大砲とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 大砲の意味・解説 

たい ほう -はう [0] 【大砲】

野球バレーボールなどで)強力な打者打撃力のたとえ。
真実らしいうそ。


大砲


大砲

読み方:たいほう

  1. 電ノコトヲ云フ。〔第八類 天然之部・東京府
  2. 電光雷鳴。〔第一類 天文事変
  3. 電光雷鳴を云ふ。

分類 東京府


大砲

読み方:たいほう

  1. 男の子のことをいふ。陸軍の条を見よ。〔情事語〕
  2. 男の子のことをいふ。陸軍の条を見よ。

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

大砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 04:21 UTC 版)

大砲(たいほう)は、火薬の燃焼力を用いて大型の弾丸砲弾)を高速で発射し、弾丸の運動量または弾丸自体の化学的な爆発によって敵および構造物を破壊・殺傷する兵器武器)の総称。火砲(かほう)、(ほう)とも称す。


注釈

  1. ^ ただし、製作したものは今日の分類においては迫撃砲に当たる

出典

  1. ^ マクニール p.114
  2. ^ マクニール p.117
  3. ^ 『テーマ展 武装 -大阪城天守閣収蔵武具展-』 大阪城天守閣特別事業委員会 2007年 p.76.城郭や軍船などの構造物を破壊する目的で登場したが、近世江戸期になると砲術家が技能を誇示するために用いた。
  4. ^ マクニール p.120
  5. ^ マクニール p.121
  6. ^ 大友興廃記天正4年(1576年)の記述として、南蛮から石火矢を得て悦び、「国崩し」と名付けたと記述があり、天正14年(1586年)の薩摩との戦いにおいて使用され、大きな威力を発揮したとされる。参考・菊池俊彦 『図譜 江戸時代の技術 下』 恒和出版 1988年 p.544
  7. ^ 歴史を動かした兵器・武器の凄い話 (KAWADE夢文庫)133頁
  8. ^ 砲全般の分類や用語そのものが曖昧で、厳密な分類は非常に困難。同じ用語でも国や時代によって語義やその範囲が異なることもある。また、日本語には紛らわしい和訳や造語が多いので注意を要する。例として、英語の"cannon(キャノン)"は全ての火砲を包括する名詞だが、大日本帝国陸軍において「加農(カノン砲)」とは長砲身砲を指す(帝国陸軍はドイツ式に範をとったため、ドイツ語の"kanone"に由来)。また、「榴弾」は弾種を指す用語でほぼ全ての火砲(砲種)で使用する砲弾だが、「榴弾砲」として砲自体の名称に用いられる。
  9. ^ ダイアプレス P72
  10. ^ PANZER P79
  11. ^ ダイアプレス P73


「大砲」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大砲」の関連用語

1
100% |||||


3
70% |||||

4
加農砲 国語辞典
70% |||||

5
大筒 国語辞典
70% |||||

6
巨砲 国語辞典
70% |||||

7
強打者 国語辞典
70% |||||

8
国語辞典
70% |||||

9
重砲 国語辞典
70% |||||

10
54% |||||

大砲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大砲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大砲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS