造るとは?

つく・る【作る/造る/創る】

[動ラ五(四)ある力を働かせて、新し物事・状態を生みだす。まとまった形のあるものにする。

材料原料素材などを用いたり、それに手を加えたりして、まとまりのあるものや意味のあるものに仕上げる。建物器具物質芸術作品などを製造・製作する。「船を—・る」「米から酒を—・る」「草稿を—・る」

農作物などを、世話したり力を注いだりして、育てあげる。「野菜を—・る」「健全な人物を—・る」

土地を耕す。「田を—・る」

細道一つ残して皆畑に—・り給へ」〈徒然・二二四〉

いままで存在しなかったものを新しく生じさせる。「子供を—・る」「地方支店を—・る」

意図的工夫して、形・状態を現出する。わざとそのようなようすをする。「口実を—・る」

「庭を秋の野に—・りて」〈古今秋上詞書

(「時をつくる」の形で)雄鶏(おんどり)が、ある時刻声高に勇まし鳴く。「早朝が時を—・る」

囲碁で、双方の地(じ)を数えやすくするために盤面整理する。「終局して碁を—・る」

罪や功徳のもととなることをする。

いかなる罪を—・り侍りて」〈かげろふ・下〉

[補説] 一般的には「作る」が用いられ、「造る」は家や船など大きなものをつくること、また、酒を仕込むことに用いられる。「創る」は創刊創業創作創造創立どのように新し物事つくりだす意で使うが、製造・製作・育成栽培などに関しては使わない。

[可能] つくれる

[用法] つくる・こしらえ——「料理を作るこしらえる)」「一財作るこしらえる)」など、新しい物にまとめあげる意では相通じて用いられる。◇「詩を作る」「米を作る」を「こしらえる」とは言わない。創造性とか自然の力が加わって初め完成するような物については、「こしらえる」はふさわしくない。◇「今や日本で造られた自動車世界中を走っている」のように、総体的生産を示す場合も「造る」が普通。「これが、この工場こしらえ自動車です」のような具体的な製造物については、「こしらえる」と言うこともできる。◇「逃げ言葉こしらえる」「女をこしらえる」などでは「こしらえる」が優勢

[下接句] 色を作る貝を作る・垣(かき)を作る香箱を作る極楽願うより地獄作るな詩を作るより田を作れ・科(しな)を作る鼈(すっぽん)が時をつくる天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず時をつくる鬨(とき)をつくる述べて作らず(はと)を憎み豆を作らぬ・雌鳥(めんどり)勧め雄鳥(おんどり)時をつくる・俑(よう)を作る


つく・る【作・造】

〔他ラ五(四)

[一] 新しく創造する。また、材料素材に手を加えて、もとと違った新しいものにする。

新しくものをこしらえる。製造する。製作する組み立てる。

古事記(712)上・歌謡「八雲立つ出雲八重垣妻籠みに八重垣都久流(ツクル)その八重垣を」

② 手を加えて、目的に従った形、状態にする。

(イ) 開墾する。耕作する。たがやす。

古事記(712)下・歌謡「あしひきの 山田豆久理(ツクリ) 山高下樋を走(わし)せ」

(ロ) 品物加工する。また、品物として生産する。

源氏100114頃)浮舟「この籠(こ)は、金(かね)をつくりて、色どりたる籠なりけり

(ハ) 食べるために調理する。料理する。「刺身(さしみ)につくる」 〔享和本新字鏡(898‐901頃)〕

今昔1120頃か)二「大なる魚捕得たりと喜て、即ち俎にを置て作らむとす」

(ニ) 酒類醸造する。かもす。〔十巻本和名抄(934頃)〕

*虎寛本狂言伯母が酒室町末‐近世初)「扨当年もまた酒を作らせられて御ざるか」

(ホ) 栽培する。

延喜式(927)祝詞天の下公民作り作る物は、五(いつくさ)の穀(たなつもの)を始めて片葉に至るまで」

文字や図に書いて表わす著述する。

(イ) 文章書類論文などを書く。

霊異記810‐824)上「勝鬘法花等の経の疏を製(ツクリ)、法を弘め物を利し興福寺訓釈 制 作也〉」

源氏100114頃)須磨よもすがらまどろまず文(ふみ)つくりあかし給ふ

(ロ) 詩歌詠ずる。よむ。

土左(935頃)承平五年一月二〇日「かの国人、むまのはなむけし、別れ惜しみて、かしこのからうたつくりなどしける」

(ハ) 図面などにかいて表わす。「設計図を作る」「表をつくる」

(ニ) (「…に作る」の形で) ある文字異体をある形で表わす。「『事』は古くは『』につくる」

④ 人の身に備わる抽象的事柄形成する。

(イ) 人格性格などをかたちづくる育てる。

東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「法を聞くいは是れ人を造(ツクリ)、天身を造り菩薩造り、仏を造るぞ」

(ロ) 罪、徳などを自分のものにする。身にする。行なう

*竹取(9C末‐10C初)「かぐや姫は、罪を作り給へりければ」

(5) 組織制度規則などを設ける。創設する。編成する。「前例をつくる」

私聚百因縁集(1257)五「一百二十三人蓮社を為(ツクル)」

(6) 大きな声を出す。

(イ) 軍勢ときの声をあげる。

曾我物語南北朝頃)五「呉のつは者三十万騎、かち時をつくりて」

(ロ) 早朝鳴いて時をしらせる。

(7) 金銭工面してととのえる。また、まとまった財産借財などを持つようになる。こしらえる。

福翁自伝(1899)〈福沢諭吉一身一家経済由来「私が有らん限り才覚をして金を造(ツクッ)た」

(8) ものをある形に排列する。「指で円をつくる」

歩兵操典(1928)第一五四側面縦隊より同方向中隊縦隊を作らしむる」

(9) ある目的のための時間機会生み出す。「ひまをつくる」「チャンスをつくる」

(10) (「子をつくる」の形で) 産む。子どもをもうける。

を撃つ(1970)〈五木寛之〉「どうだ、子供を作るか」

(11) 友人愛人などを新しく得る。

安吾巷談(1950)〈坂口安吾ストリップ罵倒踊り子自分男をつくる

(12) 囲碁で、終局の際計算しやすいように形をつくりなおす。まずダメ詰めながら手入行ない死石取り上げ従来ハマいっしょ相手の地に埋め、形をなおす。

土佐国風俗記(1836か)下「殆ど喧嘩となり、固より作るに及ばず、石をさらりと突崩して立」

[二] 表面的事柄をつくろう。故意につくろう。

① わざと、または、いつわってそのような風をする。表情などをいつわるふりをする

伊勢物語(10C前)二三「はじめこそ心にくもつくりけれ、今はうちとけて」

そのよう似せこしらえる。「花形につくる」

古今(905‐914)秋上二四八詞書遍昭が母の家にやどりたまへりける時に、庭を秋の野つくりて

③ ないことをあるように述べる。いつわって言う。仮作して言う。

続日本紀神護景雲三年769九月五日宣命「此を見るに、面の色形、口に云ふ言、猶明か己が作りて云ふ言を、大神の御命と借りて云ふと知しめしぬ」

④ 形を整える。飾る。飾りたてる

源氏100114頃)明石「御車は二なくつくりたれど、所せしとて、御馬にて出で給ふ

(5) 化粧する。めかす。

洒落本通人の寐言(1782)上「ききらきんと、かかアにもつくらせて見せへだしてをいて」

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「こってりと、人品落すほどに粧(ツク)って」


造る

出典:『Wiktionary』 (2016/10/09 17:25 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. つくる」を参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「造る」の関連用語

造るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



造るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの造る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS