前進とは? わかりやすく解説

ぜん‐しん【前進】

[名](スル)

前へ進むこと。「—してフライを捕る」⇔後進後退

物事がよいほうへ動くこと。「学力に—が見られる」「解決向かって一歩—する」


前進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 08:34 UTC 版)

前進(ぜんしん)




「前進」の続きの解説一覧

共和国前進

(前進 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 22:51 UTC 版)

共和国前進(きょうわこくぜんしん、フランス語: La République En Marche!略称: LREMREMLRMEM!)は、フランスの政党2017年フランス大統領選挙で当選し第25代大統領となったエマニュエル・マクロンによって2016年に結成された[13][14]中道政党である[1][4]


  1. ^ a b c d 仏与党、議会下院で過半数割れ 離党議員が新会派結成」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社(ロイター)、2020年5月19日。2020年7月12日閲覧。
  2. ^ “Groupes poplitiques” (フランス語) (プレスリリース), 元老院, (2020年6月30日), http://www.senat.fr/grp/index.html 2020年7月12日閲覧。 
  3. ^ Adhérer” (フランス語). en-marche.fr. 共和国前進. 2020年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月12日閲覧。 “Rejoignez les 418 635 adhérents de La République En Marche !”
  4. ^ a b Emmanuel Macron and the building of a new liberal-centrist movement”. EUROPP. ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (2017年2月6日). 2017年4月25日閲覧。
  5. ^ “Emmanuel Macron a Berlin pour se donner une stature européenne” (フランス語). Le Monde. (2017年1月10日). http://www.lemonde.fr/election-presidentielle-2017/article/2017/01/10/emmanuel-macron-a-berlin-pour-se-donner-une-stature-europeenne_5060405_4854003.html 2017年6月2日閲覧。 
  6. ^ France” (英語). Europe Elects. 2020年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月11日閲覧。
  7. ^ Emmanuel Macron and the building of a new liberal-centrist movement”. EUROPP. ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (2017年2月6日). 2017年4月25日閲覧。
  8. ^ Nordsieck, Wolfram (2017年). “France”. Parties and Elections in Europe. 2018年11月12日閲覧。
  9. ^ Audrey Tonnelier (2017年2月24日). “« Le projet d'Emmanuel Macron est social-libéral »” (フランス語). Le Monde. 2017年6月23日閲覧。
  10. ^ 疋田多揚「「反移民」躍進 スペイン 欧州議会選へ連携も」『朝日新聞(朝刊 12版)』朝日新聞社、2020年8月24日、8面。2020年9月10日閲覧。「マクロン氏は自らの政党を「進歩主義者」と位置づけ、ルペン氏ら右翼政党を「閉じこもる勢力」と批判して対決姿勢を強めている。」
  11. ^ Eric Fassin, Emmanuel Macron, un candidat néolibéral devenu président illibéral Libération (フランス語) (2017-09-07, 17:26) 2018年12月22日閲覧。
  12. ^ Guillaume Lecaplain (2017年5月10日). “De quelle couleur est Emmanuel Macron ?” (フランス語). リベラシオン. https://www.liberation.fr/politiques/2017/05/10/de-quelle-couleur-est-emmanuel-macron_1568367 2020年7月12日閲覧。 
  13. ^ “France's Macron joins presidential race to 'unblock France'”. BBC News. http://www.bbc.com/news/world-europe-37994372 
  14. ^ “France's Macron shapes his party for 2017 election and beyond”. Firstpost. http://www.firstpost.com/world/frances-macron-shapes-his-party-for-2017-election-and-beyond-reuters-3074904.html 
  15. ^ Callus, Andrew; Jarry, Emmanuel (2016年11月16日). “Macron Launches French Presidential Bid as Polls Show Tight Race”. Reuters. http://www.reuters.com/article/us-france-election-idUSKBN13A2XH 2016年11月17日閲覧。 
  16. ^ “France election: Far-right's Le Pen rails against globalisation”. (2017年2月5日). http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-38872335 2017年2月5日閲覧。 
  17. ^ 木村正人「極右、トランプという暗黒が生んだフランスの新星マクロンの魅力と」『ニューズウィーク日本語版』、CCCメディアハウス、2017年2月22日、2017年3月12日閲覧。
  18. ^ 吉田健一郎 (2017年2月1日). “フランス大統領選は「三つ巴」に 社会党予備選で高まる無所属・マクロン氏の存在感 (PDF)”. みずほ総合研究所. 2017年3月12日閲覧。
  19. ^ 山口昌子「仏大統領選をかき回しそうな「フランスのトランプ」 既成の政党政治にノーを突きつけるエマニュエル・マクロン」『JBpress』、日本ビジネスプレス、2016年5月2日、2017年3月12日閲覧。
  20. ^ 尾河眞樹「日米首脳会談に注目 (PDF) 」、ソニーフィナンシャルホールディングス、2017年2月13日、2017年2月13日閲覧。
  21. ^ 欧州選挙の裏を読む (PDF)”. “ジュネーブから今を見る” 今日のヘッドライン. ピクテ投信投資顧問 (2017年2月21日). 2017年3月13日閲覧。
  22. ^ “Emmanuel Macron lance un " mouvement politique nouveau " baptisé " En marche ! "” (フランス語). Le Monde.fr. (2016年4月6日). ISSN 1950-6244. http://www.lemonde.fr/politique/article/2016/04/06/emmanuel-macron-lance-un-mouvement-politique-nouveau-baptise-en-marche_4897274_823448.html 2016年12月2日閲覧。 
  23. ^ "共和国前進"(小学館・デジタル大辞泉)
  24. ^ マクロン氏政党、仏下院選候補の顔触れ発表 半数が未経験や女性”. AFPBB. 2020年8月14日閲覧。
  25. ^ 仏下院選の最終結果判明、マクロン派が約6割の議席獲得”. AFPBB. 2020年8月14日閲覧。
  26. ^ 仏上院選、マクロン新党が議席減らす 共和党が第1党維持”. Reuters. 2020年8月14日閲覧。
  27. ^ 仏上院選、マクロン大統領の与党敗北 右派が勢力拡大”. AFPBB. 2020年8月14日閲覧。
  28. ^ 仏統一地方選で決選投票、環境政党が躍進 与党敗北”. AFPBB. 2020年8月14日閲覧。
  29. ^ France: LREM devient «Renaissance», au sein d'une confédération pour les législatives” (フランス語). RFI (2022年5月5日). 2022年5月5日閲覧。
  30. ^ Législatives 2022 : LREM devient «Renaissance», sur fond d'accord Ferrand, Bayrou et Philippe” (フランス語). Le Figaro (2022年5月5日). 2022年5月5日閲覧。
  31. ^ “Finalement, le parti d'Emmanuel Macron est "et de droite, et de gauche" (mais surtout progressiste) - Le Lab Europe 1” (フランス語). http://lelab.europe1.fr/emmanuel-macron-refuse-detre-loblige-de-francois-hollande-2726290 2016年12月10日閲覧。 
  32. ^ Le Monde - 20/08/2016 - Par Patrick Roger - Macron précise son projet « progressiste » pour 2017
  33. ^ magazine, Le Point, (2015年12月21日). “Élections espagnoles : un Ciudadanos à la française est-il possible ?” (フランス語). Le Point. http://www.lepoint.fr/chroniques/elections-espagnoles-un-tel-scenario-est-il-envisageable-en-france-21-12-2015-2004263_2.php 2016年12月10日閲覧。 
  34. ^ “Macron démissionne, avec 2017 dans le viseur” (フランス語). Mediapart. https://www.mediapart.fr/journal/france/300816/macron-demissionne-avec-2017-dans-le-viseur 2016年12月10日閲覧。 


「共和国前進」の続きの解説一覧

前進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/27 02:25 UTC 版)

地形カードなどを選択して次の所に進むものであり、敵など、それを阻止するものがいると行動阻止される唯一1ターン以上経過する可能性のあるカード

※この「前進」の解説は、「ワイルドカード (ゲーム)」の解説の一部です。» 「ワイルドカード (ゲーム)」の概要を見る


前進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/03 15:39 UTC 版)

北軍海岸師団兵士達1862年3月11日ロアノーク島輸送船よじ登り翌朝早く14隻の海軍砲艦および1隻の陸軍砲艦伴われて出発した海軍艦船のうちの1隻がパムリコ川河口護衛派遣されており、そこでは南軍が2隻の艦船準備して海軍保護から離れてくるかもしれない輸送船遮断するというような誤った噂が流れていた。主力はパムリコ・サウンドを横切ってニューズ川に入り夕暮れ頃にスローカム・クリーク河口近く停泊した3月13日夜明け軍隊上陸を始めた。上陸阻止しようとした南軍小部隊砲艦からの砲撃で直ぐに駆逐され、午前中兵士と装備を降ろすことに費やされた。歩兵隊と共に海軍用榴弾砲6門と陸軍用榴弾砲2門が降ろされた。バーンサイド天候のために他の大砲を敵の前線近くに降ろすことに決めたが、深い霧降りてきて他の艦船との通信ができなくなった結局残っていた大砲揚陸されなかった。 正午し過ぎに、北軍南軍前線に向けて移動し始め、ほとんど同時に降り始めた。道が間もなくぬかるんできて、単なる歩行ですら大きな労力を必要とした。歩兵と共に榴弾砲を伴う砲手達は間もなく大砲を運ぶために疲れ切ってしまい、歩兵連隊兵士達がそれを助けるために派遣された。歩兵達の多くはこの戦闘の中でこの時が最も大変なときだっと回想した陸軍緩り進行したので、砲艦はその少し前進み南軍待ち伏せていそうな所を砲撃したその日遅く北軍南軍胸壁の線に到達した。それは難攻不落見えたが、近付いてみると放棄されたばかりであることが分かったブランチはクロータン・ワークスと呼ばれるこの防御線から兵士撤退命じた。これは北軍海軍優越性のためにバーンサイド防御線背後兵士上陸させて後から防御線襲わせることも可能と考えたからだった。ブランチ動員可能な戦力でこの防御線ニューバーン間の川岸全6マイル (10 km) を守ることはできなかった)。 海岸師団間もなくその行軍再開した。クロータン・ワークスを出たあとはジョン・Gフォスター准将第1旅団右手郡道辿りジェシー・リー・リノ准将第2旅団左手鉄道線に沿って進んだジョン・G・パーク准将第3旅団第1旅団の後を追った北軍南軍が守るトンプソン砦の防御線から約1.5マイル (2 km) 手前前哨線接触するまで前進した日照衰えてきていたので、バーンサイド停止命じ行軍隊列のまま露営入らせた。第1旅団右手道路近く第2旅団左手鉄道線近く第3旅団第1旅団後方にあった。榴弾砲翌朝3時まで到着しなかった。

※この「前進」の解説は、「ニューバーンの戦い (南北戦争)」の解説の一部です。» 「ニューバーンの戦い (南北戦争)」の概要を見る


前進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 05:19 UTC 版)

セグメントが1リング組みあがると、組みあがった部分(セグメントリング)にジャッキ反力をとってシールドマシンを前進させ、次の掘削推進を行う。上記の2 - 3工程を繰り返しながらトンネルを1リングごとに組み上げる

※この「前進」の解説は、「シールドトンネル」の解説の一部です。» 「シールドトンネル」の概要を見る


前進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 08:49 UTC 版)

MS戦闘ユニット同じだが、敵を設定しても「攻撃」が出ない

※この「前進」の解説は、「機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡」の解説の一部です。» 「機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

前進

出典:『Wiktionary』 (2021/11/03 04:53 UTC 版)

名詞

ぜんしん

  1. 前に進むこと。
  2. 好ましい状態や目標などに近づいていくこと。

対義語

翻訳

動詞

活用

対義語


「前進」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

前進のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



前進のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの前進 (改訂履歴)、共和国前進 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのワイルドカード (ゲーム) (改訂履歴)、ニューバーンの戦い (南北戦争) (改訂履歴)、シールドトンネル (改訂履歴)、機動戦士ガンダム 戦士達の軌跡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの前進 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS