乗馬とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 乗馬 > 乗馬の意味・解説 

じょう‐ば【乗馬】

読み方:じょうば

馬に乗ること。「—クラブ

乗用の馬。のりうま。「愛用の—」

「乗馬」に似た言葉

じょう‐め【乗馬】

読み方:じょうめ

じょうば(乗馬)


のり‐うま【乗(り)馬】

読み方:のりうま

乗用の馬。

馬に乗ること。騎乗じょうば


乗馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/06 13:42 UTC 版)

乗馬(じょうば、イギリス英語:horse riding、アメリカ英語:horseback riding)とは、に乗ること[1][2][3]。馬に乗るという行為全般。あるいは、(「乗(り)馬」(のりうま)と読む場合は)乗るための馬[1][2]。つまり乗用馬のこと。 移動のため、戦争のため、狩りのため、牧畜のため、気晴らしのため、競技をするためなど、様々な目的のために人々は馬に乗るという行為を行っている。本記事では馬に乗るという行為を主に解説し、乗るための馬(乗用馬)は末尾で解説する。


注釈

  1. ^ 紀元前数千年のころの古代エジプト時代にファラオがチャリオット(戦車)(馬の背に乗るのではなく、あくまで人は車に立ち、その車を馬にひかせるもの)を用いて戦うことは行われていて、その壁画も残されているが、人が馬の背に乗っている壁画は残されていない。
  2. ^ 1871年(明治4年)6月5日許可[7]

出典

  1. ^ a b 広辞苑
  2. ^ a b デジタル大辞泉. “乗馬”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年9月6日閲覧。
  3. ^ 大辞林
  4. ^ Robert DrewsEarly, Riders: The Beginnings of Mounted Warfare in Asia and Europe.
  5. ^ 週刊朝日ムック 『歴史道 vol.2[完全保存版] 江戸の暮らしと仕事大図鑑』 朝日新聞出版 2019年 93頁
  6. ^ 週刊朝日ムック 『歴史道 vol.2[完全保存版] 江戸の暮らしと仕事大図鑑』 朝日新聞出版 2019年 57頁
  7. ^ 岩波書店編集部『近代日本総合年表』1968年11月、46頁
  8. ^ H25年度馬関係資料 - 乗用馬関係 (PDF)”. 農林水産省. 2014年9月3日閲覧。[リンク切れ]


「乗馬」の続きの解説一覧

乗馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 23:56 UTC 版)

ソード・ワールドRPGリプレイ第1部」の記事における「乗馬」の解説

盗賊たち狂詩曲内のシーン。馬に乗ろうとして、同乗していたダバールとともに落馬した

※この「乗馬」の解説は、「ソード・ワールドRPGリプレイ第1部」の解説の一部です。
「乗馬」を含む「ソード・ワールドRPGリプレイ第1部」の記事については、「ソード・ワールドRPGリプレイ第1部」の概要を参照ください。


乗馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/07 01:12 UTC 版)

ラドベルゲン」の記事における「乗馬」の解説

1948年に乗馬を愛好するラドベルゲン住民集まりラドベルゲン育種・乗馬・騎馬クラブ e.V.が設立された。現在、シューレンブルガー・ヴェーク沿道屋内および屋外乗馬場をその所在地としている。

※この「乗馬」の解説は、「ラドベルゲン」の解説の一部です。
「乗馬」を含む「ラドベルゲン」の記事については、「ラドベルゲン」の概要を参照ください。


乗馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 05:42 UTC 版)

メルキッシャー郡」の記事における「乗馬」の解説

メルキッシャー郡の乗馬センターバルヴェにあり、ここでは毎年国際的に最も重要な乗馬大会1つ「バルヴェ・オプティムム」が開催される。またドイツ騎手協会名誉会長ディーター・フォン・ランツベルク=フェーレンの故郷でもあるこの他重要な乗馬クラブとしては、イーザーローン乗馬協会ヘーマーのエーデルブルク乗馬協会がある。レントリッヒャー・ライト・ウント・ファールフェライン・マイネルツハーゲンのジュニア感銘深い成功誇っている。 乗馬クラブは、メルキッシャー郡騎手協会組織されている。 メルキッシャー郡出身の最も成功した騎手が、イーザーローン乗馬クラブキャリア開始しオリンピック団体2度優勝し個人でも銀メダル獲得したハリー・ボルト(ドイツ語版英語版)である。彼は選手としてのキャリア終えた後、ドイツチームトレーナーとしてさらに重要な成功重ねた

※この「乗馬」の解説は、「メルキッシャー郡」の解説の一部です。
「乗馬」を含む「メルキッシャー郡」の記事については、「メルキッシャー郡」の概要を参照ください。


乗馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 05:52 UTC 版)

ヘルボルン」の記事における「乗馬」の解説

ライターフェライン・ヘルボルン(ヘルボルン騎馬協会)は1946年に、戦後最初にアメリカ占領軍政府から乗馬スポーツ再開許可取得した乗馬クラブである。当時乗馬は「軍事的」であると考えられていたのである1947年10月5日ヘッセン最初の試合ヘルボルン開催された。1952年、ドイツ・オリンピアード委員会の全選手試合参加したスポンサーは、ハース&ゾーン社の「ヘルボルン蹄鉄」やヘルボルナー・ポンプ工場の「噴水跳躍」といった新し障害創り出した。「ヘルボルン試合重要性注目とを獲得したヘッセン放送ドイツ語版)は試合会場から直接報道行った70人分用意された記者席レポーター入りきらなかった。その中にはドイツ最大の日刊紙記者もいた。」1964年ヘルボルン障害飛越競技馬場馬術ドイツ選手権開催された。1970年代優勝者は特別栄誉賞として、メキシコでの試合参加することができた。14日間メキシコ旅行にはファーストクラス提供された。優勝者1人がヨーゼフ・ネッカーマン(ドイツ語版英語版であったヘルボルンでの試合にはたとえば、ハンス・ギュンター・ヴィンクラー(ドイツ語版英語版)(ライターフェライン・ヘルボルンはの名誉会員)、ヨーゼフ・ネッカーマン、フリッツ・ティーデマン(ドイツ語版英語版)、ヘルガ・ケーラー、アルヴィン・ショッケメーレ、パウル・ショッケメーレ(ドイツ語版英語版)、フーゴ・ジーモン(ドイツ語版英語版)、ゲルト・ヴィットファング(ドイツ語版英語版)、フランケ・シュローターク(ドイツ語版英語版)らがいた。ライターフェライン・ヘルボルンは専門ポロ部門有するドイツ唯一の乗馬クラブである。2009年からベーレン室内ポロ・トーナメントを開催している。

※この「乗馬」の解説は、「ヘルボルン」の解説の一部です。
「乗馬」を含む「ヘルボルン」の記事については、「ヘルボルン」の概要を参照ください。


乗馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 07:14 UTC 版)

イザベル・ワース」の記事における「乗馬」の解説

ワース1992年から2000年間のすべての競技においてジゴロ号に乗った近年最高レベルの2頭、ワルムニヒト号とサッチモ号に乗っている2008年北京オリンピックではサッチモ号で出場した

※この「乗馬」の解説は、「イザベル・ワース」の解説の一部です。
「乗馬」を含む「イザベル・ワース」の記事については、「イザベル・ワース」の概要を参照ください。


乗馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 06:01 UTC 版)

宇津井健」の記事における「乗馬」の解説

早稲田大学入学直後新宿颯爽と馬に乗る同大学の馬術部員に惹かれ馬術部入部以来乗馬歴60年に及び、乗馬技術のみならず馬の習性・乗馬用具も造詣が深く日本の俳優の中でも屈指の馬術達人一人として挙げられている。上述の通り、乗馬のおかげで主演早々に得るなど、「役者として幸運なスタート切れたのも、ひとえに乗馬のおかげ」と語っている。映画テレビドラマで乗馬のシーンでは愛馬持ち込み撮影に臨むほどで、『武田信玄 (NHK大河ドラマ)』の第四回川中島の戦いでは、愛馬駆っているシーン観ることができる。 自身の愛馬アメリカ合衆国アラビアから輸入したものを自ら調教し暇さえあれば愛馬預けてある山梨県牧場に通っていた。70歳時に妻が病気になったため、愛馬手放し、一旦乗馬を止めたが、2011年11月22日放送されドキュメンタリー番組旅のチカラ宇津井健80歳 馬上人生過ぐ」』(NHKBSプレミアム)では10年ぶりに乗馬をした。かつて輸入したかったが、いろいろな障害愛馬にできずに断念した念願のアンダルシア馬で、1泊2日の乗馬旅をしている。馬肉食しお皿の上に乗っかっている物を可哀想がっても仕方ないおいしく頂く事が供養だ」と語っていた。

※この「乗馬」の解説は、「宇津井健」の解説の一部です。
「乗馬」を含む「宇津井健」の記事については、「宇津井健」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「乗馬」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

乗馬

出典:『Wiktionary』 (2021/07/27 14:50 UTC 版)

名詞・サ変動詞

じょうば

  1. 馬に乗ること。
  2. 乗用馬

活用

サ行変格活用
乗馬-する

関連語

翻訳


「乗馬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



乗馬と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

乗馬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乗馬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乗馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのソード・ワールドRPGリプレイ第1部 (改訂履歴)、ラドベルゲン (改訂履歴)、メルキッシャー郡 (改訂履歴)、ヘルボルン (改訂履歴)、イザベル・ワース (改訂履歴)、宇津井健 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの乗馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS