狩りとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 狩り > 狩りの意味・解説 

かり【狩/狩り】

[一](狩)俳句雑誌昭和53年1978)、鷹羽狩行主宰により創刊

[二](狩り)《原題、(ドイツ)Jagd》モーツァルト弦楽四重奏曲17変ロ長調通称1784年作曲。「ハイドン四重奏曲」中の第4作。通称は狩りの角笛に似た音型があることに由来する。

[三](狩り)《原題、(フランス)La Chasseハイドン交響曲73ニ長調通称。全4楽章通称は、自作歌劇から狩りの場面描写した序曲を、第4楽章転用したことに由来する。


かり【狩(り)/猟】

山野鳥獣追いかけて捕らえること。猟(りょう)。狩猟。《 冬》「弓張や―に出る子のかげぼふし/嘯山」

接尾語的に用い、「がり」と濁る)

魚介類をとること。「潮干―」

山野植物観賞採集すること。「まつたけ―」「もみじ―」

追いたてて捕らえること。「山―」「魔女―」

[補説] 作品別項。→かり


狩り

読み方:かり

ラ行五段活用動詞狩る」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

狩り

作者リチャード・レイモン

収載図書
出版社扶桑社
刊行年月1992.5
シリーズ名扶桑社ミステリー


狩り

作者スタニスワフ・レム

収載図書宇宙飛行士ピルクス物語
出版社早川書房
刊行年月2008.9
シリーズ名ハヤカワ文庫SF


狩猟

(狩り から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/01 16:00 UTC 版)

狩猟(しゅりょう、: hunting)とは、野生動物、主に鳥類哺乳類を捕獲する人間の行為のことである。


注釈

  1. ^ 米国では、弓矢としては、「コンパウンド・ボー」と呼ばれる、滑車つきのアーチェリーがさかんに使われている。
  2. ^ 一休とんち話に殺生を禁ずる寺院において仏具に獣皮が使われていることを皮肉る挿話がある。
  3. ^ ハーフライフル銃身のサボット弾専用散弾銃

出典

  1. ^ a b 鳥獣保護管理と狩猟”. 野生鳥獣の保護管理. 環境省. 2012年9月4日閲覧。
  2. ^ トゥーサン=サマ 1998, pp. 70-72.
  3. ^ a b c 『野生動物管理のための狩猟学』pp.34-42
  4. ^ a b c d 『野生動物管理のための狩猟学』pp.42-52
  5. ^ a b 『野生動物管理のための狩猟学』pp.61-69
  6. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』pp.69-76
  7. ^ 消えゆくゾウたち - アフリカゾウの危機(Elephants in the Dust-The African Elephant Crisis)』トラフィックイーストアジアジャパン 2015年6月15日閲覧。
  8. ^ U.S. Fish and Wildlife Service (2011年). “2011 National Survey of Fishing, Hunting, and Wildlife-Associated Recreation (PDF)”. 2012年9月4日閲覧。
  9. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』pp.52-61
  10. ^ 『動物の権利入門』 74-76頁
  11. ^ a b 『野生動物管理のための狩猟学』p.6
  12. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』p.7
  13. ^ 『野生動物管理 -理論と技術-』p.11
  14. ^ a b 『野生動物管理のための狩猟学』p.8
  15. ^ 『暮らしと生業 ひと・もの・こと 2』p.162
  16. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』p.9
  17. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』p.10
  18. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』pp.11-13
  19. ^ 田口洋美「マタギ―日本列島における農業の拡大と狩猟の歩み―」『地学雑誌』第113巻第2号、2004年、 191-202頁。
  20. ^ 『野生動物管理のための狩猟学』p.14
  21. ^ TWINとは?”. The Women In Nature. 2013年3月27日閲覧。
  22. ^ 大日本猟友会 2012.
  23. ^ ワシ類の鉛中毒対策について”. 環境生活部 自然環境課. 北海道庁. 2012年12月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月27日閲覧。
  24. ^ スー・ドナルドソン、ウィル・キムリッカ『人と動物の政治共同体』尚学社、2017年。
  25. ^ 『動物の権利入門』 88頁


「狩猟」の続きの解説一覧

狩り

出典:『Wiktionary』 (2020/02/20 14:18 UTC 版)

漢字混じり表記

(かり)

  1. かり参照



狩りと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「狩り」の関連用語

狩りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



狩りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2021 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの狩猟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの狩り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS