7歳とは? わかりやすく解説

7歳(2009年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 15:14 UTC 版)

メイショウトウコン」の記事における「7歳(2009年)」の解説

2009年3月20日安田伊佐夫厩舎逝去解散したため武田博厩舎転厩となり、転厩初戦となった3月25日名古屋大賞典から始動したが、スマートファルコンの3着に敗れた。続くアンタレスステークスではスタート出遅れ後方からレース進めるも見せ場なく8着に敗れた。続く東海ステークスでも8着だった。その後7月20日マーキュリーカップ出走。中団からレース進めるも、直線伸びあぐねて8着に敗れた休養挟んで11月3日JBCクラシックではヴァーミリアンの4着に終わった。続く12月6日ジャパンカップダートでは後方から追い上げるも7着だった。続く12月23日名古屋グランプリでは4着に敗れたその後一度もレース出走することなく2011年9月28日付で競走馬登録を抹消され北海道浦河町村下牧場種牡馬となる2015年にいかっぷホロシリ乗馬クラブ移り乗馬として過ごしている。

※この「7歳(2009年)」の解説は、「メイショウトウコン」の解説の一部です。
「7歳(2009年)」を含む「メイショウトウコン」の記事については、「メイショウトウコン」の概要を参照ください。


7歳(2019年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 06:46 UTC 版)

ブルドッグボス」の記事における「7歳(2019年)」の解説

5月さきたま杯復帰して6着。このレースの後、2018年小久保厩舎所属馬で発生した禁止薬物検出問題を受け、小久保調教師免許2019年4月から2020年3月まで南関東限定制限されていることから盛岡行われるクラスターカップ出走するためにホッカイドウ競馬田中淳厩舎移籍。この移籍時を境に、主戦騎手左海誠二から御神本訓史変わる。7月門別A1 - A3一組混合特別は地元岩橋勇二騎乗、このレース久々の勝利を挙げクラスターカップ使い5着として、小久保厩舎に戻る。地元テレ玉杯オーバルスプリント6着の後、10月東京盃2着に入る。11月4日JBCスプリントでは中団のやや後ろレース進めると、早めに先頭立ったコパノキッキングゴール前で差し切ってJpnI初制覇果たした12月25日ゴールドカップでは道中中団追走から3コーナー外へ持ち出すと、最後の直線逃げ粘るノブワイルドハナ捉えて重賞3勝目を飾る。

※この「7歳(2019年)」の解説は、「ブルドッグボス」の解説の一部です。
「7歳(2019年)」を含む「ブルドッグボス」の記事については、「ブルドッグボス」の概要を参照ください。


7歳(2020年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 02:18 UTC 版)

エンパイアペガサス」の記事における「7歳(2020年)」の解説

2020年平山厩舎転入せず、岩手競馬開幕まで休養を取る。3か月半ぶり、赤松杯は5着に敗れる。続くシアンモア記念は3着以下に9馬身差をつけたがランガディアにハナ敗れ2着4年連続出走となったみちのく大賞典前年同じく3着に敗れる。その後休養入り4か月後の金華特別は2着、続く北上川大賞典楽な手応えのまま第3コーナーで前を交わし直線で外から迫るフレッチャビアンカ1馬身半差をつけ優勝中止となった前年挟み連覇果たした。次走、桐花賞は中団でレース進め、内から迫るヒガシウィルウィンに2馬身半差をつけ優勝重賞17勝目挙げた

※この「7歳(2020年)」の解説は、「エンパイアペガサス」の解説の一部です。
「7歳(2020年)」を含む「エンパイアペガサス」の記事については、「エンパイアペガサス」の概要を参照ください。


7歳(2013年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 09:22 UTC 版)

ナイキハイグレード」の記事における「7歳(2013年)」の解説

川島正行厩舎復帰したが、1度も走ることなく1月24日付け競走馬登録を抹消された。

※この「7歳(2013年)」の解説は、「ナイキハイグレード」の解説の一部です。
「7歳(2013年)」を含む「ナイキハイグレード」の記事については、「ナイキハイグレード」の概要を参照ください。


7歳(2007年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 16:45 UTC 版)

レマーズガール」の記事における「7歳(2007年)」の解説

始動戦は川崎記念選択するが、8着に敗れる。引退レースとなったエンプレス杯は中団から競馬をし、4着となる。3月3日競走馬登録を抹消し栄進牧場繁殖牝馬となる。

※この「7歳(2007年)」の解説は、「レマーズガール」の解説の一部です。
「7歳(2007年)」を含む「レマーズガール」の記事については、「レマーズガール」の概要を参照ください。


7歳(2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 07:11 UTC 版)

コパノリッキー」の記事における「7歳(2017年)」の解説

引退レースとなった東京大賞典好スタートからハナを奪うと道中マイペース逃げ持ち込む直線でも後続引き離し最後サウンドトゥルー追い上げ振り切りって歴代最多GI・JpnI競走11勝目挙げるとともに有終の美飾った。翌2018年1月6日京都競馬場引退式が行われ、1月10日付で競走馬登録を抹消された。引退後ブリーダーズ・スタリオン・ステーション種牡馬入りする。 2014年ヒヤシンスS 2014年JBCクラシック 2015年フェブラリーS

※この「7歳(2017年)」の解説は、「コパノリッキー」の解説の一部です。
「7歳(2017年)」を含む「コパノリッキー」の記事については、「コパノリッキー」の概要を参照ください。


7歳(2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 22:30 UTC 版)

ロゴタイプ (競走馬)」の記事における「7歳(2017年)」の解説

2017年初戦4年連続での出走となった中山記念で直線一旦先頭に立つネオリアリズムの3着となる。次に予定していたダービー卿CTフレグモーネ発症により回避連覇をかけて挑んだ安田記念道中軽快に逃げ直線懸命に粘るもサトノアラジンかわされ2着敗れる。しかし、先行勢が軒並み直線脱落する中、ただ1頭粘って2着入りモーリス破ったことはフロックでは無いことを証明した秋に入り富士ステークスでの復帰予定していたが背腰の張り回避し山元トレーニングセンター調整されていたが、症状回復せずさらに悪化した様子があったため、10月27日現役引退することが発表された引退後社台スタリオンステーション種牡馬となった

※この「7歳(2017年)」の解説は、「ロゴタイプ (競走馬)」の解説の一部です。
「7歳(2017年)」を含む「ロゴタイプ (競走馬)」の記事については、「ロゴタイプ (競走馬)」の概要を参照ください。


7歳(2020年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 14:53 UTC 版)

エアスピネル」の記事における「7歳(2020年)」の解説

さらに約1年休養経てキャリア初のダート戦となるプロキオンステークス復帰評価は8番人気と高くはなかったが、レースでは中団から手応えよ伸びて休養明けの初ダートながら2着入ったこの結果管理する笹田調教師は 「状態が戻っていましたし選択肢広がりました」とコメントしたその後引き続きダート使われエルムステークスは7着に沈むも、3か月ぶりとなった武蔵野ステークスは3着と好走し改めダート適正あること見せた。続くチャンピオンズカップ後方から追い込むも7着に敗れた

※この「7歳(2020年)」の解説は、「エアスピネル」の解説の一部です。
「7歳(2020年)」を含む「エアスピネル」の記事については、「エアスピネル」の概要を参照ください。


7歳(2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 22:22 UTC 版)

ニホンピロサート」の記事における「7歳(2005年)」の解説

半年休養後、復帰初戦、別定61 kgと酷量を背負ったコーラルステークスは10着と惨敗開催時期5月変更となったさきたま杯は中団やや後方待機から早めに仕掛けゴール寸前逃げ粘るブルーローレンスを捉えてダート重賞4勝目挙げた。しかし、次走プロキオンステークス先行するも8着に敗れる。次走、東京盃は中団から追い込むが、勝ったアグネスジェダイ1馬身差の2着名古屋競馬場施行されJBCスプリント12頭立ての5着に終わる。ハンデ59 kg背負った霜月ステークスは7着に沈んだが、続く兵庫ゴールドトロフィーは4コーナー先頭集団並びかけると後方から迫ってきたメイショウボーラー1馬身半差をつけ優勝重賞5勝目挙げた

※この「7歳(2005年)」の解説は、「ニホンピロサート」の解説の一部です。
「7歳(2005年)」を含む「ニホンピロサート」の記事については、「ニホンピロサート」の概要を参照ください。


7歳(2020年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 07:40 UTC 版)

デンコウアンジュ」の記事における「7歳(2020年)」の解説

7歳になって現役続け小倉競馬場行われた愛知杯は9番人気の低評価の中、トップハンデをものともせず4コーナー手前から徐々に進出して直線イン突いて抜け出し優勝重賞3勝目を飾る。雪の中行われた中山牝馬ステークス0.2秒差の4着、前年制した福島牝馬ステークスは、2番人気となるも、13着と惨敗その後、7か月休養し福島記念復帰56実質トップハンデながら4着と健闘。続く、中日新聞杯柴田善臣骨折により、吉田隼人乗り替わる16着と惨敗した

※この「7歳(2020年)」の解説は、「デンコウアンジュ」の解説の一部です。
「7歳(2020年)」を含む「デンコウアンジュ」の記事については、「デンコウアンジュ」の概要を参照ください。


7歳(2011年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 07:45 UTC 版)

ドリームジャーニー」の記事における「7歳(2011年)」の解説

2011年4月3日大阪杯始動出遅れ後方からレース進めたが9着に敗れたその後6月26日宝塚記念出走スタート出遅れ後方レース進めた10着と大敗したレース後、管理していた池江泰寿同馬について「闘争心なくなった」と引退させる意向明らかにし、6月30日付で競走馬登録を抹消された。引退式9月19日札幌競馬場行われた

※この「7歳(2011年)」の解説は、「ドリームジャーニー」の解説の一部です。
「7歳(2011年)」を含む「ドリームジャーニー」の記事については、「ドリームジャーニー」の概要を参照ください。


7歳(2020年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 13:56 UTC 版)

ヨシオ」の記事における「7歳(2020年)」の解説

2020年11月29日東京競馬場行われた第40回ジャパンカップ勝浦正樹鞍上迎えて出走し15着で終える。ジャパンカップへ出走することは仲山の夢であった続いて翌週12月6日中京競馬場行われた第21回チャンピオンズカップ亀田温心鞍上迎えて連闘出走し16着で終える。

※この「7歳(2020年)」の解説は、「ヨシオ」の解説の一部です。
「7歳(2020年)」を含む「ヨシオ」の記事については、「ヨシオ」の概要を参照ください。


7歳(2021・22年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 02:04 UTC 版)

ネイチャーストリップ」の記事における「7歳(2021・22年)」の解説

9月4日のコンコルドステークス(G3)で始動し軽く促しただけで2着に2.48馬身差で勝利。続く18日のザショーツ(G2)では中間点先頭に立つエデュアルド差し返され2着敗れた10月16日ジ・エベレストでは1番人気推され好スタートから先頭になって追い込んできたマスクドクルセーダーを0.2馬身振り切り、三度目の正直ジ・エベレスト制した11月16日スプリントクラシック圧倒的な1番人気出走コース中央先頭に立って進め徐々にラチ沿いに進路取りつ残り300付近後続一気突き放し最後流して3.25馬身差での余裕勝利G1・7勝目圧巻の逃げ切り飾った年が明けて2月19日ブラックキャビアライトニング(G1)で復帰して1番人気推されるも一完歩目で隣の馬と接触して後手となり、早めに挽回を図るもホームアフェアズを捉え切れず2着3月5日チャレンジステークス(G2)はやや伸び上がるように発馬し、エデュアルド2番手をってマークする追いつけず、さらにシェルビーシックスティシックスが襲い掛かって3着に敗れた4月3日TJスミスステークス(G1)は単勝2.30倍の支持集めた1番人気推された。エデュアルドとの主導権争い制して先頭に立ち、直線では3.36馬身突き放して逃げ切りG1・8勝目と同競走3連覇果たした

※この「7歳(2021・22年)」の解説は、「ネイチャーストリップ」の解説の一部です。
「7歳(2021・22年)」を含む「ネイチャーストリップ」の記事については、「ネイチャーストリップ」の概要を参照ください。


7歳(2015年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 03:58 UTC 版)

ミトラ (競走馬)」の記事における「7歳(2015年)」の解説

年が明けると、さらに距離が伸びたアメリカジョッキークラブカップ7番人気ながら2着好走した。次走の中日新聞杯はトップハンデ57.5kgを背負いながらも5着となる。その後、再び休養挟み6か月半ぶりの実戦となったオールカマーは3着、連覇かかった福島記念は57.5kgのトップハンデで1番人気となるが、ヤマカツエース1馬身差の2着となった。次走の金鯱賞は4コーナーで外めに持ち出して前を射程圏に入れ直線半ばで追い出し2着ディサイファ以下に1.1/4馬身差をつけ、レコードタイのタイム重賞2勝目飾った。しかし、脚部不安によりこのレース最後に引退することが決定2016年4月27日に登録を抹消された。

※この「7歳(2015年)」の解説は、「ミトラ (競走馬)」の解説の一部です。
「7歳(2015年)」を含む「ミトラ (競走馬)」の記事については、「ミトラ (競走馬)」の概要を参照ください。


7歳(2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 02:53 UTC 版)

インカンテーション」の記事における「7歳(2017年)」の解説

復帰2戦目、7歳初戦となった東海ステークス12着。前年出走出来なかったフェブラリーステークス13着と惨敗。次走、マーチステークス勝浦正樹騎乗10番人気低評価だったが、好位から抜け出し1年10ヶ月ぶりの勝利重賞4勝目挙げた。続くかしわ記念岩田康誠乗り替わる勝ったコパノリッキーには2馬身離されたが、逃げたモーニンクビ捕らえ2着に入る。夏は休養充て5か月ぶりとなった白山大賞典逃げクリノスターオー2番手でマーク。2周目3コーナー先頭並びかけると、そのまま押し切り2馬身半差の完勝。次走、武蔵野ステークス三浦皇成初騎乗、早めに2番手に上がるゴール200メートル付近先頭に立ち、追い上げたサンライズソアを半馬身差で退け重賞6勝目飾った。なお、三浦とは引退までコンビを組むことになる。続く東京大賞典3番手から競馬をするも7着に敗れた

※この「7歳(2017年)」の解説は、「インカンテーション」の解説の一部です。
「7歳(2017年)」を含む「インカンテーション」の記事については、「インカンテーション」の概要を参照ください。


7歳(2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 03:08 UTC 版)

クリソライト」の記事における「7歳(2017年)」の解説

3月ダイオライト記念を勝ち、史上初3連覇以降2年連続出走となったコリアカップ含め3戦連続2着となるが、コリアカップ後に左前種子骨靱帯負傷判明し長期休養入った

※この「7歳(2017年)」の解説は、「クリソライト」の解説の一部です。
「7歳(2017年)」を含む「クリソライト」の記事については、「クリソライト」の概要を参照ください。


7歳(2019年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 10:06 UTC 版)

ノボバカラ」の記事における「7歳(2019年)」の解説

7歳になり、美浦天間昭一厩舎から栗東森秀行厩舎転厩する。転厩初戦根岸ステークスは6着。次走、フェブラリーステークス12着となる。休養明け栗東ステークス2番手からハナ差リアンヴェルテを交わし久しぶりの勝利を飾る。続く、北海道スプリントカップは3着と2走続けて好走。しかし、その後年内5戦し、3戦4着に入るも馬券には絡めなかった。

※この「7歳(2019年)」の解説は、「ノボバカラ」の解説の一部です。
「7歳(2019年)」を含む「ノボバカラ」の記事については、「ノボバカラ」の概要を参照ください。


7歳(2008年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 05:28 UTC 版)

ブラックタイド」の記事における「7歳(2008年)」の解説

2008年中山金杯から始動する10着、大阪城ステークスでは8着、日経賞ではマツリダゴッホの5着だった。そして、距離短縮挑んだ都大路ステークスでは勝ったフサイチアウステルからアタマ差の2着入ったものの、次の目黒記念では8着という結果終わったその後8月1日付で競走馬登録を抹消し引退した結局屈腱炎から復帰した後は一度も勝利できずに競走馬引退するこになった

※この「7歳(2008年)」の解説は、「ブラックタイド」の解説の一部です。
「7歳(2008年)」を含む「ブラックタイド」の記事については、「ブラックタイド」の概要を参照ください。


7歳(2008年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 01:53 UTC 版)

コスモバルク」の記事における「7歳(2008年)」の解説

2008年初戦日経賞となり、道中先頭から離れた3番手を追走し、直線に向くと後続交わされはするもののしぶとく粘り4着に入った出走登録行っていたシンガポール航空インターナショナルカップには、4月4日選出馬となり招待受諾したことが発表され3年連続出走することになった。しかし、同じく競走選出されていたJRA所属馬のシャドウゲイトタスカータソルテが日本とシンガポール政府間の衛生条件に関する協議結果遠征不可能となり単独で5月10日出国した。そして迎えた競走ではスタート出遅れたため後方からレース進め最後の直線ではしぶとく脚を伸ばしたものの、前に届かず6着だった。 帰国後は北海道戻らずビッグレッドファーム鉾田トレーニングセンターで3週間着地検査受けたあとに宝塚記念出走する予定であったが、6月16日左前跛行ひだりまえはこう)のため回避することが発表され宝塚記念への4年連続出走はならなかった。また、その後精密検査で2か所剥離骨折判明し6月24日骨片除去手術行いデビュー以来初めての長期休養入った半年ぶりの復帰戦は、5年連続出走となるジャパンカップになり、大外から2番手を追走したが、17着と出走馬最下位敗れたその後有馬記念にも出走した11着に終わった。なお、5年連続有馬記念参戦はスピードシンボリ・メジロファントム・ナイスネイチャと並ぶ最多タイ記録である。

※この「7歳(2008年)」の解説は、「コスモバルク」の解説の一部です。
「7歳(2008年)」を含む「コスモバルク」の記事については、「コスモバルク」の概要を参照ください。


7歳(2006年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 08:04 UTC 版)

ナリタセンチュリー」の記事における「7歳(2006年)」の解説

休養1年2ヶ月にも及び、復帰戦となった2006年4月天皇賞(春)は、田島によれば「体は万全に仕上がっていたがテンション高かった」といい、これまで5ヶ月以上の休み明け新馬戦を除く)は3戦3勝であったが、ここでは12着に敗れた。続く宝塚記念は「天皇賞使ってからはいい状態をキープしてメンタル面落ち着き出てきた」といい、レースでは前年京都記念と同じように雨の中、内を回り直線を向くと伸び脚を見せディープインパクトには4馬身及ばなかったものの単勝10番人気の低評価覆して2着入った2006年宝塚記念阪神競馬場の改修工事影響でこれまで重賞2勝を含む4勝を挙げている相性のいい京都での開催で、重賞を2勝した時と同じ7番入りまた、ディープインパクト負かすにはコンディションの悪い不良馬場思っていた」ので(実際の馬場状態稍重)、田島は「運も向き勝てるのでは」と感じたが、「完敗」「レベル違いすぎた」と自身のサイト記している宝塚記念終了後秋のGI戦線目指して調整していたが屈腱炎発症したため、7歳という年齢面も考慮され同年8月25日付でJRA競走馬登録を抹消し引退した

※この「7歳(2006年)」の解説は、「ナリタセンチュリー」の解説の一部です。
「7歳(2006年)」を含む「ナリタセンチュリー」の記事については、「ナリタセンチュリー」の概要を参照ください。


7歳(1993年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 09:50 UTC 版)

カミノクレッセ」の記事における「7歳(1993年)」の解説

クレッセ1月日経新春杯復帰し連覇狙った10着と大敗その後脚部不安悩まされながら、安田記念天皇賞(秋)出走したが、安田記念は8着、天皇賞(秋)11着に終わった。そして、11月アルゼンチン共和国杯7着後慢性化していた脚部不安が更に悪化し引退するこになった

※この「7歳(1993年)」の解説は、「カミノクレッセ」の解説の一部です。
「7歳(1993年)」を含む「カミノクレッセ」の記事については、「カミノクレッセ」の概要を参照ください。


7歳(2010年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 09:17 UTC 版)

ステキシンスケクン」の記事における「7歳(2010年)」の解説

日本からアイルランド輸出され児玉敬厩舎預けられたが、現地での出走実現しなかった。8月18日付けJRA競走馬登録を抹消されその際にチリでの種牡馬入り改め報じられたが、上述たように現在はチェコ種牡馬となっている。

※この「7歳(2010年)」の解説は、「ステキシンスケクン」の解説の一部です。
「7歳(2010年)」を含む「ステキシンスケクン」の記事については、「ステキシンスケクン」の概要を参照ください。


7歳(1979年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 23:39 UTC 版)

グリーングラス」の記事における「7歳(1979年)」の解説

1979年グリーングラスは更に脚部不安苦しめられる3年連続参戦となったAJCC2着入り、4ヶ月ぶりで挑んだ第20回宝塚記念ダービー馬・サクラショウリの3着。この時は非常に状態が悪かったが、騎乗していた岡部は(休み明けあれだけレース出来れば)「もう暮れ有馬記念は勝つだろうと思っていた」という。 結局この2戦のみでシーズン後半を迎え、5ヶ月休養をとり、有馬記念1ヶ月前の東京オープン競走復帰。このレースには本馬とホクトボーイ・インターグシケン・メジロイーグルの4頭のみが出走表明していたために、登録がレース施行の低頭数5頭に満たず不成立になる可能性があったが、長期休養準オープンまでクラス落としていたイシノマサルが出走したことでレース成立11月10日の第5競走組まれ豪華メンバーオープン戦メジロイーグル逃げ切りグリーングラスは5馬身差の2着であった調子上げて挑んだ12月16日第24回有馬記念が、引退レースとなることが決定した2歳年下サクラショウリファン投票1位1番人気を譲るものの、グリーングラス2位2番人気支持され3番人気3歳年下皐月賞馬・ビンゴガルーであったこの上人気の3頭以外にも6頭の八大競走優勝馬出走することとなり、天皇賞馬のホクトボーイ・テンメイ・カシュウチカラ、スピードシンボリ以来有馬記念連覇を狙うカネミノブ、その有馬記念2着入った二冠牝馬インターグロリア2歳下の菊花賞馬・インターグシケンという顔ぶれであった4歳から7歳まで各世代名馬集結するという稀な豪華メンバーで、有馬記念史上初16フルゲートによる一戦となった。 このラストランでは岡部ハツシバオー騎乗するため、鞍上には最初で最後コンビとなる大崎昭一迎えた中野から依頼来た時は大崎喜びテン乗り大崎中野気持ち応えようとする。中野大崎に「内ラチ頼りに走る馬だから、3コーナーからはインコースをついて、思い切っ行ってくれと」一つだけ注文出したこの頃気性落ち着き大崎素直で利口な馬と評している。レース外国産馬のボールドエーカンがハナを切り、カネミノブ同期中山記念連覇など重賞3勝のカネミカサ2番手に付け同年の菊花賞2着馬・ハシクランツがそれに続きハツシバオー追いかける展開となった。この4頭が先行集団形成すると、中団グループ三つに分かれるグリーングラスいつものように好位内につけ、その後にビンゴガルー・インターグシケンと続き前方グループは3頭となる。サクラショウリ前の3頭を見る位置に付け後方グループのインターグロリア・カネミノブ・メジロファントムは、前方グループと共に挟み込む形でサクラショウリマーク天皇賞馬3頭とバンブトンコート追い込み勢は後方待機策をとり、スタンド前では、逃げるボールドエーカン以外15頭が馬群形成1、2コーナー手前カシュウチカラ先行集団に取り付く以外は淡々としたペースで進むが、2コーナー曲がり切った所でビンゴガルー故障アクシデントをきっかけにレース動きグリーングラスはいつもより早めにスパート大崎有馬記念初制覇時のカブトシロー彷彿とさせるロングスパートで、3・4コーナー中間地点先頭に立ち、さらに加速。内からハシクランツが喰らい付くが、4コーナー手前大崎勝負を決めるべくムチ連打サクラショウリグリーングラスを見る形で追い出し、外からカネミノブ・メジロファントム・ホクトボーイが接近直線入ってグリーングラス二の足使い後続離すと、サクラショウリ追い上げる伸び見られなかった。カネミノブは内で粘るハシクランツを差して行き脚がつくが、外から内蛇行しながら猛追してきたメジロファントムが前を横切ったため、立ち上がって大きく遅れを取ってしまう。逃げ大崎グリーングラスに、カネミノブを潰す形となった横山富雄メジロファントム襲いかかる加賀武見カネミノブ態勢立て直して前を猛追するが、ハシクランツを交わすのが精一杯であったメジロファントム馬体並べてゴールしたグリーングラスハナ差で凌ぎ天皇賞同じく3度目挑戦栄冠得たレースでは2周目の3コーナー先頭に立ってそのまま逃げ切りゴール前で猛追したメジロファントムとは鼻差という計算し尽くしたような騎乗に「流石に大崎」とファン感嘆した。 7歳馬の勝利1969年スピードシンボリ以来10年ぶりで、青森産馬が2年連続有馬記念制覇したが、この年以降勝っていない。 かつてのライバルトウショウボーイテンポイント果たせなかった有終の美飾りTTG最後の一頭ターフ去ることとなった26戦8勝ながら着外は僅か2回だけと安定していたが、大型馬にありがちな瞬発力不足で今一つち切れなかった故の結果でもあった。しかしクラシック・天皇賞グランプリ競走いずれを制し生涯獲得賞金TTGの中で最も多い史上最高の3億2841万円記録グランドマーチステンポイント、ファンドリナイロに次いで4頭目の3億円馬になったこの年グリーングラスはようやく現役最後の年にして、TTの2頭と同じく年度代表馬受賞。 なお、グリーングラス引退日本競馬界はしばらくスターホース不在時代続き1980年代前半はモンテプリンス・ホウヨウボーイ・アンバーシャダイなどが何とかその間繋いだが、本格的なスターホース再来にはミスターシービー・シンボリルドルフらの登場待たねばならなかった。 1980年1月15日中山引退式が行われた。有馬記念使用されゼッケン着用し背中には大崎跨がった。場内には名前の由来にもなったトム・ジョーンズの「思い出グリーン・グラス」が流れた

※この「7歳(1979年)」の解説は、「グリーングラス」の解説の一部です。
「7歳(1979年)」を含む「グリーングラス」の記事については、「グリーングラス」の概要を参照ください。


7歳(2016年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 04:07 UTC 版)

ダイワマッジョーレ」の記事における「7歳(2016年)」の解説

2016年は3戦続けて二桁着順となり、2016年4月6日付けJRA競走馬登録を抹消され岩手競馬移籍したその後楽天サラブレッドオークションに出品され17001000円落札された。

※この「7歳(2016年)」の解説は、「ダイワマッジョーレ」の解説の一部です。
「7歳(2016年)」を含む「ダイワマッジョーレ」の記事については、「ダイワマッジョーレ」の概要を参照ください。


7歳(2019年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 07:05 UTC 版)

オールブラッシュ」の記事における「7歳(2019年)」の解説

川崎記念ダイオライト記念では共に3着と好走するが、以後は勝ちきれないレース続き2019年10月16日付でJRA競走馬登録を抹消し船橋競馬移籍する伝えられたが、大井藤田輝信厩舎所属となった

※この「7歳(2019年)」の解説は、「オールブラッシュ」の解説の一部です。
「7歳(2019年)」を含む「オールブラッシュ」の記事については、「オールブラッシュ」の概要を参照ください。


7歳(2019年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 07:37 UTC 版)

ノブワイルド」の記事における「7歳(2019年)」の解説

フジノウェーブ記念最下位となり、2戦連続シンガリとなる。次走、川崎スパーキングスプリントを3着とし、習志野きらっとスプリント出走先行争い制するアピアを2馬身1/2振り切って優勝。続く、プラチナカップでもハナを切ると断然人気のキタサンミカヅキに2馬身1/2差をつけ1着。重賞連勝飾った。なお、鞍上橋本直哉にとってはこれが重賞初勝利であった。次走は連覇狙いオーバルスプリント出走、ここでも逃げるとワイドファラオヤマニンアンプリメ相手1馬身半差をつけ連覇達成重賞3連勝とした。次走は得意の地元浦和行われたJBCスプリント選択3番人気で5着に敗れる。続く、ゴールドカップブルドッグボスハナ差交わされ2着となる。

※この「7歳(2019年)」の解説は、「ノブワイルド」の解説の一部です。
「7歳(2019年)」を含む「ノブワイルド」の記事については、「ノブワイルド」の概要を参照ください。


7歳(1977年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 18:33 UTC 版)

アイフル (競走馬)」の記事における「7歳(1977年)」の解説

7歳となって現役続行しアメリカジョッキークラブカップオープン競走連続3着。直後中山記念では直線で内から伸びて後方に1馬身半差で重賞4勝目挙げた2年連続出走となったアルゼンチン共和国杯では不良馬場の中、好位から直線先頭に立ち、後方に3馬身半差で優勝し重賞5勝目連覇果たした雨中決戦負担重量59キログラム設定だったが、勝負服と鞍が雨水吸い込みレース後の検量では、61キログラムとなってしまっていた。 続いて宝塚記念参戦したが、4着に敗退レース後に前脚の筋を痛め、それを庇いながら軽い調教施されていたが、屈腱炎発症したことが決め手となり、競走馬引退した

※この「7歳(1977年)」の解説は、「アイフル (競走馬)」の解説の一部です。
「7歳(1977年)」を含む「アイフル (競走馬)」の記事については、「アイフル (競走馬)」の概要を参照ください。


7歳(2015年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 14:56 UTC 版)

レーザーバレット」の記事における「7歳(2015年)」の解説

7歳初戦初の1200mに出走したジャニュアリーステークスをメイショウノーベルとの叩き合い3/4制してオープン初勝利挙げる。続く根岸ステークスは6着に敗れる。1番人気推され千葉ステークス接戦となり、勝ち馬からタイム差なしの4着となる。続く京葉ステークス最後方から直線一気まとめて差し切って快勝した初の地方遠征となったかきつばた記念逃げ切ったコーリンベリー1馬身半差の2着入った。次走、サマーチャンピオンは中団から早めに動いたが前を捕まえられず3着に敗れた。続くオーバルスプリントは中団から直線大外から伸び逃げ粘るルベーゼドランジェに1馬身半差をつけ勝利重賞初制覇飾った。次走、JBCスプリントは中団から脚を伸ばして4着と好走単勝1.8倍と断然人気推され兵庫ゴールドトロフィーは中団追走から前を行くドリームバレンチノ3/4馬身差し切って重賞2勝目挙げた

※この「7歳(2015年)」の解説は、「レーザーバレット」の解説の一部です。
「7歳(2015年)」を含む「レーザーバレット」の記事については、「レーザーバレット」の概要を参照ください。


7歳(1983年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 06:07 UTC 版)

ジュウジアロー」の記事における「7歳(1983年)」の解説

1983年2月24日烈女Jアロー引退』の見出しで日刊スポーツ引退報道左前けい側じん帯治療続けた完治見通し立たず馬主調教師協議した結果余生考え引退することに決定した担当佐川厩務員は「本当にえらい馬でした。ご苦労さん一言です。」と涙ぐんだ

※この「7歳(1983年)」の解説は、「ジュウジアロー」の解説の一部です。
「7歳(1983年)」を含む「ジュウジアロー」の記事については、「ジュウジアロー」の概要を参照ください。


7歳(2020年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 08:00 UTC 版)

マカヒキ (競走馬)」の記事における「7歳(2020年)」の解説

この年大阪杯阪神2000メートルGI)から始動短期騎手免許で来日中ライル・ヒューイットソン騎乗し12頭中11着に終わった三冠馬3頭が出走したジャパンカップは、ダービー馬でありながら単勝万馬券の226.1倍 (11番人気)と支持率極めて低く着順も9着であった

※この「7歳(2020年)」の解説は、「マカヒキ (競走馬)」の解説の一部です。
「7歳(2020年)」を含む「マカヒキ (競走馬)」の記事については、「マカヒキ (競走馬)」の概要を参照ください。


7歳(2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 05:47 UTC 版)

ワイズダン」の記事における「7歳(2014年)」の解説

ゴルディコヴァ以来BCマイル3連覇目指して翌年現役続行。 7歳シーズン前年同じくメーカーズ46マイルステークスから始動ワイズダン123ポンドのトップハンデ・1.4倍で1番人気。ザアプローヴァルが118ポンド2番人気。ガルフストリームパークターフハンデ勝ちのロクテ120ポンド3番人気だった。レース4番追走で直線で逃げロクテかわして突き放す。ここで最低人気で最後方を追走していたカイグン猛追してくるものの半馬身抑え込んで勝利連覇達成続いてこれも前年と同じターフクラシック出走ワイズダン124ポンドのトップハンデで1.5倍の1番人気前年ハリウッドダービー勝ち馬のシークアゲインが122ポンド2番人気カイグン118ポンド3番人気だった。レース3番追走で、直線先頭に立つ。内をついてきたシークアゲインと激し競り合いになるもこれを頭差抑えて勝利。 このレースの2週間後の5月16日ワイズダン調教後に急に疝痛起こした腸ねん転診断され、ルードアンドリドル動物病院で緊急開腹手術が行われるが無事に終わった復帰戦8月G2バーナード・バルークハンデキャップ(英語版となったレース4番追走で直線で先頭に立つ後ろからオプティマイザー追い込んでくるが鼻差抑えこんで勝利。 次走は前年2着のシャドウェルターフマイルに出走。シークアゲインが2番人気カイグン3番人気だった。レースではワイズダン珍しく出遅れてしまい、道中は6番手追走となる。直線入ったところ4番手ま上がり、前を追いかけてキングエドワードステークス(英語版)勝ちのグランドアーチを1馬差し切って勝利。 次走についてロプレスティ3連覇のかかるBCマイルではなくBCクラシックに出すことを考えていた。しかしシャドウェルターフマイルの8日後に右前首に軽度の骨折判明しBCクラシック制覇BCマイル3連覇も夢と消えたその後復帰を目指して調教続けられいたものの、1年後今度骨折とは別の個所屈腱炎発症2015年9月7日引退発表され10月3日キーンランド競馬場引退式が行われた。 引退後ケンタッキー州にあるロプレスティ所有牧場で兄サクセスフルダンと共に過ごし2019年功労馬保護団体オールドフレンズ引き継がれた2016年にはカナダ競馬殿堂選出された。またワイズダン功績称えてファイヤークラッカーハンデがワイズダンステークスと改称された。 そして2020年アメリカ殿堂入りした。

※この「7歳(2014年)」の解説は、「ワイズダン」の解説の一部です。
「7歳(2014年)」を含む「ワイズダン」の記事については、「ワイズダン」の概要を参照ください。


7歳(2020年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 16:15 UTC 版)

ケイティブレイブ」の記事における「7歳(2020年)」の解説

年明け初戦として4年連続出走となる1月29日川崎記念選択前年JBCクラシック優勝馬チュウワウィザード圧倒的支持集め中で2番人気推されたが、逃げの手打ったレースでは2周目の3コーナー早々に後退し6着に敗退鞍上森泰斗は「流れの割に頑張れなかったです」とコメントした。 次走は本馬所有する瀧本和義オーナー要望により、鞍上に初コンビとなる長岡禎仁迎えて2月23日フェブラリーステークス出走することが決定。同騎手デビュー9年目GI初騎となったが、長年調教本馬騎乗していることを踏まえて采配であったレースでは大きく人気を落とし出走馬中最低人気の単勝オッズ142.6倍での出走となったが、ハイペースの中で中団に位置取って直線では外から脚を伸ばし優勝した1番人気のモズアスコットには2馬身半差を付けられたものの2着入線鞍上長岡1986年以降デビューしたJRA騎手の中で史上7人目となる「中央GI初騎乗での3着以内」を達成した[出典無効]。レース後、長岡は「調教段階から馬とコミュケーションを取ってきたことが(2着に)つながったと思う。乗せていただき感謝しています」とコメント。それでも「あそこまで行ったら、勝ちたかったです」と悔しさ露わにしたが、瀧本オーナーは「長岡くんが完璧な騎乗をしてくれた。私にとっては勝った同然です」と喜んだ詳細第37回フェブラリーステークスを参照)。 その後は前走に引き続きマイル戦となる5月5日かしわ記念出走これ以降レースでも鞍上引き続き長岡務めることとなった。7頭立てながらモズアスコットルヴァンスレーヴといったメンバー揃い単勝オッズ中央勢でのブービー人気となる5番人気に留まった。レースではモズアスコット前に見る形で5番手に位置取り、4コーナーで内ラチ沿いを回って進出したものの、スローでの逃げ持ち込んでいた6番人ワイドファラオとの差を詰め切れず2馬身差の2着ゴール鞍上長岡は「瀧本オーナー杉山調教師杉山厩舎皆様には、こういう舞台立たせ頂いた事を感謝しています勝って恩返ししたかったのですが、勝てなかった事が残念です」とコメントした。 そして続くかしわ記念2着となった後、帝王賞出走大外スタートから序盤後方に位置取り道中位置取り押し上げていったが、直線では伸び欠き6着に敗れた

※この「7歳(2020年)」の解説は、「ケイティブレイブ」の解説の一部です。
「7歳(2020年)」を含む「ケイティブレイブ」の記事については、「ケイティブレイブ」の概要を参照ください。


7歳(2015年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 15:14 UTC 版)

サイモンロード」の記事における「7歳(2015年)」の解説

この年年初から名古屋記念 (SP1) 連覇梅見月杯 (SP1) 3連覇果たした梅見月杯ではスタートから先頭に立つ直後追走してきた1番人気のノゾミダイヤに4馬身の差をつけて圧勝し、実に地方重賞において7勝をあげ東海敵なしとなる。 しかし4月以降帝王賞出走 (JPN1) 10着、日本テレビ盃 (JPN2) 8着など、戦績振るわなくなる。 2015年、再び愛知県競馬の『優秀サラ系4歳馬以上』を受賞する

※この「7歳(2015年)」の解説は、「サイモンロード」の解説の一部です。
「7歳(2015年)」を含む「サイモンロード」の記事については、「サイモンロード」の概要を参照ください。


7歳(1997年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 08:14 UTC 版)

サクラローレル」の記事における「7歳(1997年)」の解説

2月28日、境が定年のため調教師引退サクラローレル騎手引退後調教師転身した小島太厩舎転厩する。境は「死ぬまで一度は有馬記念勝ちたい」と述べていたが、それは定年直前最後のチャンスサクラローレルによって叶えられていた。境はサクラチヨノオーサクラユタカオーサクラチトセオースリージャイアンツなどを管理してきた調教師人生振りかえり、サクラローレルをそれらを上回る最強」の馬、「これほど強い馬は初めて」だと評している。 有馬記念後は球節軽い骨折が判明して休養する。それにより、調整遅れたため、4月27日天皇賞(春)直行することとなった単勝オッズ2.1倍の1番人気であり、以下、有馬記念7着、阪神大賞典優勝から臨むマヤノトップガンが3.7倍、有馬記念2着産経大阪杯優勝から臨むマーベラスサンデー4.1であったスタートから中団を追走第3コーナー進出直線ではマーベラスサンデーとの競り合い制したが、マヤノトップガンかわされ1馬身半差の2着となった。(このレースの詳細第115回天皇賞を参照。) その後は、亡き全演植の夢だった凱旋門賞日本調教馬としては1969年スピードシンボリ1972年メジロムサシ1986年シリウスシンボリ続いて28年ぶり4頭目となる参戦目指した8月フランスへ移動しシャンティイ競馬場近く調教場滞在する鞍上武豊迎えて9月14日ロンシャン競馬場フォワ賞G3)に参戦、武は「ロンシャンコースの追い切りのつもりで乗ってきます」と述べていた。現地新聞23紙のうち、7紙で本命視され、現地人気単勝オッズ2.8倍の1番人気であったスタートから3、4番手追走したが、直線後退最下位8着で入線直後に、武は下馬。翌15日精密検査で、右前脚屈腱不全断裂判明した現地獣医師薬殺宣言したが、良太がそれを阻止している。凱旋門賞には出走せず、フランスで引退決定帰国した後の12月20日中山競馬場引退式が行われた。

※この「7歳(1997年)」の解説は、「サクラローレル」の解説の一部です。
「7歳(1997年)」を含む「サクラローレル」の記事については、「サクラローレル」の概要を参照ください。


7歳(1975年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 19:02 UTC 版)

ナオキ」の記事における「7歳(1975年)」の解説

天皇賞(秋)から約2か月休養経て2月8日中京競馬場オープンで復帰し後方待機から差し切り勝利。続く中京記念でもハイペースを自ら演出する逃げ見せて追い込むハシストームをアタマ退け中京記念2勝目挙げた。再び、天皇賞(春)目標に据えて叩き台として鳴尾記念出走負担重量59.5kgのトップハンデが課される中、2番人気推された。中位進み直線コース前を行く1番人気のクリオンワードを捕らえ追い上げるメジロジゾウに半馬身で4勝目挙げたレコードタイムでの優勝で、1966年制したエイトクラウン続いて母仔制覇となった目標であった天皇賞(春)キタノカチドキ単勝支持率50パーセント人気を集める中、6番人気で出走した先頭レース引っ張ったが、直線では余力なく8着に敗れた佐々木折り合いをつけることができなかったと回顧した1か月後の宝塚記念は、ニホンピロセダンに次ぐ2番人気出走した序盤からハナ奪って逃げスローペース刻み後方待機から追い込みを得意とするニホンピロセダンが第3コーナー2番手ま位置上げていた。ニホンピロセダンが迫るとナオキ加速し失速したニホンピロセダンをかわしたモアキャッスルなどを退けて、2馬身離して勝利した鳴尾記念と同様に、宝塚記念母仔制覇果たしたその後高松宮杯で4着と中京競馬場初め敗れ1番人気推され京都記念では11着に終わった5回目天皇賞挑戦となった天皇賞(秋)で7着に敗退後、左後肢の第一趾骨を骨折判明し競走馬引退した

※この「7歳(1975年)」の解説は、「ナオキ」の解説の一部です。
「7歳(1975年)」を含む「ナオキ」の記事については、「ナオキ」の概要を参照ください。


7歳(1966年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:48 UTC 版)

ネイティヴダイヴァー」の記事における「7歳(1966年)」の解説

年明け4回目のサンカルロスハンデに出走圧倒的な一番人気だったが、132ポンド斤量響いて1着のキューピッド(パウモノクハンデ勝ち)から9馬身離されての10着と大敗。続くサンパスカルハンデはキューピッドアタマ差で勝利2月のサンアントニオハンデではヒルライズに5馬身差を付けられての4着。 そして7歳にして初め西海岸前期最大の競走サンタアニタハンデキャップ出走主な対戦相手はヒルライズ・キューピッドの他に前年ケンタッキーダービー勝ち馬ラッキーデボネア(英語版)・前年のハリウッドダービー・マリブステークスなどに勝っているテリーズセクレト・この年エクリプス賞最優秀古馬?馬を受賞するボールドビダー英語版)など。レース最初から逃げ打ったが4コーナーキューピッドとラッキーデボネアにかわされ、ラッキーデボネアから2馬身差を付けられての3着に終わった。 ここで2か月休み取って5月のサンバーナーディノハンデから復帰。ここは快勝2着前年のこの競走勝ち馬リアルグッドディール。ところが陣営はわずか二日後のプレミエールハンデにネイティヴダイヴァー出走させる。130ポンド斤量こたえてスタートから全く行き足がつかず1着スレッジ64年のこの競走勝ち馬)から4馬身以上の差を付けられての7着に大敗10日後のロサンゼルスハンデでもプレミエールハンデ5着馬ナシャルコに1 1/2馬身差の4着に敗退。更に2週間後のカリフォルニアンステークスでは1着トラベルオーブから15馬身差の最下位14着と大敗が続く。 それでも休まずに2週間後のイングルウッドハンデに出走大敗続きにもかかわらず1番人気支持されていたが、これに答えて2着スレッジに6馬身差をつけての圧勝劇を見せて復活。この競走3勝目挙げた。更に2週間後のアメリカンハンデでは騎乗停止中のランバート代わってウィリアム・マホーニーに乗り替わるがトラベルオーブの2着敗れる。 そして連覇かかったハリウッド金杯出走この年対戦相手はトラベルオーブ・リアルグッドディールの他に、シネマハンデキャップの勝ち馬ドリンなどが相手になったスタートから逃げ打ったネイティヴダイヴァー道中でも差を広げていき、2着オハラに4 1/2馬身差をつけての圧勝。同競走史上初連覇達成した。 しかしたまった疲労隠せず、次走のサンセットハンデでは勝ったオハラから19馬身付けられての6着に完敗。さらに故障判明してこの年全休となった7歳時12戦4勝であった

※この「7歳(1966年)」の解説は、「ネイティヴダイヴァー」の解説の一部です。
「7歳(1966年)」を含む「ネイティヴダイヴァー」の記事については、「ネイティヴダイヴァー」の概要を参照ください。


7歳(2001年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 02:21 UTC 版)

レイズスズラン」の記事における「7歳(2001年)」の解説

新馬表記となり、7歳初戦初のGI挑戦となったフェブラリーステークス離され最下位終わる。3か月後の群馬記念逃げノボジャッククビ捕らえきれず2着惜敗。次走のステークスを3着とし、プロキオンステークス勝ったブロードアピールには離されたものの2着に入る。久々のレースとなった七夕賞最下位16着、その後ダートGIIIを5着、4着、7着とし、霜月ステークス11着に惨敗後、彩の国浦和記念出走、9頭立て7番人気の低評価覆し2週目向こう正面捲っていき3コーナー先頭に立つそのまま押し切り2着トーホウエンペラー1馬身半差をつけ優勝重賞2勝目手にした。次走、東京大賞典11着と惨敗終わる。

※この「7歳(2001年)」の解説は、「レイズスズラン」の解説の一部です。
「7歳(2001年)」を含む「レイズスズラン」の記事については、「レイズスズラン」の概要を参照ください。


7歳(2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 10:13 UTC 版)

ディバインシルバー」の記事における「7歳(2005年)」の解説

7歳初戦黒船賞ブービー11着に敗れてから一時不調に陥るクラスターカップ逃げるとエンゲルグレーセに交わされたが2着入り、同レース4年連続連対果たす。次走、越後ステークスハンデ57.5背負いながら2着張る。しかし、続く東京盃10着に敗れた

※この「7歳(2005年)」の解説は、「ディバインシルバー」の解説の一部です。
「7歳(2005年)」を含む「ディバインシルバー」の記事については、「ディバインシルバー」の概要を参照ください。


7歳 (2019年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 06:34 UTC 版)

ウェスタールンド」の記事における「7歳 (2019年)」の解説

骨折のため、約5ヶ月休養挟んで4月14日行われたアンタレスステークス北村友一騎乗出走単勝3.4倍の1番人気支持され直線では馬群中から追い込むも4着に敗れた。再び約7ヶ月間隔空け11月3日みやこステークス出走第3コーナー付近後方から上がっていき、直線3番手で迎えるもヴェンジェンスとの追い比べ敗れ、更に外からキングズガードに交わされ3着に敗戦した。12月1日チャンピオンズカップに再び出走。6番人気に支持され直線好位から追い上げたが9着に敗れた

※この「7歳 (2019年)」の解説は、「ウェスタールンド」の解説の一部です。
「7歳 (2019年)」を含む「ウェスタールンド」の記事については、「ウェスタールンド」の概要を参照ください。


7歳(2012年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 23:02 UTC 版)

アーネストリー」の記事における「7歳(2012年)」の解説

初戦大阪杯では中団に控える形となった直線伸びず6着となった鳴尾記念道中最後追走直線伸び欠き5着に敗れた連覇かかった6月24日宝塚記念では4コーナーで一旦先頭に立つも7着に敗れた。 秋は天皇賞(秋)金鯱賞有馬記念出走したが、いずれも勝ち馬から1秒以上離され2桁着順終わった2013年1月9日に登録を抹消され種牡馬となることが発表された

※この「7歳(2012年)」の解説は、「アーネストリー」の解説の一部です。
「7歳(2012年)」を含む「アーネストリー」の記事については、「アーネストリー」の概要を参照ください。


7歳(2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 23:29 UTC 版)

トーキングドラム (競走馬)」の記事における「7歳(2017年)」の解説

年明け新春ステークス1400m)を勝利し、7歳にしてオープン入り果たすと、重賞初挑戦となった阪急杯では直線最内突いて鋭く抜け出し追いすがるヒルノデイバローをアタマ退けて勝利を挙げたその後初のGⅠ出走となった高松宮記念筆頭に重賞戦線主として出走した

※この「7歳(2017年)」の解説は、「トーキングドラム (競走馬)」の解説の一部です。
「7歳(2017年)」を含む「トーキングドラム (競走馬)」の記事については、「トーキングドラム (競走馬)」の概要を参照ください。


7歳(1993年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 09:50 UTC 版)

ミホノビヤクエイ」の記事における「7歳(1993年)」の解説

7歳初戦昨年自身勝った新春賞。しかし過去勢い無く、カモガミライデンの6着。その後スポニチ新聞社賞、サンスポ賞で成績を収めることができなかった。以降名古屋競馬移籍するも、初戦クリスタルカップ(中央競馬のものとは別)ではイナズマガッサンの5着、二度に渡る特別競走でも入着止まり新天地においてミホノビヤクエイが再び花開くことはなかった。結局二度目特別競走この年最後のレースとなり、その後1年戦線から姿を消すこととなる。

※この「7歳(1993年)」の解説は、「ミホノビヤクエイ」の解説の一部です。
「7歳(1993年)」を含む「ミホノビヤクエイ」の記事については、「ミホノビヤクエイ」の概要を参照ください。


7歳(2009年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:51 UTC 版)

ワンダースピード」の記事における「7歳(2009年)」の解説

明け7歳の初戦1月25日平安ステークスであったレースゴール前で先行逃げ切り図らんとするエスポワールシチー捉えて差し切り勝ち、重賞3勝目挙げたその後3月25日名古屋大賞典出走したが、後方からの追撃及ばず2着終わったその後連覇をかけて4月26日アンタレスステークス1番人気出走道中5番手でレース進めたが、逃げウォータクティクス捕らえることができず2着敗れた。続く5月24日東海ステークスでは3番手でレース進め最後の直線一気抜け出し快勝重賞4勝目挙げた。しかし、帝王賞出走回避した休養挟んで10月3日シリウスステークス1番人気出走。このレースには半弟ワンダーアキュート出走し兄弟対決となったレースは中団待機策も直線伸び切れずワンダーアキュートの5着に敗れ軍配は弟に上がった。続くJBCクラシックでは3着と好走した。続くジャパンカップダートでは先団追走失速しブービー15着に終わったその後連覇をかけて挑んだ名古屋グランプリでは惜しくも2着だった。

※この「7歳(2009年)」の解説は、「ワンダースピード」の解説の一部です。
「7歳(2009年)」を含む「ワンダースピード」の記事については、「ワンダースピード」の概要を参照ください。


7歳(2017年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 07:22 UTC 版)

ソルテ」の記事における「7歳(2017年)」の解説

1月11日2016年NARグランプリ発表され年度代表馬選ばれるまた、4歳以上最優秀牡馬最優秀短距離馬トリプル受賞となった。4か月休み明けとなったフジノウェーブ記念59背負わされたのが利いたのか10着と大敗するその後怪我をし休養に入る。9か月ぶりのレースとなったゴールドカップ出走2番手の追走から4コーナー先頭に立つと、直線でもしぶとい粘り発揮しアタマ差で重賞10勝目挙げた。 このレース最後に引退し12月27日大井競馬場引退式が行われ、主戦吉原は「一緒に夢を見れたことが一生の宝物」と語った

※この「7歳(2017年)」の解説は、「ソルテ」の解説の一部です。
「7歳(2017年)」を含む「ソルテ」の記事については、「ソルテ」の概要を参照ください。


7歳(2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 08:43 UTC 版)

アスカクリチャン」の記事における「7歳(2014年)」の解説

同年日経賞から復帰したが8着に終わったその後天皇賞(春)18着、目黒記念10着、函館記念11着と二桁着順続いた不振から抜け出すためにダート重賞エルムステークス使った12着に敗れた。 そして新潟記念6着、オールカマー12着と2戦使って迎えた天皇賞(秋)では、優勝したスピルバーグから4秒2、17着のトーセンジョーダンからも3秒2も離され18着に敗れたゴール後、騎乗していた三浦皇成異変感じ、すぐに下馬診療所診察した結果レース中に左後肢の繋靱帯断裂発症していたことが判明競走能力喪失診断され事実上引退決まり11月12日付で競走馬登録を抹消された。

※この「7歳(2014年)」の解説は、「アスカクリチャン」の解説の一部です。
「7歳(2014年)」を含む「アスカクリチャン」の記事については、「アスカクリチャン」の概要を参照ください。


7歳(2007年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:53 UTC 版)

マイネサマンサ」の記事における「7歳(2007年)」の解説

7歳になり、連覇狙った京都牝馬ステークス逃げた14着と惨敗終わる。引退レースとなった中山牝馬ステークス道中は無理せず後方待機から、4コーナー追い出される一気に前を捕らえウイングレットクビ差交わして有終の美飾ったその後予定通り3月15日付で競走馬登録を抹消し引退となった

※この「7歳(2007年)」の解説は、「マイネサマンサ」の解説の一部です。
「7歳(2007年)」を含む「マイネサマンサ」の記事については、「マイネサマンサ」の概要を参照ください。


7歳(2019年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 09:57 UTC 版)

シュヴァルグラン」の記事における「7歳(2019年)」の解説

6歳での現役引退予定撤回し引き続きボウマン鞍上ドバイシーマクラシックから始動する迎えた本番では5番手に位置取り直線では力強く伸びたものの粘るオールドペルシアンに1馬身半及ばず2着となった。なお、このレースの前に行われたドバイターフでは半妹ヴィブロスアーモンドアイ2着入っており、兄妹揃って好走となったその後キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス鞍上オイシン・マーフィー参戦することが決まりイギリス遠征凱旋門賞連覇などGI8勝のエネイブル前年の本レース2着馬でプリンスオブウェールズSを勝って臨んできたクリスタルオーシャンなど欧州のトップホース達との対戦となったが、前日影響で稍重となった馬場合わず6着に敗れた。 次走には2005年ゼンノロブロイ以来史上2頭目日本馬出走となるインターナショナルステークス選択。前走に引き続き鞍上オイシン・マーフィー臨んだレースでは好スタートから5・6番手位置取ったが、スローペースからの瞬発力勝負となったレース展開の中で伸びきれず、パリ大賞典勝ち馬ジャパンの8着に終わった海外転戦していた本馬であったが、次走は前年有馬記念以来国内戦で、2度目優勝を狙う第39回ジャパンカップ出走ジャパンカップ史上初めて外国馬参戦無かったものの、2016 - 2018年ダービー馬や2018年大阪杯勝ち馬スワーヴリチャードなどが出走決めランフランコ・デットーリをはじめとする外国人騎手来日騎乗注目集めたレースで、本馬クリストフ・スミヨンとの初コンビ挑んだが、レースでは見せ場をつくることができずに9着に敗退鞍上スミヨンは「どうコメントした良いのか難しいです」と述べた11月28日管理調教師友道康夫から次走の第64回有馬記念以って現役引退し翌年からブリーダーズ・スタリオン・ステーションにて種牡馬入りすることが発表された公開枠順抽選会では馬主佐々木大外16番を引き「狙ってました」とコメントするなど話題となった12月22日有馬記念には、かつての主戦である福永鞍上迎えて出走出走馬16頭中14番人気となったが、レースではハイペースの中後方待機すると、最後の直線追い込みアーモンドアイ(9着)などに先着する6着で入線福永は「最後ファイトしてくれた。よく頑張った」とコメント友道康夫調教師は「無事に走りきってくれて良かった今年海外でいい経験をさせてもらった子供海外に行けたらいいですね」と語ったその後12月25日付でJRA競走馬登録を抹消した

※この「7歳(2019年)」の解説は、「シュヴァルグラン」の解説の一部です。
「7歳(2019年)」を含む「シュヴァルグラン」の記事については、「シュヴァルグラン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「7歳」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「7歳」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「7歳」の関連用語

7歳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



7歳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメイショウトウコン (改訂履歴)、ブルドッグボス (改訂履歴)、エンパイアペガサス (改訂履歴)、ナイキハイグレード (改訂履歴)、レマーズガール (改訂履歴)、コパノリッキー (改訂履歴)、ロゴタイプ (競走馬) (改訂履歴)、エアスピネル (改訂履歴)、ニホンピロサート (改訂履歴)、デンコウアンジュ (改訂履歴)、ドリームジャーニー (改訂履歴)、ヨシオ (改訂履歴)、ネイチャーストリップ (改訂履歴)、ミトラ (競走馬) (改訂履歴)、インカンテーション (改訂履歴)、クリソライト (改訂履歴)、ノボバカラ (改訂履歴)、ブラックタイド (改訂履歴)、コスモバルク (改訂履歴)、ナリタセンチュリー (改訂履歴)、カミノクレッセ (改訂履歴)、ステキシンスケクン (改訂履歴)、グリーングラス (改訂履歴)、ダイワマッジョーレ (改訂履歴)、オールブラッシュ (改訂履歴)、ノブワイルド (改訂履歴)、アイフル (競走馬) (改訂履歴)、レーザーバレット (改訂履歴)、ジュウジアロー (改訂履歴)、マカヒキ (競走馬) (改訂履歴)、ワイズダン (改訂履歴)、ケイティブレイブ (改訂履歴)、サイモンロード (改訂履歴)、サクラローレル (改訂履歴)、ナオキ (改訂履歴)、ネイティヴダイヴァー (改訂履歴)、レイズスズラン (改訂履歴)、ディバインシルバー (改訂履歴)、ウェスタールンド (改訂履歴)、アーネストリー (改訂履歴)、トーキングドラム (競走馬) (改訂履歴)、ミホノビヤクエイ (改訂履歴)、ワンダースピード (改訂履歴)、ソルテ (改訂履歴)、アスカクリチャン (改訂履歴)、マイネサマンサ (改訂履歴)、シュヴァルグラン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS