バットとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > バット > バットの意味・解説 

バット【BAT】


バット【vat】

浅い箱形容器ステンレス製・プラスチック製・琺瑯(ほうろう)引きなどがあり、料理写真現像などで用いる。


バット【Bat】


バット【bat】


バット【bat】

野球などで、球を打つ木製または金属製の棒。

卓球で、ラケットのこと。


ばっ‐と

[副]

勢いよく広げるさま。また、一気広がるさま。「をばっとぶちまける」「うわさがばっと広まる」

勢いよくまた、すばやく動くさま。「ばっと集まる」「ばっと駆け出す

はでで人目につくさま。

万事上嵩(うはかさ)に—したる遊び手」〈浮・色三味線・二〉


バット

〔名〕 (英 bat球技で球を打つ用具

(イ) 野球用い細長い棍棒

*筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉三「猟師種が島を提げ弄球家(ベースボールマン)バットをふりまわす珍重至りにあらず」

(ロ) クリケット用い打ち板

(ハ) 玉突用いる棒。玉突棒。キュー

風俗画報二三九号(1901)遊戯甲板玉突〈略〉両人玉突棒(バット)を擁して、遠距離に立つ」

(ニ) 卓球ラケット

(ホ) テニスラケット

松蘿玉液(1896)〈正岡子規七月一九日「此技、ゴム球をバット(長さ四尺許り杓子形の者)にて打ち合ふ者なれば」


バット

〔名〕 (英 vat) 平たい角形容器ステンレス製や琺瑯(ほうろう)引きで、料理写真現像化学実験などに使う平皿。〔フィルム写真術(1920)〕


バット

ゴールデン‐バット」の略。

竹沢先生と云ふ人192425)〈長与善郎竹沢先生の家「ちらりと自分方に一瞥をなげると、彼は袂からバットの箱を取り出した」


バット (Butt)

シャフトの太いほうのことで細いほうをティップTipと言う。バット側を切りシャフトを短くすることをバット トリムと言いティップ側を切れば ティップ トリムとなる。バット トリムは、スイングウェート硬さキックポイント) にあまり影響なくシャフトを短くする方法
 
» シャフト (ゴルフクラブ選びの知識)
クラブの重量 (ゴルフクラブ選びの知識)


バット

名前 BatButtBadtBattBhattBott

バット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/30 07:27 UTC 版)

英語で「しかし」「〜ではなくて」を意味する単語。




「バット」の続きの解説一覧



バットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バット」の関連用語

バットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
豆辞典ドットコム豆辞典ドットコム
www.mamejiten.com - all rights reserved
豆辞典ドットコムゴルフ豆辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS