etとは? わかりやすく解説

ET

「ET」とは、地球外生命体のことを意味する英語表現である。

「ET」とは・「ET」の意味の意味を詳しく解説

ETとは、extra terrestrial頭文字取って略した英単語で、地球外生命体という意味を持つ言葉である。地球には存在しない地球外生命体のことを指し知能有無問わずあらゆる生命体呼称として用いられる。なお、宇宙人はalianとなり、比較知能の高い生命体のことを指す英単語となるが、alianは映画の影響もありやや攻撃的な架空生命体という印象を受ける人も多い。

「ET」の語源・由来

ETは「extra」、「terre」の二つ言葉組み合わせたものが語源となる。「extra」には「特別な」や「越える」などの意味があり、「terre」は「大地」を意味する言葉で 「terrestrial」にも「地球上の」や「陸の」という意味がある。そのため、大地地球上超えた特別な生命体としてETという言葉生まれたとされる

「E.T. (映画) 」とは

「E.T. (映画) 」とは、1982年公開されスティーブン・スピルバーグ監督による映画作品で、国内外大ヒットとなり1993年までは世界歴代興行収入の1位を保持日本でも1997年まで日本における最高配収入記録持ち続けたまた、1983年行われたアカデミー賞では作曲賞視覚効果賞などの4部門を制覇しアメリカ国立フィルム保存委員会推奨する半永久的にフィルム保存するリストにも登録されている。世界で高い評価受けた作品で、子供から大人まで楽しめる映画としてその素晴らしさ称える人は多くスティーブン・スピルバーグ監督代表作一つとなっている。

ストーリーは、とあるアメリカ着陸した宇宙船から出てきた数人宇宙人、彼らの目的地球植物のサンプル採取することだったが、人間に見つかりそうになり急遽脱出試みる。だが、仲間宇宙人一人逃げ遅れてしまい、主人公である10才の少年エリオットの家の敷地内隠れることとなったその後エリオット見つかった宇宙人エリオットやその兄マイケル、妹のガーディ仲間たちと心を通わせるようになり、マイケル仲間言葉から宇宙人は「ET」と名付けられ友達となる。しかし、大人達の目を忍んで宇宙人との交流続けエリオット達だったが、仲間連絡取りたいというETの願いを叶えるために作った通信機使用後、ETは川に落ちてしまい瀕死の状態になる。そして、翌日にETは死亡したとされ冷凍コンテナ入れられるが、エリオット呼びかけ反応し蘇生大人達から逃げ出すためにエリオット自転車の前かごにETを載せて疾駆するが大人達に捕まりそうになる。だがその時、ETの念力によって自転車浮上無事に到着したエリオットとETは別れ挨拶をして迎えに来た宇宙船にETは乗り込み宇宙船空へ消えていく。という物語である。

なお、作品の中で宇宙人は「ET」と名付けられているが、始めは「extra terrestrial」で、その後略して呼ばれるようになったためETという呼称になった。そのため、ETのフルネームextra terrestrialとなる。スティーブン・スピルバーグ監督自身子供の頃経験した出来事発端となって作られ作品で、2002年には公開後20周年記念した特別版発表されたが、シーン数々修正追加スティーブン・スピルバーグ監督納得のいくものではなく映画情報誌でもその時気持ち吐露している。だが、宇宙人少年達心温まるストーリーは時を経て支持をするファン多く作中主人公エリオットとETがお互い人差し指触れ合わせるシーンは有名で、友情描いた感動作として語り継がれている作品だ。

「ET」の使い方・例文

ETという言葉は、地球外生命体として使用する場合映画作品タイトル名として使用される場合がある。そのため「ETの存在信じる方?信じない方?」や「もし、ETが地球に来たら友好的な関係を結べだろうか」、「ETは私が見た映画の中で一番好きな作品です」や「ETに出演していた子役の子大人になって出演している映画今度公開されるらしい」などが例文となる。1711

イー‐ティー【ET/E.T.】

読み方:いーてぃー

extra-terrestrial地球外生物地球外生命


イー‐ティー【ET】


イー‐ティー【ET】

読み方:いーてぃー

emissions trading》⇒排出量取引


イー‐ティー【ET】

読み方:いーてぃー

external tank》⇒外部燃料タンク


ET effective temperature

有効温度をみよ!

ET(Enterostomal Therapist)


.et

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/03 04:46 UTC 版)

.et国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、エチオピアに割り当てられている。"et"はフランス語およびラテン語でandを表す接続詞にあたる。セカンドレベルドメイン[1]の登録を受け付けており、ドメインハックにも利用可能となっている。[2]


  1. ^ example.com.et, example.org.et等
  2. ^ [1]
  3. ^ Welcome to EthioInternet


「.et」の続きの解説一覧

E.T.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/16 23:06 UTC 版)

E.T.』(イーティー、原題: E.T. The Extra-Terrestrial)は、1982年のアメリカのSF映画。製作・監督はスティーヴン・スピルバーグ、脚本はメリッサ・マシスンが務め、ディー・ウォレスヘンリー・トーマスピーター・コヨーテ、ロバート・マクノートン、ドリュー・バリモアなどが出演した。地球に取り残された地球外生命体(E.T.)と少年エリオットとの交流を描いた物語[5]


注釈

  1. ^ この企画"Night Skies"は『未知との遭遇』に続いてコロンビア映画が配給し、アニマトロニクス部門でリック・ベイカーが『狼男アメリカン』と並行して技術開発を行っていた。セイルズの脚本そのものは映画化されなかったが、『グレムリン』などにアイディアが転用されている。この経緯は「幻に終わった傑作映画(ISBN 4801916902)」に詳しい。ベイカーをアニマトロニクスのスタッフに推薦したのは『狼男~』を監督したジョン・ランディス。同じく監督仲間のロバート・ゼメキスはE.T.がクローゼットでぬいぐるみの間に隠れるアイディアを提供したことを「アクターズ・スタジオ・インタビュー」等でスピルバーグ自身が述懐している[要出典]
  2. ^ 曲自体人気がありウィリアムズ本人も気に入っている楽曲の一つであり、若干短縮されたアレンジがボストン・ポップスとウィリアムズが共演する演奏会ではかなりの頻度で演奏され、Alfred社から「地上の冒険」(Adventure on Earth)のタイトルで管弦楽用の楽譜が出版されている。

出典

  1. ^ a b c E.T. The Extra Terrestrial (1982)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月28日閲覧。
  2. ^ 歴代ランキング - CINEMAランキング通信” (2014年9月29日). 2014年10月5日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報』2003年2月下旬号
  4. ^ 1983年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  5. ^ E.T.”. 映画.com. 2023年3月19日閲覧。
  6. ^ 「ジュラシック・パーク」シリーズ全6作解説 あらすじ、キャラクター、興行収入ランキング 【金曜ロードショー「ジュラシック・パークIII」放送記念】】”. 映画.com (2022年6月10日). 2022年6月16日閲覧。
  7. ^ ふきカエルインタビュー浪川大輔さん”. ふきカエル. 2020年5月5日閲覧。
  8. ^ McBride 1997, p. 72
  9. ^ a b c d Brode 1995, pp. 114–127
  10. ^ a b c McBride 1997, pp. 323–38
  11. ^ E.T. the Extra-Terrestrial: The 20th Anniversary Celebration (DVD). Universal, directed by Laurent Bouzereau. 2002.
  12. ^ a b c McBride, Joseph (2011). Steven Spielberg: A Biography, Second Edition. University Press of Mississippi. pp. 323–38. ISBN 978-1-604-73836-0 
  13. ^ Caulfield, Deborah (1982年7月18日). “E.T. Gossip: The One That Got Away?”. Los Angeles Times 
  14. ^ a b E.T. the Extra-Terrestrial: Production Notes (DVD booklet)
  15. ^ Worsley 1997, p. 179
  16. ^ Biography”. QRZ.com. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月19日閲覧。
  17. ^ Brode 1995, p. 117
  18. ^ Pierce, Tony (2014年11月3日). “How Steven Spielberg chose Henry Thomas to play Elliott in E.T.”. オリジナルの2015年12月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151223044646/http://www.oscars.org/news/how-steven-spielberg-chose-henry-thomas-play-elliott-et 2015年12月22日閲覧。 
  19. ^ Daly, Steve (2002年3月22日). “Starry Role”. Entertainment Weekly. オリジナルの2010年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100924002430/http://www.ew.com/ew/gallery/0,,20036782_20037403_218829,00.html 2010年4月17日閲覧。 
  20. ^ E.T. — The Reunion (DVD). Universal, directed by Laurent Bouzereau. 2002.
  21. ^ "The Making of E.T.: The Extra-Terrestrial"--from the "E.T. Signature Collection LaserDisc", MCA/Universal Home Video, 1996
  22. ^ Jamieson, Natalie (2008年7月16日). “The man who brings movies to life”. Newsbeat. オリジナルの2012年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120404025051/http://news.bbc.co.uk/newsbeat/hi/entertainment/newsid_7509000/7509441.stm 2008年7月17日閲覧。 
  23. ^ Bush, Kimberly (2019年12月28日). “Why Harrison Ford's 'E.T.' Scene Was Cut From the Final Film”. Showbiz Cheat Sheet. 2019年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月30日閲覧。
  24. ^ a b David E. Williams (1983年1月). “An Exceptional Encounter”. American Cinematographer: pp. 34–7 
  25. ^ Patel, Varun (2020年5月30日). “Where Was ET Filmed? Extra-Terrestrial Filming Locations”. The Cinemaholic. オリジナルの2020年7月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200731015125/https://www.thecinemaholic.com/extra-terrestrial-filming-locations/ 2020年5月31日閲覧。 
  26. ^ The Worldwide Guide To Movie Locations”. Movie-Locations.com. 2015年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月28日閲覧。
  27. ^ James Lipton (host). (2001). Inside the Actors Studio: Steven Spielberg. [Documentary]. Bravo.
  28. ^ John Williams (2002). A Conversation with John Williams (DVD). Universal.
  29. ^ Karlin, Fred, and Rayburn Wright. On the Track: A Guide to Contemporary Film Scoring. New York: Schirmer Books, 1990.
  30. ^ a b Taylor, Charles (2002年3月22日). “You can go home again”. Salon. オリジナルの2008年8月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080802152730/http://dir.salon.com/story/ent/movies/feature/2002/03/22/et/index.html 2008年9月11日閲覧。 
  31. ^ Arnold, Gary (1982年6月6日). “E.T. Steven Spielberg's Joyful Excursion, Back to Childhood, Forward to the Unknown”. The Washington Post. オリジナルの2017年11月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171127041359/http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/06/22/AR2005062201424.html 2017年12月30日閲覧。 
  32. ^ McBride 1997, p. 13
  33. ^ Thomas A. Sebeok. "Enter Textuality: Echoes from the Extra-Terrestrial." In Poetics Today (1985), Porter Institute for Poetics and Semiotics. Published by Duke University Press.
  34. ^ a b Ilsa J. Beck, "The Look Back in E.T.," Cinema Journal 31(4) (1992): 25–41, 33.
  35. ^ Scott, A. O. (2002年3月22日). “Loss and Love, A Tale Retold.”. The New York Times. オリジナルの2008年6月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080621032356/http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9404EED71138F931A15750C0A9649C8B63 2008年4月11日閲覧。 
  36. ^ Wuntch, Philip (1985年7月19日). “Return of E.T.”. The Dallas Morning News 
  37. ^ a b Sheehan, Henry (May–June 1992). “The Panning of Steven Spielberg”. Film Comment. オリジナルの2007年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070703105619/http://www.henrysheehan.com/essays/stuv/spielberg-1.html 2007年7月16日閲覧。 
  38. ^ Rubin 2001, p. 53
  39. ^ Kauffmann, Stanley (1982年7月27日). “The Gospel According to St. Steven”. The New Republic. オリジナルの2019年7月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190708142203/https://newrepublic.com/article/76829/the-gospel-according-st-steven 2017年12月17日閲覧。 
  40. ^ Anton Karl Kozlovic. "The Structural Characteristics of the Cinematic Christ-figure," Archived February 23, 2005, at the Wayback Machine. Journal of Religion and Popular Culture 8 (Fall 2004).
  41. ^ Nigel Andrews. "Tidings of comfort and joy." Financial Times (December 10, 1982), I11
  42. ^ Crist, Judith (1984年). “Take 22: Moviemakers on Moviemaking”. Viking 
  43. ^ a b Andrew Gordon. "E.T. as a Fairy Tale," Science Fiction Studies 10 (1983): 298–305.
  44. ^ Rubin 2001, p. 22
  45. ^ Richard Schickel (interviewer) (9 July 2007). Spielberg on Spielberg. Turner Classic Movies.
  46. ^ Ebert, Roger (1985年8月9日). “E.T.: The Second Coming”. Movieline 
  47. ^ Festival de Cannes: E.T. the Extra-Terrestrial”. festival-cannes.com. 2014年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月13日閲覧。
  48. ^ E.T.: The Extra-Terrestrial — Weekend Box Office”. Box Office Mojo. 2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月18日閲覧。
  49. ^ Murphy, A.D. (October 27, 1982). “Biggest North American Film Boxoffice Weekends in History”. Daily Variety: 46. 
  50. ^ Domestic 1982 Weekend 27”. Box Office Mojo. 2020年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月14日閲覧。
  51. ^ BEST RANKING MOVIES by Weekend Rank, 1982–Present”. Box Office Mojo. 2018年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月14日閲覧。
  52. ^ “E.T. Taking Over the World”. Daily Variety: 1. (December 7, 1982). 
  53. ^ E.T.: The Extra-Terrestrial (Re-issue)”. Box Office Mojo. 2013年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月6日閲覧。
  54. ^ E.T.:The Extra-Terrestrial (1982)”. Box Office Mojo. 2016年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月31日閲覧。
  55. ^ “Spielberg's Creativity”. The New York Times. (1982年12月25日). オリジナルの2009年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090605190909/http://www.nytimes.com/1982/12/25/business/spielberg-s-creativity.html 2010年4月17日閲覧。 
  56. ^ Callo, Jim (1982年8月23日). “Director Steven Spielberg Takes the Wraps Off E.T., Revealing His Secrets at Last”. People 
  57. ^ “Yours Free From E.T. With Membership”. Ahoy!: p. 91. (1984年1月). オリジナルの2016年3月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160316052336/https://archive.org/stream/Ahoy_Issue_01_1984-01_Ion_International_US#page/n89/mode/2up 2014年6月27日閲覧。 
  58. ^ Hall, Sheldon (2010). Epics, Spectacles, and Blockbusters: A Hollywood History. Wayne State University Press. p. 238. ISBN 978-0814336977. https://books.google.com/books?id=Ro0hASPfC68C&pg=PA238 
  59. ^ “VCR: a boon for the bargain hunter”. United Press International. (1988年10月24日). オリジナルの2018年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180905215004/https://www.upi.com/Archives/1988/10/24/VCR-a-boon-for-the-bargain-hunter-Electronics/4030899165864/ 2018年9月5日閲覧。 
  60. ^ “Batman' sets video rental record”. United Press International. (1989年12月13日). オリジナルの2018年6月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180612140918/https://www.upi.com/Archives/1989/12/13/Batman-sets-video-rental-record/5316629528400/ 2018年8月16日閲覧。 
  61. ^ Ebert, Roger. “E.T. The Extra Terrestrial (2002)”. RogerEbert.com. 2016年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月9日閲覧。
  62. ^ Sragow, Michael (1982年7月8日). “Extra-Terrestrial Perception”. Rolling Stone 
  63. ^ Will, George (1982年7月19日). “Well, I Don't Love You, E.T.”. Newsweek 
  64. ^ E.T. The Extra-Terrestrial (1982)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2013年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月9日閲覧。
  65. ^ E.T. the Extra-Terrestrial (re-release) Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2013年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月16日閲覧。
  66. ^ McClintock, Pamela (2011年8月19日). “Why CinemaScore Matters for Box Office”. The Hollywood Reporter. 2014年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月14日閲覧。
  67. ^ Shay & Duncan 1993, p. 122
  68. ^ The 55th Academy Awards (1983) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2012年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月9日閲覧。
  69. ^ E.T. Awards”. AllMovie. 2009年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月17日閲覧。
  70. ^ Awards for E.T. the Extra-Terrestrial (1982)”. Internet Movie Database. 2013年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月12日閲覧。
  71. ^ AFI's 100 Years...100 Movies”. American Film Institute. 2007年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月4日閲覧。
  72. ^ America's Most Heart-Pounding Movies”. American Film Institute. 2013年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月4日閲覧。
  73. ^ America's Most Uplifting Movies”. American Film Institute. 2016年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月4日閲覧。
  74. ^ AFI's 100 Years of Film Scores”. American Film Institute. 2013年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月10日閲覧。
  75. ^ “AFI Crowns Top 10 Films in 10 Classic Genres”. American Film Institute. (2008年6月17日). オリジナルの2013年10月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131012033350/http://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=46072 2008年6月18日閲覧。 
  76. ^ AFI's 100 Years...100 Movie Quotes”. American Film Institute. 2007年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月15日閲覧。
  77. ^ “The 100 Greatest Movie Lines”. Premiere. オリジナルの2007年12月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071213051918/http://www.premiere.com/gallery.aspx?section_id=66&webtrends_section=best&article_id=3713&section_prefix=best&window_id=1&gallery_id=298&page_number=1&seq=53&cnt=49 2007年4月26日閲覧。 
  78. ^ a b Kirschling, Gregory (2007年5月7日). “The Sci-Fi 25”. Entertainment Weekly. オリジナルの2007年5月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070508050722/http://www.ew.com/ew/article/0,,20036782_20037403_20037541_19,00.html 2007年5月7日閲覧。 
  79. ^ Corliss, Richard (2005年2月12日). “E.T. The Extra-Terrestrial (1982)”. Time. オリジナルの2011年8月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110831093529/http://www.time.com/time/specials/packages/0%2C28757%2C1953094%2C00.html 2010年4月17日閲覧。 
  80. ^ “#8 E.T. The Extra-Terrestrial”. Entertainment Weekly. (2003年11月19日). オリジナルの2014年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140108083423/http://www.ew.com/ew/article/0%2C%2C547069%2C00.html 2007年5月11日閲覧。 
  81. ^ Films Selected to The National Film Registry, Library of Congress 1989–2006”. National Film Registry of the Library of Congress. 2008年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月15日閲覧。
  82. ^ 皆神龍太郎・志水一夫・加門正一『新・トンデモ超常現象56の真相』(太田出版、2001年)。
  83. ^ AFI選出 アメリカ映画 勇気と感動ベスト100」のインタビュー
  84. ^ スクール・オブ・フィルム #19
  85. ^ a b c スピルバーグ、過去作の改変「二度とやらない」”. THE RIVER. 2020年5月4日閲覧。
  86. ^ 視聴率 E.T.が「極道の妻」に敗れる 空前の放送権料でTV初登場したが…読売新聞、1991年10月17日付東京夕刊。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  87. ^ 「『E.T.』ビデオ、日米で快進撃」『日経産業新聞』1988年11月7日、2面。
  88. ^ SCREEN 1991年11月号 「E・T」なんでも事典
  89. ^ a b 「E.T.」に登場した自転車”. SHIFT 日本語版 (2002年9月29日). 2020年11月28日閲覧。
  90. ^ 30年を経て蘇った、KUWAHARAの「E.T.」モデルBMX KE-01”. geared (2013年1月30日). 2020年11月28日閲覧。
  91. ^ SCREEN 1999年9月号 特別座談会 「SWE1」の魅力を大いに語ろう!
  92. ^ SCREEN 2005年10月号 「スター・ウォーズ」シリーズ トリビア30連発
  93. ^ 竹書房文庫『スター・ウォーズ 偽りの仮面』。現在この作品はレジェンズ扱いだが、名前はその後正史のコンテンツで再登場している。



ET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/06/09 04:33 UTC 版)

ET, et, Et




「ET」の続きの解説一覧

et

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 01:44 UTC 版)

学名」の記事における「et」の解説

ラテン語で「そして・あるいは・と」を表す接続詞。その合字である &(アンパサンド)も併用される。

※この「et」の解説は、「学名」の解説の一部です。
「et」を含む「学名」の記事については、「学名」の概要を参照ください。


E-T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 00:56 UTC 版)

エレクトーン」の記事における「E-T」の解説

1958年完成日本楽器 (ヤマハ) が開発したエレクトーンプロトタイプ。このレコード吹込み使われたE-T型は1台のコンソール、4発振器音色形成部増巾器及び、3台のスピーカーより構成されている。コンソール演奏器で3段鍵盤32鍵のペダル鍵盤171個のスイッチ(ストップ・カプラー・コントローラー等)からなっていた。レコーディングは、1958年リリースされ道志郎演奏した「クリスマスメロディーズ・イン・ヤマハエレクトーン」という名前のクリスマスアルバムにも掲載された。

※この「E-T」の解説は、「エレクトーン」の解説の一部です。
「E-T」を含む「エレクトーン」の記事については、「エレクトーン」の概要を参照ください。


ET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 00:33 UTC 版)

ロシア」の記事における「ET」の解説

ツンドラ気候地図では薄い灰色描かれている。北極海沿岸全域広がる

※この「ET」の解説は、「ロシア」の解説の一部です。
「ET」を含む「ロシア」の記事については、「ロシア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「et」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「et」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「et」の関連用語

etのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



etのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2024 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日本オストミー協会日本オストミー協会
Copyright (C) JAPAN OSTOMY ASSOCIATION, INC. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.et (改訂履歴)、E.T. (改訂履歴)、ET (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの学名 (改訂履歴)、エレクトーン (改訂履歴)、ロシア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS