狩りとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 狩り > 狩りの意味・解説 

かり【狩(り)/猟】

読み方:かり

山野鳥獣追いかけて捕らえること。猟(りょう)。狩猟。《 冬》「弓張や—に出る子のかげぼふし/嘯山」

接尾語的に用い、「がり」と濁る)

魚介類をとること。「潮干—」

山野植物観賞採集すること。「まつたけ—」「もみじ—」

追いたて捕らえること。「山—」「魔女—」

[補説] 作品名別項。→かり


かり【狩/狩り】


狩り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

狩り

作者リチャード・レイモン

収載図書
出版社扶桑社
刊行年月1992.5
シリーズ名扶桑社ミステリー


狩り

作者スタニスワフ・レム

収載図書宇宙飛行士ピルクス物語
出版社早川書房
刊行年月2008.9
シリーズ名ハヤカワ文庫SF


狩猟

(狩り から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/15 05:25 UTC 版)

狩猟(しゅりょう、: hunting)とは、野生動物、主に鳥類哺乳類を捕獲する人間の行為のことである。


注釈

  1. ^ 米国では、弓矢としては、「コンパウンド・ボー」と呼ばれる、滑車つきのアーチェリーがさかんに使われている。
  2. ^ 一休とんち話に殺生を禁ずる寺院において仏具に獣皮が使われていることを皮肉る挿話がある。
  3. ^ ハーフライフル銃身のサボット弾専用散弾銃

出典

  1. ^ a b 鳥獣保護管理と狩猟”. 野生鳥獣の保護管理. 環境省. 2012年9月4日閲覧。
  2. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 70–72.
  3. ^ a b c 『野生動物管理のための狩猟学』pp.34-42
  4. ^ a b c d 『野生動物管理のための狩猟学』pp.42-52
  5. ^ a b 『野生動物管理のための狩猟学』pp.61-69
  6. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』pp.69-76
  7. ^ 消えゆくゾウたち - アフリカゾウの危機(Elephants in the Dust-The African Elephant Crisis)』トラフィックイーストアジアジャパン 2015年6月15日閲覧。
  8. ^ U.S. Fish and Wildlife Service (2011年). “2011 National Survey of Fishing, Hunting, and Wildlife-Associated Recreation (PDF)”. 2012年9月4日閲覧。
  9. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』pp.52-61
  10. ^ 『動物の権利入門』 74-76頁
  11. ^ a b 『野生動物管理のための狩猟学』p.6
  12. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』p.7
  13. ^ 『野生動物管理 -理論と技術-』p.11
  14. ^ a b 『野生動物管理のための狩猟学』p.8
  15. ^ 『暮らしと生業 ひと・もの・こと 2』p.162
  16. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』p.9
  17. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』p.10
  18. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』pp.11-13
  19. ^ 田口洋美「マタギ―日本列島における農業の拡大と狩猟の歩み―」『地学雑誌』第113巻第2号、2004年、 191-202頁。
  20. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』p.14
  21. ^ 暴発狩猟 山仕事は命がけ 負傷、大半は住民 しいられる自衛策 資格きびしくしたい 警察庁『朝日新聞』1970年(昭和45年)11月10日 12版 23面
  22. ^ TWINとは?”. The Women In Nature. 2013年3月27日閲覧。
  23. ^ 大日本猟友会 2012.
  24. ^ ワシ類の鉛中毒対策について”. 環境生活部 自然環境課. 北海道庁. 2012年12月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月27日閲覧。
  25. ^ スー・ドナルドソン、ウィル・キムリッカ 『人と動物の政治共同体』尚学社、2017年。 
  26. ^ 『動物の権利入門』 88頁


「狩猟」の続きの解説一覧

狩り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 23:27 UTC 版)

グンタイアリ」の記事における「狩り」の解説

幼虫育成期激しい狩りをおこない周辺アリ埋め尽くされるほどの数の隊列組み時速1キロメートルほどのスピード行軍する隊列長さは実に20メートルにも及ぶ。しかし幼虫育ち終わり、雌アリ産卵期に入ると倒木石の下などにしばらく定住して活動するようになり、狩りもずっと小規模なものに落ち着く。また狩りの時間午前中と日が落ちててからに限られる気温上がる時間帯匂い蒸発してしまい、行軍帰巣ができなくなるためである。 狩りの対象行軍途中発見した昆虫爬虫類・鳥類などが主であるが、つながれていたり、病気動けないような場合には牛や馬など大型動物食い殺すことがある人間襲われることがあり、かみつかれると痛みを伴う無理に引き剥がそうとする皮膚切れて出血してしまう場合があるので注意を要する。ただしヒメサスライアリ亜科日本の西表島にいるものも含む)は先に述べたようにアリ専食であり、またグンタイアリ亜科サスライアリ亜科と比べて噛む力が弱いので人間など大型動物皮膚貫けないため危険はないといえるグンタイアリ恐ろしさ大顎による噛傷もだが、腹部先端刺針刺傷もであり、働きアリにも兵アリにも毒を含んだ針がある。一体一体の毒性はそう強くないものの、相手食らいついた場合には何度もしつこく刺してきて、これに集団による執拗な攻撃というものが加わって獲物痛打与えて参らせていくのに充分なを持っている。 グンタイアリ害虫食べ尽くしてくれるので、グンタイアリ亜科生息する南米地域では益虫としての面もある。また、苦手な相手としてハキリアリがいて、海野和男の『大昆虫記』(福音館書店)によると、ハキリアリ相手には負けてしまうという。

※この「狩り」の解説は、「グンタイアリ」の解説の一部です。
「狩り」を含む「グンタイアリ」の記事については、「グンタイアリ」の概要を参照ください。


狩り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 03:20 UTC 版)

オオカミ」の記事における「狩り」の解説

オオカミ肉食で、シカイノシシ野生のヒツジヤギバイソンなどの有蹄類ウサギ齧歯類などの小動物狩る。餌が少ないと人間生活圏家畜残飯食べたりする。シカなどの大きな獲物を狩る時は群れ行動して健康体狩る場合もあるが、通常長時間追跡行い獲物群れのうち弱い個体病気高齢幼体)を捕まえることが多い。捕らえた獲物先に食べるのは上位個体である。 カナダ太平洋岸ブリティッシュコロンビア州ではサケ捕食していることが糞サンプル判明しているほか、サケ遡上しないその沖合離島では海岸付近甲殻類ニシンの卵、漂着したクジラ死骸などを餌としている。 最高速度時速70キロメートルなら20分間、時速30キロメートル前後なら7時間以上獲物追い回す事ができる。追いかける途中で諦める事が多くリカオン などと比べると諦めやすい性格といえる狩猟成功率生息密度環境左右されるアラスカデナリ国立公園1977年カリブー仕留めようと追いかけ回数16回であり、そのうち殺したのが9頭で成功率56%という報告例がある。1972年オンタリオ[どこ?]では35獲物狙い定めそのうちの16頭の鹿を殺す事に成功している所が観察された。

※この「狩り」の解説は、「オオカミ」の解説の一部です。
「狩り」を含む「オオカミ」の記事については、「オオカミ」の概要を参照ください。


狩り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 16:04 UTC 版)

カリュドーンの猪」の記事における「狩り」の解説

狩りは、メレアグロス案にしたがい各人数歩ずつの間隔置いて半円形描きがねぐらとする入っていった。。バッキュリデースによれば、狩りは6日間つづいた飛び出すと、たちまち二人狩人殺し、さらに一人押し倒してその足を不自由にした。襲われネストール木に登って難を逃れたイアーソーンたちが投げつけたが、みな外れイーピクレースがかろうじて肩にかすり傷負わせただけだったテラモーンペーレウス進み出たところ、テラモーン木の根つまずいて転んだペーレウステラモーン抱き起こそうするところ突進してきた。アタランテー矢を放つと、の耳の後ろに突き刺さりはいった逃げたアンカイオス笑ってそんなこと退治できるものか。俺の腕前を見るがいい」といって前に立ちはだかり、戦斧振り下ろそうとしたが、の方速くアンカイオスは腹をえぐられ最期を遂げたペーレウス動転して投げつけ槍の手元狂ってエウリュティオーン殺してしまった。アムピアラーオス猪の目射抜くと、やみくもに突進しテーセウス突っかかってきた。テーセウス投げた逸れたが、このときメレアグロス投げた脇腹貫いた突き刺さった外そうと、ぐるぐる回っているところをメレアグロスは再び手槍でとどめを刺した

※この「狩り」の解説は、「カリュドーンの猪」の解説の一部です。
「狩り」を含む「カリュドーンの猪」の記事については、「カリュドーンの猪」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「狩り」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

狩り

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 03:58 UTC 版)

和語の漢字表記

(かり)

  1. かりを参照

「狩り」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



狩りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

狩りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



狩りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの狩猟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのグンタイアリ (改訂履歴)、オオカミ (改訂履歴)、カリュドーンの猪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの狩り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS