島原の乱とは? わかりやすく解説

しまばら‐の‐らん【島原の乱】

読み方:しまばらのらん

島原天草一揆


島原の乱

読み方:シマバラノラン(shimabaranoran)

江戸初期肥後国天草百姓一揆

別名 天草の乱


島原の乱

作者榊山潤

収載図書天草
出版社大陸書房
刊行年月1988.9
シリーズ名大陸文庫


島原の乱

作者坂口安吾

収載図書坂口安吾全集 10
出版社筑摩書房
刊行年月1991.4
シリーズ名ちくま文庫

収載図書坂口安吾全集 15
出版社筑摩書房
刊行年月1999.10


島原の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/14 14:45 UTC 版)

島原の乱(しまばらのらん)は、江戸時代初期に起こった江戸幕府キリシタン弾圧に対する反乱。日本の歴史上最大規模の一揆であり、幕末以前では最後の本格的な内戦である。島原・天草の乱(しまばら・あまくさのらん)、島原・天草一揆(しまばら・あまくさいっき)[1]とも呼ばれる。寛永14年10月25日1637年12月11日)勃発、寛永15年2月28日1638年4月12日)終結とされている。


注釈

  1. ^ 非戦闘員含む。異説もある。
  2. ^ 諸説あり。
  3. ^ 山田右衛門作を除く。1万人以上が落城前に幕府軍に投降していたという説もある。
  4. ^ 副使の石谷は旗本であり、大名ですらない。
  5. ^ 将軍徳川家光の異母弟で幕府の大政参与だった保科正之の派遣も検討された。
  6. ^ 1637年9月、幕府の榊原職直馬場利重は当時オランダ商館のフランソワ・カロンに対してマカオ、マニラ、基隆侵略の支援をするよう高圧的にせまっている。カロンはマニラを襲撃する気も、日本の侵略軍を運ぶ意志はなく、オランダはいまや兵士よりも商人であると答えた。これに対して長崎代官であった末次茂貞はオランダ人の忠誠心は、大名が将軍に誓った忠誠心に等しいと念を押している。この点は、この文書がオランダの上層部で議論されるようになったときにも失われることはなかった。将軍に仕えるという評判を捨てて、貿易に影響を与えるか、それとも海外遠征に人員と資源を投入して、会社の全艦隊が破壊されるかもしれないという大きな危険のどちらかを選ばなければならなかったのである。彼らは危険を選び、日本の侵略軍をオランダ船6隻でフィリピンに運ぶことに同意した[35]
  7. ^ 元の副使・石谷貞清も、板倉重昌の嫡子重矩と共に突入している。
  8. ^ 旗本では江島生島事件の中心人物絵島の兄・白井平右衛門勝昌などの例がある

出典

  1. ^ 煎本増夫「島原・天草一揆」 - 日本大百科全書(ニッポニカ)、小学館。
  2. ^ オランダ商館長日記 p116-118、1637年12月17日。[信頼性要検証]
  3. ^ Iwao, “Matsukura Shigemasa,” p. 98. The Nagasaki bugyō were the chief representatives of the Tokugawa regime in the city. Following Hideyoshi’s confiscation of Nagasaki from the Jesuits in 1587, the place was not given to a daimyō (the normal procedure elsewhere in Japan) but retained as “crown property” under the bugyō, a word best translated as “commissioners.” For most of the period under discussion there were two bugyō in office at the same time. As part of their duties involved the supervision of international trade, it was only appropriate that Takenaka was involved in the espionage.
  4. ^ Turnbull, Stephen (2016) "Wars and Rumours of Wars: Japanese Plans to Invade the Philippines, 1593–1637," Naval War College Review (海軍大学校 (アメリカ合衆国)レビュー): Vol. 69 : No. 4 , Article 10., p. 7
  5. ^ “Events in Filipinas, 1630–32,” 2 July 1632, in The Philippine Islands, 1493–1803, ed. Blair and Robertson, vol. 24, pp. 229–30.
  6. ^ Turnbull, Stephen (2016) "Wars and Rumours of Wars: Japanese Plans to Invade the Philippines, 1593–1637," Naval War College Review (海軍大学校 (アメリカ合衆国)レビュー): Vol. 69 : No. 4 , Article 10., p. 8
  7. ^ Hayashi, Shimabara Hantō-shi, p. 980;Nagasaki-ken shi, p. 246.
  8. ^ Iwao, “Matsukura Shigemasa,” p. 101.
  9. ^ a b Turnbull, Stephen (2016) "Wars and Rumours of Wars: Japanese Plans to Invade the Philippines, 1593–1637," Naval War College Review (海軍大学校 (アメリカ合衆国)レビュー): Vol. 69 : No. 4 , Article 10., pp. 8-9
  10. ^ Hirofumi Yamamoto, Nihon Rekishi Sōsho,vol. 39, Kanei Jidai (Tokyo: Yoshikawa Kobunkan, 1989), pp. 54–55.
  11. ^ The perceived status of the Dutch as the shogun’s “loyal vassals” is brilliantly analysed in Adam Clulow, The Company and the Shogun: The Dutch Encounter with Tokugawa Japan (New York: Columbia Univ. Press, 2014).
  12. ^ a b Turnbull, Stephen (2016) "Wars and Rumours of Wars: Japanese Plans to Invade the Philippines, 1593–1637," Naval War College Review (海軍大学校 (アメリカ合衆国)レビュー): Vol. 69 : No. 4 , Article 10., p.10-11
  13. ^ 神田 2005, p. 125.
  14. ^ 神田 2005, p. 14.
  15. ^ a b 神田 2005, p. 24.
  16. ^ 神田 2005, p. 18.
  17. ^ 神田 2005, pp. 18–22.
  18. ^ 神田 2005, pp. 125–126.
  19. ^ 神田 2005, pp. 134–136.
  20. ^ 神田 2005, pp. 145–148.
  21. ^ 神田 2005, p. 159.
  22. ^ a b 松本2004、284・286頁
  23. ^ 服部、P194
  24. ^ 服部、P184
  25. ^ 服部、P185
  26. ^ 服部、P196
  27. ^ 神田 2005, p. 131.
  28. ^ 神田 2005, pp. 162–164.
  29. ^ 常山紀談19巻、388条[信頼性要検証]
  30. ^ 神田 2005, pp. 167–169.
  31. ^ オランダ商館長日記 p146、1638年1月10日。[信頼性要検証]
  32. ^ オランダ商館長日記 p159-173、1638年2月26日-3月13日。[信頼性要検証]
  33. ^ 服部、P194。原史料は「綿考輯録」第五巻p409。
  34. ^ 服部、P195-P196
  35. ^ Turnbull, Stephen (2016) "Wars and Rumours of Wars: Japanese Plans to Invade the Philippines, 1593–1637," Naval War College Review (海軍大学校 (アメリカ合衆国)レビュー): Vol. 69 : No. 4 , Article 10., pp. 9-10
  36. ^ 神田 2005, pp. 184–187.
  37. ^ 神田 2005, p. 197.
  38. ^ 神田 2010, p. 199.
  39. ^ 武田昌憲「寛永十四・十五年(島原の乱)当時の藩と島原の乱出兵状況(稿):島原の乱の使者の戦い(3)」『尚絅学園研究紀要 A.人文・社会科学編』第6巻、学校法人 尚絅学園 尚絅学園研究紀要編集委員会、2012年、 A1-A24、 doi:10.24577/sgba.6.0_A1ISSN 1881-6290NAID 1100095858072022年2月22日閲覧。
  40. ^ 武田昌憲「島原の乱の使者の戦い(4)土佐藩の場合 (尚絅学園創立百二十五周年記念号) (PDF) 」 『尚絅語文』第2号、尚絅大学、2013年、 1-7頁、 ISSN 2187-5952NAID 1100095911482022年2月22日閲覧。
  41. ^ 天草四郎History 全てを知る唯一の生存者 山田右衛門(2010年7月22日時点のアーカイブ[信頼性要検証]
  42. ^ 神田 2010, p. 197.
  43. ^ a b c 神田 2010, p. 198.
  44. ^ Mason, A History of Japan, pp. 204–205.
  45. ^ Morton, p. 122.
  46. ^ Bellah, Tokugawa Religion, p. 51.
  47. ^ George Elison, Deus Destroyed, The Image of Christianity in Early Modern Japan, Harvard University Press, 1973, p. 208.
  48. ^ José Miguel Pinto dos Santos, THE “KURODA PLOT” AND THE LEGACY OF JESUIT SCIENTIFIC INFLUENCE IN SEVENTEENTH CENTURY JAPAN, Bulletin of Portuguese /Japanese Studies, 2005 june-december, número 10-11 Universidade Nova de Lisboa Lisboa, Portugal, p. 134
  49. ^ 鶴田倉造『天草島原の乱とその前後』熊本県上天草市、上天草市史編纂委員会編、2005、p235-240
  50. ^ 井上光貞『年表日本歴史 4 安土桃山・江戸前期』筑摩書房、1984、p106-107
  51. ^ 天草郡記録
  52. ^ 万治元戌年より延享三年迄の人高覚
  53. ^ 高浜村「村鑑」122298人
  54. ^ 『天草郡総人高帳』141588人
  55. ^ a b 「天草崩れ」『日本大百科全書(ニッポニカ)』(コトバンク
  56. ^ 「天草崩れ」『ブリタニカ国際百科事典』ブリタニカ・ジャパン(コトバンク
  57. ^ 「天草崩れ」『世界大百科事典』平凡社(コトバンク


「島原の乱」の続きの解説一覧

島原の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 01:37 UTC 版)

水野勝成」の記事における「島原の乱」の解説

寛永15年1638年)、幕府から島原の乱鎮圧への参加要請された勝成は嫡子・勝俊、孫の水野勝貞伴い約6,000人を率いて幕府軍加わった。これは幕府上使除き九州の大名外で唯一の参陣であり、老齢当時75歳)にもかかわらず勝成の戦歴評価されてのことであった田尻村高浜において同村産の巨船材として軍船大転輪丸」を造る徳川家光は、勝成に松平信綱戸田氏鉄同格相談相手になることを命じる。 勝成は2月24日島原到着し同日松平信綱の陣で諸将集い軍議が行われた。ここで勝成の提案により総攻撃決定され2月28日開始されることになったが、鍋島勝茂抜け駆けにより27日攻撃始まった。勝成の陣は原城包囲最後列であったが、鍋島軍が三の丸から攻めるのに対し水野軍は本丸直接攻略し、勝成の嫡子・勝俊と有馬直純嫡子・康純が本丸一番乗り争った。しかし、勝成が前線指揮とっていなかったからか水野勢は同時に100人を超える戦死者を出すことにもなり、勝成の戦歴最大の損害となった戦後、勝成は板倉重昌討ち取っ駒木根友房首級の前で一曲舞う。また重昌の息子板倉重矩が、父の仇討たんと奮戦したことを賞して、勝成は自らの宇多国房の刀を与えた。また黒田家臣の郡正太夫(郡宗保後継)の活躍を称えて盃を与えたり黒田一成黒田一任親子活躍を称える手紙出した記録残っている。 なお、島原の乱は幕府配慮して軍功を記すことが憚られたため、勝成は幕閣首脳大きな不満を持ち隠居決断した

※この「島原の乱」の解説は、「水野勝成」の解説の一部です。
「島原の乱」を含む「水野勝成」の記事については、「水野勝成」の概要を参照ください。


島原の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 09:08 UTC 版)

寺沢広高」の記事における「島原の乱」の解説

詳細は「島原の乱」を参照 慶長6年(1601年) 、関ヶ原の戦い戦功報償として肥後天草加増されたおり、広高天草石高合計42,000石と算定したが、これは天草実状無視しており、実態の倍という過大な値だった。このため以後徴税過酷となり、広高没後嫡子寺沢堅高の代に島原の乱(1637年1638年)が勃発する原因の一つとなった。乱の平定後、寺沢家は責任問われ天草領は没収失意の堅高は後に自殺し寺沢家は断絶した。しかし根本原因である過大な石高半減幕府認めるには万治2年1659年)まで掛かった。更に寛文11年1671年)、天草そもそも私領適さないとして幕府直轄領となった

※この「島原の乱」の解説は、「寺沢広高」の解説の一部です。
「島原の乱」を含む「寺沢広高」の記事については、「寺沢広高」の概要を参照ください。


島原の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 07:48 UTC 版)

鎖国」の記事における「島原の乱」の解説

徳川幕府鎖国踏み切った決定的な事件は、1637年寛永14年)に起こった島原の乱である。この乱により、キリスト教徳川幕府揺るがす元凶考え新たな布教活動今後一切行われることないようイベリア半島勢力排除したポルトガル1636年以降出島でのみの交易許されていたが、1639年ポルトガル追放される出島空き地となっていた。1641年平戸オランダ商館倉庫に「西暦」が彫られているという些細な理由でオランダ倉庫破却平戸から出島に移ることを強制されたこの時交換条件として徳川幕府は、ポルトガルが年額銀80払っていた出島使用料を、オランダに対して年額55貫に減額している。また、徳川幕府に対して布教一切しないことを約束した。しかし、島原の乱からポルトガル追放までは2年間がある。これはオランダポルトガル代わって中国製品(特に絹と)を入手できる保証がなかったことと、日本の商人ポルトガル商人かなりの金を貸しており、直ちポルトガル人追放するとその回収ができなくなることが理由であった。

※この「島原の乱」の解説は、「鎖国」の解説の一部です。
「島原の乱」を含む「鎖国」の記事については、「鎖国」の概要を参照ください。


島原の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:40 UTC 版)

松平信綱」の記事における「島原の乱」の解説

寛永14年1637年10月末に肥前国島原肥後国天草郡などでキリシタン一揆発生した(島原の乱)。信綱ら首脳陣当初板倉重昌と石谷貞清を派遣し、さらに日根野吉明鍋島勝茂寺沢堅高松倉勝家九州諸大名鎮圧加勢命じた。しかし一揆勢は原城立て籠もって抗戦し戦闘長期化した。 当初幕府軍総大将板倉重昌であり、信綱は戸田氏鉄と共に一揆鎮圧後仕置戦後処理のために派遣されていた。だが寛永15年1638年1月1日に重昌が戦死石谷貞清重傷負ったため、代わって信綱が幕府軍総大将に就任することになった1月11日には篭城する一揆軍に対してオランダ船のデ・ライブ号に要請して援護射撃をさせた。1月28日副将格の戸田氏鉄負傷するなど一揆抵抗激しく、信綱は立花宗茂水野勝成黒田一成戦陣経験がある老将達と軍議が行われて兵糧攻め持ち込んだこの結果2月下旬には一揆兵糧はほぼ尽きてしまい、2月28日までに原城陥落させた。信綱は一揆総大将である天草四郎首実検行いさらし首とした。このとき信綱の家臣6名も戦死し手負い103であった3月1日には原城破却して捕らえた者は斬首してさらした。また松倉勝家寺沢堅高両名一揆招いた責任ありとして処罰言い渡した

※この「島原の乱」の解説は、「松平信綱」の解説の一部です。
「島原の乱」を含む「松平信綱」の記事については、「松平信綱」の概要を参照ください。


島原の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 20:13 UTC 版)

日本のキリスト教史」の記事における「島原の乱」の解説

1637年肥前島原肥後天草百姓身分の者たち(農民やかつてキリシタン大名家臣であった元武士たちなどから構成された)3万人が蜂起した事件は、幕府衝撃与えた。これが島原の乱である。蜂起直接的原因島原藩唐津藩天草所領)による残酷な収税制度にあったが、同地にはキリシタン大名であった有馬晴信小西行長統治時代入信したキリシタン多く一揆盟約結成求心力としてキリスト教信仰基盤においた内部統制行われたこと、そのこと一向宗法華宗などのような求心性の強い宗教勢力排他的な一揆結合となって強大な政治勢力築いた事態再来する危機感じさせたこと、さらには幕藩体制のゆがみが明るみに出ることを幕府恐れたことからキリシタンによる反乱」と単純化され規定され原城陥落後に1名の内通者を除く参加者全員殺害された。なお、当時島原藩松倉勝家は、農民の生活が成り立たないほどの収奪行ったかどで斬首され、同様に唐津藩寺沢堅高天草領地没収されて、その後自害している(江戸期を通じて、一藩の藩主切腹でなく斬首となったのはこの松倉勝家の1例のみである)。 この事件重く見た幕府は、禁教徹底させる観点からカトリック国であるポルトガルとの断交を望むようになり、1638年にはカピタン・モール将軍への謁見拒否している。また、キリシタンあぶりだすために絵踏や、キリシタン密告した者に報奨金与えようとした。だが幕府は、ポルトガルマカオからもたらす中国産生糸などに日本市場大きく依存していたことからポルトガルとの貿易途絶ためらった。 しかし、1639年に、オランダ商館長フランソワ・カロン江戸参府た際に幕府オランダの植民地である台湾経由でも中国産生糸などを確保できることをカロンから確認できたことで、ポルトガルとの断交踏み切ることになった。そして、長崎奉行西国大名に、ポルトガル船の来航禁止と、九州沿岸防備体制確立求めた通達(「第五次鎖国令」)を発布しポルトガル長崎出島から追放した1641年には、商館にあった西暦に関するものを理由としてオランダ商館平戸から長崎出島移転され商船入港統制制限されるようになった各地宗門改制度檀家制度整備されると、キリスト教の禁止幕藩体制根幹組み込まれていく。

※この「島原の乱」の解説は、「日本のキリスト教史」の解説の一部です。
「島原の乱」を含む「日本のキリスト教史」の記事については、「日本のキリスト教史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「島原の乱」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



島原の乱と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

島原の乱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



島原の乱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの島原の乱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの水野勝成 (改訂履歴)、寺沢広高 (改訂履歴)、鎖国 (改訂履歴)、松平信綱 (改訂履歴)、日本のキリスト教史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS