代
検索年代
解説文: 鎌倉時代作品

続本朝往生伝

主名称: 続本朝往生伝
指定番号 2418
枝番 00
指定年月日 1986.06.06(昭和61.06.06)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書 紙背建久六年等文書
員数 1帖
時代区分 鎌倉
年代
検索年代
解説文:  『続本朝往生伝』は、平安時代後期代表的学者である大江匡房撰述になり、慶滋保胤の『日本往生極楽記』の遺漏を補うとともに同書以後一〇〇年にわたって極楽往生した人々行状集録したもので、その成立康和三年一一〇一)をほど遠からぬ頃と考えられている。本書記載された往生人は、一条天皇から源忠遠妻に至る四二人で身分高下に従って配列がなされている。『日本往生極楽記』が仏教的な「七衆」の配列とっているのと対蹠的に、出家二七人、在俗一五人と在俗往生人占め割合増加しているのは、念仏の広まりと相俟って民間における浄土教浸透を示すものとして注目される。また往生人中、筆者の身近な人々については聞き書き等による豊富な資料に基づく記述が行われており、その意味で史料価値は高いものがある
 この大東急記念文庫本は、もと巻子本折本装に改装したもので、料紙には文書紙背用いている。天地に横罫を引き、一紙二一行(現状折本の半八~一〇行)、一行二〇~二二行に書写し、巻末往生人目録を附している。本文首尾完存し、文中には書写当時の墨振仮名ままあるほか、近世加えられた校異振仮名、送仮名、返点などがある。
 本文料紙に用いた文書のうちには、建久六年(一一九五六月十四日の陰陽寮春季御読経日時勘文や、元久元年一二〇四)頃、土御門通親の弟である源通資風病のため出仕し難い旨を述べた書状などがあり、鎌倉時代前期文書がまとまっている。
 『続本朝往生伝』の古写本としては、建保七年一二一九)の僧慶政本奥書有する建長五年(一二五三)乗忍書写本(真福寺本、重要文化財)と、これと同系統の宮内庁書陵部本の『続日本往生伝』(鎌倉時代中期写本)が知られているが、この大東急記念文庫本はそれらと別系統写本考えられ、また書写年代鎌倉時代前期認められ、諸本中の最古完本として貴重である。
重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  続詞花和歌集  続日本紀  続本朝往生伝  続本朝往生伝  袖中抄  袖中抄  尊意僧正伝

続本朝往生伝

読み方:ゾクホンチョウオウジョウデン(zokuhonchououjouden)

分野 伝記

年代 鎌倉前期

作者 大江匡房



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「続本朝往生伝」の関連用語

続本朝往生伝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



続本朝往生伝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS