振りとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 振りの意味・解説 

ふり 振り・風

[0][2]
振ること。振り方バットの-が鈍い
動作仕方様子また、姿・容姿。 知らない-をする 腰附、肩附、歩く-/歌行灯 鏡花 天性-よく見事に生(そだち)たるのごとし/耳塵集
踊りのしぐさ。また、歌舞伎などで、俳優所作 -を付け
料理屋遊女屋などで、紹介予約のないこと。 -の客
女物和服の袖の、袖付け止まりから袖下までの縫い合わせてない部分
方位角度をずらすこと。また、ずれていること。振れ建ては建てたが、ちつくり笠に-がある/浄瑠璃一谷嫩軍記
下帯猿股などをつけてないこと。 帯ひろ前の-になつて居るやうな/志都能石屋
分担負担させること。 そんならなほしてそつちが-だぞ/洒落本三人酩酊
振り売り」の略。 織る笠を市に-する(羽笠)冬の日
振袖」の略。また、振袖新造」の略。 片町の-を内へ呼び入/浄瑠璃夕霧阿波鳴渡
振り回し」の略。 借銀かさみ、次第に-につまり浮世草子永代蔵 6
接尾
助数詞
振る動作回数を表すのに用いる。 バット一-二-してからバッターボックスに立つ
刀剣数えるのに用いる。 太刀一-を贈る

ぶり 振り・風

名詞またはそれに準ずる語の下に付いて複合語をつくる。
状態・動作仕方あり方を表す。 勉強 歩きっぷり 男っぷり 飲みっぷりのようにっぷりとなることがある
数量を表す語に付いて、分量それだけに相当することを表す。 大- 五軒-もある家/鹿狩 独歩
時間を表す語に付いて、それだけ時間経過して、再び同じ状態になることを表す。 五年-の帰郷 三日-の晴天
歌・和歌曲調調子を表す。 万葉
古代歌謡、特に雅楽寮に伝わる歌曲曲名を表す。多く歌詞冒頭の語に付ける。 天田あまだ)-/古事記 下訓


振り

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

振り


ふり【振り】

幹模様

振り

読み方:ふり

  1. 身振表情で、浄瑠璃につれてやるもの。

分類 演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

振り

出典:『Wiktionary』 (2018/11/13 05:43 UTC 版)

漢字混じり表記

(ふり)

  1. ふり」を参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「振り」の関連用語

振りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



振りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
産業技術総合研究所産業技術総合研究所
Copyright © 2000-2020 , 独立行政法人 産業技術総合研究所
デジタルものづくり研究センター加工技術データベース
盆栽用語集盆栽用語集
Copyright 2020, Kindai Shuppan co.,ltd.
近代出版盆栽用語集
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの振り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS