五三とは?

ご‐さん【五三】

五と三。

《「五十三匁」の略から》近世京都島原太夫(たゆう)の揚げ代また、太夫のこと。

「一の女郎値段五十三匁定め、これを—と言ひ」〈浮・御前義経記・一〉


ご‐さん【五三】

〔名〕

① 五と三。〔日葡辞書(1603‐04)〕

② (江戸時代寛文一六六一七三)頃まで、京都島原遊里で、大夫揚代が銀五三匁であったところから) 遊女最高位である大夫異称。五三の君。

評判記色道大鏡(1678)一「傾城職名いかなる者の名付そめけるにや、五三、三八天神、囲(かこひ)とて」


五三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/19 06:53 UTC 版)

五三




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「五三」の関連用語

五三のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



五三の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの五三 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS