推理とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 論理学 > 推理の意味・解説 

すい‐り【推理】

読み方:すいり

[名](スル)

ある事実をもとにして、まだ知られていない事柄おしはかること。「いくつかの条件から問題を―する」

論理学で、前提から結論導き出す思考作用前提一つのものを直接推理二つ以上のものを間接推理という。


推理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 09:42 UTC 版)

真かまいたちの夜 11人目の訪問者」の記事における「推理」の解説

マトリックス容疑者凶器・場所で行列の表になっており、そこに○か×かを埋めていく。一日一度だけ推理が出来マトリックス○×正しいかを判定できる正解すれば、その分だけポイント貰え、一でも外せば不正解減点される正解時に貰えるポイントは、初日が一番多く日数が経つにつれ減っていく逆に不正解時の減点初日が一番小さく日数が経つにつれ大きくなっていく。犯人凶器死体隠し場所当てるクリアとなり、さらにマトリックス全部正しく埋めるとコンプリートとなる。

※この「推理」の解説は、「真かまいたちの夜 11人目の訪問者」の解説の一部です。
「推理」を含む「真かまいたちの夜 11人目の訪問者」の記事については、「真かまいたちの夜 11人目の訪問者」の概要を参照ください。


推理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 20:16 UTC 版)

ダブルキャスト (ゲーム)」の記事における「推理」の解説

主人公自宅戻ってフィルムの編集作業再開するが、また同じカットでうまくつながらず、手が止まる主人公何気なく2枚写真目を通す。2枚とも美月らしき人物テニスをしている写真だが、ラケット打ち方異なっていた。1枚目は右から来たボール右手持ったラケット打ち返した後の写真で2枚目は右から来たボール両手持ったラケット打ち返した後の写真である。その瞬間頭の中で一つの答えが出る。そして、遥の別荘で美月部屋から主人公植木鉢落とした犯人判明する主人公PHS取り出すと、遥と二村電話をかけて協力要請する

※この「推理」の解説は、「ダブルキャスト (ゲーム)」の解説の一部です。
「推理」を含む「ダブルキャスト (ゲーム)」の記事については、「ダブルキャスト (ゲーム)」の概要を参照ください。


推理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 15:53 UTC 版)

リジー・ボーデン」の記事における「推理」の解説

リジー以外の容疑者動機あること示そうとする推理がいくつか提案されてきた。町の人々がボーデン夫妻への恨み晴らしたとする推理もあった。また、食中毒苦しんだ翌日に、骨の折れる窓拭き仕事言いつけられたメイドブリジット犯人だとする推理もあった。さらにはリジー月経中にてんかんのような症状呈したため、夢うつつの状態で殺人犯したのだという説まであった。 全く証拠はないが、アンドリューには隠し子がいて、その息子殺人犯したという俗説であった

※この「推理」の解説は、「リジー・ボーデン」の解説の一部です。
「推理」を含む「リジー・ボーデン」の記事については、「リジー・ボーデン」の概要を参照ください。


推理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 21:11 UTC 版)

オスカー・スレイター事件」の記事における「推理」の解説

記録から抹消され被疑者A・B」の正体については、多くの推理がなされてきた。作家のジャック・ハウス (en) は1961年事件について殺人平方マイル』(en) を著し、「A・B」の正体地元実業家であり、ギルクリストの甥も犯行加わっていたと主張した。しかし、ハウス後にその実業家が架空の人物であった認めた。 ただしギルクリスト義理の甥については、ドイルも彼が犯人であると推理している。後にセント・アンドルーズ大学名誉教授までなった高名な医師であるこの甥について、トレンチは彼が犯人であると名指ししたが、証明はできなかった。これについてノンフィクション作家のトマス・トーヒル (en) は、この甥がギルクリスト相続人であるギルクリストの姪と親しかったこと、鼻の特徴スレイター似通っていたこと、その社会地位の高さゆえに当局追及避けたことなどを理由に、トレンチ主張支持している。なおこの甥の兄は弁護士であり、エディンバラ裁判ユア検察官とは同じ学部に通った友人同士であった

※この「推理」の解説は、「オスカー・スレイター事件」の解説の一部です。
「推理」を含む「オスカー・スレイター事件」の記事については、「オスカー・スレイター事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「推理」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

推理

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 12:37 UTC 版)

名詞

すいり

  1. ある事実をもとに未知事柄推し量ること。
  2. 前提から結論導き出すこと。

動詞

活用

サ行変格活用
推理-する

「推理」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



推理と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「推理」の関連用語

推理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



推理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの真かまいたちの夜 11人目の訪問者 (改訂履歴)、ダブルキャスト (ゲーム) (改訂履歴)、リジー・ボーデン (改訂履歴)、オスカー・スレイター事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの推理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS