脱出とは? わかりやすく解説

だっ‐しゅつ【脱出】

読み方:だっしゅつ

[名](スル)危険な場所好ましくない状態から抜け出すこと。「苦境を—する」


脱出

作者駒田信二

収載図書脱出
出版社古書
刊行年月1986.10


脱出

作者西崎

収載図書ショートショートの広場 15
出版社講談社
刊行年月2004.2
シリーズ名講談社文庫


脱出

作者ワシーリ・ポルチャク

収載図書現代ウクライナ短編集
出版社群像社
刊行年月2005.11
シリーズ名群像社ライブラリー


脱出

作者鳥越一朗

収載図書京都一千年の恋めぐり
出版社ユニプラン
刊行年月2005.11


脱出

作者松本清張

収載図書奥羽の二人
出版社講談社
刊行年月1986.11
シリーズ名講談社文庫


脱出

作者西村京太郎

収載図書西村京太郎長編推理選集 第2巻 ある朝 海に・脱出
出版社講談社
刊行年月1987.12


脱出

作者筒井康隆

収載図書奇妙な味小説
出版社中央公論社
刊行年月1988.11
シリーズ名中公文庫


脱出

作者吉村昭

収載図書脱出
出版社新潮社
刊行年月1988.11
シリーズ名新潮文庫

収載図書吉村昭自選作品集 第15巻 水の葬列メロンと鳩
出版社新潮社
刊行年月1991.12


脱出

作者椎名誠

収載図書ハマボウフウの花や風
出版社文芸春秋
刊行年月1991.10

収載図書ハマボウフウの花や風
出版社文芸春秋
刊行年月1994.9
シリーズ名文春文庫


脱出

作者アルト・パーシリンナ

収載図書行こう!野ウサギ
出版社めるくまーる
刊行年月1998.2


脱出

作者乃南アサ

収載図書花盗人
出版社新潮社
刊行年月1998.4
シリーズ名新潮文庫


脱出

作者城山三郎

収載図書忘れ得ぬ
出版社角川書店
刊行年月2001.7
シリーズ名角川文庫

収載図書忘れ得ぬ
出版社角川書店
刊行年月2006.1
シリーズ名城山三郎昭和戦争文学


脱出(だっしゅつ) emergence

子ガメが砂から出て来ること。→孵化 

脱出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 04:42 UTC 版)

脱出(だっしゅつ)




「脱出」の続きの解説一覧

脱出(Escape)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 04:54 UTC 版)

Alliance of Valiant Arms」の記事における「脱出(Escape)」の解説

Escape(脱出)は、その名の通りMAP上の脱出地点移動し脱出することを目的としたルールである。EU側は敵妨害排除しながら脱出地点移動すること、NRF側は脱出しようとするEU側を妨害し、脱出させないことが目標となる。同じようなルールとしてConvoy奪取)があるが、Convoy小型核爆弾奪取し脱出地点行くこと目標であるのに対しEscape奪取必要性が無い。 脱出マップE-BOAT E-SPACE E-TRAIN

※この「脱出(Escape)」の解説は、「Alliance of Valiant Arms」の解説の一部です。
「脱出(Escape)」を含む「Alliance of Valiant Arms」の記事については、「Alliance of Valiant Arms」の概要を参照ください。


脱出(惑星フェスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 02:11 UTC 版)

スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊」の記事における「脱出(惑星フェスト)」の解説

惑星フェスト帝国軍基地潜入していた反乱軍兵士AT-PTを3機奪って脱出。しかし彼らを脱出させまいと、帝国軍AT-AT爆撃機立ち塞がる。彼らを救出シャトル着陸地点まで護衛する任務

※この「脱出(惑星フェスト)」の解説は、「スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊」の解説の一部です。
「脱出(惑星フェスト)」を含む「スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊」の記事については、「スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「脱出」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

脱出

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 04:15 UTC 版)

名詞

だっしゅつ

  1. 危険場所好ましくない状況から逃げ出すこと。

発音(?)

だ↗っしゅつ

動詞

活用

サ行変格活用
脱出-する

「脱出」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



脱出と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



脱出のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2022,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脱出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAlliance of Valiant Arms (改訂履歴)、スター・ウォーズ 出撃! ローグ中隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの脱出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS