(四)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > (四)の意味・解説 

よん【四】

《「よ」の音変化》よっつ。し。


よ【四】

し。よっつ。よつ。声に出して数をかぞえるときの語。「ひ、ふ、み、四」

し。よっつ。よつ。多く名詞の上に付いて用いる。「四次元」「四方(も)」


し【四】

[音](呉)(漢) [訓]よ よつ よっつ よん

学習漢字1年

[一]〈シ〉

数の名。よっつ。「四角四季四大朝三暮四

四番目。「四月四更

よたび。「再三再四

四方。「四囲四海四周四隣

[二]〈よ〉「四隅(よすみ)・四月(よつき)・四人(よにん)・四年(よねん)」

[三]〈よん〉「四回・四勝・四輪車

名のり]ひろ・もち

難読四阿(あずまや)・四十雀(しじゅうから)・四十(よそ・よそじ)・四方(よも)


スー【四】

《(中国語)》数の4。「四暗刻(アンコー)」


し【四/×肆】

数の名。3の次、5の前の数。よ。よつ。よっつ。よん。

4番目。第4。

[補説] 音が「死」に通じるので忌む向きは、「よ」「よん」でいいかえる。「肆」は金銭証書などで、間違いを防ぐため「四」の代わりに用いる。


し【四・肆】

〔名〕

① 数の名。三の次の数。よ。よっつ。よつ。よん。

万葉(8C後)一六三八二七一二の目のみにはあらず五六三四(し)さへありけり双六の采(さえ)」

史記抄(1477)一七「日本にまなの一二三と云て、壱弐参肆伍陸漆捌玖拾佰仟万と書ぞ」〔易経繋辞上〕〔論語‐子罕〕

四番目。

(10C終)九〇「舞姫は、相尹の馬の頭の女、染殿式部卿宮の上の御おとうとの四の君の御腹


よんいちまる‐じけん【四・一〇事件】


よんいちろく‐じけん【四・一六事件】


しいちまる‐じけん【四・一〇事件】


しいちろく‐じけん【四・一六事件】


スー【四】

〔名〕 「四」の中国音。江戸時代には拳(けん)の用語として用いられ、現代ではマージャン用語として用いられる。

雑俳芥子かのこ(1716‐36)「四(スウ)と六とのいやな酒也」


すむい【四】

〔名〕 拳(けん)の遊戯の際の掛け声一つ。四の数の呼び名。すむゆ。すむゆう。

浄瑠璃冥途の飛脚(1711頃)中「けんの手じなの手もたゆく〈略〉はま、さんきう、ごう、りう、すむゐ」


すむゆ【四】

〔名〕 =すむい(四)

洒落本・残座訓(1784)「浮世に四(スムユ)なかひも無手(ないとこ)、五(ごう)はらとは思へ共」


よ【四】

〔名〕

四つ和語名詞助数詞前に直接付け用いる。「四切れ」「四度(よたび)」「四年(よとせ)」など。

書紀720仁徳一四年一一月(前田本訓)「墾(はり)て四万余項(ヨよろつあまり)の田を得」

四つ漢語名詞助数詞前に直接付け用いる。漢語の「四(し)」が「死」に通じるとして嫌われた結果うまれた用法。「四人」「四年」「四番バッター」「柔道四段

物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの四。実際に唱えるときには、普通は「ひーふーみーよー」のように長く発音する。

年中行事秘抄(12C末)鎮魂祭歌「一(ひと)二(ふた)三(み)よ五(いつ)六(むゆ)七(なな)八(や)九(ここの)十(たりや)」


よう【四】

〔名〕 (「よ(四)③」を延ばして発音した語) 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの四。

浄瑠璃雪女五枚羽子板(1708)中「思ひの数をひっとふたみいよふ」


よん【四】

〔名〕 (「よつ(四)」の語幹「よ」が漢語数詞「さん(三)」の類推変化したもの) 数の名。一の四倍。あとに和語助数詞が付く「よ」とは異なりあとには主に漢語数詞漢語助数詞が付く。「一足すよんは五」「よんじゅう四十)」「よんひゃく(四百)」「よんかい(四回)」「よんさつ(四冊)」など。

口語法別記1917)〈国語調査委員会〉「数を呼ぶに、次のように云ふことがある聞きちがわせぬ為である。二百四十番(ふたひゃくヨンじうばん)」


作者倉阪鬼一郎

収載図書オバケヤシキ異形コレクション 33
出版社光文社
刊行年月2005.8
シリーズ名光文社文庫


読み方:よつ

  1. 肉、風呂敷、又はフロシキ包。〔一般犯罪
  2. 闇屋風呂敷のこと。「よつで」「よのずみ」ともいう。肉のこと。

分類 犯罪闇屋

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
あずま

4

((四) から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 20:51 UTC 版)

4、よん、し、す、よつ、よ)は、自然数また整数において、3の次で5の前の数である。





囲みCJK文字・月

((四) から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 10:16 UTC 版)

囲みCJK文字・月(かこみCJKもじ・つき、英語: Enclosed CJK Letters and Months)は、Unicodeブロックの一つであり、括弧で囲まれたハングル片仮名漢字CJK統合漢字)、および、1月から12月までを1文字で表す文字等が収録されている。




バージョン コードポイント[lower-alpha 1] 文字数 L2 ID WG2 ID ドキュメント
1.0.0 U+3200..321C, 3220..3243, 3260..327B, 327F..32B0, 32D0..32FE 190 (to be determined)
L2/11-438[lower-alpha 2][lower-alpha 3] N4182 Edberg, Peter (2011-12-22), Emoji Variation Sequences (Revision of L2/11-429) 
1.1 U+32C0..32CB 12 (to be determined)
3.2 U+3251..325F, 32B1..32BF 30 L2/99-238 Consolidated document containing 6 Japanese proposals, (1999-07-15) 
N2093 Addition of medical symbols and enclosed numbers, (1999-09-13) 
4.0 U+321D..321E, 3250, 327C..327D, 32CC..32CF 9 L2/99-353 N2056 Amendment of the part concerning the Korean characters in ISO/IEC 10646-1:1998 amendment 5, (1999-07-29) 
L2/99-380 Proposal for a New Work item (NP) to amend the Korean part in ISO/IEC 10646-1:1993, (1999-12-07) 
L2/99-380.1 Cover page and Outline of the proposal, (1999-12-07) 
L2/99-380.3 Annex B, Special characters compatible with KPS 9566-97 (To be extended), (1999-12-07) 
L2/00-084 N2182 Amendment of the part concerning the Korean characters in ISO/IEC 10646-1:1998 amendment 5, (1999-12-07) 
L2/99-382 Whistler, Ken (1999-12-09), Comments to accompany a U.S. NO vote on JTC1 N5999, SC2 N3393, New Work item proposal (NP) for an amendment of the Korean part of ISO/IEC 10646-1:1993 
L2/00-066 N2170 The technical justification of the proposal to amend the Korean character part of ISO/IEC 10646-1 (proposed addition of 79 symbolic characters), (2000-02-10) 
L2/00-073 N2167 Karlsson, Kent (2000-03-02), Comments on DPRK New Work Item proposal on Korean characters 
L2/00-285 N2244 Proposal for the Addition of 82 Symbols to ISO/IEC 10646-1:2000, (2000-08-10) 
L2/00-291 Everson, Michael (2000-08-30), Comments to Korean proposals (L2/00-284 - 289) 
N2282 Report of the meeting of the Korean script ad hoc group, (2000-09-21) 
L2/01-349 N2374 Proposal to add of 70 symbols to ISO/IEC 10646-1:2000, (2001-09-03) 
L2/01-387 N2390 Kim, Kyongsok (2001-10-13), ROK's Comments about DPRK's proposal, WG2 N 2374, to add 70 symbols to ISO/IEC 10646-1:2000 
L2/01-388 N2392 Kim, Kyongsok (2001-10-16), A Report of Korean Script ad hoc group meeting on Oct. 15, 2001 
L2/01-458 N2407 Umamaheswaran, V. S. (2001-11-16), Request to Korean ad hoc group to generate mapping tables between ROK and DPRK national standards 
L2/02-372 N2453 Umamaheswaran, V. S. (2002-10-30), Unconfirmed minutes of WG 2 meeting 42 
4.1 U+327E 1 L2/04-267 N2815 Ahn, Dae Hyuk (2004-06-18), Proposal to add Postal Code Mark to BMP of UCS 
N2753 Unconfirmed minutes of WG 2 meeting 45; IBM Software Lab, Markham, Ontario, Canada; 2004-06-21/24, (2004-12-26) 
5.2 U+3244..324F 12 L2/07-259 Suignard, Michel (2007-08-02), Japanese TV Symbols 
L2/07-391 N3341 Suignard, Michel (2007-09-18), Japanese TV Symbols 
L2/08-077R2 N3397 Suignard, Michel (2008-03-11), Japanese TV symbols 
L2/08-128 Iancu, Laurențiu (2008-03-22), Names and allocation of some Japanese TV symbols from N3397 
L2/08-158 Pentzlin, Karl (2008-04-16), Comments on L2/08-077R2 "Japanese TV Symbols" 
L2/08-188 N3468 Sekiguchi, Masahiro (2008-04-22), Collected comments on Japanese TV Symbols (WG2 N3397) 
L2/08-077R3 N3469 Suignard, Michel (2008-04-23), Japanese TV symbols 
L2/08-215 Pentzlin, Karl (2008-05-07), Comments on L2/08-077R2 "Japanese TV Symbols" 
L2/08-289 Pentzlin, Karl (2008-08-05), Proposal to rename and reassign some Japanese TV Symbols from L2/08-077R3 
L2/08-292 Stötzner, Andreas (2008-08-06), Improvement suggestions for n3469 
L2/08-307 Scherer, Markus (2008-08-08), Feedback on the Japanese TV Symbols Proposal (L2/08-077R3) 
12.1 U+32FF 1 L2/17-429 Orita, Tetsuji (2017-12-19), Request to reserve the code point for square Japanese new era name (SC2 N4577) 
L2/18-039 Anderson, Deborah; Whistler, Ken; Pournader, Roozbeh; Moore, Lisa; Liang, Hai; Cook, Richard (2018-01-19), Recommendations to UTC #154 January 2018 on Script Proposals 
L2/18-007 Moore, Lisa (2018-02-01), UTC #154 Minutes 
N4949 Update on SC2 N4577 “Request to reserve the code point for square Japanese new era name”, (2018-05-23) 
L2/18-220 Whistler, Ken (2018-07-16), Unicode 12.1 Planning Considerations 
L2/18-183 Moore, Lisa (2018-11-20), UTC #156 Minutes 
N5020 (pdf, doc) Umamaheswaran, V. S. (2019-01-11), Unconfirmed minutes of WG 2 meeting 67 
L2/19-008 Moore, Lisa (2019-02-08), UTC #158 Minutes 
L2/19-094 Orita, Tetsuji (2019-04-01), Announcement of Japanese new era name 
  1. ^ 提案されたコードポイントと文字の名前は、最終決定と異なる場合がある。
  2. ^ L2/10-458L2/11-414L2/11-415L2/11-429も参照。
  3. ^ 追加の絵文字関連のドキュメントについてはその他の記号及び絵記号歴史節を参照。
  1. ^ Unicode 1.0.1 Addendum”. The Unicode Standard (1992年11月3日). 2016年7月9日閲覧。
  2. ^ Unicode character database”. The Unicode Standard. 2016年7月9日閲覧。
  3. ^ Enumerated Versions of The Unicode Standard”. The Unicode Standard. 2016年7月9日閲覧。
  4. ^ Request to reserve the code point for square Japanese new era name, (2017-12-19), https://www.unicode.org/L2/L2017/17429-sc2-n4577-japan-new-era.pdf 
  5. ^ The Japan National Body (2018-05-23), Update on SC2 N4577 “Request to reserve the code point for square Japanese new era name”, https://www.unicode.org/wg2/docs/n4949-Japanese_new_era.pdf 
  6. ^ Resolutions of the 23rd ISO/IEC JTC 1/SC 2 Plenary Meeting, (2018-06-28), https://isotc.iso.org/livelink/livelink?func=ll&objId=19813998&objAction=Open 
  7. ^ Future Additions to ISO/IEC 10646 (January 2018), (2018-01-25), https://www.unicode.org/L2/L2018/18056-future-adds.pdf 
  8. ^ Proposed New Characters: Pipeline Table”. Unicode Consortium (2018年6月30日). 2019年4月25日閲覧。
  9. ^ Whistler, Ken (2018-07-16), Unicode 12.1 Planning Considerations, https://www.unicode.org/L2/L2018/18220-u121planning.txt 
  10. ^ Unicode コンソーシアムは「令和」をサポートする Unicode 12.1 を正式リリースしました”. Unicodeコンソーシアム (2019年5月7日). 2019年5月9日閲覧。
  11. ^ UTR #51: Unicode Emoji”. Unicode Consortium (2016年11月22日). 2016年12月22日閲覧。
  12. ^ UCD: Emoji Data for UTR #51”. Unicode Consortium (2016年11月14日). 2016年12月22日閲覧。
  13. ^ Unicode Character Database: Standardized Variation Sequences”. The Unicode Consortium. 2016年12月22日閲覧。


「囲みCJK文字・月」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/05/04 00:35 UTC 版)

発音

熟語

名詞

(よん)

  1. 4。より多い数。単独ではしとも読むが、助数詞が続く場合小数部ではよんと読む。などの前ではよになる。場合別の語のよっかになる。

翻訳

基数 4 (序数第四参照


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「(四)」に関係したコラム

  • 為替の日足・週足の期間は

    為替レートを一定の期間で区切った1つ1つを「足」といいます。期間が1日の場合を日足、1週間の場合を週足といいます。足は、日付、始値、高値、安値、終値、出来高の6つの要素から構成されます。このうち、始値...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「(四)」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
78% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||

9
78% |||||

10
78% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



(四)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの4 (改訂履歴)、囲みCJK文字・月 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS